森昌子 森昌子の概要

森昌子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/28 15:39 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
もり 昌子まさこ
出生名 森田昌子
生誕 (1958-10-13) 1958年10月13日(62歳)
出身地 日本栃木県宇都宮市
学歴 堀越高等学校卒業
ジャンル 演歌歌謡曲
職業 歌手女優
担当楽器
活動期間 1972年 - 1986年
2001年 - 2019年[1]
レーベル 徳間音楽工業
(1972年 - 1979年)
ポニーキャニオン[2]
(1979年 - 2008年)
おんがく工房
(2009年 - 2011年)
キングレコード
(2012年 - 2019年)
事務所 ホリプロ(1971年 - 1986年 / 2006年 - 2008年3月)
おんがく工房(2008年4月 - 2019年12月31日 )
公式サイト morimasako.jp
美空ひばり島倉千代子都はるみ園まり西田佐知子

前夫は森進一。長男はロックバンド「ONE OK ROCK」のボーカリストであるTaka。次男は、テレビ東京に勤務するサラリーマン[3]、三男はロックバンド「MY FIRST STORY」のボーカリストであるHiroこと森内寛樹

来歴

生い立ちと学歴

芸能界デビュー

  • 1971年(昭和46年) 同年10月開始の日本テレビスター誕生!』(1971)に13歳で出場。初代グランドチャンピオンとなる。同番組には、昌子本人ではなく、激しい人見知りを克服してほしいと親戚の叔母が内緒で申し込んだもの。オーディション当日は、「洋服を買ってあげるついでだから」という口実で歌を歌わせた。
    • グランドチャンピオンになった結果、家に色々な芸能プロダクションが来て、昌子を芸能界に勧誘するようになった。父親は猛反対だったものの、家が貧しかったこと、母親の体が弱かったことから、家計の助けになるであろうと、昌子本人が父を説得して芸能界デビューした。ホリプロダクション(現ホリプロ)に所属。ホリプロに決めたのは、学業と両立させてくれるからだった。本名から"田"を抜いた芸名にしたのは硬い響きが取れるようにという判断[4]
  • 1972年(昭和47年)7月1日、徳間音工から『せんせい』で歌手デビュー。当時のキャッチフレーズは、「あなたのクラスメート」と称された。その翌年デビューした同学年の山口百恵桜田淳子とともに「花の中三トリオ」と呼ばれる。
  • 1973年第24回NHK紅白歌合戦に出演。なお、この中三トリオで最初にNHK紅白歌合戦に初出場を果たしたのは森であり、当時女性最年少の15歳での出場だった。なお、現在の女性最年少記録は芦田愛菜の7歳。
  • 1973年(昭和48年)、松竹の『男じゃないか・闘志満々』で映画デビュー。同年、『としごろ』で主演に抜擢された。この年から開催された『ものまね王座決定戦』の初代チャンピオンとなる。
  • 1975年(昭和50年)、『花の高2トリオ・初恋時代』で初めて山口・桜田と共演。また、この年3〜4月に開催された、春の選抜高等学校野球大会第47回)に『おかあさん』が入場行進曲に選ばれ、森もセンバツ大会の開会式にゲスト出演した。
  • 1977年(昭和52年)、堀越高校を卒業。同期卒業生には岩崎宏美岡田奈々池上季実子らがいる。

演歌歌手へ

  • 1977年(昭和52年)の『なみだの桟橋』以降、本格的な演歌歌手への道を歩み始め、『津和野ひとり』『彼岸花』(1978年・昭和53年)など、難易度の高い曲を歌いこなせる実力派へと成長。
  • 1979年(昭和54年)、新宿コマ劇場で史上最年少女座長として『森昌子公演』を行う。
  • 1981年(昭和56年)、第32回NHK紅白歌合戦では『哀しみ本線日本海』で出場9回目、23歳にして初の紅組トリを務める。
  • 1983年(昭和58年)、『越冬つばめ』で第25回日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞。感激の余り受賞時に嬉し涙を流しながら歌い、その後の第34回NHK紅白歌合戦でも泣きながらの歌唱となる。このほか、TBSの金曜ドラマ『想い出づくり』などドラマにも出演、女優としても活躍した。
  • 1984年(昭和59年)、NHKみんなのうた』で、『海へ来て』を歌う。放送期間は、1984年(昭和59年)8月1日 - 9月30日(再放送は5回)。
  • 1985年(昭和60年)、第36回NHK紅白歌合戦で初の紅組司会を、歌手出番では2度目の紅組トリをそれぞれ務める『愛傷歌』の歌唱前から感極まって号泣したため、途中で歌えなくなった。
  • 1986年(昭和61年)10月1日に森進一と結婚。
  • 1987年から、シングルレコードの新発売がなくなる。
  • 2001年(平成13年)、「第52回NHK紅白歌合戦」に出場を機に、夫との「デュエット歌手」として芸能活動再開。

離婚

  • 2005年2月、自宅で過呼吸の発作を起こし、意識を失って倒れ緊急入院した。薬物中毒と診断され、集中治療室にて胃洗浄を受けた。過換気症候群とも呼ばれる一種のパニック障害だった。集中治療室から一般病棟に移って間もなく、夫の進一が医師に退院を要請し、本人の同意の上で、わずか1日で退院した。このことが様々な憶測を呼び、ワイドショー週刊誌に不仲説が取り上げられて、後の離婚騒動に発展した。
  • 同年3月、進一と別居。4月19日、離婚を発表。親権を長男が昌子側、次男と三男が進一側で持ち、養育権は3人とも昌子側とすることを進一が提案し、昌子が同意した。養育費は1人につき13万円として進一が負担した[5]

活動再開後

  • 2006年3月27日、旧所属事務所のホリプロからソロの歌手として活動再開することを正式発表。4月、幻冬舎から初エッセー集『明日へ』を刊行。その後、和田アキ子・片平なぎさ榊原郁恵らにより、『おかえり! 昌子 激励の会』が開かれ、関係者700人が詰め掛けた。5月、『NHK歌謡コンサート』でテレビに復帰。『哀しみ本線日本海』『越冬つばめ』『父娘草』を涙ながらに熱唱した。以後意欲的にテレビ出演などの活動を行う。6月7日、古巣のポニーキャニオンから20年ぶりの新曲『バラ色の未来』をリリース(初登場14位で、初登場としては過去最高の順位。ジャケットタイトルは森大衛揮毫)。この年の暮れには、同曲で第57回NHK紅白歌合戦に5年ぶりに出場した。元夫・進一との競演が注目されたが、結局順序をずらしての出演となり、2人が同じステージに出演する場面は一度も無かった。なお、2007年(平成19年)以降、紅白には出場していない。
  • 2007年 上期のNHK連続テレビ小説どんど晴れ』で女優業を本格再開。7月13日には22年ぶりのドラマ主演となる金曜プレステージお母さん ぼくが生まれてごめんなさい』放送。
  • 同年9月26日、体調不良を訴え、急性肺炎により急遽入院。同日予定していた熊本のコンサートを始め、同年内のツアーの中止を発表。
  • 2008年2月5日、『NHK歌謡コンサート』で『越冬つばめ』を歌い、芸能活動を再開した。
  • 同年3月31日、ホリプロを退社。4月1日に個人事務所おんがく工房を設立。
  • 2009年2月28日個人事務所、おんがく工房より通販による新曲『子供たちの桜』リリース。
  • 同年5月、子宮筋腫の手術を受ける。
  • 同年12月31日、『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』大晦日年越しSP『絶対に笑ってはいけないホテルマン24時』の中で、デビュー当時の髪型、衣装で『せんせい』を熱唱した。
  • このころから更年期障害貧血、デビュー当時の歌唱力を失った自信喪失などからうつ状態に陥る。
  • 2010年5月17日、子宮頸癌治療のため、子宮を全摘出手術[6]。癌と知って一時的に自殺願望が生まれたことを告白、退院時の記者会見の模様も放送された。
  • 2011年3月23日、レコード会社をホリデージャパンに移籍。新レーベル、ハートソングレコーズから『洗濯日和』をリリース。
  • 2012年11月21日 レコード会社をキングレコードに移籍し「人生に乾杯」を発売
  • 2016年7月1日 デビュー45周年を迎えた、同日、記念シングル「百年の恋歌」 アルバム「百年の恋歌~時を終えて』を発売。当日は自身初のクラブでの記念ライブショーが東京丸の内の「コットンclub」で開催された。
  • 2019年3月25日、年内限りでの芸能界引退を所属事務所が発表[7][8][9]
  • 12月25日、故郷の栃木県宇都宮市でのコンサートをもって活動終了。

特記事項

親交
  • 美空ひばりに大変可愛がられていた。ひばりがテレビ局に共演を持ちかけ、昌子を楽屋に呼んだことが最初の対面である。そのときひばりの歌を歌って気に入られ、自宅に招かれて、直接歌を習ったりすることもたびたびあった。ひばりは自らを「オネエチャマ」と呼ばせ、レッスンが遅くなると彼女を自宅に泊めたりもした[10]
  • 美空ひばりからはプライベートで「マチャコ」と呼ばれていたが、初対面での印象「まあ、ちっちゃい子」から「マチャコ」と呼ぶようになった。ひばりはプライベート以外TV・ラジオなど公の場では絶対に「マチャコ」と呼ぶことはなかった。愛川欽也が「僕が『マチャコ』と呼んだとき、ひばりさんから『森昌子』って名があるのよと注意された」と述懐している。
カバー
物まね
  • 南沙織、あべ静江、小柳ルミ子の歌マネは絶品で最近売れてる本職のモノマネ芸人よりも完成度が高く、声だけ聴いてたら当人と聴き分けが困難なほど上手い物真似で清水ミチコやコロッケも脱帽した。
  • 先述の通りものまねが上手かったため、ある生放送番組でアグネス・チャンといたずらをしかけた。自分の手番にアグネスがこっそり音声をオフにし、舞台裏から昌子が別のマイクで彼女の歌をあてた。スタッフ一同誰もそのことに気づかず、昌子がばらしたときは怒られるどころか、ものまねの上手さに驚かれ賞賛されたという。[11]
  • その他、八代亜紀など歌マネのレパートリーの幅は本職のモノマネ芸人よりも多いくらい幅がひろい。
いたずら
  • 若い時はかなりのやんちゃで、八代亜紀がよくいたずらのターゲットになった。髪の毛をかためるスプレーを缶一本使い切る程ふりかけたり、八代が綺麗なヒラヒラのドレスを着ていた時、中身がどうなっているか確認するためめくったりした(本人いわく「ビラ〜ンとまくったら足だった」)。八代が1977年(昭和52年)第28回NHK紅白歌合戦の紅組トリで「おんな港町」を歌い出す時、昌子がマイクのコードを知らずに踏んでいて、あやうくステージ中央に間に合わないところだったことを、30数年の時を経て本人に謝罪した。ただし昌子は、それが『舟歌』の時だと記憶違いをしていた。
中三トリオ
  • 中三トリオと呼ばれた昌子、百恵、桜田の三人は、生放送本番直前まで一緒にトイレに隠れたりして、スタッフをよく困らせていた。山口百恵が引退して約3年経った1983年12月の『週刊読売』での徳光和夫との対談では「二人とは全然会ってません。ぷっつりですね。電話で話すこともありません。思い出っていっても、つい最近のことだったんだから、三人集まって話をするようなことは別にないし、今あっても、せっかく中三トリオから高三トリオっていう名前がついてたものが、何かぺらっぺらのすごく軽いものになっちゃっていやなんですよね」などと述べ[12]、2006年の昌子の著書『明日へ』では、三人はそれほど親しくはなく、ハワイに行った時も同室で気まずい空気になった、と述べているが、一方で自伝的エッセイ『それはじんせい』(2011年)の付属写真では、昌子が桜田の頬にキスする程親しい仲である、と書いており、内容が矛盾している。
  • デビュー前の山口百恵は昌子の付き人であり、昌子の家に下宿していた。
家族
  • 子煩悩で子育てに厳しく、挨拶は徹底し、偏食しないよう気を遣い、兄弟間でも長幼有序を守らせた。成人後も弟は兄に敬語で話すという。また、テレビに自身の映像が映りそうになると素早く察知して電源を消すようにし、国民のアイドルではなく子供達だけの母親であるように努めたという。
その他
  • 2005年頃より通信カラオケシステムDAMの機種改良に伴い、同機種で配信する森の代表曲で背景映像に森本人が出演する映像が多く採用されている。主な作品は以下の通りである。
    • あなたを待って三年三月
    • 哀しみ本線日本海
    • 立待岬
  • 19歳の時に、単身でアメリカのロサンゼルスへ旅行。友人宅に泊めてもらい逗留しつつ、アメリカの若者を観察して、アイドルとして輝いているはずの自分がアメリカの若者に見られるような輝きを持っていないのはなぜか、と考えたという。



  1. ^ 森昌子さん、年内で引退へ 「残された時間を考え…」 朝日新聞2019年3月25日
  2. ^ ただし1979年 - 1987年9月まではキャニオン・レコード名義。
  3. ^ とんねるず、テレ東初出演“裏話”も披露 サンケイスポーツ 2012年8月16日閲覧
  4. ^ 「スターの芸名はどうして作られたの 芸名をつけたエピソード」『近代映画』1976年10月号、近代映画社、 168頁。
  5. ^ 森昌子明日へ』舘野晴彦(編集)、菊地朱雅子(編集)、斉藤さゆり(構成)、幻冬舎、東京都渋谷区千駄ケ谷四丁目9番7号、2006年4月15日、初版(日本語)。ISBN 4-344-01154-6
  6. ^ テレビ朝日『徹子の部屋』2011年11月21日放映。
  7. ^ ファンの皆様へ 公式ブログ2019年3月25日
  8. ^ 森昌子さん、年内で引退へ 「残された時間を考え…」 朝日新聞2019年3月25日
  9. ^ 森昌子が年内いっぱいで芸能界引退「還暦の節目で」 日刊スポーツ2019年3月25日
  10. ^ BSフジ『歌人伝説』2012年3月24日放映
  11. ^ 関西テレビ『雨上がり食楽部』2011年11月19日放送より
  12. ^ 「連載リレー対談(14) おもしろまじめアナのちょっトーク ゲスト 森昌子 ホスト徳光和夫」『週刊読売』1983年12月25日号、読売新聞社、 34 - 37頁。
  13. ^ それから10年後の1987年第38回NHK紅白歌合戦でも、松原のぶえが当曲を歌唱している。
  14. ^ せんせい哀しみ本線日本海越冬つばめのメドレー
  15. ^ 雑誌「平凡」募集歌。
  16. ^ 森のペンネーム。
  17. ^ フランシス・ウィリアムズの「As Time Goes By」の日本語カバー。
  18. ^ 委託製作盤。八千代市・市制施行10周年記念楽曲。
  19. ^ 森と川中美幸黒柳徹子森口博子森進一の計5人による楽曲。「じゃがいもの会」活動20周年記念チャリティーソング。


「森昌子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「森昌子」の関連用語

森昌子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



森昌子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの森昌子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS