ひととは? わかりやすく解説

ひと【一】

読み方:ひと

ひとつ。いち。

名詞動詞連用形の上に付いて

一つ、または1回の意を表す。「—包み」「—勝負

不特定の一時期大体の範囲などを表す。「—ころ」「—わたり」「—通り

ちょっとしたものであることを表す。「—かど」「—くせ」

全体に及ぶさまを表す。全部。…中(じゅう)。「—皿たいらげる」「—夏を山荘過ごす」

㋔(「ひと…する」の形で軽くある動作を行うあることひととおりする意を表す。「—眠りする」「—風呂浴びる」


ひと【人】

読み方:ひと

【一】[名]

動物分類学上は霊長目ヒト科ヒト属哺乳類直立二足歩行し、手で道具使い大脳きわめて発達し複雑な言語をもつ。多様な文化伝承し地球上で最も栄えた文明つくり上げている。現生種は一種だけ。学名ホモ‐サピエンス人間人類

個々の人間。ある特定の個人。「裕福な—」「大阪の—」「目上の—」「—は一代、名は末代

その事をするのにふさわし人材有能な人材。「彼は教育界では得がたい—です」

㋑ある仕事職業などに従事する人材。「—を募集する」「—が不足している

成人達した者。おとな。

人柄性質。「—が悪い」

世間人間。「—の目を気にする」「—に何といわれよう平気だ

自分と相手以外の人間他人。「—の悪口をいう」「三時に—が来る」「迎えに—を遣る

話し手自分第三者のようにいう語。わたし。「—のことも少し考えてくれよ」

㋐妻が他者に対して、夫をいう語。「うちの—」

意中の相手恋人

10 法律上権利・義務帰属主体である地位または資格権利能力者。自然人法人とがあり、狭義には自然人だけをさす。

11 人民臣下臣民

「君も—も身を合はせたりといふなるべし」〈古今仮名序

12 身分

「—もいやしからぬ筋に」〈源・夕顔

13 人里人気(ひとげ)。

「—に遠くて生(お)ひ出でせ給ふめれば」〈源・総角

14 従者家来。供。

「某も—を持ってござれども」〈虎明狂・二人大名

【二】[代]二人称人代名詞あなた。

誠に、—は十三、我は十五より見そ奉り」〈平家・七〉

[下接句] 馬方船頭お乳(ち)の人・駕籠(かご)に乗る人担ぐ人そのまた草鞋(わらじ)を作る人眼中の人地獄にも知る人裁ち縫わぬ衣着る人東西南北の人・十(とお)で神童十五才子二十(はたち)過ぎれば只(ただ)の人・文人なり冥土(めいど)にも知る人立志伝中の人我か人か


ひ‐と【×匪徒】

読み方:ひと

徒党組んで略奪暴行などをする悪者匪賊


ひ‐と【費途】

読み方:ひと

金銭使いみち使途。「租税の—」


ひと

作者辺見庸

収載図書傷んだハートにこんなスチュウ
出版社世界文化社
刊行年月1992.8

収載図書ゆで卵
出版社角川書店
刊行年月1995.12

収載図書ゆで卵
出版社角川書店
刊行年月1998.10
シリーズ名角川文庫

収載図書銀糸の記憶辺見庸掌編小説集 白版
出版社角川書店
刊行年月2004.9


読み方:ひと

  1. 小間物屋の通り符牒にして一といふ数量を表す。通り符牒を参照せよ(※巻末通り符牒参照)。〔符牒
  2. 一。〔小間物屋

分類 小間物屋符牒

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

樋渡

読み方
樋渡ひと

ひと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/08 09:52 UTC 版)

ひと

一般概念

  • 漢字で「人」をあてるもの
  • 漢字で「一」をあてるもの

音楽

その他

関連項目



ひと

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/11 06:29 UTC 版)

岡田寛」の記事における「ひと」の解説

クラシック音楽タンゴに特に造詣深く地元ラジオ香川RNCラジオ西日本放送)が開局した当初1953年11月)から2017年10月29日まで日曜放送されていたタンゴ音楽専門番組タンゴアルバム」は番組開始当初構成作家として参加したのち、1955年よりパーソナリティーとなる。番組はじめの「タンゴファンの皆様こんにちは(後にこんばんは」)。岡田寛です…」のフレーズ知られる

※この「ひと」の解説は、「岡田寛」の解説の一部です。
「ひと」を含む「岡田寛」の記事については、「岡田寛」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ひと」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ひと

出典:『Wiktionary』 (2021/10/14 05:57 UTC 版)

語源

発音

名詞

ひと

  1. 生物として多くヒト」と表記人類現生人。学名Homo sapiens
  2. 語義1のうちの一部または一人人間
  3. 日本の法律における権利義務主体であって法人でないもの。自然人
  4. (しばしば【他人】を当てる周りにいる他の人。特に、親しくない他人
  5. 指示語形容詞などと共に形式名詞的に、あるいは複合語で)人間多く大人人間で、少年期人間を指すこともあるが乳幼児には用いない
    一般に三人称となるが、近年口語では一人称二人称としても用いられる
    希望者募った該当者名乗り出もらったりするための表現返事とともに片手挙手することが多い
  6. 人材人手
  7. 人柄性格
    • が悪い。
    • 飲むと変わる。
  8. 恋人。夫。

関連語

対義語

翻訳

語義1:

接頭辞 

ひと

  1. (一)1を表す接頭辞

発音

IPA: /hito/, [çi̥to]
X-SAMPA: [Ci_0to]
ト↘
修飾語付した場合
IPA: /hitó/, [çi̥tó]
X-SAMPA: [Ci_0to_H]

派生語

同音異義語

ひと

語源

日本祖語 *pitə

発音

二拍名詞二類(?)

名詞

ひと

  1. ひと。人間
  2. 世間の人。万人
  3. 他人
  4. 大人おとな成人
  5. すぐれた人。立派な人。
  6. 人柄ひとがら
  7. あの人
  8. 身分家柄いえがら
  9. 従者

代名詞

ひと

  1. 親し男女間で)あなた



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「ひと」の例文・使い方・用例・文例



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ひとのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ひとのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのひと (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの岡田寛 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのひと (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS