しし座 しし座の概要

しし座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 04:32 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
しし座
Leo
属格 Leonis
略符 Leo
発音 [ˈliːoʊ]、属格:/liːˈoʊnɨs/
象徴 the Lion
概略位置:赤経 11
概略位置:赤緯 +15
正中 4月15日21時
広さ 947平方度 (12位
主要恒星数 9, 15
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
92
系外惑星が確認されている恒星数 8
3.0等より明るい恒星数 5
10パーセク以内にある恒星数 3
最輝星 レグルス(α Leo)(1.40
最も近い星 ウォルフ359;(7.78光年)
メシエ天体 5
流星群 しし座流星群
隣接する星座 おおぐま座
こじし座
やまねこ座(角で接する)
かに座
うみへび座
ろくぶんぎ座
コップ座
おとめ座
かみのけ座
テンプレートを表示

概要

α星は、全天21の1等星の1つであり、レグルスと呼ばれる。β星のデネボラが、うしかい座のα星アークトゥルスおとめ座のα星スピカと形作る三角形は春の大三角と呼ばれる[1]。λ、ε、μ、ζ、γ、η、レグルスを繋ぐことでできる特徴的な「?」形を裏返した星の並びを、「ししの大鎌」と呼ぶ[2]。日本ではこれを「樋掛け星(といかけぼし)」と呼ぶ地方がある。

主な天体

恒星

1等星のα星(レグルス)以外に、β星、γ星の2つの2等星がある。

以下の恒星には、国際天文学連合によって正式な固有名が定められている。

その他、以下の恒星が知られている。

星団・星雲・銀河

しし座には明るい銀河が多くある。

その他

流星群


注釈

  1. ^ なお古代には南東ヨーロッパに広くライオンが生息していた。

出典

  1. ^ 春の星空を楽しもう”. AstroArts. 2013年5月11日閲覧。
  2. ^ 原恵 1996, p. 95.
  3. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME REGULUS. 2013年1月19日閲覧。
  4. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for V* bet Leo. 2013年1月26日閲覧。
  5. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for CCDM J10199+1951AB. 2013年1月27日閲覧。
  6. ^ a b c d e 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』(新装改訂版) 恒星社厚生閣、1996年6月30日、96頁。ISBN 4-7699-0825-3 
  7. ^ a b c d e f IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2016年10月17日閲覧。
  8. ^ 主な流星群”. 国立天文台. 2016年10月17日閲覧。
  9. ^ a b 長島晶裕/ORG『星空の神々 全天88星座の神話・伝承』新紀元社、2012年。ISBN 978-4-7753-1038-0


「しし座」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

しし座のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



しし座のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのしし座 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS