藤谷美和子 藤谷美和子の概要

藤谷美和子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/09 17:42 UTC 版)

ふじたに みわこ
藤谷 美和子
本名 岡村 美和子
おかむら みわこ
生年月日 (1963-03-10) 1963年3月10日(53歳)
出生地 日本の旗 日本東京都北区
民族 日本人
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1975年 - 2005年
配偶者 岡村俊一(2005年 - )
事務所 トライストーン・エンタテイメント
主な作品
テレビドラマ
ゆうひが丘の総理大臣
あさひが丘の大統領
心はいつもラムネ色
そのうち結婚する君へ
映画
海燕ジョーの奇跡
それから
女殺油地獄
『寝取られ宗介』

来歴・人物

カルビー(ポテトチップス)のCMで芸能界入り[1]

1978年、『ゆうひが丘の総理大臣』に出演してアイドル的な人気を果たす。

1980年、『ニッポン警視庁の恥といわれた二人 刑事珍道中』でスクリーンデビュー。

ベテラン俳優を相手役にするなど演技力も買われ、一世を風靡。

1984年の『心はいつもラムネ色』ではヒロインを演じ、視聴率50%超えを記録。

1994年には歌手デビューも果たし、大内義昭とのデュエットソング「愛が生まれた日」がミリオンセラーとなる大ヒット(日本レコード大賞では優秀作品賞に選ばれ、紅白歌合戦にも出場を果たし、日本ゴールドディスク大賞にも入選され、秋元康からも絶賛された)。同時期には日本アカデミー賞ブルーリボン賞キネマ旬報賞毎日映画コンクール報知映画賞など、連続して最優秀助演女優賞や助演女優賞も総ナメにした。

演技力・歌唱力に定評がある一方、奇妙な言動を繰り広げることから「お騒がせ女優」「プッツン女優」とも呼ばれた[2]

2005年、岡村と結婚(結婚した理由については「だって結婚しないと離婚できないでしょ?」と発言した[2])。その後は離婚を希望し、芸能界復帰の意思がないと一部のスポーツ紙は報じた[3]

2015年5月24日、大内の死去に対して追悼コメントを発表した[4]

現在は熱海市のスナックで働いている。

出演

映画

テレビドラマ




[ヘルプ]
  1. ^ 週刊アサヒ芸能 2012年6月28日特大号 俺たちが愛した美少女選抜BEST30 第1弾・70年代編
  2. ^ a b 藤谷美和子 電撃プッツン結婚(スポニチ、2005年12月29日)
  3. ^ “元祖プッツン女優”藤谷美和子の徘徊騒動にマスコミが深入りできない裏事情(日刊サイゾー、2012年4月12日)
  4. ^ 藤谷美和子 大内さん死去に「大切な思い出 とても寂しい」(スポニチアネックス、2015年5月24日)


「藤谷美和子」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「藤谷美和子」の関連用語

藤谷美和子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

プレッシャー・ブロック

サバヒー

ニューギニアワニ

稚蚕用糸網

菅沼曲水

オショロミノウミウシ属の仲間3

角形光プラグ

京うちわ





藤谷美和子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの藤谷美和子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS