ギリシア語 ギリシア語の概要

ギリシア語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 03:43 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。 (Wikipedia:記事名の付け方/ギリシャとギリシア)
  • ギリシア語
  • ギリシヤ語
  • ギリシャ語
ギリシア語
Ελληνικά
発音 IPA: [eˌliniˈka]
話される国 ギリシャ
キプロス
アルバニア南部
イタリア南部
北マケドニア南部
 ブルガリア中央・南部
トルコ
および周辺国
地域 バルカン半島
話者数 1200万人[1][2]
話者数の順位 第74位
言語系統
表記体系 ギリシア文字ギリシア点字
公的地位
公用語 ギリシャ
キプロス
欧州連合
統制機関 ギリシア語センター英語版ギリシア語版
言語コード
ISO 639-1 el
ISO 639-2 gre (B)
ell (T)
ISO 639-3 各種:
ell — 現代ギリシア語
gmy — ミケーネ語
grc — 古代ギリシア語
pnt — ポントス方言
cpg — カッパドキア方言
tsd — ツァコニア方言
テンプレートを表示

注釈

  1. ^ なお、ヘブライ語(希伯来語)も希語と省略しうるが、現状、希語は、もっぱらギリシア語の意味で使われる。
  2. ^ 民衆の口語がギリシアの言葉と考え、主としてイオニア諸島の方言から収集し口語民衆語を提唱した。『開放された自由人』を参照。
  3. ^ 西海沖の地域を除く東域の諸島・北ギリシア本土・小アジアの当時の人々には、現地語とカサレヴサしか解する言語はなく、アテネ方言はまったく通じなかった。

出典

  1. ^ a b Modern Greek, UCLA Language Materials Project: Language Profiles, 2009年1月30日閲覧。
  2. ^ a b c d Greek language, Columbia Encyclopedia(オンライン版)”. 2008年4月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月30日閲覧。
  3. ^ "Greek language", Encyclopædia Britannica (オンライン版)、2009年1月30日閲覧。
  4. ^ Robert Browning, Medieval and Modern Greek, Cambridge University Press, 2nd edition, 1983.
  5. ^ Arvaniti 1999, p. 2.
  6. ^ http://unicode.org/charts/PDF/U0370.pdf






固有名詞の分類

イタリアの言語 イタリア語  サルデーニャ語  ギリシア語  ヴェネツィア語  シチリア方言
トルコの言語 アバザ語  トルクメン語  アゼルバイジャン語  ギリシア語  ラズ語
ウクライナの言語 ガガウズ語  ロシア語  クリミア・タタール語  ハンガリー語  ギリシア語
グルジアの言語 グルジア語  アゼルバイジャン語  ギリシア語  メグレル語  ラズ語
エジプトの言語 アラビア語  ベジャ語  新エジプト語  アラビア語エジプト方言  ギリシア語
ギリシャの言語 トルコ語  マケドニア語  ブルガリア語  アルーマニア語  ギリシア語
キプロスの言語 トルコ語  古代ギリシア語  キュプロ・ミノア文字  ギリシア語
アルバニアの言語 マケドニア語  アルーマニア語  ゴーラ語  ギリシア語

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ギリシア語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ギリシア語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのギリシア語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS