F-4とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 航空自衛隊装備品 > F-4の意味・解説 

F-4

戦闘機 F-4

防空能力の向上・近代化担って進化した戦闘機です

F-4EJは、米空軍F-4E改造した戦闘機で、日本での運用には不必要装備取り除き、データ・リンクを載せて要撃戦闘機タイプしたものです。昭和56年度に生産完了その後航空自衛隊防空能力の向上・近代化一環としてF-4EJ改修着手しました。(F-4EJ(改))。そして、56年度から6年間、試改修実用試験行い量産改修されました。

改修主な内容は、レーダーFCS(火器管制)システム近代化航法通信能力の向上、搭載ミサイル近代化爆撃機能の向上などです。

分類戦闘機
乗員2人縦列復座=タンデム型)
全幅11.7m
全長19.2m
全高5.0m
エンジン2基
名称J79-GE-17
J79-IHI-17
推力8,120kg(A/B使用)/1基
型式アフターバーナーターボジェット・エンジン
全備重量約25.9t
性能 
離陸重量約26t
最大速度マッハ2.2
戦闘上昇限度約17,200m
行動半径短距離要撃 約100nm(約180km)
長距離要撃 約450nm(約800km)
航続距離 約1,600nm(約2,900km)
離着陸滑走距離 750~1,000m
武装 M-61A1 20mm機関砲×1門
対空レーダーミサイル×4発
対空赤外線ミサイル×4発

【F-4】(えふよん)

McDonnell Douglas F-4 (F4H) "Phantom II(ファントムツー)".
(ただし単に「ファントムといわれることも多い。)
米ソ冷戦期1950年代後半アメリカ海軍艦上機として開発された大型ジェット戦闘機
後述するように数々派生型を生み出し1980年代までの長きわたって5,000機以上の生産を誇った、西側世界を代表する傑作機である。

当時アメリカ海軍次期艦上戦闘機として要求していたマッハ2級のミサイリアー目指して、マクダネル社がF3H-G「デーモンベース設計したF4H-1に端を発する
ライバルとしてチャンス・ヴォート社のF8U-3が存在したが、飛行審査結果F4H-1が採用された(その後機体命名法変更に伴い名称が"F-4"へ変更された)。

当時としては高度だったレーダー火器管制装置操作するため、複座となっている。
強力なJ79ターボジェットを2基装備しながら航空母艦エレベーターに収まるサイズ設計された。
その結果太くて短い胴体に、下反角大きなスタビレーター折り畳み式クリップトデルタ翼組み合わせた、独特の形状となった。
この特異外観から当初は「みにくいアヒルの子」とも揶揄されたが、童話よろしく後々活躍により傑作戦闘機として評価されるようになった
ただし特殊な設計ゆえ、アドバースヨーなど飛行特性上の悪癖大きい。

推力余裕があるため、その外見に似合わず数々速度記録高高度記録打ち立てた。
また、搭載能力にも余裕大きく戦闘爆撃機としても優秀であった。
ベトナム戦争では数々戦果を挙げ、当時米軍エースパイロットを生み出し唯一の機種として知られる。
元々はミサイリアーだったが、ベトナム戦争では機関砲必要性が叫ばれたため、一部機体ガンポッド装着され、空軍向けのE型以降モデルでは固定武装としてM61A1装備した。

当初運用者であったアメリカ軍からは1996年までに全機退役したが、本機輸入及びライセンス生産した各国では、それぞれの国情に応じた能力向上近代化改修順次行われ、現在でも9カ国の空軍数百機が作戦行動可能な状態を維持している。
また、アメリカ国内では民間非営利団体によって1機のD型飛行可能な状態で保存されている他、アリゾナ州デビスモンサン空軍基地モスボールされた機体存在するという。

スペックデータ

用途艦上戦闘機/戦闘爆撃機マルチロールファイター
製造者マクドネル・エアクラフトマクドネル・ダグラス
初飛行1958.5.27
ユニットコスト2,400USドル
乗員2名
海軍型はエビエーター/RIO、空軍型はパイロット/WSO)
全長19.20m
全高5.02m
全幅11.71m
主翼面積49.2
空虚重量13,757kg
最大離陸重量28,030kg
最大搭載量7,258kg
エンジンGE J79-GE-17Aターボジェット×2基
推力52.53kN/79.62kN(A/B使用))
最大速度マッハ2.2
海面上昇18,715m/min
実用上昇限度18,975m
フェリー航続距離1,718nm
戦闘行動半径430nm(カウンターエア
618nm(阻止攻撃ミッション
683nm(迎撃ミッション
固定兵装M61A120mmガトリング砲×1門(弾数639発・E/F/EJ/EJ改型のみ)
搭載兵装胴体ステーション
AIM-7スパロー」×4発
主翼パイロン (空対空ミサイルステーション)
AIM-9サイドワインダー」×4発
胴体中心線下/主翼パイロン (主翼下は空対空ミサイルステーション以外)
核爆弾
M117無誘導爆弾
・Mk.82無誘導爆弾
・Mk.20クラスター爆弾
テレビ/レーザー誘導爆弾
空対地ミサイル
空対艦ミサイル
・対滑走路兵器
・LAU-59 ロケット弾ポッド
・AN/ALQ-119ECMポッド
・AN/ALQ-131ECMポッド
・ターゲッティングポッド
偵察ポッド
増槽(2271L・1400L)等

主な派生型


F4

英語 Formula 4

JAF国際競技車両規則準じたフォーミュラマシン。入門カテゴリーであるFJ1600F3中間位置する。エンジンは1850ccまでで、4気筒制限過給機禁止。車重はドライバー含めて545kg。車両諸元全幅1700mm、最小ホイールベース2000mm、最小トレッド1200mm。マシン車両規定F3酷似しており、タイヤ当初バイアスタイヤだったが、途中からラジアルタイヤ変更また、リミテッド・スリップデフ使用認められることになり、ドライビングスタイルにおいても、よりF3に近づいた。また、コストパフォーマンスにも優れ、イコールコンディションをはかるための車両制度設けるなど、ステップアップ目指すドライバーにとって魅力的カテゴリーである。

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

アザニダゾール

分子式C10H10N6O2
その他の名称:アザニダゾール、Azanidazole、ニトロミジン、トリクロス、Triclose、Nitromidine、F-4、4-[(E)-2-(1-Methyl-5-nitro-1H-imidazol-2-yl)ethenyl]-2-pyrimidinamine
体系名:4-[(E)-2-(1-メチル-5-ニトロ-1H-イミダゾール-2-イル)エテニル]-2-ピリミジンアミン


F4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/23 07:04 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search

F4F-4




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「F-4」に関係したコラム

  • MT4でCFDの銘柄をグループ分けしてチャートを順次表示するには

    MT4(Meta Trader 4)でCFDの銘柄をグループ分けしてチャートを順次表示する方法を紹介します。CFDには、コモディティや株式、株価指数、債券などの商品があります。まず、それぞれの商品につ...

  • 日本国内のFX業者のスワップポイント比較

    スワップポイントは、通貨ペアを売りポジション、あるいは、買いポジションした場合に発生する利息です。スワップポイントは、FX業者によって設定されて1日ごとに変動します。次の表は、2012年5月24日現在...

  • FXやCFDのバーチャートとは

    FXやCFDのバーチャート(Bar Chart)とは、1日の値動きを直線だけで描画して時系列に並べたものです。バーチャートの描き方は、まず、高値の地点と安値の地点を縦線で結びます。次に、始値の地点から...

  • FXのチャート分析ソフトMT4でポイントアンドフィギュアを表示するには

    ポイントアンドフィギュア(Point and Figure、P&F)は、為替レートの値動きに対して×と○のマークを付けて表示するテクニカル指標です。ポイントアンドフィギュアでは、時系列の計算をしないと...

  • 株式の投資基準とされる売上高伸び率とは

    株式の投資基準とされる売上高伸び率とは、企業の予想売上高が最新の売上高の何パーセント増加しているかを表したものです。予想売上高が伸びればその分、株価も上昇するのが一般的とされています。売上高伸び率は、...

  • FXを始めるための最低資金は

    FX(外国為替証拠金取引)を始めるための最低資金は、FX業者により異なります。例えば、最低取引単位が1万通貨でレバレッジが25倍のFX業者の場合、為替レートが80円のUSD/JPYの買いポジションを持...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「F-4」の関連用語

F-4のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



F-4のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空自衛隊航空自衛隊
Copyright(C) JASDF All Rights Reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのF4 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS