北アメリカ 北アメリカの概要

北アメリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 21:29 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
北アメリカ
面積 23,633,760 km2 (9,125,050 sq mi)
人口 572 000 000
人口密度 20,5
GDP (PPP) $20.9 trillion (2013, 2位)
GDP (名目上) $20.3 trillion (2013, 2位)
住民の呼称 北米人
国数 23
保護領 25
言語 英語スペイン語フランス語ナワトル語マヤ語その他英語版
標準時 UTC-10UTC+0
最大都市 ニューヨーク

範囲

広義

北アメリカ大陸とその周辺の、西インド諸島グリーンランドクイーンエリザベス諸島バミューダ諸島といった島嶼からなる。南アメリカとの陸上の境界は、地峡が最も狭まったパナマ地峡である。ただし、地峡を越えて北アメリカ大陸と南アメリカ大陸にまたがる領土を持つパナマ共和国は、国ごとの統計では北アメリカに含める。このため、実質的な南北アメリカの境界は、パナマ地峡の南東にありパナマ・コロンビア間の国境をなしているダリエン地峡となっている[1]カリブ海諸島は、コロンビアサンアンドレス島リーワード・アンティル諸島トリニダード・トバゴ諸島までの全域を北アメリカに含める(トリニダード・トバゴ諸島は地質学的には南アメリカ大陸大陸棚が連続している)。

アメリカ合衆国領であるハワイは、オセアニア(より詳しくはポリネシア)であり北アメリカではないが、国ごとの統計ではアメリカ合衆国の一部として北アメリカに加算されることになる。

アジアとの境界はベーリング海峡である。ヨーロッパとの境界は、グリーンランドとアイスランドの間のデンマーク海峡である。

狭義

北アメリカの南部諸国を、北アメリカと南アメリカに挟まれた中部アメリカという地域とみなすことがある。その場合、北アメリカとは英語圏アメリカ合衆国カナダの2国だけを指し、アングロアメリカとほぼ同義となる[2]

地理

北アメリカの大部分を占める北アメリカ大陸の地形を特徴づけるのは、大陸西部を南北に貫く大山脈、中央部に広がる大平原、そして東部のなだらかで低い山脈である[3]

西部大山脈のアメリカ本土とカナダ部分はロッキー山脈と呼ばれるが、その北と南にもそこから連続した山脈がそびえたつ[4]。南に延びる山脈は、高度を下げつつ中央アメリカを縦断し、パナマ地峡の南にまで続く。ロッキー山脈は人口希薄であるが、中央アメリカの山脈部分は温暖な気候に恵まれ人口の集中する地域であり、アステカなどのメソアメリカ文明もこの高原上に栄えてきた。ロッキー山脈の西には、グレートベースンと呼ばれる乾燥した盆地が広がる。この盆地の北にはコロンビア高原、南にはコロラド高原が広がる。その西には太平洋に沿ってカスケード山脈シエラネバダ山脈といった内陸山脈がそびえ、さらにその西には海岸山脈が走る[5]。これらの海岸山脈はその名の通り太平洋のすぐそばにまで迫っている地域が多いが、海岸部に点在する低地にはロサンゼルスなどいくつかの大都市が存在する。ロッキー山脈以東には、グレートプレーンズと呼ばれる大平原が広がっている[6]。この平原は西へ行くほど乾燥している。グレートプレーンズの東に広がるプレーリーは肥沃な草原地帯であり、コムギトウモロコシといった穀物が盛んに栽培される穀倉地帯となっている。プレーリーの東側には北アメリカ最長の河川であるミシシッピ川が流れるが、この地方も基本的には平坦な地形である。ミシシッピ水系の北東には世界最大級の淡水湖群である五大湖がある。ミシシッピ川水系の東には東部の脊梁山脈であるアパラチア山脈が南北に延びるが、ロッキー山脈と比べて高度が低くややなだらかである[7]。アパラチア山脈の東には大西洋との間に平地がひろがるが、この地方には世界経済の中心であるニューヨークをはじめ都市が点在し、人口稠密な産業地帯となっている。

北アメリカ大陸の南にはメキシコ湾カリブ海といった内海が存在し、多数の島々が存在する。最大の島であるキューバをはじめ、イスパニョーラ島プエルトリコジャマイカといった大アンティル諸島には比較的大きな島々が多いが、その東に広がる小アンティル諸島は無数の小島が点在し、多くの島は島ひとつ、または数島を合わせただけで国家となっており、世界で最も小国家の密集する地域となっている。

気候的には太平洋岸の北部は西岸海洋性気候、中部は地中海性気候に属する。大陸北端はツンドラ気候、そこから北緯40度付近までの北部の広い範囲は冷帯湿潤気候に属する。西部内陸部の高原地帯は気候的には乾燥した地域が多く、大半がステップ気候、アリゾナやメキシコ北西部などには砂漠気候が広がる。アメリカ合衆国の北緯40度以南・西経100度以東は温暖湿潤気候となる[8]。メキシコ中央高原は低緯度にあるものの標高が高いため温帯に属しているが、カリブ海諸島およびメキシコ南部・中央アメリカは熱帯気候に属する[9]


  1. ^ 石井 & 浦部 2018, p. 2.
  2. ^ 石井 & 浦部 2018, pp. 3–4.
  3. ^ 「アメリカとカナダの風土 日本的視点」p4 正井泰夫 二宮書店 平成7年4月1日第1刷
  4. ^ 矢ケ﨑 2011, pp. 12.
  5. ^ 矢ケ﨑 2011, pp. 12–13.
  6. ^ 矢ケ﨑 2011, p. 11.
  7. ^ 矢ケ﨑 2011, p. 10.
  8. ^ 矢ケ﨑 2011, pp. 14–16.
  9. ^ 石井 & 浦部 2018, pp. 16–17.
  10. ^ 石井 & 浦部 2018, pp. 2–5.
  11. ^ 石井 & 浦部 2018, p. 9.
  12. ^ 石井 & 浦部 2018, p. 134.
  13. ^ 矢ケ﨑 2011, p. 100.
  14. ^ 外務省: 後発開発途上国”. 外務省 (2012年12月). 2015年12月6日閲覧。
  15. ^ 「ラテンアメリカを知る事典」p542 平凡社 1999年12月10日新訂増補版第1刷 
  16. ^ New artifacts suggest first people arrived in North America earlier than previously thought” (英語). Life at OSU (2019年8月29日). 2021年8月24日閲覧。
  17. ^ WadeAug. 29, Lizzie (2019年8月29日). “First people in the Americas came by sea, ancient tools unearthed by Idaho river suggest” (英語). Science | AAAS. 2021年8月24日閲覧。
  18. ^ Smith, Kiona N. (2019年8月29日). “Stone tools suggest the first Americans came from Japan” (英語). Ars Technica. 2021年8月24日閲覧。
  19. ^ Davis, Loren G.; Madsen, David B.; Becerra-Valdivia, Lorena; Higham, Thomas; Sisson, David A.; Skinner, Sarah M.; Stueber, Daniel; Nyers, Alexander J. et al. (2019-08-30). “Late Upper Paleolithic occupation at Cooper’s Ferry, Idaho, USA, ~16,000 years ago” (英語). Science 365 (6456): 891–897. doi:10.1126/science.aax9830. ISSN 0036-8075. PMID 31467216. https://science.sciencemag.org/content/365/6456/891. 
  20. ^ 石井 & 浦部 2018, pp. 31–33.
  21. ^ 「ルイス=クラーク探検 アメリカ西部開拓の原初的物語」p9 明石紀雄 世界思想社 2004年12月25日第1刷
  22. ^ 石井 & 浦部 2018, pp. 102–103.
  23. ^ 石井 & 浦部 2018, pp. 104–105.
  24. ^ 石井 & 浦部 2018, pp. 114–115.


「北アメリカ」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「北アメリカ」の関連用語

北アメリカのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



北アメリカのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの北アメリカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS