大谷翔平 選手としての特徴

大谷翔平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/13 06:45 UTC 版)

選手としての特徴

投手として先発出場し降板後に野手として守備に就くケースや[337]、野手として先発出場し途中の回から救援登板するケースもある[72]

投手

投球時の大谷(2018年)
投球データ 2023年[338]
球種 割合 平均球速 最高球速
% mph km/h mph km/h
スイーパー 35.2 85.5 137.6 101.2 162.9
フォーシーム 32.8 96.8 155.8
カットボール 15.7 88.6 142.6
スプリット[339][340] 6.5 88.6 142.6
シンカー 6.0 94.6 152.2
カーブ 3.6 75.7 121.8
スライダー 0.2 85.5 137.6

オーバースロー[341]から繰り出す、平均97.3mph(約156.6 km/h、2022年シーズン)・最速165 km/hのフォーシーム、平均143.7 km/h[342]フォークボール(スプリット)[339][343]スイーパーと称される縦方向の変化が少なく横方向の変化が大きいスライダーを軸に、稀に平均125 km/hのカーブを交える[25]。フォークは米スカウトから高く評価されている[344]。プロ入り後、フォークを習得[343]。高校時代はカットボールチェンジアップも混ぜた[25]

高校時代はフォームの安定やスタミナが課題とされていた[345]。高校通算奪三振145に対し、与四死球61を記録するなど制球力にも課題がある[346]。NPB通算奪三振は624、与四死球は223[347]。日本ハム時代に捕手としてバッテリーを組んだ近藤健介は「リズムができてくればしっかりとコースにコントロールできるが、四球から崩れるという失点パターンに注意している」と語っている[348]

2022年シーズンには新球にシンカーが加わった。同年9月3日(アメリカ現地時間)に投じたシンカーは最速100.6マイル(約162 km/h)、変化量は最大で縦に28インチ(約71 cm)、横に21インチ(約53 cm)だった[349]

第5回WBC決勝アメリカ合衆国戦の9回二死にマイク・トラウトから空振り三振を奪ったスライダーは87mphで曲がり幅が17インチ(約43 cm)と伝えられた[350]

野手

打撃時の大谷(2019年)

打撃については高校時代にプロのスカウトから「高橋由伸タイプで三冠王を狙える素材」[351]、「松井秀喜以来の長距離打者」[352]と高い評価を受け、高校では通算56本塁打を記録[353][354]。NPB時代の2016年シーズンは382打席の少ない打席数で22本塁打、OPSは1.004を記録しチームの四番だった中田翔以上の実力を見せた[355]。またMLBで記録したシーズン46本塁打は日本人シーズン最多本塁打記録である[356]

一塁到達まで3.8秒台の俊足[352][357]で1試合で2つ以上の盗塁を記録したこともあり[358]、ノーステップで遠投90メートルという強肩[357]も兼ね備える。

MLBでの平均打球速度は、リーグ平均が約88mphであるのに対して、2018年が92.9mphで全体10位、2019年92.8mphで全体9位であった。またスプリントスピードは、2018年が28.4ft/秒、2019年が28.2ft/秒と、リーグ平均の27.0ft/秒を上回っている[359]。一方で打席数に比べて三振が突出して多く、例として2018年シーズンは367打席で102三振を記録している。これに対して2018年シーズン終了後に雑誌で「これも実力が足りないなりに、捨てた部分ではあります」「打率も出塁率も残しながら、求められているのは長打力だと思っているので」と回答をしている[360]。MLB通算 (2018 - 2019)のOPSは.883で、このうち対右投手の値は.945、対左投手の値は.725となっており、相対的に左投手の値が低い[361]

指名打者の難しさについては「極端な言い方をすると、4回代打で出場するようなもの。如何に集中しながらゲームに臨むかが一番大事だと思います」と話している[362]

田淵幸一は大谷の打法を「でんでん太鼓打法」と名付けている[363]

長距離打者ではあるものの、走力を活かし局面を読んで意表を突いたセーフティバントを決めるクレバーさ、器用さもある[364]谷繁元信のように「もし僕がキャッチャーだったら……やっぱり予想できないと思いますね。もう完全にお手上げですよ。『うわ、マジか! やられた……』と。イタリアのバッテリーも、監督のマイク・ピアザもそう感じたと思います」と称賛する声を上げた解説者がいる[365]一方、落合博満のように「俺だったらやらない。クリーンアップですから。普通はそう考えます」と批判的に評した解説者もいた[366]

MLBに移籍した際に、日本ハム入団2年目以降に守備につかなくなった理由を米メディアに聞かれたが「何でですかね? 下手だったんじゃないですか、フフッ」と冗談っぽく笑って答えている[367]

日本ハム時代のチームメイトで、2023WBCでも同じ代表チームであった近藤健介は、大谷翔平に「ノーステップ打法」に変えた理由を尋ねると、大谷は「イメージはバントに近い形。バントから逆算している。」と答え、「振るよりバントの方が当たるでしょ。究極はバントでホームラン。そのぐらいの動きの小ささにしたい」と述べたという。さらに「強いスイングをするためにはノーステップ打法というより、バントのように一番まずボールに当たる形から行き着いた」と話した[368]


注釈

  1. ^ MLB以外では1922年にニグロリーグブレット・ローガンが達成しており、ちょうど100年ぶりとなる[14]
  2. ^ 近鉄時代の1953年に投手で1回、1959年から1963年にかけ野手で4回出場。
  3. ^ 投球回に制限のあるオールスターゲームでは、先発投手は5イニング以上投球していなくとも勝利投手になることができる。
  4. ^ 日本国外のプロリーグを含めてもベーブ・ルース(1918年、MLB、13勝・11本塁打)や金城漢(1982年、KBO、10勝・13本塁打)の例しか無い。
  5. ^ CS導入以前のパ・リーグプレーオフを含めると、1982年の工藤公康、2006年のダルビッシュ有に次いで3番目[94]
  6. ^ 一部の記事ではこの試合がパ・リーグ史上初の出来事とも報じられたが、実際には1987年に西武ライオンズが優勝決定後の試合で、最初から投手を9番打者に入れた試合などが既にある。
  7. ^ 日本国外のプロリーグを含めても、同一シーズンで2桁勝利と2桁本塁打を挙げたのはベーブ・ルース(1918年、MLB、13勝・11本塁打)や金城漢(1982年、KBO、10勝・13本塁打)の例しか無く、自身2度目の達成は大谷が世界初といえる。また、「10勝・100安打・20本塁打」は世界的に見ても過去に例が無い記録である。
  8. ^ 実際に最優秀防御率のタイトルを獲得したのは石川歩だったが、もし仮に大谷が後3投球回で自責点が5以下であれば石川を上回っていた。
  9. ^ 5年後の2021年8月13日に読売ジャイアンツチアゴ・ビエイラが球速166 km/hを計測し、最速記録を塗り替えられた。
  10. ^ 過去の3人は野口明(49勝・61本塁打)、西沢道夫(60勝・212本塁打)、関根潤三(65勝・59本塁打)。
  11. ^ MLBドラフト対象外である海外若手選手(アマチュア選手、25歳未満のプロ選手、プロ経歴6年未満の選手)の獲得時に使用できる契約金総額。毎年、各球団ごとに上限が決められている[125]
  12. ^ 2020年時点で563,500ドル[126]
  13. ^ 2016年締結のMLBの労使協定により25歳未満のドラフト対象外選手との契約はマイナー契約に限定されるため[127]
  14. ^ COVID-19の影響で、2020年レギュラーシーズンは60試合に短縮されている。
  15. ^ バリー・ボンズは2002年〜2004年に受賞[292]
  16. ^ 2023年シーズンはジョー・ケリーが着用していたが、大谷に譲る形で「99」に変更している[313]
  17. ^ 大谷のカタカナ表記は「オオタニ」だが、ohの英語読みが「オウ」なので・Ohtaniの英語読みは(ビクター・ロハスが言っているように)「オウタニ」である。
  18. ^ 大谷のカタカナ表記は「オオタニ」だが、ohの英語読みが「オウ」なので・Ohtani-sanの英語読みは(ビクター・ロハスが言っているように)「オウタニ-サン」である。
  19. ^ 中日は星野仙一が監督に就任した1987年、星野がかねてから親交のあったドジャース球団会長のピーター・オマリーから許諾を得てユニフォームをホーム用・ビジター用ともドジャースのホーム用に似せたデザインのものに変更した[483]。このデザインのホーム用ユニフォームは2003年まで使用され[484]、後に星野の下でプレーした立浪和義が監督に就任した2023年には再び星野時代と同じデザインのホーム用ユニフォームが導入された[485]
  20. ^ 指名打者部門では、アジア人史上初。
  21. ^ 野手としての出場試合のみでカウントすると637試合目[508]
  22. ^ アマチュア時代(高校時代)も記録しており、アマチュア初の160 km/h。

出典

  1. ^ 大谷様さま 来季年俸2・9億円だった 最強ドジャース実現へ由伸もサイ・ヤング腕も獲れる」『スポーツニッポン』2023年12月13日、2024年1月15日閲覧。
  2. ^ 【青少年の好きなスポーツ選手2023 ランキング】 大谷翔平が3回連続で1位!過去最多得票率。”. 笹川スポーツ財団. 2024年3月3日閲覧。
  3. ^ 米タイム誌「世界で最も影響力のある100人」に大谷翔平と大坂なおみが選出…紹介文でAロッドが称賛したのはフィールド外の姿勢」『Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE』2021年9月16日、2023年6月12日閲覧。
  4. ^ 日本球界総年俸の3倍超=大谷、破格の大型契約―米大リーグ” (2023年12月11日). 2024年3月3日閲覧。
  5. ^ 大谷「今日は全部取りに行った」球宴史上初の二刀流出場:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2021年7月14日). 2024年3月14日閲覧。
  6. ^ Martin, Jill (2018年4月2日). “Shohei Ohtani delivers, wins MLB pitching debut” (英語). CNN. 2024年3月14日閲覧。
  7. ^ 「二刀流」大谷が2桁勝利・本塁打、ベーブ・ルース以来の快挙”. ウォール・ストリート・ジャーナル. 2016年3月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年3月16日閲覧。
  8. ^ "【ベストナイン】日本ハム・大谷が史上初の「二刀流受賞」". スポニチ Sponichi Annex. スポーツニッポン. 2016年11月25日. 2024年3月14日閲覧
  9. ^ MLB MVP Award winners 2021” (英語). MLB. 2021年11月18日. 2021年11月24日閲覧。
  10. ^ Silver Slugger Award winners 2021” (英語). MLB. 2021年11月11日. 2021年11月24日閲覧。
  11. ^ The 50 greatest seasons in sports history, ranked” (英語). Sporting News. 2021年12月22日. 2022年4月9日閲覧。
  12. ^ "大谷翔平、さらなる栄誉! AP通信年間最優秀男性アスリート賞を受賞【海外の反応】". ベースボールチャンネル. 2021年12月29日. 2024年3月14日閲覧
  13. ^ 大谷翔平、ベーブ・ルース以来104年ぶり「2桁勝利&2桁本塁打」達成 メジャーで初の10勝 - MLB”. 日刊スポーツ (2022年8月10日). 2024年3月14日閲覧。
  14. ^ 大谷、陰の偉業に光=ルースの後も二刀流成功者―米大リーグ」『時事ドットコム』時事通信社。2022年8月11日。2023年1月29日閲覧。
  15. ^ "大谷翔平、投打2部門でWBCベストナイン 吉田も選出". 日本経済新聞. 2023年3月22日. 2024年3月14日閲覧
  16. ^ 斎藤庸裕 (2023年10月2日). "大谷翔平、日本人選手初の本塁打王に「光栄。チームメート、コーチングスタッフ、ファンに感謝」 - MLB". 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社. 2024年3月14日閲覧
  17. ^ a b c d e Alden Gonzalez (2023年11月16日). “Angels' Shohei Ohtani wins second AL MVP award in 3 seasons”. ESPN. 2023年11月17日閲覧。
  18. ^ a b 大谷翔平 「ハンク・アーロン賞」初受賞 イチローも松井秀喜も手にできなかった日本勢初の快挙」『Sponichi Annex』2023年12月17日。2023年12月17日閲覧
  19. ^ 花巻東・大谷最速147キロ!10K…春季岩手県大会、スポーツ報知、2011年5月25日。
  20. ^ a b 大谷翔平の原点は「バドミントン」本人が語る少年時代”. 朝日新聞 (2017年11月11日). 2017年11月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月20日閲覧。
  21. ^ 当時の女房が明かす「小学6年の大谷翔平」」『現代ビジネス・週刊現代』2018年6月3日. 2021年11月24日閲覧。
  22. ^ 少年時代に二刀流の“原点”おばんですいわて」『NHK』2021年7月13日。2021年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月24日閲覧。
  23. ^ 【MLB】大谷翔平、少年時代の憧れは松井秀喜&ダルビッシュ有…メジャー通算286試合時点で本塁打とOPSは「ゴジラ超え」」『中日スポーツ・東京中日スポーツ』2021年5月12日。2021年8月11日閲覧。
  24. ^ 「大谷を花巻東に連れてきたのは雄星なんです」。大谷翔平と菊池雄星が歩んだ道、佐々木監督の証言」『ベースボールチャンネル』2019年5月30日、1頁。2021年9月7日閲覧。
  25. ^ a b c d e f g 『アマチュア野球』vol.33(2012年)日刊スポーツ出版社、12-14頁。ISBN 978-4-8172-5526-6
  26. ^ 大谷翔平選手がゴミを拾う理由とは? - 週プレNEWS 2023年3月23日
  27. ^ 「大谷を花巻東に連れてきたのは雄星なんです」。大谷翔平と菊池雄星が歩んだ道、佐々木監督の証言」『ベースボールチャンネル』2019年5月30日、3頁。2021年9月7日閲覧。
  28. ^ a b 大谷翔平を変えた“花巻東高の寮生活”「何度も怒られました」「だから僕、高校でだいぶ変わったと思いますよ」」『Sports Graphic Number Web』2021年8月11日。2021年8月12日閲覧。
  29. ^ 及川彩子「《花巻東・佐々木洋監督に聞く》大谷翔平のMVPが“偶然ではない”理由「野球だけが凄かったわけじゃない」「教えたのは投資と消費」」『Number Web』2021年11月21日。2021年11月25日閲覧。
  30. ^ 「あの一戦と僕らのこれから」『Sports Graphic Number』814(雑誌26854-10/25)文藝春秋、78-79頁。
  31. ^ 木下淳 (2012年3月22日). “大谷11四死球9失点で初戦敗退/センバツ - 高校野球ニュース”. 日刊スポーツ. 2024年3月14日閲覧。
  32. ^ a b 花巻東大谷高校生最速160キロ」『日刊スポーツ』2012年7月20日。2012年10月17日閲覧。
  33. ^ 盛岡大附vs花巻東」『高校野球ドットコム』2021年6月2日閲覧。
  34. ^ 第25回 IBAF 18U世界野球選手権」『公益財団法人 日本学生野球協会』2021年11月25日閲覧。
  35. ^ 大谷きょう志望届「メジャー五分五分」」『日刊スポーツ』2016年10月29日。2016年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月24日閲覧。
  36. ^ 2012年 プロ野球志望届提出者一覧」『日本高等学校野球連盟』2016年10月29日、2016年12月24日閲覧。
  37. ^ a b 大谷 国内12球団&マイナーもOK 日米各球団と面談へ」『Sponichi Annex』2012年9月19日。2012年10月17日閲覧。
  38. ^ 大谷メジャー!最終的に夢を選んだ」『日刊スポーツ』2012年10月19日。2012年10月21日閲覧。
  39. ^ 大谷がメジャー挑戦を表明」『日刊スポーツ』2012年10月21日。2012年10月21日閲覧。
  40. ^ 大谷「憧れが強かった」/一問一答」『日刊スポーツ』2012年10月21日。2012年10月21日閲覧。
  41. ^ ハムが大谷指名!山田GMが明言」『日刊スポーツ』2012年10月24日。2012年10月25日閲覧。
  42. ^ 栗山監督「申し訳無い」、けど大谷指名」『日刊スポーツ』2012年10月25日。2012年10月25日閲覧。
  43. ^ 大谷「気持ちは変わらない」/ドラフト」『日刊スポーツ』2012年10月25日。2012年10月25日閲覧。
  44. ^ 発表遅れ申し訳ないが…/大谷一問一答」『日刊スポーツ』2012年10月26日。2012年12月9日閲覧。
  45. ^ ハム大谷訪問空振り「今後は本人と」」『日刊スポーツ』2012年10月27日。2012年12月9日閲覧。
  46. ^ 大谷同席 自宅であいさつ」『日刊スポーツ』2012年11月2日。2012年12月9日閲覧。
  47. ^ 大谷両親驚く ハムがメジャーリスク資料」『日刊スポーツ』2012年11月11日。2012年12月9日閲覧。
  48. ^ 大谷グラリ…ハム入り「全くNOという感じでも無い」」『日刊スポーツ』2012年11月18日、2012年12月9日閲覧。
  49. ^ 日本ハム、大谷と最後の交渉 結論「近いうちに」と父親」『Sponichi Annex』2012年11月26日、2012年12月9日閲覧。
  50. ^ ダル背番「11」用意!大谷の父「前向きになってきたなと」」『Sponichi Annex』2012年12月3日、2012年12月9日閲覧。
  51. ^ 大谷選手との入団交渉時に提示した球団資料について」『北海道日本ハムファイターズ』2012年12月13日。2012年12月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月14日。
  52. ^ 天海祐希が涙ぐむ 大谷翔平、日本ハム入団の舞台裏に「すごく胸が熱くなって」」『デイリースポーツ online』2022年1月28日。2022年1月28日閲覧。
  53. ^ プロ野球:大谷が日本ハム入団表明」『毎日新聞』2012年12月9日。2012年12月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月11日閲覧。
  54. ^ 「投打で一流の選手目指す」 日本ハム・大谷が入団会見」『産経ニュース』2012年12月25日。2012年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月30日閲覧。
  55. ^ 大谷入団会見「一流目指す」」『日刊スポーツ』2012年12月25日。2012年12月25日閲覧。
  56. ^ 大谷「成長して日本一に」/一問一答」『日刊スポーツ』2012年12月25日。2012年12月25日閲覧。
  57. ^ 大谷プロ初は160キロ!?」『日刊スポーツ』2012年12月25日。2012年12月25日閲覧。
  58. ^ 大谷、今後どうなる起用法?」『日刊スポーツ』2013年3月22日、2021年7月3日閲覧。
  59. ^ 大谷、異例の開幕=打で1軍、投は2軍」『時事ドットコム』時事通信社、2013年3月27日、2013年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年3月27日閲覧。
  60. ^ a b c d e 大谷 三振で「落ち込んだ」が修正!堂々初お立ち台」『Sponichi Annex』2013年3月29日、2013年3月29日閲覧。
  61. ^ 大谷、診断は軽度の足首捻挫」『日刊スポーツ』2013年4月13日、2013年4月26日閲覧。
  62. ^ 大谷 松坂超え新人投手デビュー最速157キロ「凄く楽しかった」」『Sponichi Annex』2013年5月24日、2013年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月24日閲覧。
  63. ^ a b 【日本ハム】二刀流大谷がプロ初勝利”. 日刊スポーツ (2013年6月1日). 2019年4月26日閲覧。
  64. ^ 大谷劇場だ!初V打、投げた、もめた…降板後はライト守った」『Sponichi Annex』2013年6月19日、2013年6月19日閲覧。
  65. ^ 大谷 高卒新人で勝ち投手&本塁打は江夏以来46年ぶり」『Sponichi Annex』2013年7月11日、2021年7月3日閲覧。
  66. ^ 大谷、右頬骨不全骨折と診断」『日刊スポーツ』2013年7月11日、2013年7月12日閲覧。
  67. ^ 大谷代打弾 松井以来2戦連発」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2013年7月15日、2021年7月2日閲覧。
  68. ^ 大谷157キロ、投手も野手も輝いた/球宴」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2013年7月20日、2021年7月2日閲覧。
  69. ^ 高卒初!大谷1番ルーキー/球宴」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2013年7月21日、2021年7月2日閲覧。
  70. ^ 大谷が86年清原以来の高卒新人打点/球宴」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2013年7月23日、2021年7月2日閲覧。
  71. ^ 大谷サプライズ登板プロ初中継ぎ2回0封」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2013年8月10日、2021年7月2日閲覧。
  72. ^ a b 大谷新二刀流!外野先発→8回リリーフ」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2013年8月19日、2021年7月2日閲覧。
  73. ^ 大谷 野手73戦目で初猛打賞「余裕あればバット振れる」」『スポーツニッポン』2014年3月31日、2014年7月5日閲覧。
  74. ^ 大谷 憧れ雄星先輩に勝った!剛球原点は花巻東のプールトレ」『スポーツニッポン』2014年4月12日、2014年7月5日閲覧。
  75. ^ 大谷「投手有利の日」158キロ&初完封」『日刊スポーツ』2014年5月13日、2014年7月5日閲覧。
  76. ^ 大谷、160キロ出た!日本人2人目 パ・リーグ史上最速」『スポーツニッポン』2014年6月5日、2014年7月5日閲覧。
  77. ^ またも自己最速160キロ出した日本ハムの大谷、右足つって緊急降板」『MSN産経ニュース』2014年6月11日、2014年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ、2014年7月5日閲覧。
  78. ^ ハム大谷、甲子園日本人最速160キロ」『デイリースポーツ』2014年6月18日、2014年7月5日閲覧。
  79. ^ |日本ハム大谷7勝目4戦連続160キロ」『日刊スポーツ』2014年6月25日、2014年7月5日閲覧。
  80. ^ 大谷 初の1試合2発!20歳バースデー「これからも期待に」”. スポニチ Sponichi Annex (2014年7月5日). 2024年3月14日閲覧。
  81. ^ 大谷 土橋、木田に並ぶ球団タイも淡々「勝ててうれしい」」『スポーツニッポン』2014年7月9日、2021年7月3日閲覧。
  82. ^ 江夏の記録を2ヶ月更新 大谷、17イニング連続奪三振も継続中」『スポーツニッポン』2014年7月10日、2021年7月3日閲覧。
  83. ^ 大谷 160キロで阿部斬りだ “二刀流選出”関根潤三以来2人目」『スポーツニッポン』2014年7月4日、2021年7月3日閲覧。
  84. ^ 大谷球宴最速更新 162キロ2球は史上初」『スポーツニッポン』2014年7月20日、2021年7月3日閲覧。
  85. ^ 朝日新聞2014年7月20日付スポーツ面
  86. ^ 大谷 最速159キロ10Kも10勝目はお預け「球数が増えていなければ…」」『スポーツニッポン』2014年7月26日、2014年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ、2021年7月3日閲覧。
  87. ^ ソフトバンク連勝!日本ハム・大谷は161キロマークも2敗目」『スポーツニッポン』2014年8月3日、2021年7月3日閲覧。
  88. ^ 週刊ベースボール2014年9月5日号97ページ
  89. ^ 大谷10勝8発!ルース以来の偉業迄後2発」『スポーツニッポン』2014年8月30日、2014年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ、2021年7月3日閲覧。
  90. ^ 読売新聞2014年9月8日付スポーツ面
  91. ^ 大谷、日本プロ野球初の10勝&10本塁打なるか(第766回)」『蛭間豊章記者の「Baseball inside」』ブログ報知 - スポーツ報知、2014年3月14日、2014年4月26日時点のオリジナルよりアーカイブ、2021年7月3日閲覧。
  92. ^ 大谷、ついに出た162キロ!日本人最速!公式戦最速タイ」『スポーツニッポン』2014年10月2日、2021年7月3日閲覧。
  93. ^ 日本ハム先勝!大谷6回3失点で白星!中島が決勝スクイズ!」『スポーツニッポン』2014年10月11日、2021年7月3日閲覧。
  94. ^ デイリースポーツ関西版2014年10月12日付5面
  95. ^ 2014年10月9日 侍ジャパン「2014 SUZUKI 日米野球」出場選手発表!」『侍ジャパン公式サイト』2014年10月9日、2015年3月26日閲覧。
  96. ^ 大谷、高卒最速1億円「開幕投手目指す」」『日刊スポーツ』2014年12月6日、2015年4月25日閲覧。
  97. ^ 大谷開幕1勝、ダル超え20歳8カ月の勲章」『日刊スポーツ』2015年3月28日、2015年4月25日閲覧。
  98. ^ 大谷復活6連勝 18日ぶり登板も9回途中1失点」『日刊スポーツ』2015年5月15日、2015年6月18日閲覧。
  99. ^ 日本ハム陥落 中田2三振大谷4三振大ブレーキ」『日刊スポーツ』2015年6月20日、2015年7月11日閲覧。
  100. ^ 大谷 投手&野手でファン投票選出は関根潤三以来52年ぶり」『スポニチ』2015年6月26日、2015年6月29日閲覧。
  101. ^ 大谷「自分で決める」人生初サヨナラ打 代打の先輩・矢野に学ぶ」『スポーツニッポン』2015年8月9日、2016年12月11日閲覧。
  102. ^ 【日本ハム】大谷、初の投手3冠!ダル以来の高卒3年目で15勝」『スポーツ報知』2015年10月6日。2015年10月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年6月19日閲覧。
  103. ^ 大谷 大炎上!3回途中5失点KO、“下克上”ロッテにつかまる」『Sponichi Annex』2015年10月10日、2021年7月3日閲覧。
  104. ^ オリジナル フレーム切手セット『北海道日本ハムファイターズ 大谷 翔平』の販売開始」『日本郵便』2015年8月17日、2021年7月3日閲覧。
  105. ^ 「1番・投手」は史上3人目も…先頭打者弾はメジャーでも過去になし」『スポニチ』2016年7月4日、2021年7月3日閲覧。
  106. ^ 6月度の月間MVPが発表 ロッテ・田村が球団捕手24年ぶりの受賞!」『マイナビニュース』2016年7月6日、2016年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年7月6日閲覧。
  107. ^ 張本氏、大谷の起用法に喝!1番・投手は「草野球でもやらない」」『スポーツニッポン』2016年7月10日、2023年3月20日閲覧。
  108. ^ 日本ハム4年振りV 大谷、1安打15K完封 プロ野球初快挙も達成」『スポニチアネックス』2016年9月28日、2021年7月3日閲覧。
  109. ^ 2016年10月29日 一球速報」『北海道日本ハムファイターズ』2016年10月29日、2016年12月24日閲覧。
  110. ^ 大谷“二刀流”そして大逆転劇〜日本ハム・栗山監督が語る〜」『NHK』2016年11月1日、2016年12月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月24日閲覧。
  111. ^ 11月に東京ドームで開催する侍ジャパン強化試合に出場する選手28名が決定」『野球日本代表 侍ジャパン オフィシャルサイト』2016年10月18日、2016年10月18日閲覧。
  112. ^ 珍打!侍大谷、天井に消える打球…/写真リプレー」『日刊スポーツ』2016年11月13日、2016年11月14日閲覧。
  113. ^ a b 【ベストナイン】日本ハム・大谷が史上初の「二刀流受賞」」『スポニチアネックス』2016年11月25日、2016年11月25日閲覧。
  114. ^ 赤坂英一「大谷のMVPが満票ではなかった理由」『赤坂英一の野球丸』edge ONLINE、2016年12月7日、2023年11月28日閲覧。
  115. ^ ハム大谷翔平が初のMVP受賞! 投打で規定届かずも際立った存在感&貢献度」『Full-Count』2016年11月28日、2023年11月28日閲覧。
  116. ^ 大谷 ホリプロと契約!所属芸人、驚きと歓迎 三村「後輩じゃん」“二刀流”先輩風」『スポニチアネックス』2016年12月22日、2016年12月22日閲覧。
  117. ^ 2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™侍ジャパンメンバー変更のお知らせ 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト 2017年2月4日
  118. ^ ダルビッシュ・大谷も経験 WBCを辞退した選手たちとその後 BASEBALL KING 2023年3月1日
  119. ^ 無念の辞退から6年 大谷翔平のWBCにかける積年の思い「優勝できればこれ以上ない」 Full-Count 2023年3月9日
  120. ^ 日本ハム大谷きょう抹消…左太もも肉離れ全治4週間」『日刊スポーツ』2017年4月9日、2018年5月15日閲覧。
  121. ^ 日本ハム大谷が今季1勝!史上4人目40勝&40発」『日刊スポーツ』2017年9月13日、2018年2月25日閲覧。
  122. ^ 日本ハム大谷「4番投手」で完封&決勝ホーム」『日刊スポーツ』2017年10月4日、2017年12月16日閲覧。
  123. ^ 日本ハム・大谷の右かかと手術終了 2-3週間で退院、全力プレーまでは3カ月」『サンスポ』2017年10月13日、2018年5月15日閲覧。
  124. ^ 大谷翔平ハム5年間「間違いでは無かった」一問一答」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2017年11月12日、2017年11月12日閲覧。
  125. ^ 菊地慶剛「大谷翔平がマイナー契約しか結べなくなった背景」『Yahoo! Japan個人』2017年11月18日、2019年11月8日閲覧。
  126. ^ Transaction Glossary”(英語). Cot's Baseball Contracts. 2019年12月4日閲覧。
  127. ^ a b MLBの新労使協定 「損」をする大谷翔平、「得」をする日本球界”. 産経ニュース. 産経新聞社 (2016年12月18日). 2018年2月7日閲覧。
  128. ^ 過去2年で“使いすぎ”カブスら契約金たった30万ドル」(日本語)、スポニチアネックス、2016年12月9日。2017年11月3日閲覧
  129. ^ 大谷12月23日までに球団決定 交渉期間9日短縮”. 日刊スポーツ (2017年11月23日). 2018年5月26日閲覧。
  130. ^ 米国30球団に質問状 大谷争奪戦“書類選考落ち”はどこだ”. 日刊ゲンダイDIGITAL (2017年11月29日). 2021年7月3日閲覧。
  131. ^ 大谷を口説き落とすのは? 米メディア、面談7球団のセールスポイントを分析”. Full-Count (2017年12月5日). 2021年7月3日閲覧。
  132. ^ 大谷7球団に絞った”. 日刊スポーツ (2017年12月5日). 2021年7月3日閲覧。
  133. ^ 日本ハム 大谷翔平 エンジェルスと契約へ”. NHK (2017年12月9日). 2017年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年12月9日閲覧。
  134. ^ Angels statement regarding Shohei Ohtani” (英語). MLB.com Press Release (2017年12月8日). 2017年12月30日閲覧。
  135. ^ 大谷、背番号は17に決定 エンゼルスが発表」『日刊スポーツ』 日刊スポーツ新聞社、2017年12月9日。2017年12月10日閲覧
  136. ^ Transaction December 2017” (英語). MLB.com (2017年12月9日). 2017年12月30日閲覧。
  137. ^ エンゼルス大谷入団会見 同僚トラウトの結婚祝福」『日刊スポーツ』 日刊スポーツ新聞社、2017年12月10日。2017年12月10日閲覧
  138. ^ a b MLB公式プロフィール参照。2018年4月12日閲覧。
  139. ^ 【MLB】大谷翔平快進撃 米メディア、手のひら返しの大絶賛 「高校生並み」→「地球の出身ではない」」『sankei.com』 産経ニュース、2018年4月11日。2018年12月13日閲覧
  140. ^ 大谷、歴史的メジャー初登板初勝利!99年ぶり“ルースの道””. スポニチ Sponichi Annex (2018年4月3日). 2023年2月4日閲覧。
  141. ^ 大谷、またルース以来の記録! 先発投手の3戦連発”. SANSPO.COM (2018年4月7日). 2018年4月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年8月13日閲覧。
  142. ^ 大谷 デビュー2戦連続6K以上は球団史上3人目”. 日刊スポーツ (2018年4月9日). 2019年8月13日閲覧。
  143. ^ 大谷2勝目 7回1安打無失点12K 6回まで完全”. 日刊スポーツ (2018年4月9日). 2019年8月13日閲覧。
  144. ^ エンゼルス・大谷、7回毎回12K1安打無失点 7回1死までパーフェクト」『スポーツ報知』2018年4月9日。2019年8月13日閲覧。
  145. ^ 大谷「光栄です」二刀流で週間MVP受賞 日本選手ではイチロー以来2年ぶり」『デイリースポーツ online』2018年4月10日。2021年7月2日閲覧。
  146. ^ a b エンゼルス大谷「選ばれて光栄」週間MVPを初受賞」『日刊スポーツ』2018年4月10日。2018年4月10日閲覧
  147. ^ 大谷 ア・リーグ週間MVPに選出「光栄です」 日本人選手で最速最年少 二刀流もリーグ初」『スポニチ Sponichi Annex』2018年4月10日。2018年4月9日閲覧。
  148. ^ 【MLB】大谷翔平がメジャー初の4番 第1打席は空振り三振」『産経ニュース』2018年4月23日。2018年4月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月23日閲覧。
  149. ^ 大谷翔平、メジャー初4番で右前打 驚異の対応力で技あり一打、エ軍は敗戦」『Full-Count』2018年4月23日。2021年5月26日閲覧。
  150. ^ 大谷翔平、今季のメジャー先発投手最速記録を更新」『J SPORTS』2018年4月25日。2018年4月25日閲覧
  151. ^ 大谷がまた快挙! メジャー史上5人目の投手に”. 東京スポーツ (2018年4月26日). 2021年6月19日閲覧。
  152. ^ 大谷、二刀流でまた偉業…1カ月で4本塁打&25奪三振は47年ぶりの快挙”. デイリースポーツ online (2018年4月28日). 2019年8月13日閲覧。
  153. ^ Ohtani, Christian Villanueva win April ROTM」『MLB.com』2018年5月3日。2018年5月3日閲覧
  154. ^ 大谷翔平がDL入り、右肘の内側側副靱帯の損傷」『日刊スポーツ』2018年6月9日。2018年6月9日閲覧
  155. ^ 【復帰一問一答】大谷翔平「こんなに長く離れるとは思っていなかった」「実戦に復帰できたのはよかった」」『SANSPO.COM(サンスポ)』2018年7月4日。2018年7月17日閲覧
  156. ^ 大谷8号!球団初新人8本すべてエンゼルスタジアム”. 日刊スポーツ (2018年7月24日). 2019年8月13日閲覧。
  157. ^ 【試合結果】大谷翔平、初の1試合2本塁打&4安打! 敵地で2桁本塁打、盗塁、技あり打と大暴れ」『SANSPO.COM(サンスポ)』2018年8月4日。2018年8月4日閲覧
  158. ^ 大谷翔平が10号2ラン!2桁本塁打&2勝以上はB・ルース以来97年ぶり、史上4人目 | CYCLE やわらかスポーツ情報サイト」『CYCLE やわらかスポーツ情報サイト』2018年8月4日。2018年8月4日閲覧
  159. ^ 大谷翔平、50投球回&15本塁打達成 ベーブ・ルース以来MLB史上2人目の快挙”. Full-Count (2018年9月3日). 2021年6月19日閲覧。
  160. ^ 【試合結果】大谷翔平大暴れ、17号&18号連発含む4安打1盗塁の活躍 メジャー1年目城島の本塁打最多記録に並ぶ」『SANSPO.COM(サンスポ)』2018年9月6日。2018年9月6日閲覧
  161. ^ 【試合結果】大谷翔平、3試合連続19号勝ち越し3ラン 城島超えメジャー1年目最多本塁打記録更新」『SANSPO.COM(サンスポ)』2018年9月8日。2018年9月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月8日閲覧
  162. ^ 大谷が今季2度目のア・リーグ週間MVPに!5試合で4HR10打点”. BASEBALL KING (2018年9月11日). 2021年7月2日閲覧。
  163. ^ 大谷、最終戦は4打数1安打!打率・285でシーズン終了”. スポニチ Sponichi Annex (2018年10月1日). 2021年5月19日閲覧。
  164. ^ 大谷翔平、右肘靱帯の再建手術「手術は成功」医師」『日刊スポーツ』2018年10月2日。2018年10月2日閲覧
  165. ^ 大谷翔平、9月のア・リーグ最優秀新人 4月以来2度目:朝日新聞デジタル」『朝日新聞デジタル』2018年10月2日。2018年10月2日閲覧
  166. ^ 大谷が9月の月間最優秀新人 イチロー以来の複数回受賞」『中日スポーツ・東京中日スポーツ』2018年10月2日。2018年10月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月2日閲覧
  167. ^ Maria Guardado (2018年11月13日). “Two-way phenom Ohtani wins AL ROY Award” (英語). MLB.com. 2018年11月17日閲覧。
  168. ^ 大リーグ:エンゼルス大谷がア・リーグ新人王」『毎日新聞』2018年11月13日。2018年11月13日閲覧
  169. ^ 大谷翔平、打者復帰戦の第1打席は見逃し三振 「3番・DH」で219日ぶり先発出場”. Full-Count (2019年5月8日). 2019年6月14日閲覧。
  170. ^ 大谷がサイクル安打!8号→二塁打→三塁打→中前打”. 日刊スポーツ (2019年6月14日). 2019年6月14日閲覧。
  171. ^ 大谷翔平、98年ぶりの偉業:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル (2019年6月14日). 2019年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月14日閲覧。
  172. ^ 大谷偉業は2人目の快挙、投手2勝以上でサイクル”. 日刊スポーツ (2019年6月14日). 2019年6月14日閲覧。
  173. ^ 大谷翔平10号 日本人5人目の2年連続2ケタ”. 日刊スポーツ (2019年6月28日). 2019年6月28日閲覧。
  174. ^ 大谷翔平が今季絶望 左膝手術で全治8〜12週間”. 日刊スポーツ (2019年9月13日). 2019年9月13日閲覧。
  175. ^ 大谷翔平、左膝蓋骨の手術で今季終了へ エ軍が発表、14日に手術で全治8週から12週”. Full-Count (2019年9月13日). 2019年9月13日閲覧。
  176. ^ David Adler「Rule changes announced for 2020 season」(英語)、MLB.com、2020年2月12日。2020年2月13日閲覧
  177. ^ Rhett Bollinger「Ohtani OK with delaying pitching debut」(英語)、MLB.com、2020年2月12日。2020年2月13日閲覧
  178. ^ 大谷、693日ぶり登板も1死も取れず黒星/詳細”. 日刊スポーツ (2020年7月26日). 2020年7月27日閲覧。
  179. ^ 最速156キロが突如143キロに… 大谷翔平の球速低下に米懸念「今季登板すると思わない」”. Full-Count (2020年8月3日). 2020年8月4日閲覧。
  180. ^ 大谷の今季登板は絶望的 右肘の回内屈筋群の炎症”. 日刊スポーツ (2020年8月4日). 2020年8月5日閲覧。
  181. ^ 大谷翔平の右屈曲回内筋群の損傷を米敏腕記者解説「投手にとって不可欠」”. Full-Count (2020年8月4日). 2020年8月5日閲覧。
  182. ^ 大谷メジャー初のサヨナラ安打 土壇場で4番の仕事」『日刊スポーツ』2020年9月5日。2023年7月3日閲覧
  183. ^ Rhett Bollinger (2020年2月9日). “Ohtani, Angels agree on 2-yr., $8.5M deal”. angels.com(MLB.com). 2020年2月10日閲覧。
  184. ^ 「リアル二刀流」大谷翔平、打球速度と球速に見る今季の可能性”. SPAIA (2021年4月8日). 2021年5月21日閲覧。
  185. ^ 大谷翔平、日本人最速MLB通算50号! 第3打席で4試合ぶり3号ソロ、松井秀喜氏を上回る”. Full-Count (2021年4月10日). 2021年5月26日閲覧。
  186. ^ 大谷翔平100号は“今季最速1周弾”17秒3でダイヤモンド駆け抜けた”. 日刊スポーツ (2021年4月21日). 2021年7月1日閲覧。
  187. ^ 大谷翔平“三刀流” 6号ソロ、メジャー初守備、試合前にはブルペン投球”. 日刊スポーツ (2021年4月25日). 2021年5月19日閲覧。
  188. ^ まるでゲームの世界! 大谷翔平“リアル三刀流”でフル稼働「楽しかった」”. 日刊スポーツ (2021年5月12日). 2021年7月1日閲覧。
  189. ^ 大谷翔平、メジャー単独トップの13号3ラン 弾丸171キロ2戦連発で米通算60号到達”. Full-Count (2021年5月18日). 2021年7月2日閲覧。
  190. ^ 大谷翔平投打二刀流 初回先頭打者アーチ許すも5回2失点で8Kで2勝目の権利をゲット”. スポーツ報知 (2021年6月5日). 2021年7月2日閲覧。
  191. ^ 大谷翔平ホームランダービー出場公表、日本人メジャー選手で初!”. 日刊スポーツ (2021年6月19日). 2021年6月19日閲覧。
  192. ^ a b 大谷翔平、松井秀喜を超える日本人最速“弾丸”20号2ラン 球場はMVPコール大熱狂”. Full-Count (2021年6月19日). 2021年6月19日閲覧。
  193. ^ 大谷翔平 2年ぶり1試合2発! 21号左中間ソロ トップに1本差 第3打席は弾丸2ラン”. スポニチ (2021年6月19日). 2021年6月19日閲覧。
  194. ^ エンゼルス・大谷翔平が2試合連続22号2ラン 自己最多タイ”. 毎日新聞 (2021年6月20日). 2021年6月29日閲覧。
  195. ^ 大谷翔平自己新の23号 父の日に3戦連発、6戦6発でゲレロに並んだ”. 日刊スポーツ (2021年6月21日). 2021年6月29日閲覧。
  196. ^ 大谷翔平「今週も選ばれるように」週間MVP 6戦6発&1勝 球宴ファン投票は独走”. デイリースポーツ (2021年6月22日). 2021年6月24日閲覧。
  197. ^ 【MLB】大谷翔平、2試合ぶり25号で両リーグ最多に1本差 球宴ファン投票1位通過“御礼弾””. Full-Count (2021年6月28日). 2021年6月28日閲覧。
  198. ^ 大谷翔平 球宴初出場初スタメン リーグ2位63%票獲得、断トツ選出”. 日刊スポーツ (2021年7月2日). 2021年7月3日閲覧。
  199. ^ Matt Kelly, Manny Randhawa (2021年7月2日). “Here are your 2021 All-Star Game starters” (英語). MLB.com. 2021年7月11日閲覧。
  200. ^ a b c <大リーグ>今季25本塁打の大谷、秋信守を超える”. 中央日報 (2021年6月29日). 2021年8月11日閲覧。
  201. ^ a b 大谷がメジャー初の月間MVPを受賞 日本人野手3人目 6月はア・リーグ最多の13本塁打”. スポニチ (2021年7月3日). 2021年7月3日閲覧。
  202. ^ 大谷翔平、ベーブ・ルースを超えたのではないかと現地報道”. J SPORTSコラム&ニュース (2021年7月3日). 2021年7月6日閲覧。
  203. ^ 「疑う余地はない」米メディアが大谷翔平を前半戦MVPに選出!「投手として優れた才能を持ち、世界で最も恐ろしい打者」”. THE DIGEST (2021年7月4日). 2021年7月6日閲覧。
  204. ^ 大谷翔平、松井に並ぶ31号本塁打 日本選手の最多タイ”. 朝日新聞 (2021年7月5日). 2021年7月5日閲覧。
  205. ^ Sarah Langs, Thomas Harrigan (2021年7月11日). “Your 2021 MLB All-Stars by position” (英語). MLB.com. 2021年7月13日閲覧。
  206. ^ 大谷翔平「二刀流」で球宴出場 史上初、DH部門に続き投手部門でも選出”. 日刊スポーツ (2021年7月5日). 2021年7月5日閲覧。
  207. ^ a b 大谷翔平が週間MVPに選出 今季2度目、通算4度目”. 日刊スポーツ (2021年7月7日). 2021年7月7日閲覧。
  208. ^ 【MLB】大谷翔平が今季最長タイの7回2失点で日米通算50勝となる4勝目ゲット!! 無四球で前回5四死球の制球難を克服”. 東京中日スポーツ (2021年7月7日). 2021年7月7日閲覧。
  209. ^ 大谷翔平、2度の自打球直後に3戦ぶりの32号アーチで、日本人最多アーチ松井秀喜さんの31本越え”. スポーツ報知 (2021年7月8日). 2021年7月8日閲覧。
  210. ^ a b 大谷翔平32号 ユニコーンがゴジラ超え シーズン60発ペースをキープ”. 日刊スポーツ (2021年7月8日). 2021年7月20日閲覧。
  211. ^ 大谷翔平、日本人最多32号に「光栄」 松井秀喜からの祝福に「まだまだ打てるように」”. Full-Count (2021年7月8日). 2021年7月20日閲覧。
  212. ^ a b 大谷翔平、イチローも届かなかった「スポーツ界のアカデミー賞」日本人初受賞 米「ESPY賞ベストMLB選手」選出”. スポーツ報知 (2021年7月12日). 2021年7月15日閲覧。
  213. ^ Anthony Castrovince (2021年7月12日). “All-Star Game starting pitchers, lineups, FAQ” (英語). MLB.com. 2021年7月13日閲覧。
  214. ^ Rhett Bollinger (2021年7月13日). “Ohtani to start as pitcher, bat leadoff in ASG” (英語). MLB.com. 2021年7月14日閲覧。
  215. ^ a b 大谷一問一答 球宴レッドカーペットショーに照れ笑い「得意ではない。楽しめたら」”. Full-Count (2021年7月14日). 2021年8月11日閲覧。
  216. ^ Anthony Castrovince (2021年7月13日). “Ohtani can't top Soto in epic Derby duel” (英語). MLB.com. 2021年7月14日閲覧。
  217. ^ a b c d Rhett Bollinger (2021年7月14日). “Ohtani earns historic win with perfect 1st” (英語). MLB.com. 2021年7月29日閲覧。
  218. ^ Kennedi Landry (2021年7月14日). “Ohtani's ASG cleats, more headed to HOF” (英語). MLB.com. 2021年7月29日閲覧。
  219. ^ 大谷翔平34号2ラン、待望の後半戦初アーチ 5試合ぶりの1発”. 日刊スポーツ (2021年7月21日). 2021年7月21日閲覧。
  220. ^ 大谷翔平ほえた三刀流!5勝目ならずも6回8K無失点の熱投&二塁打/詳細”. 日刊スポーツ (2021年7月19日). 2021年7月24日閲覧。
  221. ^ 大谷翔平、7回5K1失点で今季5勝目! シーズン100奪三振到達、打撃では先制打&盗塁”. ベースボールチャンネル (2021年7月27日). 2021年7月27日閲覧。
  222. ^ エンゼルス・大谷が7月の月間MVP 6月に続いて2カ月連続の受賞 日本人野手の複数回受賞は史上初”. スポニチアネックス (2021年8月3日). 2021年8月3日閲覧。
  223. ^ 【MLB】大谷翔平、リアル二刀流で今季40号&8勝目! メジャー自己最長の8回を1失点で7連勝”. 中日スポーツ (2021年8月19日). 2021年8月20日閲覧。
  224. ^ 大谷 初ホームスチール 「42HR&22盗塁」は史上4人目の快挙”. デイリースポーツ online (2021年9月2日). 2022年7月27日閲覧。
  225. ^ Rhett Bollinger (2021年9月4日). “Ohtani reaches 100 mph twice in ninth win:Two-way star compiles career-high pitch count of 117 as Angels edge Rangers”. mlb.com. 2021年11月22日閲覧。
  226. ^ 大谷「世界で最も影響力のある100人」に選出 米誌タイム 日本から大坂なおみらと3人”. スポニチ Sponichi Annex (2021年9月16日). 2021年9月16日閲覧。
  227. ^ 四球責めの大谷翔平、地元放送局がエンゼルス打撃陣を大胆批判 「残念ながら強打者ではありません」”. 中日スポーツ・東京中日スポーツ (2021年9月25日). 2021年9月25日閲覧。
  228. ^ 「ルースらに並ぶMLB記録だ!」大谷翔平が2打席連続タイムリーも“4戦13四球”。エンジェルスは大勝を飾る”. THE DIGEST (2021年9月26日). 2021年9月27日閲覧。
  229. ^ 大谷翔平46号先頭打者ホームラン 松井秀喜以来2人目の100打点到達”. 日刊スポーツ (2021年10月4日). 2021年10月4日閲覧。
  230. ^ 2021年シーズンの申告敬遠20個はMLBトップ。
  231. ^ 大谷翔平 ボンズ、カンセコらに並ぶ6人目の45本塁打25盗塁 元広島ソリアーノも”. デイリースポーツ online (2021年9月30日). 2022年8月24日閲覧。
  232. ^ 大谷翔平 伝説的名手メイズ以来66年ぶりの記録 45本塁打、20盗塁、6三塁打” (2021年9月26日). 2022年9月18日閲覧。
  233. ^ 30 UNDER 30 JAPAN 2021 日本発「世界を変える30歳未満」30人 フォーブス
  234. ^ @ESPNStatsInfo - 2021年11月19日 2021年11月22日閲覧。「Shohei Ohtani wins the AL MVP unanimously.」
  235. ^ 大谷翔平、史上初の負け越し球団から満票MVP…過去18人はPS争い球団から選出」『スポーツ報知』2021年11月20日。2021年11月22日閲覧
  236. ^ Anthony Castrovince (2021年11月24日). “The '21 All-MLB Team is here. And it's stacked” (英語). MLB.com. 2021年11月24日閲覧。
  237. ^ MLB® THE SHOW™ IS COMING TO NINTENDO SWITCH FOR THE FIRST TIME” (英語). MLB® The Show™ (2022年1月31日). 2022年2月10日閲覧。
  238. ^ Manny Randhawa (2022年2月1日). “Sho-Time! MLB The Show 22 coming April 5” (英語). MLB.com. 2022年2月10日閲覧。
  239. ^ 宇根夏樹 (2022年2月7日). “「MLB The Show」のカバーを飾った選手は、その年に活躍したのか。大谷の前はタティースJr.”. Yahoo!ニュース. 2022年2月10日閲覧。
  240. ^ 大谷翔平メジャー初の満塁本塁打!2打席連発6号 メジャー100号まで残り1本」『日刊スポーツ』2022年5月10日。2023年7月3日閲覧
  241. ^ 【大谷一問一答】自身初の満塁弾は「僕の中では打っていたと思っていた」100号王手「できれば明日」」『スポニチアネックス』2022年5月10日。2023年7月3日閲覧
  242. ^ 野球 【MLB】大谷翔平が松井秀喜超えの最速メジャー100号!! 中越えへ強烈なメモリアル弾”. 中日スポーツ (2022年5月15日). 2022年5月15日閲覧。
  243. ^ 大谷翔平 リアル二刀流で逆転V弾&4勝 連敗14で止めた「ここから14連勝以上できるように」”. スポーツ報知 (2022年6月10日). 2022年6月25日閲覧。
  244. ^ 大谷翔平、メジャー史上初の「8打点以上→翌日2桁奪三振」 また歴史塗り替えた”. Full-Count (2022年6月23日). 2022年10月29日閲覧。
  245. ^ 大谷翔平 二刀流で連敗ストッパー、自己最多タイ9勝!6回1失点12K力投&2安打2打点”. 日刊スポーツ (2022年7月14日). 2022年7月24日閲覧。
  246. ^ 大谷翔平がジョーダン、ウッズらに並ぶ快挙!「ESPY賞」でMLB選手&男性選手2冠”. BASEBALL KING (2022年7月21日). 2022年7月24日閲覧。
  247. ^ 大谷翔平104年ぶり偉業、競技の枠を越え称賛の嵐「歴史が作られた」「現実とは思えない」”. 日刊スポーツ (2022年8月10日). 2022年8月11日閲覧。
  248. ^ 胃腸炎で交代した大谷翔平、朝から体調に異変あり「ウイルスではないかなと思って…。」一問一答”. 日刊スポーツ (2022年8月22日). 2023年5月17日閲覧。
  249. ^ やっぱり登板翌日に強い!大谷翔平“倍返しのスイープ弾”28号含む3安打「いい兆候」監督代行”. 日刊スポーツ (2022年8月29日). 2023年5月17日閲覧。
  250. ^ エンゼルス・大谷「凄くいいホームラン」日本人初2年連続30号 史上初「10勝&30発」とダブル達成”. スポニチ (2022年8月31日). 2022年9月8日閲覧。
  251. ^ 大谷翔平14勝目、野茂英雄らに並ぶシーズン200奪三振「大きい節目の数字、光栄」一問一答”. 日刊スポーツ (2022年9月24日). 2022年10月1日閲覧。
  252. ^ 大谷翔平 8回2死まで無安打快投15勝 史上初W規定到達まであと1回 マルチ安打も”. デイリースポーツ (2022年9月30日). 2022年10月1日閲覧。
  253. ^ 大谷翔平43億円契約、番記者はどう見た? 電撃移籍の可能性と“ホントのお値段””. Full-Count (2022年10月2日). 2023年5月17日閲覧。
  254. ^ a b データが証明、今季の大谷翔平は昨季上回るMVP級の成績…奪三振率・防御率・WAR”. 読売新聞 (2022年10月6日). 2022年10月7日閲覧。
  255. ^ MLB wraps up regular season with Shohei Ohtani and Aaron Judge's shots at history”. CBS SPORTS (2022年10月6日). 2022年11月18日閲覧。
  256. ^ アーロン・ジャッジは「62本塁打だから凄い」のではない。真に“歴史的”な打棒の意味を紐解く<SLUGGER>”. THE DIGEST (2022年11月2日). 2022年11月18日閲覧。
  257. ^ 大谷とジャッジは「それぞれ歴史的」 論争過激化に分析家苦言「敵意分からない」”. Full-Count (2022年9月19日). 2022年11月18日閲覧。
  258. ^ エンゼルス・大谷 MVP前哨戦でヤンキース・ジャッジに“1敗””. Sponichi Annex (2022年10月15日). 2022年11月18日閲覧。
  259. ^ 米老舗誌のMVPにジャッジが堂々の選出! “大差”で敗れた大谷翔平にはTOP3にすら入れない記者も「打ち負かした」”. THE DIGEST (2022年10月14日). 2022年11月18日閲覧。
  260. ^ 大谷翔平に圧勝したジャッジの“MVP受賞”。「簡単に上回った」怪物の選出に驚きの声も「オオタニとの差はあまりに大きかった」”. THE DIGEST (2022年10月28日). 2022年11月18日閲覧。
  261. ^ 大谷翔平は各賞争いでジャッジに3連敗…選手会MVPとリーグ最優秀野手でも落選”. 日刊ゲンダイDIGITAL (2022年11月5日). 2022年11月18日閲覧。
  262. ^ Outfielder Aaron Judge adds another MVP Award to Yankees’ collection” (英語). BBWAA – Baseball Writers' Association of America (2022年11月17日). 2022年11月18日閲覧。
  263. ^ 大谷翔平に1位票を投じたのはLAの記者だけ。ジャッジのMVP“圧勝劇”に異論「とてもイライラする」”. THE DIGEST (2022年11月18日). 2022年11月18日閲覧。
  264. ^ 大谷翔平サイ・ヤング賞落選は二刀流がネックに? 指摘される「イニング数・QS」の少なさ”. 日刊ゲンダイDIGITAL (2022年11月8日). 2022年11月18日閲覧。
  265. ^ Astros’ Justin Verlander wins his third AL Cy Young” (英語). BBWAA – Baseball Writers' Association of America (2022年11月16日). 2022年11月17日閲覧。
  266. ^ ツインズ・アラエスが首位打者「最高の気分だ」メジャー4年目で初タイトル、ジャッジ3冠王阻止”. 日刊スポーツ (2022年10月6日). 2022年11月18日閲覧。
  267. ^ ボール球とか関係なし!アルバレス、158キロシンカーを完璧に弾き返す豪快弾&確信歩きにファンが唖然「えぐすぎ」「チートだろ」”. ABEMA TIMES (2022年10月14日). 2022年11月18日閲覧。
  268. ^ エンゼルス大谷翔平 2年連続のシルバースラッガー賞ならず DH&UTの2部門で最終候補もいまだ無冠…”. Sponichi Annex (2022年11月11日). 2022年11月18日閲覧。
  269. ^ 大谷翔平、最優秀DH賞サプライズ選出のワケ アルバレス好成績も「DH7部門トップ」”. Full-Count (2022年11月29日). 2022年11月29日閲覧。
  270. ^ 大谷翔平、エドガー・マルティネス賞を2年連続受賞 34HR&95打点、今オフ初栄冠”. Full-Count (2022年11月29日). 2022年11月29日閲覧。
  271. ^ Paul Casella (2022年12月5日). “Here is the star-studded 2022 All-MLB Team” (英語). MLB.com. 2022年12月6日閲覧。
  272. ^ 大谷翔平、史上初!日本人開幕投手2桁奪三振 6回10K無失点好投も開幕戦勝利ならず”. 日刊スポーツ (2023年4月1日). 2023年4月5日閲覧。
  273. ^ 大谷翔平 史上初投手でサイクル「あと2メートル」それでも投げては開幕4連勝 次戦VSヌートバーか”. スポーツ報知 (2023年4月28日). 2023年4月29日閲覧。
  274. ^ エンゼルス・大谷 MLB最高到達地点50メートル弾 17連戦全試合出場&圧巻締め”. デイリースポーツ (2023年5月2日). 2023年6月12日閲覧。
  275. ^ 魔球スイーパーは諸刃の剣?投手・大谷は「2つの問題点」を克服できるか<SLUGGER>”. THE DIGEST (2023年6月15日). 2023年9月8日閲覧。
  276. ^ 大谷翔平が日本人メジャー選手通算1000盗塁、敵将らかねて「スペシャルな才能」と走塁も称賛 日刊スポーツ 2023年6月8日
  277. ^ 大谷翔平17号含む4打数3安打 三塁打出ればサイクルも最終打席凡退、4年ぶりの快挙ならず”. 日刊スポーツ (2023年6月10日). 2023年6月12日閲覧。
  278. ^ Jalyn Smoot (2023年6月13日). “Ohtani comes up huge with 2 HRs to take over AL lead” (英語). MLB.com. 2023年6月14日閲覧。
  279. ^ 大谷翔平、決勝2ラン含む衝撃2発でエ軍連勝 ジャッジ抜き単独トップ20号…貯金「6」”. Full-Count (2023年6月13日). 2023年6月14日閲覧。
  280. ^ 大谷翔平、1か月ぶり6勝&両リーグトップタイ22号 「逆方向には勝手に」レ軍4連戦4発はいずれも左翼へ”. スポーツ報知 (2023年6月16日). 2023年6月17日閲覧。
  281. ^ 大谷翔平、5度目の週間MVP…打率4割3分5厘・6本塁打」 『読売新聞』 2023年6月21日。2023年6月21日閲覧。
  282. ^ Rhett Bollinger (2023年6月22日). "Ohtani fans 12, sets club record vs. Dodgers". MLB.com (英語). 2023年6月23日閲覧
  283. ^ Rhett Bollinger (2023年6月22日). “Ohtani to start at DH in All-Star Game as leading AL vote-getter” (英語). MLB.com. 2023年6月23日閲覧。
  284. ^ 大谷翔平「投球も打席もよかった」キング独走27、28号弾&投では7回途中1失点で7勝目”. スポニチ (2023年6月28日). 2023年6月28日閲覧。
  285. ^ 大谷翔平29号2ラン 月間14本は松井秀喜抜き日本人最多 ロベルトの前で4連戦4本目」『日刊スポーツ』2023年6月30日。2023年6月30日閲覧。
  286. ^ 大谷翔平の歴史的「6月15本塁打」 レジェンドたちと肩を並べる62年ぶりの“大暴れ”」『Full-Count』2023年7月1日。2023年7月1日閲覧。
  287. ^ Thomas Harrigan (2023年7月2日). “Breaking down the full 2023 All-Star Game rosters” (英語). MLB.com. 2023年7月3日閲覧。
  288. ^ Cole Jacobson (2023年7月3日). “Acuña is NL Player of the Week; Ohtani, Germán share AL honor” (英語). MLB.com. 2023年7月4日閲覧。
  289. ^ a b c 大谷、MVPを同時受賞”. デイリースポーツ (2023年7月4日). 2023年7月4日閲覧。
  290. ^ Thomas Harrigan (2023年7月3日). “MVP favorites headline monthly awards for June” (英語). MLB.com. 2023年7月4日閲覧。
  291. ^ 大谷翔平に4万人から鳴りやまない「Come!to!Seattle!」コール 選手からも大人気”. スポーツ報知 (2023年7月12日). 2023年7月13日閲覧。
  292. ^ a b 大谷翔平 スポーツ界のアカデミー賞で「ベストMLBプレーヤー」を3年連続受賞の快挙”. スポーツ報知 (2023年7月12日). 2023年7月15日閲覧。
  293. ^ 大谷翔平、メジャー初完封で9勝目 わずか1安打で三塁踏ませず エンゼルス残留も確定”. 日刊スポーツ (2023年7月28日). 2023年7月28日閲覧。
  294. ^ 大谷翔平に敵将「尊敬に値する」MLB公式もトップで「歴史的な大活躍」と詳報 1安打完封→37、38号”. デイリースポーツ online (2023年7月28日). 2023年7月28日閲覧。
  295. ^ 大谷翔平が「両足のけいれん」で途中交代 IL入りの可能性にネビン監督「考えてもいない」”. 東スポ (2023年7月29日). 2023年7月30日閲覧。
  296. ^ 大谷翔平が今季3度目の週間MVP選出 通算7度は日本選手最多を更新!”. 東スポ (2023年8月1日). 2023年8月1日閲覧。
  297. ^ Shanthi Sepe-Chepuru (2023年8月2日). “Monthly award winners for July announced” (英語). MLB.com. 2023年8月3日閲覧。
  298. ^ 大谷10勝目、2年連続の2桁勝利2桁本塁打 メジャー史上初”. 朝日新聞デジタル (2023年8月10日). 2023年8月10日閲覧。
  299. ^ 大谷翔平が腕の疲労で2回途中緊急降板 指揮官「痛みはない」「検査をしている」…大谷取材対応なし”. スポーツ報知 (2023年8月24日). 2023年8月24日閲覧。
  300. ^ 大谷翔平が右肘じん帯損傷、今季の残り試合は登板せず”. 読売新聞 (2023年8月24日). 2023年8月24日閲覧。
  301. ^ 大谷翔平はそれでも戦い続ける 2打点加えて「94」 2冠射程”. スポーツアネックス (2023年9月2日). 2023年9月2日閲覧。
  302. ^ 大谷翔平、今季終了も本塁打王&MVPは確実か 10勝&44発でメジャー初の打率3割も到達”. スポーツ報知 (2023年9月17日). 2023年9月17日閲覧。
  303. ^ 大谷翔平、右肘手術成功 球団発表「体調良い」 執刀医お墨付き「24年は開幕から打者、25年は投打両方できる」”. デイリースポーツ (2023年9月20日). 2023年9月20日閲覧。
  304. ^ 大谷翔平 日本選手史上初の快挙!ユニホームの売り上げがメジャー全体1位に”. 東スポ (2023年9月30日). 2023年9月30日閲覧。
  305. ^ 大谷翔平、日本人選手初の本塁打王に「光栄。チームメート、コーチングスタッフ、ファンに感謝」”. 日刊スポーツ (2023年10月2日). 2023年10月2日閲覧。
  306. ^ 大谷翔平「特別」「すごい光栄」 選手間投票の最優秀野手受賞で喜び語る…黒猫とふれあい笑顔の貴重映像も”. スポーツ報知 (2023年11月3日). 2023年11月3日閲覧。
  307. ^ 130 Players Become XX(B) Free Agents” (英語). MLBPA Players (2023年11月3日). 2023年11月4日閲覧。
  308. ^ 大谷 2年ぶり2度目のシルバースラッガー賞受賞 今オフ「4冠」”. スポーツアネックス (2023年11月11日). 2023年11月13日閲覧。
  309. ^ Seven Players Decline Qualifying Offer” (英語). MLBPA Players (2023年11月14日). 2023年11月16日閲覧。
  310. ^ 大谷翔平が史上初の2度目満票MVP 10勝&44発で2年ぶり選出”. スポーツ報知 (2023年11月17日). 2023年12月16日閲覧。
  311. ^ Instagram”. instagram (2023年12月10日). 2023年12月10日閲覧。
  312. ^ Dodgers sign two-time MVP Shohei Ohtani” (英語). MLB.com (2023年12月11日). 2023年12月15日閲覧。
  313. ^ 大谷翔平、背番号「17」へ! ドジャースが契約発表のケリーは「17」から「58」へ変更”. 日刊スポーツ (2023年12月12日). 2023年12月12日閲覧。
  314. ^ Sarah Wexler (2023年12月11日). “$700M stunner:Ohtani to Dodgers on biggest deal in sports history” (英語). MLB.com. 2023年12月12日閲覧。
  315. ^ ドジャース、大谷翔平獲得を正式発表 背番号「17」で「WS優勝という目標に100%」”. Full-Count (2023年12月12日). 2023年12月12日閲覧。
  316. ^ Andy Werle (2023年12月14日). “Ohtani dons Dodger Blue: 'I can't wait to join the team'” (英語). MLB.com. 2023年12月15日閲覧。
  317. ^ エンゼルス、トラウトとの“生涯契約”を発表 12年472億円「ずっとここにいたい」
  318. ^ 【NFL】QBマホームズがチーフスと契約10年延長 最大540億円、MLBトラウト抜き米スポーツ史上最高
  319. ^ 大谷翔平 “7億ドル契約 約97%後払いの見込みに” 米メディア
  320. ^ 大谷翔平への極端な「年俸後払い」が波紋…カリフォルニア州を巻き込み「規制」へ一直線
  321. ^ 大谷翔平、ドジャースでの初オープン戦で豪快弾「別に長打を狙ったわけではない」”. スポーツ報知 (2024年2月28日). 2024年2月29日閲覧。
  322. ^ 大谷翔平、結婚を電撃発表「お相手は日本人女性です」SNSで報告”. スポーツ報知 (2024年2月29日). 2024年2月29日閲覧。
  323. ^ Juan Toribio (2024年3月14日). “Dodgers reveal roster for trip to South Korea” (英語). MLB.com. 2024年3月21日閲覧。
  324. ^ Dodgers announce Seoul Series 26-man roster” (英語). MLB.com (2024年3月20日). 2024年3月21日閲覧。
  325. ^ Juan Toribio (2024年3月20日). “7 memorable moments from the Seoul Series opener” (英語). MLB.com. 2024年3月21日閲覧。
  326. ^ ドジャース大谷翔平「勝てたのが一番」 ダルとの初対戦は「何とかまず1本が出て良かった」”. スポニチ (2024年3月20日). 2024年3月20日閲覧。
  327. ^ 今季初本塁打のドジャース大谷翔平「調子上がらず焦りも」監督の声掛けで「気持ちが楽に」アイアトンさん通訳でヒーローインタビュー”. 中日スポーツ. 2024年4月4日閲覧。
  328. ^ ドジャースが延長戦落とし今季初の連敗 大谷翔平は日本人最多に並ぶメジャー通算175号含む3安打”. スポーツ報知. 2024年4月13日閲覧。
  329. ^ 「WBSC プレミア12」侍ジャパントップチーム最終ロースター28名発表!!”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2015年10月9日). 2015年10月9日閲覧。
  330. ^ 「2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™」侍ジャパン 出場選手について”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2017年1月24日). 2024年2月15日閲覧。
  331. ^ 2017 WORLD BASEBALL CLASSIC™侍ジャパンメンバー変更のお知らせ”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2017年2月4日). 2024年2月15日閲覧。
  332. ^ 大谷翔平が来春WBCへの出場を明言 SNSに「栗山監督に伝えさせていただきました」”. Full-Count (2022年11月27日). 2023年5月17日閲覧。
  333. ^ 大谷翔平の衝撃ホームランに米放送局は沈黙 自分の看板直撃→その後40秒間無言を貫く”. THE ANSWER (2023年3月12日). 2023年3月15日閲覧。
  334. ^ 【報ステ全文】ラスト大谷、ダルビッシュ秘話、源田の負傷…栗山監督に聞くWBCの裏側”. テレ朝news (2023年3月23日). 2023年5月17日閲覧。
  335. ^ 「あそこで打つメンタルはさすが」大谷翔平が4番・吉田正尚に脱帽! タレント集団・アメリカ打倒を誓う「絶対に勝てると」”. THE DIGEST (2023年3月21日). 2023年5月17日閲覧。
  336. ^ 大谷翔平、投打2部門でWBCベストナイン 吉田も選出」『日本経済新聞』2023年3月22日。2024年2月2日閲覧
  337. ^ 大谷5番投手でV打点→右翼守って1打席」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2013年6月19日。2021年10月27日閲覧
  338. ^ Shohei Ohtani Statcast, Visuals & Advanced Metrics | MLB.com” (英語). baseballsavant.com. 2023年10月31日閲覧。
  339. ^ a b Baseball: Angels' Shohei Ohtani hammered, leaves with blister. KYODO NEWS (英語). 共同通信. 2018年4月18日. 2023年6月14日閲覧。
  340. ^ |title=大谷翔平が2度目ブルペンで135キロ、変化球解禁 「まずまずのボールを投げられた」」『Full-Count』2020年2月27日。2021年5月20日閲覧。
  341. ^ 早実・清宮の進路、東大・宮台に注目/来年ドラフト」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2016年10月21日。2021年7月1日閲覧
  342. ^ 『2015 プロ野球オール写真選手名鑑』日本スポーツ企画出版社、2015年、44頁。ISBN 978-4-905411-26-0
  343. ^ a b 大谷開幕3連勝!ぶっつけフォークで9K」『日刊スポーツ』日刊スポーツ新聞社、2013年8月24日。2021年7月1日閲覧
  344. ^ Kyle Glaser. "For Ex-Big Leaguers in Japan, Ohtani A Special But Not Invincible Talent". Baseball America. 2017年12月8日. 2023年6月14日閲覧。
  345. ^ 「2012年の主役候補」『週刊ベースボール』2012年5月21日号 (雑誌20443-5/21)ベースボールマガジン社、18頁。
  346. ^ 岩手の逸材 世界級 大谷翔平君解体新書」『朝日新聞デジタル』朝日新聞、2012年10月2日。2012年10月17日閲覧[リンク切れ]
  347. ^ "Shohei Ohtani Japanese Leagues Statistics". Baseball-Reference.com. 2023年6月14日閲覧。
  348. ^ 「キャッチャーから見た今季の大谷翔平 9つのPoint」『週刊ベースボール』2015年5月25日号(雑誌20444-5/25)ベースボールマガジン社、20-22頁。
  349. ^ 大谷翔平、新球シンカーが161キロ到達 最大で縦71センチ、横53センチの変化量 日刊スポーツ 2022年9月4日14時45分 (2022年9月5日閲覧)
  350. ^ 劇的結末 トラウト斬りの大谷翔平の高速スライダー 曲がり幅は43センチ記録 SNS驚嘆「パワプロやん」 デイリースポーツ 2023.03.22 (2023年3月24日閲覧)
  351. ^ a b 「「10・25」を待つ精鋭たち」『週刊ベースボール』2012年10月29日号(雑誌20445-10/29)ベースボール・マガジン社、9-11頁。
  352. ^ a b 「スカウト20人に聞きました!」『野球太郎』No.1(雑誌69411-06)廣済堂出版、158-159頁。
  353. ^ 野手なら4番!大谷、2戦連続3安打&スカウトうなる好走塁」『Sponichi Annex』2012年8月28日。2012年10月17日閲覧
  354. ^ 【高校野球】最速160キロに高校通算56本塁打。大谷翔平は投手か、野手か?”. web Sportiva (2012年9月7日). 2021年6月5日閲覧。
  355. ^ 日本ハム・中田 大谷のこと「本当に嫌いだった」 二刀流に本塁打抜かれる危機に」『デイリースポーツ online』株式会社デイリースポーツ、2016年11月21日。2023年5月2日閲覧
  356. ^ 大谷翔平46号先頭打者ホームラン 松井秀喜以来2人目の100打点到達”. 日刊スポーツ (2021年10月4日). 2021年10月4日閲覧。
  357. ^ a b 「高校BIG5の輝き」『週刊ベースボール』2012年9月24日号(雑誌20445-9/24)ベースボール・マガジン社、6-9頁。
  358. ^ 大谷翔平が猛打賞 二盗、三盗決め今季5度目の盗塁も達成 トラウトが2打席連続2ラン/詳細 日刊スポーツ 2023年4月30日
  359. ^ Shohei Ohtani Statcast, Visuals & Advanced Metrics”. baseballsavant.mlb.com. MLB.com. 2020年7月22日閲覧。
  360. ^ 大谷翔平に読者の質問をぶつけてみた。「三振の多さをどう考えている?」”. Number Web (2018年12月25日). 2019年9月30日閲覧。
  361. ^ FanGraphsによる
  362. ^ 「11勝10本塁打の真相 「今年の数字は軽く超える」SPECIAL INTERVIEW① 大谷翔平」『週刊ベースボール』2012年10月29日号(雑誌20444-12/22)ベースボール・マガジン社、3-6頁。
  363. ^ 大谷翔平は「でんでん太鼓打法」田淵幸一氏が命名「力なんかいらない」絶賛”. 日刊スポーツ (2021年7月2日). 2021年7月2日閲覧。
  364. ^ 大谷翔平が鮮やかセーフティーバント!先制点呼び込み、岡本3ランも誘発!東京ドーム大歓声」『デイリースポーツ online』株式会社デイリースポーツ、2023年3月16日。2023年3月16日閲覧
  365. ^ 「大谷翔平のバントには完全にお手上げです」谷繁元信が徹底解説“あのセーフティ”はなにがスゴいのか?「もし僕がキャッチャーだったら…」”. Number Web (2023年3月18日). 2023年3月24日閲覧。
  366. ^ 【WBC】落合博満氏「俺だったらやらない」大谷翔平のイタリア戦バント安打に“オレ流”解説 日刊スポーツ 2023年3月19日12時51分 (2023年3月19日閲覧)
  367. ^ 大谷翔平、守備につかなくなった理由「下手だったんじゃないですか?」”. サンスポ (2020年9月5日). 2022年8月24日閲覧。
  368. ^ 大谷翔平「究極はバントでホームラン」バットに当たる形から逆算でフォーム固めた”. 日刊スポーツ (2023年10月27日). 2023年10月31日閲覧。
  369. ^ ベーブ・ルース以降、なぜ二刀流は「不可能」とされてきたのか” (2018年4月22日). 2022年11月5日閲覧。
  370. ^ 週刊SPA! 編集部 2015, p. 59.
  371. ^ 小関 2017, pp. 17, 75.
  372. ^ 小関 2017, p. 19.
  373. ^ a b 柳川悠二. "【プロ野球】大谷翔平はなぜ「二刀流」に心を揺さぶられたのか?". Sportiva. 集英社. 2012年12月15日. 2023年6月14日閲覧。
  374. ^ 週刊SPA! 編集部 2015, pp. 82, 85.
  375. ^ 週刊SPA! 編集部 2015, pp. 59, 84.
  376. ^ 週刊SPA! 編集部 2015, pp. 12–14.
  377. ^ 小関 2017, p. 133.
  378. ^ 大谷が「世界一の選手になる」と言って海を渡った日/二刀流養成プログラム」『日刊スポーツ』2021年5月17日。2023年6月14日閲覧。
  379. ^ 石田雄太「ICHIRO 2015 ロングインタビュー「変化、破壊、成熟」」『Sports Graphic Number』876(雑誌26851-5/7)文藝春秋、22-23頁。
  380. ^ イチローさんが大谷翔平を絶賛「できる限り無理をしながら翔平にしか描けない時代を築いていってほしい」”. スポーツ報知 (2021年10月4日). 2021年10月4日閲覧。
  381. ^ 長嶋茂雄名誉監督の大谷翔平論。「やっぱりオレはピッチャーだな」」『Number Web』2015年2月18日。2015年6月18日閲覧
  382. ^ 長嶋氏、大谷&山田で金だ!東京で野球復活「最高のオリンピックになる」」『サンケイスポーツ』2016年8月5日。2016年11月14日閲覧
  383. ^ 王理事長、二刀流・大谷に200勝&2000安打指令!」『SANSPO.COM』2013年12月15日。2015年6月18日閲覧
  384. ^ 落合博満、手首切り自殺未遂激震告白「なんてケツの穴の小さい」」『アサ芸プラス』2013年4月9日。2016年10月17日閲覧
  385. ^ 落合博満氏、大谷のメジャーでの二刀流に「我々が考えている以上に米国では大成功」」『スポーツ報知』2018年5月6日。2019年6月21日閲覧
  386. ^ 松井氏が大谷にエール 常識打ち破れ!」『デイリースポーツ』2013年7月4日。2015年6月18日閲覧
  387. ^ 【MLB】大谷翔平は「真の長距離打者、唯一無二の存在」 松井秀喜氏が日本人最多32号を祝福”. Full-Count (2021年7月8日). 2021年7月8日閲覧。
  388. ^ a b ダルビッシュが大谷の二刀流に持論 「二刀流では絶対メジャーに行けない」」『Full-Count』2014年12月24日。2021年8月12日閲覧
  389. ^ a b 大谷翔平の二刀流、反対派の張本氏も一部容認「代打ぐらいはいいかな」”. サンケイスポーツ (2018年5月20日). 2019年11月14日閲覧。
  390. ^ 中川淳一郎 (2018年5月31日). “自説を撤回し、大谷翔平の二刀流を認めた張本勲氏に「あっぱれ!」”. BLOGOS. 2019年11月14日閲覧。
  391. ^ 張本勲氏、大谷翔平の二刀流に「私はピッチャーの方がいいと言っていましたが…誰が見ても2つやらせたい」」スポーツ報知、2021年12月5日。2021年12月5日閲覧
  392. ^ a b c 大谷翔平は他に類を見ないエリートだ」 バリー・ボンズ氏が期待する無限の可能性”. 2023年4月6日閲覧。(要登録)
  393. ^ 今週の主題「交流戦&DH制&二刀流」」『週刊ベースボールONLINE』2014年6月2日。2015年6月18日閲覧
  394. ^ 野村克也氏「オレが監督なら大谷翔平は文句無しに投手で」(1/2ページ)”. ZAKZAK (週刊ポスト2017年4月14日号) (2017年4月6日). 2017年4月8日閲覧。
  395. ^ “孫娘”が明かす野村克也さん最期の夢 「エンゼルスの監督になりたいよ」」『Full-Count』2021年2月10日。2021年11月17日閲覧
  396. ^ 大谷翔平との対決は「楽しくはない」。ダルビッシュ有がパドレス地元紙で語った“本音”「身体はいつも心配している」”. THE DIGEST (2021年9月8日). 2022年4月4日閲覧。
  397. ^ 大谷翔平「本気でメジャー目指すなら打者は諦めるべき」の声”. 週刊ポスト2014年12月5日号(NEWSポストセブン) (2014年11月26日). 2015年7月16日閲覧。
  398. ^ a b c d ブラッド・レフトン「ジョン・スモルツ「それでも投手オオタニを押す理由」」『Sports Graphic Number』1035(雑誌26854-9/24)文藝春秋、54-55頁。
  399. ^ 大谷翔平は本当にピッチングに専念したほうがいいのか? 日米成績の比較から分かる、「投手オオタニが打者オオタニに追いつく日」”. Number Web (2022年6月28日). 2022年7月7日閲覧。
  400. ^ a b 高橋由伸氏 現役時代のメジャー志向なし「タイプ的に中途半端で埋もれる」TVで”. デイリースポーツ (2018年12月30日). 2019年6月19日閲覧。
  401. ^ a b 大谷翔平は打者1本で50発、二刀流で3割30本 長谷川滋利氏が語る可能性” (2019年1月5日). 2020年4月28日閲覧。
  402. ^ 「「大谷よ、あす二刀流にケリをつけろ」」『日刊スポーツ紙面コラム』2013年5月22日。
  403. ^ 週刊実話 2013年11月7日号 38頁
  404. ^ a b 【MLB】大谷、二刀流は無理? 米サイトが特集」『ISM』2015年5月21日。2015年6月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月18日閲覧
  405. ^ a b "Will two-way player Shohei Otani be Japan's next MLB export?". ESPN. 2015年5月21日. 2015年6月18日閲覧
  406. ^ Shohei Ohtani was named the best pitcher *and* the best DH in NPB's Pacific League”. MLB.com (2016年11月26日). 2016年11月26日閲覧。
  407. ^ メジャー公式サイト 大谷のベストナインW受賞伝える「伝説が誕生」”. スポーツニッポン (2016年11月26日). 2016年11月26日閲覧。
  408. ^ メジャー5球団GMに直撃!大谷は二刀流でやっていける?”. スポーツニッポン (2016年11月26日). 2016年11月26日閲覧。
  409. ^ 名球会“大谷ルール”特別枠導入 上原浩治氏も候補”. 日刊スポーツ (2019年12月11日). 2022年4月9日閲覧。
  410. ^ 藤川球児氏「誇らしく思う」上原浩治氏とともに特例で名球会入り」『デイリースポーツ online』株式会社デイリースポーツ、2022年12月9日。2022年12月9日閲覧
  411. ^ 週刊SPA! 編集部 2015, p. 68.
  412. ^ 週刊SPA! 編集部 2015, p. 11.
  413. ^ 世界も驚嘆、数々の「史上初」と「衝撃」見せた大谷翔平の2016年” (2016年12月31日). 2022年11月5日閲覧。
  414. ^ 先発とリリーフの日々の調整やトレーニング方法は?【前編】/元阪神・藪恵壹に聞く” (2020年2月8日). 2022年11月5日閲覧。
  415. ^ ジェイ・パリス著、関麻衣子訳『大谷翔平 二刀流の軌跡』辰巳出版刊、2019年(105-107ページ)
  416. ^ 大谷翔平、春季キャンプでGMの”リミッター解除”提言に大喜びしていた” (2021年10月23日). 2022年11月5日閲覧。
  417. ^ 大谷翔平の疲労って実際どうなのか? シーズン完走のカギは「フリー打撃は“封印”」と「僕にしか分からない」マル秘調整” (2021年8月25日). 2022年11月5日閲覧。
  418. ^ 大谷翔平7回から右翼守備で“三刀流”に…6回無失点8奪三振で降板後も出場を続ける【MLB】” (2021年7月20日). 2022年11月5日閲覧。
  419. ^ MLBで採用された“大谷ルール”とは? そもそも規則上、指名打者についてはどのように規定されている? 【前編】” (2022年4月28日). 2022年11月5日閲覧。
  420. ^ 大谷翔平は「しばらく中5日で投げる」 104年ぶり偉業達成してもフル回転へ”. Full-Count (2022年8月4日). 2023年5月17日閲覧。
  421. ^ エンゼルス・大谷“究極”二刀流締め 近代野球初のダブル規定到達 最終戦を終え日本選手最高防御率” (2022年10月7日). 2022年11月5日閲覧。
  422. ^ 金ケ崎リトルシニア 大谷 徹”. 金ケ崎リトルシニア (2016年2月1日). 2017年1月8日閲覧。
  423. ^ 「朝早く起きた球団職員が…」大谷翔平&真美子さんの電撃結婚発表の“意外な舞台裏”を米記者が証言!「誰も彼に彼女がいると知らなかった」
  424. ^ 選手紹介 トヨタ自動車東日本株式会社 硬式野球部”. トヨタ自動車東日本硬式野球部 (2016年12月31日). 2017年1月8日閲覧。
  425. ^ エンゼルス・大谷の姉1月に結婚していた!お相手は花巻東野球部の流石裕之部長 – 東京スポーツ新聞社”. 東スポWeb (2020年4月14日). 2021年10月3日閲覧。
  426. ^ 大阪桐蔭 “みちのくのダル”攻略!三重、浦和学院とともに2回戦へ”. スポニチアネックス (2012年3月21日). 2023年5月10日閲覧。
  427. ^ ○○のダルビッシュと呼ばれた投手たちの現在”. BASEBALL KING (2017年1月29日). 2023年5月10日閲覧。
  428. ^ a b c 大谷翔平の愛称「SHOWTIME」にファンは反対!?「ショータニの方がいい」”. Full-Count (2018年8月11日). 2021年7月7日閲覧。
  429. ^ a b 大谷「Sho Time」ベストニックネーム8位に”. 日刊スポーツ (2021年1月22日). 2021年7月6日閲覧。
  430. ^ 「大谷翔平は野球の中心になるはずだ」元・名物実況ロハス氏が抱く特別な思い”. Full-Count (2021年1月28日). 2021年6月29日閲覧。
  431. ^ a b c 「大谷翔平 独占インタビュー」『野球太郎』No.2(雑誌69411-12)廣済堂出版、48-53頁。
  432. ^ 大谷「最終的にはメジャー」」『日刊スポーツ』2012年12月9日。2012年12月9日閲覧
  433. ^ 大谷翔平に野村克也が謝罪 「二刀流無理」撤回の理由”. J-CAST ニュース (2016年12月12日). 2021年9月25日閲覧。
  434. ^ 『大谷翔平 野球翔年 I 日本編2013‐2018』著者:石田雄太
  435. ^ 青少年期の"大谷翔平君"列伝を、高校時代に初めて本人に取材した野球記者が語る!!”. 週プレNEWS (2023年8月4日). 2023年10月6日閲覧。
  436. ^ 大谷翔平の幼なじみ、恩師が明かす原点 異常なほどの負けず嫌い…ピッチングはいまひとつだった?」『デイリー新潮』2021年10月18日。2023年6月14日閲覧。
  437. ^ 二刀流批判「楽しい」、「無理の壁」越える喜び…大谷翔平×えのきどいちろうトークセッション再録」『スポーツ報知』2021年7月13日。2023年6月14日閲覧。
  438. ^ 【ASICS公式】大谷 翔平選手- ASICS BASEBALL”. アシックス. 2021年7月18日閲覧。
  439. ^ a b 熊崎敬「"四種の神器"ができるまで。」『Sports Graphic Number』1035(雑誌26854-9/24)文藝春秋、62-63頁。
  440. ^ 大谷選手のこだわりが詰まったグラブを限定発売!!”. アシックス. 2021年7月1日閲覧。
  441. ^ 大谷のこだわり 縁起が良い「アゲハチョウ」グラブ”. スポーツニッポン (2015年11月9日). 2021年7月1日閲覧。
  442. ^ 【NB公式】ニューバランス | Shohei Ohtani.Welcome to the familyNew Balance【公式通販】”. shop.newbalance.jp. 2023年2月1日閲覧。
  443. ^ 大谷翔平、ニューバランスとスポンサー契約「本物のブランド」「興奮しています」”. Full-Count (2023年1月31日). 2023年5月17日閲覧。
  444. ^ 大谷翔平が乗った「片道で4000万円」VIPジェット費用は自腹でお支払い!? 野球のためならお金を惜しまない男が“東京に立ち寄った理由” 週刊女性PRIME 2023年3月3日 (2023年3月3日閲覧)
  445. ^ 「苦しむのを期待しています」にも笑顔、先輩から愛された大谷の魅力”. Full-Count (2017年12月25日). 2021年5月26日閲覧。
  446. ^ 「チームメイトが明かす大谷の素顔」『週刊ベースボール』2015年5月25日号(雑誌20444-5/25)ベースボールマガジン社、23頁。
  447. ^ a b Mike Digiovanna (2018年8月3日). "Angels' Shohei Ohtani rocks Cleveland with two homers in 7-4 win". Los Angels Times. 2021年8月21日閲覧
  448. ^ a b 大谷翔平、2打席連発の舞台裏を米メディア紹介 “スマブラ”でリフレッシュ?」『Full-Count』2018年8月5日。2021年8月21日閲覧
  449. ^ a b 柳原 直之「大谷 テレビゲームで同僚と絆深める クラブハウス中に笑い声が」『スポーツニッポン』2018年8月5日。2021年9月4日閲覧
  450. ^ a b 青池奈津子 (2018年11月3日). “オンラインゲーム「クラロワ」通して学んだ大谷の素顔”. 東スポWeb. 東京スポーツ新聞社. 2021年8月11日閲覧。
  451. ^ a b 大谷翔平 誕生日も外食なし…ストイックすぎるパパラッチ軍団対策」『女性自身』2021年7月14日。2021年9月8日閲覧
  452. ^ ド派手な祝福に3か国語交流 “相棒”イグレシアスの大谷翔平への思い「大好きなんだ」”. Full-Count (2021年8月10日). 2021年8月11日閲覧。
  453. ^ a b 大谷翔平が“内助の功”水原一平通訳に、はにかみ感謝「ありがとうございました」”. Full-Count (2018年11月22日). 2021年8月11日閲覧。
  454. ^ a b 大谷翔平の運転免許取得に米注目 日本では1度も運転してないのに「1回で合格」”. Full-Count (2020年2月16日). 2021年8月11日閲覧。
  455. ^ 大谷を支え続けた水原通訳 運転にキャッチボールまで”. スポニチ Sponichi Annex (2018年11月14日). 2021年8月11日閲覧。
  456. ^ 水原通訳 大谷から新婚旅行のプレゼント 本当にうれしかった”. スポニチ Sponichi Annex (2019年1月2日). 2021年7月13日閲覧。
  457. ^ a b 大谷 水原通訳と二人三脚で復帰ロードを走り抜いた”. 日刊スポーツ (2019年5月8日). 2021年8月11日閲覧。
  458. ^ 大谷はレッドカーペットショーに誰と登場するのか? 水原一平氏有力にブラマヨ小杉「またかよ!」”. サンスポ (2021年7月13日). 2021年8月11日閲覧。
  459. ^ 大谷の本塁打競争 捕手役は水原一平通訳に決定 「僕でいいんじゃないかと」早速練習取り組む”. スポニチ Sponichi Annex (2021年7月11日). 2021年8月11日閲覧。
  460. ^ 大谷翔平23弾 - プロ野球オーナーズリーグ AkaWiki
  461. ^ 大谷、20歳になっても外出禁止 栗山監督「文句あるなら結果残して」」『Sponichi Annex』2014年1月26日。2015年7月11日閲覧
  462. ^ a b c 大谷翔平「通勤カー」はたった200万円の韓国製セダン」『Smart FLASH』2018年4月21日。2021年8月12日閲覧
  463. ^ a b c ハム大谷「非リア充」結構、恋人興味なし」『日刊スポーツ』2013年12月17日。2015年7月11日閲覧
  464. ^ 【この人の本音聞いちゃいました】日本ハム・大谷翔平投手 ベールに包まれたプライベートを披露! (1/2ページ)」『夕刊フジ』2015年1月7日。2015年7月11日閲覧
  465. ^ 大谷翔平の告白「162キロより156キロの方がいい」」『web Sportiva』2015年1月1日。2015年7月11日閲覧
  466. ^ 【この人の本音聞いちゃいました】日本ハム・大谷翔平投手 ベールに包まれたプライベートを披露! (2/2ページ)」『夕刊フジ』2015年1月7日。2015年7月11日閲覧
  467. ^ a b 大谷翔平選手の初愛車はテスラ!? イーロン・マスク氏も反応! 天才メジャーリーガーが選ぶ最新SUVとは”. くるまのニュース (2021年7月13日). 2021年8月11日閲覧。
  468. ^ 【独占入手】大谷翔平、幼少期に直筆で綴った「やきゅうのせんしゅ」の夢と祖父母への思い”. NEWSポストセブン. p. 2 (2023年3月16日). 2023年3月22日閲覧。
  469. ^ 大谷、菓子の二刀流は断念!「洋」より油少ない「和」専念」『スポーツ報知』2014年12月21日。2015年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月11日閲覧
  470. ^ 週刊ポスト2021年7月30日・8月6日号
  471. ^ 日本ハム大谷、天敵トマトが夢の170キロサポート」『日刊スポーツ』2016年11月28日。2023年8月23日閲覧
  472. ^ すごい選手1万人アンケートで大谷翔平1位、イチロー2位、王貞治さん3位…テレ朝系「プロ野球総選挙」”. スポーツ報知 (2023年2月23日). 2023年11月3日閲覧。
  473. ^ 大谷翔平の異次元打撃 王貞治氏も大絶賛「ライフル」「見たことないパワー」”. Full-Count (2023年3月11日). 2023年11月3日閲覧。
  474. ^ 王貞治氏、大谷翔平との共通点見いだす ノーステップ打法と1本足打法「彼はそれが出来ている」”. 日刊スポーツ (2023年10月27日). 2023年11月3日閲覧。
  475. ^ 王貞治氏が感動した大谷翔平の言葉 「あのひと言がものすごく大きかった」”. デイリースポーツ (2023年10月27日). 2023年11月3日閲覧。
  476. ^ 松井秀喜氏、大谷翔平を絶賛「私とは全くレベルが違う」 比較に苦笑い「嫌味でしょ」”. Full-Count (2023年7月27日). 2023年11月3日閲覧。
  477. ^ 落合博満氏「凄いの一言。見たことがない」 8年中日監督を務めてもなかった大谷の特大弾に驚く”. スポーツニッポン (2023年3月5日). 2023年11月3日閲覧。
  478. ^ 「日本球界ならすぐ直したがる打撃」 落合博満氏が分析した、大谷翔平の「特殊なスイング」”. JCAST ニュース (2023年3月23日). 2023年11月3日閲覧。
  479. ^ 【独自】祝ホームラン王!「最強の戦友」マイク・トラウトに聞く、大谷翔平の素顔”. Newsweek (2023年10月2日). 2023年11月3日閲覧。
  480. ^ ダルビッシュ有が語る大谷翔平の「すごみ」 二刀流調整に興味津々「何よりも体力」”. Full-Count (2022年4月27日). 2023年11月3日閲覧。
  481. ^ ダルビッシュが語った投手・大谷の“凄み” WBCで目の当たり「悪い状況が続かない」”. Full-Count (2023年7月5日). 2023年11月3日閲覧。
  482. ^ レッドソックスOBで殿堂入りオルティス氏、大谷翔平を改めて最高評価「地球上でベスト選手」”. 日刊スポーツ (2023年4月17日). 2023年11月3日閲覧。
  483. ^ 小西斗真「大谷翔平効果で中日の「背番号17」が爆売れ中…“そっくりデザイン”に秘めた星野仙一の野望と「入団会見にドジャースユニ混入」の真相は(2/3) - プロ野球」『Number Web』文藝春秋、2024年2月9日、2面。2024年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月17日閲覧
  484. ^ 『中日新聞』2004年1月16日朝刊一面1頁「竜キリリ衣替え 17年ぶり」(中日新聞社)
  485. ^ a b 中日にも大谷効果? ドジャースと酷似ユニが人気―プロ野球」『時事ドットコム』 時事通信社、2024年1月25日。2024年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月17日閲覧
  486. ^ 上野明洸「大谷効果で中日・柳ユニが「在庫ない」 店員も苦笑い…“そっくり”の珍事で完売」『Full-Count』株式会社Creative2、2024年1月10日。2024年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月17日閲覧
  487. ^ 大谷翔平、サイ・ヤング賞4位 メジャー5年目で初得票、39歳バーランダー満票受賞”. Full-Count (2022年11月17日). 2023年11月3日閲覧。
  488. ^ 大谷翔平、2か月連続の月間MVP 7月はリーグ最多タイ9HR、複数回受賞は日本人野手で初」『Full-Count』2021年8月3日。2021年8月3日閲覧
  489. ^ 大谷翔平が週間MVP、4・9以来の今季2度目」『日刊スポーツ』2018年9月11日。2018年9月11日閲覧
  490. ^ 大谷翔平3年ぶり3度目週間MVP 6発9打点、投げても3勝目」『日刊スポーツ』2021年6月22日。2021年7月2日閲覧
  491. ^ 大谷翔平、5度目の週間MVP…打率4割3分5厘・6本塁打”. 読売新聞 (2023年6月21日). 2023年6月21日閲覧。
  492. ^ 大谷翔平が週間MVPを受賞 今季3回目、通算では日本人最多を更新する7回目”. 日刊スポーツ (2023年8月1日). 2023年12月16日閲覧。
  493. ^ 「凄い成績」「神話」 大谷翔平、球団MVP&最優秀投手のW受賞にファン祝福”. Full-Count (2021年9月26日). 2021年9月26日閲覧。
  494. ^ 大谷翔平 スポーツ界のアカデミー賞「最優秀アスリート賞」受賞…M・ジョーダン、T・ウッズと肩並べた”. スポーツ報知 (2022年7月21日). 2022年7月24日閲覧。
  495. ^ Players Choice Awards” (英語). MLB.com. 2023年11月3日閲覧。
  496. ^ All-MLB Team” (英語). MLB.com. 2021年11月27日閲覧。
  497. ^ 侍ジャパンが大賞を獲得 大谷翔平 殊勲賞受賞 、WBCのMVPに始まりMLBで11冠、2023年ラストも表彰締め”. TBS NEWS DIG (2023年12月21日). 2023年12月21日閲覧。
  498. ^ 大谷 熊野速玉大社の速玉賞受賞」『デイリースポーツ online』デイリースポーツ、2014年11月17日。2017年9月13日閲覧
  499. ^ 社告:毎日スポーツ人賞決まる”. 毎日新聞 (2018年12月6日). 2018年12月12日閲覧。
  500. ^ 2021年流行語大賞は大谷翔平の「リアル二刀流/ショータイム」”. スポーツ報知 (2021年12月1日). 2021年12月1日閲覧。
  501. ^ a b 大谷翔平、「Yahoo!検索大賞2023」でW受賞 俳優部門1位は山田裕貴”. マイナビニュース. マイナビ (2023年12月5日). 2023年12月5日閲覧。
  502. ^ 第76回岩手日報文化賞決まる”. 岩手日報 (2023年10月28日). 2023年11月4日閲覧。
  503. ^ 『LINE NEWS AWARDS 2023』大谷翔平、TWICE、藤井聡太ら6組が「話題の人賞」に輝く【一部受賞者コメントあり】”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年12月12日). 2023年12月12日閲覧。
  504. ^ “2023年で最も多く表紙を飾った人”TOP10発表 キンプリ永瀬廉が大賞 Snow Man・大谷翔平選手・えなこ・泉里香が各部門賞受賞”. モデルプレス. ネットネイティブ (2024年3月4日). 2024年3月4日閲覧。
  505. ^ SMBC日本シリーズ2016 主な記録”. 日本野球機構. 2024年2月21日閲覧。
  506. ^ 大谷翔平9勝目 メジャー初完投初完封 わずか1安打 Wヘッダー第1試合で快投」『日刊スポーツ』2023年7月28日。2023年8月19日閲覧
  507. ^ 大谷翔平、日本人最速の通算100号 5試合ぶり7号、松井秀&イチローに続く大台到達”. Full-Count (2022年5月15日). 2022年5月15日閲覧。
  508. ^ a b エンゼルス・大谷翔平がMLB通算150本塁打達成 日本選手最多は松井秀喜の175本 今季中に記録更新なるか?」『サンケイスポーツ』2023年6月18日。2023年8月19日閲覧
  509. ^ 大谷がサイクル安打!8号→二塁打→三塁打→中前打」日刊スポーツ、2019年6月14日。2021年4月14日閲覧
  510. ^ 大谷翔平、118年ぶり「2番・投手」の出場で第1打席に衝撃の先制本塁打!”. THE DIGEST (2021年4月5日). 2021年7月3日閲覧。
  511. ^ 大谷翔平1072日ぶり白星は100年前のベーブ・ルースに肩並べる勝利」『日刊スポーツ』2021年4月27日。2021年4月27日閲覧
  512. ^ 大谷翔平 メジャー130年ぶり快挙! 1891年以来の同一シーズン先頭打者本塁打&勝利投手」『スポーツニッポン』2021年6月26日。2021年6月26日閲覧
  513. ^ 大谷翔平39号先頭打者弾 レジー・ジャクソンの球団記録に並ぶ/詳細」日刊スポーツ、2022年8月15日。2023年10月31日閲覧
  514. ^ 大谷翔平40号 エンゼルス史上4人目 最多はグロースの47本」日刊スポーツ、2022年8月19日。2023年10月31日閲覧
  515. ^ エンゼルス・大谷 投手で“129年ぶり”20盗塁 定義違った19世紀野球を掘り起こした」スポーツニッポン、2021年8月30日。2023年11月3日閲覧
  516. ^ スコット・ミラー(MLB専門スポーツジャーナリスト)「大谷翔平がアメリカで愛される理由」『Newsweekニューズウィーク日本版』〈2021年10月12日号〉、CCCメディアハウス、2021年10月12日、20面。
  517. ^ 大谷翔平 第1打席は見逃し三振 球団新の185三振目 1番・DHで出場中」デイリースポーツ、2021年9月30日。2023年11月3日閲覧
  518. ^ 大谷翔平が100得点到達、メジャー日本選手では08年イチロー以来」日刊スポーツ、2021年9月30日。2023年11月3日閲覧
  519. ^ 大谷翔平がまた快挙達成「45本塁打&25盗塁&100得点」はア・リーグ史上初”. Full-Count (2021年9月30日). 2023年11月3日閲覧。
  520. ^ 大谷翔平が2桁勝利・2桁ホームラン ベーブ・ルース以来」日本経済新聞、2022年8月10日。2023年11月3日閲覧
  521. ^ 大谷翔平、日本人初の本塁打王! 史上初2年連続「2桁勝利&2桁本塁打」達成」日刊スポーツ、2023年10月2日。2023年11月3日閲覧
  522. ^ 大谷翔平 メジャー史上初の「40本塁打・10勝・20盗塁」を達成!シーズン20盗塁はMVPを獲得した2021年以来2度目”. テレビ東京スポーツ (2023年9月4日). 2023年10月31日閲覧。
  523. ^ a b c d e 大谷翔平の“28の偉業” 史上初の2年連続10勝&30HR、打撃リーグ6冠…伝説の2023年”. Full-Count (2023年10月2日). 2023年11月3日閲覧。
  524. ^ 大谷翔平、球団初「40本塁打&20盗塁」を達成 5回二盗成功でメジャー2年ぶり快挙”. Full-Count (2021年8月29日). 2023年11月3日閲覧。
  525. ^ 大谷翔平、複数回の40本塁打20盗塁は史上8人目 4度のAロッドらレジェンドの仲間入り」日刊スポーツ、2023年9月4日。2023年11月3日閲覧
  526. ^ MLBの2023年6月13日のツイート2023年11月6日閲覧。
  527. ^ 大谷翔平、史上初の3年連続6三塁打&34本塁打以上を同時達成/今季達成の主な記録」日刊スポーツ、2023年10月2日。2023年11月3日閲覧
  528. ^ 大谷翔平、史上初の「トリプル150」偉業を達成 150安打&153投球回&203奪三振”. Full-Count (2022年9月28日). 2023年11月3日閲覧。
  529. ^ 大谷翔平 100打点到達で投打計5部門の「クインティプル100」達成」日刊スポーツ、2021年10月4日。2023年11月3日閲覧
  530. ^ "First MLB player to achieve 100+ innings and record 100+ strikeouts as a pitcher and 100+ RBIs, hits and runs as a batter in a single season". guinnessworldrecords.com. 2021年10月3日. 2023年11月3日閲覧
  531. ^ 大谷翔平、史上初の“ダブル規定”に到達 米5年目で初の規定投球回、ルース超えの快挙”. Full-Count (2022年10月6日). 2023年11月3日閲覧。
  532. ^ SlangsOnSportsの2023年10月2日のツイート2023年11月3日閲覧。
  533. ^ SlangsOnSportsの2023年8月8日のツイート2023年11月3日閲覧。
  534. ^ Coversの2023年4月1日のツイート2023年11月3日閲覧。
  535. ^ 大谷翔平の歴史的「6月15本塁打」 レジェンドたちと肩を並べる62年ぶりの“大暴れ””. Full-Count (2023年7月1日). 2023年10月31日閲覧。
  536. ^ SlangsOnSportsの2023年6月28日のツイート2023年11月3日閲覧。
  537. ^ SlangsOnSportsの2023年7月28日のツイート2023年11月3日閲覧。
  538. ^ SlangsOnSportsの2023年8月10日のツイート2023年11月3日閲覧。
  539. ^ SlangsOnSportsの2023年8月4日のツイート2023年11月3日閲覧。
  540. ^ SlangsOnSportsの2023年8月24日のツイート2023年11月3日閲覧。
  541. ^ SlangsOnSportsの2023年6月28日のツイート2023年11月3日閲覧。
  542. ^ SlangsOnSportsの2023年6月28日のツイート2023年11月6日閲覧。
  543. ^ SlangsOnSportsの2023年5月10日のツイート2023年11月3日閲覧。
  544. ^ 【データ】大谷翔平、59年ぶり先発投手で5度出塁 1920年以降初めての記録も達成」日刊スポーツ、2023年5月16日。2023年11月6日閲覧
  545. ^ SlangsOnSportsの2023年6月28日のツイート2023年11月3日閲覧。
  546. ^ SlangsOnSportsの2023年5月28日のツイート2023年11月6日閲覧。
  547. ^ SlangsOnSportsの2023年7月28日のツイート2023年11月3日閲覧。
  548. ^ SlangsOnSportsの2023年7月28日のツイート2023年11月3日閲覧。
  549. ^ SlangsOnSportsの2023年7月28日のツイート2023年11月3日閲覧。
  550. ^ SlangsOnSportsの2023年7月28日のツイート2023年11月6日閲覧。
  551. ^ 大谷翔平、Wヘッダー完封&本塁打はメジャー史上初の大偉業!37、38号連発、米衝撃「これはクレイジーだ」”. THE ANSWER (2023年7月28日). 2023年10月31日閲覧。
  552. ^ SlangsOnSportsの2023年8月4日のツイート2023年11月3日閲覧。
  553. ^ SlangsOnSportsの2023年8月4日のツイート2023年11月3日閲覧。
  554. ^ 大谷翔平、124年間で“球団初”の快記録 現在メジャー1位…出場14試合で驚異の「12」”. Full-Count (2024年4月10日). 2024年4月10日閲覧。
  555. ^ 大谷翔平が3年連続球宴決定 イチロー以来日本選手20年ぶり最多得票で「感謝」…2位に54万票差圧勝」スポーツ報知、2023年6月24日。2023年11月3日閲覧
  556. ^ 大谷翔平、オールスター戦で3年連続「二刀流」選出…投手としても選手間投票で選ばれる」讀賣新聞オンライン、2023年7月3日。2023年11月6日閲覧
  557. ^ 大谷翔平 「楽しかったです」球宴史上初二刀流!160キロ連発3者凡退&打は2の0」スポーツニッポン、2021年7月14日。2023年11月3日閲覧
  558. ^ "First player to start the MLB All-Star Game as a pitcher and a designated hitter". guinnessworldrecords.com. 2021年7月13日. 2023年11月3日閲覧
  559. ^ 大谷翔平、一瞬でフェンス到達191.7キロ二塁打に米注目「なぜ球は壊れなかったのか…」”. THE ANSWER (2022年4月11日). 2023年10月31日閲覧。
  560. ^ 大谷翔平、超特大140m同点16号の直後は敬遠 相手は勝負逃げ、本拠地ブーイング”. Full-Count (2022年6月26日). 2023年10月31日閲覧。
  561. ^ 大谷翔平21号は衝撃のメジャー最速弾と判明! 左打者の「逆方向186.8km」は歴代断トツ記録”. THE ANSWER (2023年6月15日). 2023年10月31日閲覧。
  562. ^ 大谷翔平、驚愕44号は登板投手史上最速弾! 時速186kmで自分超え、1位〜5位まで「Shohei Ohtani」”. THE ANSWER (2023年8月24日). 2023年10月31日閲覧。
  563. ^ 【データ】大谷翔平、データ面から読み解いた初の本塁打王 15本以上の選手で最長の平均飛距離」日刊スポーツ、2023年10月2日。2024年2月15日閲覧
  564. ^ 大谷翔平、日米通算150号!第1打席で先頭打者弾となる今季9号 2試合連続マルチ安打で快勝」『日刊スポーツ』2022年5月23日。2022年5月23日閲覧
  565. ^ 大谷翔平が日米通算1000奪三振 3回先頭打者で達成 日本ハム624個、メジャー376個」『日刊スポーツ』2022年8月10日。2022年8月11日閲覧
  566. ^ 大谷翔平、日米通算200号本塁打 ロッキーズ戦で今季25号 本塁打王争いジャッジに6本差独走」『日刊スポーツ』2023年6月24日。2023年6月24日閲覧
  567. ^ 大谷翔平、日本記録165キロ樹立も「特に変わらない」「クオリティ低い」”. Full-Count (2016年10月16日). 2023年10月31日閲覧。
  568. ^ 大谷がプロ野球最速を更新 164キロも適時打許す」zakzak、2016年9月13日。2023年10月31日閲覧
  569. ^ 大谷MLB自己最速164キロ、投げ損じと四球課題」日刊スポーツ、2021年3月22日。2021年3月22日閲覧
  570. ^ 大谷プロ入り後最速160キロ出た!」日刊スポーツ、2014年6月4日。2023年10月31日閲覧
  571. ^ 【球界ここだけの話(1948)】マー君、翔平、ダル…野球選手の寄付と社会貢献 サンスポ 2020年4月29日
  572. ^ 大谷翔平、小児支援団体に寄付 年間最優秀選手の賞金 - 日刊スポーツ 2021年11月18日
  573. ^ 大谷翔平の6万個グラブ寄贈を米メディアも紹介 - 日刊スポーツ 2023年11月10日
  574. ^ 大谷翔平、寄付グラブ6万個のうち33%に“隠れた”気遣い 感激の声続出「発想が素敵すぎます」 - THE ANSWER 2023年11月11日
  575. ^ 大谷投手1億4千万円寄付表明 ドジャースと共同で 能登半島地震」『北國新聞』2024年1月5日。2024年1月7日閲覧
  576. ^ ECC×大谷翔平 共同プロジェクト「SHOW YOUR DREAMS 2024」”. ecc (2024年3月1日). 2024年3月2日閲覧。
  577. ^ 大谷翔平、全額負担で米留学100人招待! 小4~高3までの費用ド~ンと推定5000万円 ECC花房社長がラジオ番組で明言 - サンスポ 2024年3月6日
  578. ^ 大谷翔平選手:アニメ「サザエさん」に本人役で出演 「不思議な感じがしました」」『MANTANWEB』2019年11月17日。2019年11月17日閲覧。
  579. ^ 大谷翔平ドキュメンタリー配信 「ディズニー+」来月17日から」『共同通信』2023年10月10日。2023年11月3日閲覧。
  580. ^ “世界初のGPSソーラーウオッチ<セイコー アストロン>北海道日本ハムファイターズ大谷翔平選手出演の新TV-CM放送決定”」『セイコーウオッチ株式会社』2016年5月10日。2016年11月20日閲覧。
  581. ^ リポD新CMキャラクターのカズ 夢は「サッカー上手くなりたい」」『スポニチアネックス』2016年9月14日。2016年9月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月14日閲覧。
  582. ^ 大谷 C大阪・蛍と「箱根」共闘 日本ハム新CM出演」『スポニチアネックス』2016年12月27日。2016年12月27日閲覧
  583. ^ 東京西川×大谷翔平選手 睡眠コンディショニングサポートを締結!3月27日(月)から新CM「Answer is [AiR]大谷翔平選手」篇OA開始』(プレスリリース)、西川産業株式会社、2017年3月27日。2024年3月6日閲覧
  584. ^ 大谷翔平、コーセーとグローバル広告契約「スポーツも美容も欠かせない」」『マイナビニュース』マイナビ、2022年12月26日。2022年12月26日閲覧
  585. ^ ドジャース入団の大谷翔平、フィロソフィー(哲学)語る ディップ株式会社のブランドアンバサダー就任」『ORICON NEWS』oricon ME、2023年12月15日。2023年12月15日閲覧
  586. ^ 2024年に30歳を迎える大谷翔平選手がKONAMI野球ゲームアンバサダーに就任』(プレスリリース)、株式会社コナミデジタルエンタテインメント、2024年1月16日。2024年1月16日閲覧
  587. ^ ECCブランドアンバサダーに大谷翔平選手が就任』(プレスリリース)、株式会社ECC、2024年2月1日。2024年2月1日閲覧





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大谷翔平」の関連用語

大谷翔平のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大谷翔平のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大谷翔平 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS