ワークグループとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > ワークグループの意味・解説 

ワークグループ

【英】Workgroup

ワークグループとは、一般的には、Windows構築されたコンピュータネットワークのうち、コンピュータ一元的管理する役割サーバーを必要としない、かつ比較小規模ネットワーク単位である。

WindowsLAN構築する場合ネットワークは、ワークグループとドメインいずれかに分類される。ワークグループは全てのコンピュータ対等な関係にあり、制御する・制御されるという関係を持たない。既にワークグループが構築されている場合には、ワークグループの名称を指定するだけで、コンピュータを簡単にワークグループへ参加させることができる。ワークグループは主に自宅におけるLAN構築などで用いられる。接続できるコンピュータ台数は、通常10数台程度までとされる

ワークグループに対して、より大規模に、かつ一元的管理を行うためのネットワークドメイン呼ばれる単位において行われるドメインでは1台のサーバーネットワーク管理する構成がとられ、数千規模ネットワーク構築することができる。


参照リンク
ワークグループに参加する、またはワークグループを作成する - (Microsoft Windows
ネットワークシステムのほかの用語一覧
コンピュータシステム:  VNC  VT100  ワークグループネットワーク  ワークグループ  ユーザー
位置情報:  A-GPS  衛星測位システム


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ワークグループ」の関連用語

ワークグループのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ワークグループのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリワークグループの記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS