アテネ 交通

アテネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/29 05:25 UTC 版)

交通

アテネの交通は様々な交通機関により提供されており、ギリシャでは最大の大量輸送システムを形成している。アテネの大量輸送機関は特にバスやトロリーバスで構成され主にアテネ中心部をカバーしている。地下鉄や通勤鉄道も運行され[89]、トラムの路線網は南郊と中心部を結んでいる[90]

バス交通

Etaireia Thermikon LeoforeionΕΘΕΛ)やThermalバス会社がアテネにおける主たる路線バス事業者である。300路線によりネットワークが構成され、路線はアテネ大都市圏地域に広がっており[91]、5,327人のスタッフにより1,839台のバスが運行されている[92]。1,839台のバスのうち、416台は圧縮天然ガスが使われ[92]、ヨーロッパでは最大の天然ガスを燃料とするバス車両で構成されている[93]

バスの車両は天然ガスと並んでディーゼルエンジンのバスが使われており、アテネ都市圏ではトロリーバスも使われ運行会社の名称が呼ばれている。トロリーバスはアテネとピレウス地域でILPAP英語版により22の路線が1,137人のスタッフにより運行されている[94]。全部で366台のトロリーバスの車両があり、これらは停電など何らかの不具合があった場合にはディーゼルエンジンで走行が可能である[94]

アテネには2箇所の長距離バスターミナルがある。ペロポネソス半島方面を中心にギリシャ全土への長距離バスが発着するキフィソウ通りバスターミナル(通称、ターミナル A)と、バルカン半島方面への短・中距離バスが発着するリオシオン=バスターミナル(通称、ターミナル B)である。ターミナルAと市内中心部との交通機関は市内バス51系統であり、地下鉄2号線メタクスルギオ駅やオモニア駅付近との間を結んでいる。また、ターミナルBは地下鉄1号線アギオス・ニコラオス駅の500m北西にある。また、アテネ国際空港とターミナルAおよびBを結ぶ空港バスX93系統も運行されている。アルバニアブルガリアマケドニアルーマニア方面へのバスがアテネから運行されている。地下鉄2号線メタクスルギオ駅とギリシャ国鉄アテネ駅を結ぶテオドリアス・ディミトリアス通り沿いに、国際バスを運行する民間会社のオフィスがある。バスはオフィス前あるいは会社が指定する乗降場所から出発する。

アテネメトロ

アテネ地下鉄はギリシャではより一般的にはアッティカメトロ (ギリシア語: Αττικό Mετρό)として知られアテネ都市圏地域をカバーする公共交通機関として運行されている。大量輸送機関としての目的が主であるが、建設時に発見されたギリシャの遺跡も収容している[95]。アテネメトロは387人のスタッフにより2つの路線が運行され、2号線が赤、3号線が青とそれぞれの路線は色で区別されている。最初の区間は2000年1月に運行が開始された。すべての区間が現在地下で、42編成252両の車両で全路線が運行され[96]、1日あたりの旅客数は550,000人である[96]

  • レッドライン(2号線)はアギオス・アントニオス(Άγιος Αντώνιος)からアギオス・ディミトリス(Άγιος Δημήτριος)までの営業距離11.6km[96]。現在、それぞれの方向に延伸工事中で西側はピレウス、南側は旧エリニコン国際空港、さらにエリニコンメトロポリタン公園まで。
  • ブルーライン(3号線)は西郊のエガレオから中心部のモナスティラキ(Μοναστηράκι)とシンタグマ駅、北東部郊外のハランディのドゥキシス・プラケンティアス駅までの16kmをカバーし[96]、その後地上区間に入り郊外鉄道のインフラを利用しアテネ国際空港まで乗り入れている。これを含めると営業距離は39kmになる[96]

電鉄 (ISAP)

アテネ中心部のアッタロスの下を行くISAPの電車

アテネに地下鉄会社がなかった頃はISAP (ギリシア語: ΗΣΑΠ) が長年アテネの主要な都市圏鉄道の機能を担っていた。今日ではグリーンライン(1号線)と呼ばれアテネメトロの路線図に表示されるが、他の地下鉄路線と異なりISAPは大部分の区間が地上を走っている。この路線はピレウスからキフィシアまでの22駅[97] 25.6kmの営業距離[97] を730人のスタッフと44編成243両の車両で運行している[97]。1日あたりの旅客数は600,000人である[97]。アテネメトロはISAPとアッティカメトロの異なった2社により運営されている。

アテネメトロの路線網
郊外鉄道

通勤・郊外鉄道 (プロアスティアコス)

アテネの通勤鉄道はプロアスティアコスΠροαστιακός)と呼ばれアテネ国際空港とコリントスの80kmとアテネの西からラリッサ駅を経由してピレウス港とを結ぶ。4つ目のアテネメトロの路線と見なされる時もある。現在のアテネ通勤鉄道の路線網は120kmで[98]、2010年までに281kmまで路線が延伸されると予想されていた[98]

モダンなアテネトラムの車両と電停

トラム

アテネトラム会社により35編成の車両と[99] 48の駅[99]、345人のスタッフによりトラム路線が運行されている。1日あたりの旅客数は65,000人である[99]。トラムの路線網は27kmで10のアテネ郊外部をカバーしている。トラムの路線はシンタグマ広場から南西部郊外のパレオ・ファリオ英語版を結び二つの支線に別れ、一つはアテネの沿岸部を走り南郊のヴーラ英語版に達し、もう一方はピレウスのネオ・ファリオに達する。路線網の大部分はサロニクの沿岸部をカバーしている[100]。さらにピレウス港まで延ばす計画もあり[99]、12の新しい駅を含む5.4kmの路線延長計画がある[101]

鉄道・フェリー

アテネはギリシャ国鉄の輸送拠点で、ギリシャの主要都市の他、イスタンブールやソフィア、ブカレストなど国際的な連絡もあったが金融危機の影響により2011年以来休止されている。ピレウス港からはエーゲ海の島々とを結ぶ航路が就航し、夏には多くのフェリーが発着する他多くのクルーズ船もやって来る。

その他の鉄道

リカヴィトスの丘には観光路線のリカヴィトス・ケーブルカーが運行されている。

エレフテリオス・ ヴェニゼロス国際空港のチェックインエリア

空港

アテネには最高水準の空港であるアテネ国際空港(エレフテリオス・ ヴェニゼロス国際空港,AIA)がメッソギハ平原の東側でアテネから35km離れた郊外の町スパタ英語版にある[102]。この空港は"European Airport of the Year 2004"を受賞しており、南東ヨーロッパのハブ空港として22億ユーロをかけ51ヶ月の工期で完成している。14,000人が空港のスタッフとして雇用されている[103]

空港にはアテネメトロ、郊外鉄道の他ピレウス港やアテネ中心部や郊外からは路線バスが乗り入れタクシーも利用できる。アテネ国際空港は1時間当たり65回の離着陸が出来[102]、24の搭乗橋[102] と144のチェックインカウンターと15万m2のメインターミナル、7000m2の商業エリアを備え免税店や小さなミュージアムも備える。2007年には1,653万8,390人の旅客数があり前年の2006年より9.7%増加した[104]。このうち、595万5,387人[104] は国内線利用者で1,058万3,003人は国際線の利用者であった[104]。2007年には205,294回の離着陸回数があり、毎日562機が利用していた[105]。2012年現在ではギリシャの経済危機の影響により旅客数は大きく落ち込んでいる[106]

幹線道路

Attiki Odos のインター、空港入口

二つの主要な高速道路がアテネを起点としている。A1/E75号線はピレウスからアテネ都市圏を通り、ギリシャ第二の都市テッサロニキへ向かう。A8/E94は西側のパトラス方向に向かい国道のGR-8Aと統合されている。完成するまではGR-1やGR-8が多く使われていた。さらにアテネ首都圏では規格が良い 高速道路Attiki Odosが整備されている。主となる区間は西郊の産業地区エレウシスからアテネ国際空港まで二つの環状道路はアイガレオ環状道路(A65)とイメットゥス環状道路(A64)と名付けられ、それぞれアテネの西側と東側で供用されている。Attiki Odosの総延長は65kmで[107] これはギリシャの都市圏高速道路では最大である。


注釈

  1. ^ 女神アテナの名は古代ギリシア語の各方言では次のようになる。アッティカ方言Ἀθηνᾶ (Athēnā)、イオニア方言Ἀθήνη (Athēnē)、ドーリス方言(en):Ἀθάνα (Athānā)

出典

  1. ^ Kostas Bakoyannis” (英語). TheMayor.EU. 2020年2月17日閲覧。
  2. ^ Contents and Principles of the Programme of Unification of the Archaeological Sites of Athens”. Hellenic Ministry of Culture. www.yppo.gr. 2016年8月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年2月17日閲覧。
  3. ^ CNN & Associated Press (1997年1月16日). “Greece uncovers 'holy grail' of Greek archeology”. CNN. オリジナルの2007年12月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071206113529/http://www.cnn.com/WORLD/9701/16/greece.lyceum/index.html 2007年3月28日閲覧。 
  4. ^ Athens”. 2008年12月31日閲覧。 “Ancient Greek Athenai, historic city and capital of Greece. Many of classical civilization’s intellectual and artistic ideas originated there, and the city is generally considered to be the birthplace of Western civilization”
  5. ^ BBC History on Greek Democracy – Accessed on 26 January 2007
  6. ^ Encarta Ancient Greece from the Internet Archive– Retrieved on 28 February 2012. Archived 31 October 2009.
  7. ^ City Mayors: World's richest cities by purchasing power”. City Mayors (2008年). 2008年5月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年5月12日閲覧。
  8. ^ City Mayors: Cost of living – The world's most expensive cities”. City Mayors (2008年). 2008年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月26日閲覧。
  9. ^ a b c d Hellenic Statistical Authority " PRESS RELEASE:Publication of provisional results of the 2011 Population Census", Hellenic Statistical Authority (EL.STAT.), 22 July 2011. Retrieved 14 August 2011.
  10. ^ Athens Facts (2011 [last update]). “Athens Facts & Figures”. aviewoncities.com. 2011年6月17日閲覧。 “796 442”
  11. ^ a b c d e f Characteristics”. Hellenic Interior Ministry. www.ypes.gr. 2007年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年1月6日閲覧。
  12. ^ a b c ΕΛΣΤΑΤ Απογραφη 2011”. www.statistics.gr. 2011年8月22日閲覧。
  13. ^ CNN & Sports Illustrated (1997年9月5日). “Sentiment a factor as Athens gets 2004 Olympics”. sportsillustrated.cnn.com. http://sportsillustrated.cnn.com/olympics/news/1997/09/05/athens_update/ 2007年3月28日閲覧。 
  14. ^ たとえば Od.7.80 を参照
  15. ^ R. S. P. Beekes, Etymological Dictionary of Greek, Brill, 2009, p. 29 (s.v. "Ἀθήνη").
  16. ^ Great Greek Encyclopedia, vol. II, page 30, Athens, 1927
  17. ^ v4.ethnos.gr – Οι πρώτοι... Αθηναίοι – τεχνες, πολιτισμος”. Ethnos.gr. 2010年1月25日閲覧。[リンク切れ]
  18. ^ S. Immerwahr, The Athenian Agora XIII: the Neolithic and Bronze Ages, Princeton 1971
  19. ^ a b c d Tung, Anthony (2001). “The City the Gods Besieged”. Preserving the World's Great Cities: The Destruction and Renewal of the Historic Metropolis. New York: Three Rivers Press. p. 266. ISBN 0-609-80815-X 
  20. ^ Iakovides, S. 1962. 'E mykenaïke akropolis ton Athenon'. Athens.
  21. ^ Osborne, R. 1996, 2009. Greece in the Making 1200 – 479 BC.
  22. ^ Nothing Less than Victory: Decisive Wars and the Lessons of History”. 2014年12月24日閲覧。
  23. ^ 「医学の歴史」p99 梶田昭 講談社 2003年9月10日第1刷
  24. ^ 「ギリシア都市の歩き方」pp196-198 勝又俊雄 角川書店 平成12年9月5日発行
  25. ^ Greece in talks on economic zones ft.com By Kerin Hope August 28, 2012 5:33 pm
  26. ^ Greece to Boost Growth With Infrastructure Projects wsj.com August 28, 2012, 11:33 a.m. ET
  27. ^ a b Focus on Athens”. UHI Quarterly Newsletter, Issue 1, May 2009, page 2. www.urbanheatisland.info. 2011年3月18日閲覧。
  28. ^ Welcome!!!”. Parnitha-np.gr. 2009年6月10日閲覧。
  29. ^ Daily Report on Air Pollution Levels”. Hellenic Ministry of the Environment and Public Works. www.minenv.gr. 2014年12月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年1月26日閲覧。
  30. ^ 社会科Q & A − 地図・地理 Q38:地球温暖化などにより世界の気候区分が変わったと聞きましたが、どうなっていますか? - 帝国書院
  31. ^ Founda D. (2011). "Evolution of the air temperature in Athens and evidence of climatic change: A review". Advances in Building Energy Research, 5,1, 7–41, http://www.ingentaconnect.com/content/earthscan/aber/2011/00000005/00000001/art00001.
  32. ^ Greece snow: Bad weather brings chaos to Athens roads”. BBC(BBC) (2012年3月12日). 2020年2月17日閲覧。
  33. ^ http://www.hnms.gr/hnms/greek/climatology/heat_wave.pdf
  34. ^ Κωνσταντίνος Μαυρογιάννης, Αθήναι (1981).Παρατηρήσεις επί του κλίματος των Αθηνών και της ενεργείας αυτού επί της ζωϊκής οικονομίας σελ 29.
  35. ^ ΕΡΓΟ ΕΚΣΥΓΧΡΟΝΙΣΜΟΥ-ΑΝΑΒΑΘΜΙΣΗΣ∆ΙΥΛΙΣΤΗΡΙΟΥ ΕΛΕΥΣΙΝΑΣ (PDF)” (ギリシア語). 2020年2月17日閲覧。
  36. ^ Giannopoulou K., Livada I., Santamouris M., Saliari M., Assimakopoulos M., Caouris Y.G. (2011). "On the characteristics of the summer urban heat island in Athens, Greece". Sustainable Cities and Society, 1, pp. 16–28.
  37. ^ European Space Agency to help Athens become bearable in summer”. 2010年4月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年4月17日閲覧。
  38. ^ Giannakopoulos C., Hatzai M., Kostopoulou E., McCarty M., Goodess C. (2010). "The impact of climate change and urban heat islands on the occurrence of extreme events in cities. The Athens case". Proc. of the 10th International Conference on Meteorology, Climatology and Atmospheric Physics, Patras, Greece, 25th–28 May 2010, pp. 745–752.
  39. ^ a b European Space Agency ESA helps make summer in the city more bearable”. 2010年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月7日閲覧。
  40. ^ a b Katsoulis B.D., Theoharatos G.A. (1985). "Indications of the Urban Heat Island in Athens, Greece". Journal of Applied Meteorology, vol. 24, Issue 12, pp.1296–1302
  41. ^ Stathopoulou M., Cartalis C., Andritsos A. (2005)."Assessing the thermal environment of major cities in Greece". International Conference "Passive and Low Energy Cooling for the Built Environment", May 2005, Santorini, Greece, pp. 108–112.
  42. ^ Kassomenos P.A. and Katsoulis B.D. (2006). "Mesoscale and macroscale aspects of the morning Urban Heat Island around Athens, Greece", Meteorology and Atmospheric Physics, 94, pp. 209–218.
  43. ^ Santamouris M., Papanikolaou N., Livada I., Koronakis I., Georgakis A., Assimakopoulos D.N. (2001). "On the impact of urban climate on the energy consumption of buildings". Solar Energy, 70 (3): pp. 201–216.
  44. ^ Santamouris M. (1997). "Passive Cooling and Urban Layout". Interim Report, POLIS Research Project, European Commission, Directorate General for Science, Research and Development.> and human wellbeing and health.
  45. ^ Santamouris M., Papanikolaou I., Livada I., Koronakis C., Georgakis C, Assimakopoulos D.N. (2001). "On the impact of Urban Climate to the Energy Consumption of Buildings". Solar Energy, 70, 3, pp. 201–216.
  46. ^ Katsoulis, B. (1987). “Indications of change of climate from the Analysis of air temperature time series in Athens, Greece”. Climatic Change 10 (1): 67–79. doi:10.1007/BF00140557. 
  47. ^ Repapis, C. C.; Metaxas, D. A. (1985). “The Possible influence of the urbanization in Athens city on the air temperature climatic fluctuations at the National Observatory”. Proc. of the 3rd Hellenic-British Climatological Congress, Athens, Greece 17–21 April 1985: 188–195. 
  48. ^ Philandras, C. M.; Metaxas, D. A.; Nastos, P. T. (1999). “Climate variability and Urbanization in Athens”. Theoretical and Applied Climatology 63 (1–2): 65–72. doi:10.1007/s007040050092. 
  49. ^ Philandras, C. M.; Nastos, P. T. (2002). “The Athens urban effect on the air temperature time series of the National Observatory of Athens and New Philadelphia stations”. Proc. of the 6th Hellenic Conference on Meteorology, Climatology and Atmospheric Physics, Ioannina Greece, 25–28 September 2002: 501–506. 
  50. ^ Repapis, C. C.; Philandras, C. M.; Kalabokas, P. D.; Zerefos, C. S. (2007). “Is the last years abrupt warming in the National Observatory of Athens records a Climate Change Manifestation?”. Global NEST Journal 9 (2): 107–116. 
  51. ^ Livada, I.; Santamouris, M.; Niachou, K.; Papanikolaou, N.; Mihalakakou, G. (2002). “Determination of places in the great Athens area where the heat island effect is observed”. Theoretical and Applied Climatology 71 (3–4): 219–230. doi:10.1007/s007040200006. 
  52. ^ Europe's highest temperature”. 2009年4月3日閲覧。
  53. ^ "Monthly bulletins", N.O.A, web: [1].
  54. ^ Weather Information for Athens
  55. ^ "Climatological Information for Athens, Greece" – Hong Kong Observatory
  56. ^ Hellenic Ministry of Culture: The Old Parliament Building[リンク切れ] – Retrieved 16 February 2007
  57. ^ Fessa-Emmanouil, Eleni. Greek Architectural Society; Architects of the 20th Century: Members of the Society, Potamos, Athens, 2009, p. XXV and p. XXI, ISBN 960-6691-38-1
  58. ^ Fessa-Emmanouil, Eleni. Greek Architectural Society; Architects of the 20th Century: Members of the Society, Potamos, Athens, 2009, p. XXXI, ISBN 960-6691-38-1
  59. ^ Cushman & Wakefield – Global real estate solutions – News & Events”. Cushwake.com (2006年10月25日). 2011年7月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年3月21日閲覧。
  60. ^ Distance between Piraeus (Attiki) and Varkiza (Piraios Nomos) (Greece)”. Distancecalculator.globefeed.com (2007年12月9日). 2009年6月9日閲覧。
  61. ^ Hellenikon Metropolitan Park Competition”. Hellenic Ministry of the Environment and Public Works. www.minenv.gr. 2007年1月3日閲覧。 [リンク切れ]
  62. ^ a b c Olympic Games 2004: five major projects for Athens”. European Union Regional Policy. ec.europa.eu. 2007年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年4月5日閲覧。[リンク切れ]
  63. ^ Eaxa :: Ενοποιηση Αρχαιολογικων Χωρων Αθηνασ Α.Ε”. Astynet.gr. 2009年2月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月21日閲覧。
  64. ^ Kallikratis reform law text (PDF)
  65. ^ gtai.de: Griechenland: Krise im griechischen Tourismus weitet sich aus, Zugriff am 30. April 2011
  66. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/greece/data.html
  67. ^ Greek Tourist Organizer – Retrieved on 6 January 2007
  68. ^ a b c d Tung, Anthony (2001). “The City of the Gods Besieged”. Preserving the World's Great Cities:The Destruction and Renewal of the Historic Metropolis. New York: Three Rivers Press. pp. 260, 263, 265. ISBN 0-609-80815-X 
  69. ^ World Gazetter City Pop:Athens”. www.world-gazetter.com. 2011年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月16日閲覧。
  70. ^ World Gazetter Metro Pop:Athens”. www.world-gazetter.com. 2011年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月16日閲覧。
  71. ^ a b c Population of Greece”. General Secretariat Of National Statistical Service Of Greece. www.statistics.gr (2001年). 2007年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年8月2日閲覧。
  72. ^ [2] Ta Nea newspaper, Master Plan for Attica map
  73. ^ [3] MASTER PLAN FOR ATHENS AND ATTICA 2021, pg 13, 24, 27, 33, 36, 89
  74. ^ AIA: Finance”. Athens International Airport, S.A.. www.AIA.gr. 2007年4月5日閲覧。
  75. ^ Passenger Traffic at Athens International Airport Drops By A. Papapostolou on August 28, 2012
  76. ^ Home Page”. Urban Audit. 2009年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月21日閲覧。
  77. ^ Athens – Epidaurus Festival 2008”. Greekfestival.gr. 2009年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月21日閲覧。
  78. ^ Megaron Events Chart”. Megaron.gr (1997年10月26日). 2009年3月21日閲覧。[リンク切れ]
  79. ^ Ίδρυμα Ευγενίδου. Εκπαιδευτικό Κοινωφελές Ίδρυμα” ((ギリシア語)). Eugenfound.edu.gr. 2009年3月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月21日閲覧。
  80. ^ ΙΔΡΥΜΑ ΕΥΓΕΝΙΔΟΥ 1954 / Ιστορικό” ((ギリシア語)). Eugenfound.edu.gr. 2009年10月25日閲覧。
  81. ^ Athens Eugenides Planetarium”. Barco. 2011年7月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年6月16日閲覧。
  82. ^ Athens 21st Century – Athens Olympic Stadium”. Athens-today.com. 2008年12月26日閲覧。
  83. ^ Athens 21st Century – The Olympic Coastal Complex”. Athens-today.com. 2008年12月26日閲覧。
  84. ^ “1973: Army deposes 'hated' Greek president”. BBC News. (1973年11月25日). http://news.bbc.co.uk/onthisday/hi/dates/stories/november/25/newsid_2546000/2546297.stm 2009年3月22日閲覧。 
  85. ^ “Acropolis: Threat of Destruction”. Time Magazine (Time.com). (1977年1月31日). http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,918645,00.html 2007年4月3日閲覧。 
  86. ^ a b c Kitsantonis, Niki (2007年7月16日). “As forest fires burn, suffocated Athens is outraged”. International Herald Tribune. http://www.iht.com/articles/2007/07/16/news/greece.php 2008年2月3日閲覧。 
  87. ^ “Συνέντευξη Τύπου Γ. Σουφλιά για την Πάρνηθα” (Greek) (.doc) (プレスリリース), Hellenic Ministry for the Environment, Physical Planning, & Public Works, (2007年7月18日), オリジナルの2008年2月16日時点におけるアーカイブ。, http://www.minenv.gr/download/2007-07-18.sinenteksi.typoy.Parnitha.doc 2008年1月15日閲覧, "Συνολική καμένη έκταση πυρήνα Εθνικού Δρυμού Πάρνηθας: 15.723 (Σύνολο 38.000)" 
  88. ^ a b “Rot sets in as Athens's trash problem mounts”. (2007年1月30日). http://www.redorbit.com/news/science/819945/rot_sets_in_as_athenss_trash_problem_mounts/index.html 2008年2月10日閲覧。 
  89. ^ Προαστιακός”. Proastiakos.gr. 2009年3月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年3月21日閲覧。
  90. ^ Tram Sa”. Tramsa.gr. 2009年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年1月5日閲覧。
  91. ^ Athens Urban Transport Network in Facts and Figures (pdf) page 5”. OASA. www.oasa.gr. 2007年1月28日閲覧。[リンク切れ]
  92. ^ a b Athens Urban Transport Network in Facts and Figures (pdf) page 6”. OASA. www.oasa.gr. 2007年1月28日閲覧。[リンク切れ]
  93. ^ Ilias Tatsiopoulos & Georgios Tziralis. “New, Post-Olympics Athens” (PDF). www.minpress.gr (Secretariat General of Communication – Secretariat General of Information): p. 79. オリジナルの2008年9月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080909201644/http://www.minpress.gr/minpress/aboutbrandgreece_low-res-9-tatsiopoulos.pdf 2008年8月23日閲覧。  [リンク切れ]
  94. ^ a b Athens Urban Transport Network in Facts and Figures (pdf) page 11”. OASA. www.oasa.gr. 2007年1月28日閲覧。[リンク切れ]
  95. ^ Athens Metro”. Hellenic Ministry of Culture. www.culture.gr. 2006年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年1月26日閲覧。
  96. ^ a b c d e Athens Urban Transport Network in Facts and Figures (pdf) page 15”. OASA. www.oasa.gr. 2007年2月4日閲覧。[リンク切れ]
  97. ^ a b c d Athens Urban Transport Network in Facts and Figures (pdf) page 9”. OASA. www.oasa.gr. 2007年2月4日閲覧。[リンク切れ]
  98. ^ a b Proastiakos”. www.proastiakos.gr. 2009年6月9日閲覧。[リンク切れ]
  99. ^ a b c d Tram Sa”. Tramsa.gr. 2009年10月25日閲覧。
  100. ^ Athens Urban Transport Network in Facts and Figures (pdf) page 13”. OASA. www.oasa.gr. 2007年1月28日閲覧。[リンク切れ]
  101. ^ Tram Sa”. Tramsa.gr. 2009年10月25日閲覧。
  102. ^ a b c Athens International Airport: Facts and Figures”. Athens International Airport. www.aia.gr. 2007年2月11日閲覧。
  103. ^ Athens International Airport: Airport Profile”. Athens International Airport. www.aia.gr. 2007年2月11日閲覧。
  104. ^ a b c Athens International Airport: Passenger Traffic Development 2007”. Athens International Airport. 2008年2月6日閲覧。
  105. ^ Athens International Airport: Air Traffic Movements Development 2007”. Athens International Airport. 2008年2月6日閲覧。
  106. ^ Passenger Traffic At Greece’s Biggest Airport Drops Through July bloomberg.com By Natalie Weeks - Aug 27, 2012 6:33 PM GMT+0900
  107. ^ Aodos.gr[リンク切れ]
  108. ^ Barcelona internacional – Ciutats agermanades” (Spanish). © 2006–2009 Ajuntament de Barcelona. 2009年7月13日閲覧。
  109. ^ Beijing Sister Cities”. City of Beijing. www.ebeijing.gov.cn. 2007年1月3日閲覧。
  110. ^ Twinnings of the city”. City of Beirut. www.beirut.gov.lb. 2008年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月25日閲覧。[リンク切れ]
  111. ^ Twinning with Palestine”. Twinning With Palestine. 2008年2月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月26日閲覧。
  112. ^ ::Bethlehem Municipality::”. www.bethlehem-city.org. 2009年10月10日閲覧。
  113. ^ Academy of Economic Studies – Short History of Bucharest”. Bucharest University of Economics. 2008年8月1日閲覧。 [リンク切れ]
  114. ^ Chicago Sister Cities”. City of Chicago. www.chicagosistercities.com. 2007年1月3日閲覧。
  115. ^ Ciudades Hermanas” (Spanish). Municipalidad del Cusco. www.municusco.gob.pe. 2008年1月25日閲覧。[リンク切れ]
  116. ^ Erdem, Selim Efe (2003年11月3日). “İstanbul'a 49 kardeş” (Turkish). Radikal (Radikal). http://www.radikal.com.tr/haber.php?haberno=94185 2008年1月25日閲覧。 
  117. ^ Los Angeles Sister Cities”. City of Los Angeles. www.lacity.org. 2007年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年1月3日閲覧。
  118. ^ Moscow International Relations”. Moscow City Government (2007年6月). 2008年7月31日閲覧。[リンク切れ]
  119. ^ Gemellaggi” (Italian). Comune di Napoli. 2008年9月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月1日閲覧。
  120. ^ Nicosia:Twin Cities”. Nicosia Municipality. www.nicosia.org.cy. 2008年1月25日閲覧。
  121. ^ International Cooperation: Sister Cities”. Seoul Metropolitan Government. www.seoul.go.kr. 2007年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月26日閲覧。
  122. ^ Twinning Cities: International Relations”. Municipality of Tirana. www.tirana.gov.al. 2008年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月25日閲覧。
  123. ^ Protocol and International Affairs: Sister-City Agreements”. District of Columbia. os.dc.gov. 2008年1月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年1月25日閲覧。
  124. ^ International Cooperation: Sister Cities: Athens”. Yerevan Municipality. www.yerevan.am. 2008年1月26日閲覧。
  125. ^ International Cooperation”. Grad Beograd. www.beograd.rs. 2008年1月26日閲覧。
  126. ^ International: Special partners”. Mairie de Paris. www.paris.fr. 2008年1月26日閲覧。 [リンク切れ]






アテネと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「アテネ」に関係したコラム

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の証券取引所、および、世界各国の証券取引所の一覧です。▼日本東京証券取引所(東証)大阪証券取引所(大証)名古屋証券取引所(名証)福岡証券取引所(福証)札幌証券取引所(札証)TO...

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アテネ」の関連用語

アテネのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アテネのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアテネ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS