日本大学理工学部・大学院理工学研究科 日本大学理工学部・大学院理工学研究科の概要

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本大学理工学部・大学院理工学研究科の解説 > 日本大学理工学部・大学院理工学研究科の概要 

日本大学理工学部・大学院理工学研究科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 01:39 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
日本大学 > 日本大学理工学部・大学院理工学研究科
駿河台1号館(2014年
タワー・スコラ(2020年12月)

概要

1920年(大正9年)に日本大学高等工学校の設立に始まり、1928年(昭和3年)に私立大学のなかで2番目の理工系大学となる日本大学工学部に発展した。1958年(昭和33年)、理工学部に名称変更し、現在までに20万人にのぼる卒業生を輩出している。交通システム工学科はJABEE(日本技術者教育認定機構)認定学科であり、修了者は技術士一次試験が免除される[1]

理工学研究所[2]および量子科学研究所[3]など、高度な研究環境は国内はもとより世界も注目しており[4]、公的な研究機関や企業との共同・委託研究の場として多数の成果を収めている[5]

構造の日大」として実績がある理工学部建築学科は、学校が発足された当初に設置されていた学科である建築科を起源とし、培われた特徴ある建築教育を行っている。

土木工、建築、機械工、電気工、物質応用化、物理、数学各学科の1年次は船橋キャンパスで開講され、2年次以降は駿河台キャンパスで開講される。それ以外の学科は全学年を船橋キャンパスで開講している。

組織構成

学科・コース一覧

大学院

沿革

駿河台旧1号館1928年竣工、現存せず)

学部の変遷は、高等工学校→工学部→理工学部と改称している。

  • 1920年(大正9年)6月 - 神田区三崎町日本大学高等工学校を設置(土木科、建築科)[6]
  • 1921年(大正10年)
  • 1923年(大正12年)9月 - 関東大震災により駿河台校舎焼失。
  • 1924年(大正13年)1月 - 駿河台仮校舎竣工。
  • 1928年(昭和3年)
    • 4月 - 日本大学工学部(土木、建築、機械、電気の4科)・同予科を開設。
    • 7月 - 駿河台校舎再建。
  • 1929年(昭和4年)3月 - 専門部工科(土木、建築、機械、電気の4科)を設置。
  • 1938年(昭和13年)3月 - 工学部、専門部工科、高等工学校に工業化学科設置。
  • 1947年(昭和22年)3月 - 専門部工科を福島県高瀬村および守山町へ移転(学制改革で第二工学部に、1966年工学部へと改称)。習志野校舎での授業を開始。
  • 1949年(昭和24年)
    • 2月 - 学制改正により、新制大学に改編設置移行。工学部第一部(昼間部)土木、建築、機械、電気、工業化学を設置。
    • 3月 - 工学部第二部(夜間部)土木、建築、機械、電気、工業化学を設置。
  • 1951年(昭和26年)
    • 3月 - 日本大学高等工学校閉校。
    • 4月 - 新学制による大学院工学研究科(建設工学、機械工学、電気工学、応用化学)設置。
  • 1952年(昭和27年)2月 - 工学部に薬学科・工業経営学科(薬学部生産工学部の基礎となる)設置。
  • 1953年(昭和28年)3月 - 大学院工学研究科博士課程(建設工学、機械工学、電気工学、有機応用化学)設置。
  • 1957年(昭和32年) - 工業経営学科を津田沼校舎で授業開始。
  • 1958年(昭和33年)1月 - 日本大学工学部に物理学科を設置し、理工学部と名称変更。
  • 1959年(昭和34年)1月 - 理工学部に数学科設置。
  • 1961年(昭和36年)
    • 3月 - 工業経営学科を経営工学科と改称
    • 7月 - 理工学部に交通工学科(昭和54年9月に交通土木工学科と改称)・精密機械工学科を設置。
  • 1963年(昭和38年)
    • 3月 - 大学院工学研究科修士課程、博士課程に、物理学、数学、地理学専攻を増設して、理工学研究科と名称変更。
    • 4月 - 理工学部に理工学研究所設置。
    • 12月 - 日本大学原子力研究所設置。
  • 1965年(昭和40年) - 経営工学科が独立し第一工学部に(1966年に生産工学部と改称)。
  • 1973年(昭和48年)3月 - 大学院理工学研究科修士課程・博士課程建設工学専攻を土木工学専攻と建築学専攻に分離。応用化学専攻と有機応用化学専攻を統合して工業化学専攻と改称。
  • 1977年(昭和52年)12月 - 理工学部第一部に海洋建築工学科、航空宇宙工学科、電子工学科を設置、翌年4月より習志野校舎で授業開始。
  • 1979年(昭和54年)3月 - 大学院理工学研究科博士前期、後期課程に、交通土木工学、海洋建築工学、精密機械工学、航空宇宙工学、電子工学の5専攻を増設。
  • 1980年(昭和55年)10月 - 理工学部創設60周年記念式典挙行。
  • 1983年(昭和58年)9月 - 理工学部土木工学科、建築学科、機械工学科、電気工学科、工業化学科、数学科の第二部を廃止。
  • 1988年(昭和63年)4月 - 薬学科が分離独立し、薬学部に。
  • 1990年(平成2年)6月 - 理工学部創設70周年。
  • 1992年(平成4年)
    • 3月 - 大学院理工学研究科博士前期課程に、不動産科学、医療・福祉工学、情報科学、量子理工学の4専攻を増設。
    • 7月 - 新潟県六日町に「日本大学八海山セミナーハウス」開設。
  • 1993年(平成5年)11月 - 薬学科廃止。
  • 1994年(平成6年)3月 - 大学院理工学研究科の不動産科学、医療・福祉工学、情報科学、量子理工学の4専攻に博士後期課程を増設。
  • 1996年(平成8年)4月 - 東葉高速線「船橋日大前駅」開設。習志野校舎を船橋校舎と名称変更。
  • 1999年(平成11年)4月 - 理工学部工業化学科を物質応用化学科と改称。
  • 2000年(平成12年)10月 - 理工学部創設80周年記念式典挙行。
  • 2001年(平成13年)4月 - 理工学部交通土木工学科を社会交通工学科と、電子工学科を電子情報工学科と改称。大学院理工学研究科博士前期・後期課程とする。交通土木工学専攻を社会交通工学専攻と改称。
  • 2001年(平成13年)8月 - 日本大学が主婦の友社からお茶の水スクエアの不動産施設を買収。
  • 2002年(平成14年)3月 - 日本大学原子力研究所を日本大学量子科学研究所と名称変更。
  • 2003年(平成15年)3月 - 駿河台新1号館竣工。
  • 2003年(平成15年)4月 - 大学院理工学研究科工業化学専攻を物質応用化学専攻と名称変更。
  • 2004年(平成16年)3月 - 船橋校舎14号館竣工。
  • 2004年(平成16年)4月 - 日本大学理工学部科学技術資料センター(CST MUSEUM)設立。
  • 2010年(平成22年)9月 - 理工学部創設90周年及び短期大学部(船橋校舎)創設60周年記念式典挙行。
  • 2013年(平成25年) - 応用情報工学科、まちづくり工学科新設。電子情報工学科を電子工学科に名称変更し電子工学コース、情報科学コースを設置。社会交通工学科を交通システム工学科に名称変更。
  • 2015年(平成27年)3月 - 日本大学理工学部の駿河台図書館が旧お茶の水スクエアの建物に移転。
  • 2017年(平成29年)
    • 4月 - 大学院理工学研究科社会交通工学専攻を交通システム工学専攻と名称変更。
    • 5月 - 大学院理工学研究科医療・福祉工学専攻を廃止。
  • 2018年(平成30年)4月 - 大学院理工学研究科不動産科学専攻を募集停止。
  • 2018年(平成30年)7月 - 駿河台キャンパスに新校舎タワー・スコラが竣工。
  • 2020年(令和2年)6月 - 日本大学理工学部が創設100周年。

注釈

  1. ^ 超高密度記録媒体作成用、ULVAC製多元超薄膜作成装置SMO-01特。
  2. ^ フェムト秒パルスレーザ利用全光型超高速磁化現象計測システム。
  3. ^ 最高論文賞、最高討議論文賞、最優秀審査賞など複数受賞している世界的にも名高い功績を残している。
  4. ^ SPROUTが正しく宇宙に放たれたかを確認するには、SPROUTから発せられる無線信号を地上でキャッチする方法のみであった。
  5. ^ 「夢への第一歩は何かに憧れること。何かに強い興味を持つこと。決して諦めることなく一歩一歩努力して皆さんの夢を叶えてほしい。」との内容であった。
  6. ^ しかし、下降時に機体を損壊するなどして大会ルールを満たすことができず参考記録にとどまっている。
  7. ^ 指導教員、青木義男教授のAチームである。
  8. ^ 滑空機部門が現在の日本大学グライダー部となった。
  9. ^ それ以外にも、原田覚一郎杯や関東大会で優勝歴が多数ある。

出典

  1. ^ 交通システム工学科. “交通システム工学科JABEE認定学科”. 理工学部学科情報. http://www.cst.nihon-u.ac.jp/department/trpt/ 2015年11月19日閲覧. "交通システム工学科は、日本大学理工学部で唯一のJABEE(日本技術者教育認定機構)認定学科で、卒業生は国家資格で難関の「技術士」の一次試験が免除され、登録申請により技術士補(建設部門)の資格が取得できる。" 
  2. ^ Research Institute of Science & Technology. “日本大学理工学部 理工学研究所”. Nihon University College of Science and Technology. http://www.rist.cst.nihon-u.ac.jp/ 2015年11月19日閲覧。 
  3. ^ Institute of Quantum Science, Nihon University. “量子理工学専攻”. Quantum Science and Technology. http://www.cst.nihon-u.ac.jp/graduate_school/research/quantum/index.html 2015年11月19日閲覧。 
  4. ^ “大学院理工学研究科ガイドブック[10.9MB] 2016”. http://www.cst.nihon-u.ac.jp/public_relations/pdf/kenkyu_daigaku.pdf 2015年11月19日閲覧。 
  5. ^ 研究事務課. “事業概要”. Nihon University College of Science and Technology. http://www.rist.cst.nihon-u.ac.jp/prjct_smry/ 2015年11月19日閲覧。 
  6. ^ 『日本大学百年史』 第二巻、182-188頁
  7. ^ 『日本大学百年史』 第二巻、188頁
  8. ^ “日本大学理工学部情報教育研究センターが、日本初のダッソー・システムズ認定テストセンターに。”. http://www.cst.nihon-u.ac.jp/news/2015/10/03001280.html 2015年10月3日閲覧。 
  9. ^ Advanced Materials Science Center, Nihon University. “施設紹介”. 先端材料科学センター. http://www.amsc.cst.nihon-u.ac.jp/ 2015年11月19日閲覧。 
  10. ^ “マイクロ機能デバイス研究センター”. Research Center for Micro Functional Devices. http://www.mdc.cst.nihon-u.ac.jp/ 2015年11月19日閲覧。 
  11. ^ 一般社団法人日本 建設業連合会 (2003年). “BCS賞受賞作品”. 第44回受賞作品. http://www.nikkenren.com/kenchiku/bcs/detail.html?r=w&ci=691 2015年11月20日閲覧。 
  12. ^ 公益財団法人日本デザイン振興会 (2004年). “グッドデザイン賞”. グッドデザイン賞. http://www.g-mark.org/award/describe/30582 2015年11月19日閲覧. "建築・環境デザイン部門 建築デザイン" 
  13. ^ College of Science and Technology, Nihon University. “設置されている実験施設”. 研究・研究施設紹介. http://www.cst.nihon-u.ac.jp/graduate_school/research/facilities/tp15.html 2015年11月20日閲覧。 
  14. ^ 水理研究室. “水理研究室について 研究コンセプト”. http://133.43.106.35/~masayuki/ 2015年11月20日閲覧. "2000年アメリカ土木学会水理学論文最高賞受賞,2005年アメリカ土木学会水理学討議論文最高賞受賞" 
  15. ^ 大型構造物試験センター. “大型構造物試験棟”. 理工学研究所. http://www.rist.cst.nihon-u.ac.jp/lstl/ 2015年11月20日閲覧。 
  16. ^ 宮崎研究室超小型人工衛星SPROUT. “SPace Research On Unique Technology”. Nano Satellite Project. http://sat.aero.cst.nihon-u.ac.jp/sprout/ 2015年11月20日閲覧。 
  17. ^ 秋山文野 (2013年8月21日). “第5回宇宙エレベーターチャレンジ開催 念願の1000メートル越えを達成”. 週刊アスキー. https://weekly.ascii.jp/elem/000/002/617/2617551/?r=1 2015年11月20日閲覧。 
  18. ^ “CubeSat Project Official Web Site”. Nihon University CubeSat Project Official Web Site. http://cubesat.aero.cst.nihon-u.ac.jp/ 2015年11月20日閲覧. "SEEDS情報" 
  19. ^ “航空宇宙工学科 Department of Aerospace Engineering”. http://www.cst.nihon-u.ac.jp/department/aero/ 2015年11月20日閲覧。 
  20. ^ “円陣40周年記念号より引用・加筆”. http://www.mech.cst.nihon-u.ac.jp/studies/sekine/NUEA/History/history000.htm 2015年11月20日閲覧. "円陣会の略歴譜" 


「日本大学理工学部・大学院理工学研究科」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本大学理工学部・大学院理工学研究科」の関連用語

日本大学理工学部・大学院理工学研究科のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本大学理工学部・大学院理工学研究科のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本大学理工学部・大学院理工学研究科 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS