忠臣蔵 創作物と受容史

忠臣蔵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/25 02:01 UTC 版)

創作物と受容史

江戸時代

正徳元年(1711年)には『忠義武道播磨石』(『武道忠義太平記』とも)という実録風の読本が出ており、赤穂事件を鎌倉期の出来事に仮託して描いている[237]。 そして享保2年にはこれを模倣した『近士忠義太平記大全』がでている[237]。 これらは『鬼鹿毛無佐志鐙』から『仮名手本忠臣蔵』までの人形浄瑠璃や歌舞伎に影響を与えているであろう[237]

さらに時代が下ると、安政8年の『案内手本通人蔵』のような『仮名手本忠臣蔵』を前提とした洒落を効かせた本も登場する[237]。 また寛政11年には忠臣蔵を水滸伝に当てはめた山東京伝の黄表紙読本『忠臣水滸伝』が描かれた。京伝には義士の前世が泥棒や猫だったとする『忠臣蔵前世幕無』、四十七人の料理人が炭小屋の殿を美味い料理でもてなす『忠臣蔵即席料理』、天野屋ならぬ高麗屋が登場する『座敷芸忠臣蔵』といったパロディ作品もある[237][238]

天保の頃から開港時期にかけて「義士研究」がさかんになり、特に開国直前の嘉永4、5年には、赤穂事件関連の史料を数十年がかりで集めた『赤穂義人纂書』が登場している[239]。 19世紀中葉は「義士伝集成時代」ともいうべき義士ブームの時代で[239]、天保7年には四十七士の銘々伝が書かれた為永春水の『正史実伝いろは文庫』[54]が登場し、安政期には山崎美成が銘々伝的な逸話を集めた『赤穂義士一夕話(いっせきわ)』や『赤穂義士随筆』を書いている[237]。この時期には全国各地の義士の遺跡に記念碑が続々と建てられ[239]、忠臣蔵の芝居も続々と作られた[239]。弘化・嘉永の頃には一勇斎国芳の武者絵『誠忠義士伝』が出て江戸中で大評判になった[239]

天保の頃には泉岳寺に詣でる客も多く、泉岳寺の近くには『仮名手本忠臣蔵』にちなんだ名前がそこかしこにあり、たとえば一力茶屋、大星力弥、天河屋義平にちなんだ「一力」ののれん、「力弥豆」、「天川白酒」などがあったという[240]

嘉永元年には泉岳寺で開帳があり、義士ブームの頂点に達した[239]。これにあわせ一陽斎豊国の芝居絵『誠忠大星一代噺』が描かれている[239]。 泉岳寺の開帳の際には奉納者を募り義士の木像が作られた。奉納者には一般の町人や武士のほか、講釈師や芝居関係者、やくざの親分や首切り浅右衛門などがいたという[239]

しかしこの木像を無料で拝観させようとしたところ、幕府から差し止められた[239]。 忠義ものであっても罪人である赤穂浪士たちの木像を公開して騒ぎ立てるのはよくないというのが理由であった[239]。 幕府は最後まで赤穂浪士を罪人として扱い続けたのである[239]

幕末に安政の大獄が起こると、水戸藩の浪士たちは赤穂事件を研究し、桜田門外の変に生かしたという[241]創作や主張があるが、桜田十八士の一人、海後宗親の遺稿である襲撃の一部始終を伝える『春雪偉談』や『潜居中覚書』にはまったく赤穂事件に関する記述がない[242]

明治維新の批判

宮澤誠一によると、明治以降の忠臣蔵物の特徴として、欧化主義の時代には「義士」としての四十七士像は批判され、国粋主義・日本回帰の時代には「義士」は賛美される傾向にあるという[243]

明治元年11月5日には、明治天皇が泉岳寺の大石らの墓に対して、勅使を遣わし、勅旨を述べ、金幣を届けさせた[244]。 松島栄一によれば、この件は四十七士が義士であるという論功行賞になったという[244]。 この件は四十七士の義士像を天皇の公認のものとし、それはそのまま明治政府公認の立場ととらえられ、義士を賛美・称揚する人に利用されることになる[244]。 そして同時に、君主・浅野内匠頭に対する義士の忠誠が、天皇や国家に対する忠誠にすり替えられる原因ともなった[244]

一方、文明開化の影響による封建思想への批判もあり、たとえば福沢諭吉は『学問のすゝめ』で「義士」を批判している[243]。福沢によれば内匠頭にしろ四十七士にしろ、刃傷や仇討ちに及ぶのではなく時の政府である江戸幕府に訴えを起こすべきだったとしている[245]

歴史学の立場からは明治22年に重野安繹の『赤穂義士実話』が登場し、ここにはじめて、赤穂事件は近代歴史学の俎上にのった[244]。重野は文献実証主義の立場から、『江赤見聞記』など数十点に及ぶ出典に基づいて芝居などの「忠臣蔵」における虚説を排したと称するが、誤書や偽書とされる文献も多く間違った記述が多いうえ、人々が慣れ親しんできた忠臣蔵のイメージを損ねたので重野は世間の憤激を買った[246]

その後、信夫恕軒により、赤穂事件を講談のように面白く物語る『赤穂義士実談』が出ている[244]。『赤穂誠忠録』には吉良家の忠臣や、義周以降の吉良氏の活躍(七代家継の治世)についても記されている[247]

総じて、忠臣蔵にとって明治時代は不遇の時代であったとされ、泉岳寺も荒廃の時期だったと回想している[248]。同様に大石神社も、創建が許可されたのは1900年(明治33年)になってからであり、建築の募金も集まらず難航[249]、神社完成は大正を待たねばならなかった。

日露戦争から大正時代

日露戦争後の忠臣蔵ブーム

日露戦争後、国家主義思潮の高揚にともない、明治維新後最初の忠臣蔵ブームが起こる[250]。その起爆剤になったのが、桃中軒雲右衛門の浪花節と近代の忠臣蔵物の原点[250]となる福本日南の『元禄快挙録』であり[250]、それらの背後には国家主義的な政治結社玄洋社の後援があった。

浪曲師桃中軒雲右衛門玄洋社の後援で「義士伝」を完成させ、武士道鼓吹を旗印に掲げ、1907年(明治40年)には大阪中座や東京本郷座で大入りをとっている。 雲右衛門の義士伝はレコードという新しいメディアを利用することで爆発的な人気を呼んだ[251]。 また浪曲師二代目吉田奈良丸も『大和桜義士の面影』で大高源吾と宝井其角の出会いを歌って大ヒットを呼び、「奈良丸づくし」と称して演歌にまでなった[251]。このことが大高源吾の笹売り伝説の普及に一役買った[252]

1909年(明治42年)には、玄洋社系の新聞九州日報の主筆兼社長である国粋主義者[253]福本日南著『元禄快挙録』のような、「義士」の犠牲精神を強調し、国民統合を目指した言説が登場し[243]、洛陽の紙価を高めるような評判をとった[244]。 この本によって戦前の近代日本における忠臣蔵の見解が示されたといっても過言ではない。これは時を同じくして国民道徳としての武士道が高揚されたことと無関係ではない。[244]

活動写真もこの頃「忠臣蔵」を普及させたメディアの一つで、最初の忠臣蔵映画は、1907年に歌舞伎の仮名手本忠臣蔵の五段目を撮影したものである[254]

またこのころの忠臣蔵映画の代表作の一つに、1912年(明治45年/大正元年)の横田商会による牧野省三監督作品『実物応用活動写真忠臣蔵』全47場があり、主人公の尾上松之助が大石内蔵助、清水一学、浅野内匠頭の三役を演じている[254]。この映画はその2年前に作成された松之助最初の全通し42場の『忠臣蔵』をもとにしたて村上喜剣の話などを付け加えたもので[254]、「実物応用」というのは活動写真の合間に俳優が実演する映画のことである[254]。この頃の忠臣蔵映画では、浪花節が口演されたりレコードで流されたりすることがあった[254]

この後も忠臣蔵映画は作られ続け、御園京平の調査によれば、明治期から昭和戦中までに作られた忠臣蔵映画は、分かっているだけでも114本に及ぶ[255]

大正デモクラシー

大正デモクラシーのころには忠臣蔵もその影響を受け、忠義よりも人間的の自然な感情や抵抗の精神を重視した研究も生まれてくる[256]。 1913年(大正2年)に刊行した司馬僧正の『拙者は大石内蔵助ぢや』とその続編『赤裸々の大石良雄』は、忠臣蔵に自然的な手法を持ち込み、英雄大石内蔵助といえど内面は凡人と変わらぬ事を説こうとしたが、それは伝統的な儒教道徳の禁欲倫理の裏返しに過ぎないなどの限界があり、近代的自我に目覚めつつある当時の知識人の期待に応えるものではなかった[257]

1917年(大正6年)には吉良低討ち入り後に細川屋敷に預けられた大石内蔵助の内面に初めて近代文学の光を当てた芥川龍之介の短編『或日の大石内蔵助』が登場している。同時に当該作では、不義士たちも俎上にあげられ非難されている。

大正デモクラシー衰退期の忠臣蔵ブーム

映画『忠魂義烈 実録忠臣蔵』(1928年)の広告。尾上松之助と袂を分かったマキノ省三監督が新派の俳優伊井蓉峰を主演・大石内蔵助にして撮ったもの

大正デモクラシーの衰退期には明治維新後第二の忠臣蔵ブームが起こり、1916年(大正5年)に福本日南が中心となって設立した中央義士会がの活発な活動や、忠臣蔵の講談や浪花節がラジオで活発に放送された[258]

1921年(大正10年)には朝鮮でも忠臣蔵の芝居が上演され、パンソリと呼ばれる伝統芸能にも取り入れられている(『京城日報』)[259]

戦前昭和

昭和初期の好景気

しかし1920年代には同時に、忠君愛国的な「義士」像に対する批判や、人間的政治的視点を盛り込んだ小説も登場している[258]

1926年(大正15年/昭和元年)、野上弥生子は『大石良雄』において、そのときどきの感情に突き動かされ、最終的に復讐を義務・責任と感じる内蔵助像を描くことで内蔵助の偶像化を否定した[260]。これは近代的精神が抑圧され挫折させられた大正末期の知識人の屈折した内面を表現したものであろう[260]

また1927年から新聞連載された大佛次郎の『赤穂浪士』は昭和の金融恐慌にはじまる社会不安を背景として書かれ、腐敗した封建的な官僚主義政治に対抗する大石内蔵助像(作中で「悪人」と表現した箇所がある)や、吉良方の猫兵部(千坂高房)と堀田隼人を描いてベストセラーになった[261]1930年(昭和5年)には森田草平の『吉良家の人々』が発表されている[262]

1920年代は、ほぼ毎年のように各映画会社が忠臣蔵を題材にした映画を製作した。 1927年(昭和2年)に至っては松竹帝国キネママキノ・プロダクションの三社が製作に当たっている[263](ただしマキノ・プロによる『忠魂義烈 実録忠臣蔵』は翌年に不完全な形で公開)。

金融恐慌から満州事変以降

1932年(昭和7年)に発生した五・一五事件の首謀者達は自分たちの行動を桜田門外の変に見立てていたが、泉岳寺に集結するなど「忠臣蔵」をも意識した行動をとっていた[264]。また彼らに対する論告求刑文においても、山本検察官が赤穂事件に対する荻生徂徠の論説を引き、もし首謀者達を無罪にすれば後の禍根になる旨を述べた[264]

左翼の間で忠臣蔵が流行し、共産党が支援する農民運動に加わった田村栄太郎が、1934年(昭和9年)に『忠臣蔵物語』を刊行した。マルクス主義の観点で羽仁五郎が論文『大石良雄の場合』を掲げ、反ファシズムの論客として知られる長谷川如是閑は『唯物史観赤穂義士』で討ち入りを義士の貧窮と就職問題として論じた[265]

1936年(昭和11年)に発生した二・二六事件では首謀者たちが忠臣蔵を想起したと思われる言動は見られないが、岡田啓介首相の生存が報道されると、吉良上野介のように炭小屋に隠れていたのではないかというデマが流れた[266]

1932年、1937年、1940年には、それぞれ宝塚少女歌劇団が忠臣蔵を上演している。この他、大阪松竹歌劇団でも日舞レビューの場面として用いた。

日中戦争前後の忠臣蔵ブーム

昭和10年代前半の日中戦争前後の頃の日本回帰に伴い、第三の忠臣蔵ブームが起こる[267]。 この頃の忠臣蔵の特色は、天皇制の問題が色濃く反映していることである[267]。たとえば真山青果の『元禄忠臣蔵』は、大石が皇室に対して絶対的な尊崇をしており、「元禄時代の人間がこのような発想をするわけがない。時局に迎合して故意に話を皇室に結び付けたのだ」と本作発表当時から批判された[268]。真山は識者や大衆の批判に遂に屈し、「戦争が終わったら書き直したい」と娘に語ったという[269]

吉川英治の『新編忠臣蔵』においても、多門伝八郎が元禄の華美な生活は「永遠の皇国」に「亡国の禍根」を残すのではないかと嘆くなど、皇室制度を意識して書かれている[270]

日中戦争がはじまって1年経つと、中国大陸で戦っている将兵のために中央義士会は『元禄義挙の教訓』を出版し、国家総力戦になった現在、義士精神は全ての国民が見習うべき道徳的規範だと主張している[271]。そして義士の犠牲的精神を強調し、赤穂事件が忠孝一致の日本精神を体現するものだという論説を展開した[271]

太平洋戦争と軍部当局の批判

1941年(昭和16年)12月、日本が米英と開戦する(当時大東亜戦争、現太平洋戦争)と、さらに中央義士会は義士精神を米英打倒の精神の模範とすべきとする論を張る[272]

だが軍部当局の方は、赤穂浪士の討ち入りは一封建的領主に対する忠義すなわち「小義」であり、日本古来の皇室に対する忠義である「大義」とは異なるものであるうえに、何よりも内匠頭が勅使饗応を放棄して不敬なので、これを推奨するのは好ましくないという意見が強く、国定歴史教科書でも赤穂事件の記述は縮小もしくは割愛される[273][272]

太平洋戦争末期になると、軍部もこのような小義と大義の区別にこだわっていられず、国民講談振興会の強い要請を受け、「定本国民講談」の刊行を許可している。そこでは義士達の仇討ちを米英に対する「国民的仇討ち」に転化して天皇国家への絶対的忠誠に結び付けている[274]

占領下の規制

第二次世界大戦における日本の敗戦により、忠臣蔵の位置づけも戦中とは大きく変化する。

下村定陸軍大臣は「陸軍軍人軍属に告ぐ」という放送で、大石内蔵助の赤穂城明け渡しの立派さを例に挙げて天皇の命令に従っておとなしく武器を捨てるように言い、石原莞爾陸軍中将も毎日新聞でやはり大石を例にして同様のことを述べている[275]

戦後米軍が日本を占領すると、GHQの下部組織CIEが日本の映画会社各社に推奨すべき映画と作成を禁止すべき映画の指針を通達し、禁止事項の中には「仇討ちに関するもの」と「封建的忠誠心または生命の軽視を好ましいこと、また名誉なこととしたもの」という項目があり、これにより忠臣蔵映画の上演は不可能になった[276]

フォービアン・バワーズによれば、1943年(昭和18年)11月には雑誌『LIFE』に忠臣蔵から日本人の「血に飢えた」メンタリティを分析する論考が載っており、GHQの上層部はこれを読んで前述した禁止事項を入れたのかもしれないとしている[277]。もしそうだとすれば、GHQは忠臣蔵を狙い撃ちして禁止したことになる。

実際占領期間中には、中山安兵衛(堀部安兵衛)を人の命を奪うことのむなしさに悩む男として描いた[278]『「高田馬場」より 中山安兵衛』(1951年3月公開)を唯一の例外として、本伝はもちろん外伝ものすら忠臣蔵映画の上演は許可されていない[277](なお『忠臣蔵余聞 四十八人目の男』の再演も、正確な上映期間が分からないものの、占領下の1951年4月に行われた可能性がある[279])。

ただし1949年の映画『青い山脈』は共産党主導の労働組合の影響下にあった東宝が忠臣蔵を換骨奪胎して作り上げたものだとこの映画のプロデューサーの藤本真澄が証言しており[280]、また、左翼運動の経験者で脚本を担当した今井正も「青い山脈は忠臣蔵の第十二段」と位置付けている[281]。その意味ではこれを占領期間中に作られた数少ない忠臣蔵映画とみなすこともできる。

戦後の人気と1970年代の衰退

1952年(昭和27年)4月に日本が主権を回復すると、毛利小平太、小山田庄左衛門、寺坂吉右衛門ら脱落者を描いた『元禄水滸伝』を皮切りに、同年だけで7本もの忠臣蔵映画が作られている[282]

この頃の忠臣蔵映画は、まだGHQに対する遠慮があったのか、どれもアンチ仇討ち、アンチ忠臣蔵というスタンスで描かれていた[282]。前掲の宝塚映画製作所『元禄水滸伝』では、瑤泉院が事件後に「少しもかっこいいことではないので、ほかで討ち入りを吹聴するな」と寺坂に釘をさす場面がある。

だが、1954年の『赤穗義士』(大映)と同年の『忠臣藏(花の巻・雪の巻)』(松竹)から戦後忠臣蔵映画の黄金期に突入し[282]、その後1962年まで、毎年数本もの忠臣蔵映画が作られ続けている[282]。当時の忠臣蔵映画は、自社の巨匠監督を使って豪華な俳優をオールスターで使った大作が多く、いわば俳優の顔見せ的な役割を担っていた[283]。1956年の『赤穂浪士(天の巻・地の巻)』(東映五周年記念作品)では、当時の時代劇スターである月形龍之介が吉良上野介に扮しており、クレジットは市川右太衛門(大石内蔵助)より先になっている。

一方小説は1950年(昭和25年)の榊原潤の『生きていた吉良上野介』を皮切りに、村上元三の『新本忠臣蔵』(1951年/昭和26年)、大佛次郎の『四十八人目の男』など友情や恋、自立などを描いた忠臣蔵ものが発表され[283]、その後も舟橋聖一の『新・忠臣蔵』(1956年~)、山田風太郎の『妖説忠臣蔵』(1957年/昭和32年)[284]五味康祐の外伝物『薄桜記』(1959年)、尾崎士郎の『吉良の男』(1961年/昭和36年)など続々と忠臣蔵ものが書かれている[283]。風太郎には上杉家の能登忍者たちが大野・田中・奥野・小山・進藤と赤穂義士を一人ずつ倒していく『忍法忠臣蔵』や義央が生き残る『生きている上野介』など、一連の反忠臣蔵ものがあり映像化もされている[285]

東京五輪開催年である1964年(昭和39年)になるとNHK大河ドラマ赤穂浪士』(ただし、原作や映画化での主人公は吉良・上杉方の堀田隼人と千坂兵部[286]。大河では大石内蔵助を主役に換えている)[287][288][289]が最高視聴率53.0%に達する[290]など国民的にヒットし、忠臣蔵の主力が映画からテレビへと移る[291]。その後は年末になると毎年のようにテレビで忠臣蔵ものの新作の放映もしくは再放送が行われるようになった。

高度成長末期から1970年代には娯楽の多様化もあり、いったん人気が衰退する。一本も忠臣蔵の映画が作られない年が続いた。 小林秀雄においては『考えるヒント』で「尾形光琳や俵屋宗達が日本文化の典型として尊重され、「忠臣蔵」などは一笑に付す傾向は気に食わぬ」と反発した[292]

一方で、1971年(昭和46年)にはドナルド・キーンが忠臣蔵を『Chushingura:The Treasury of Loyal Retainers, a Puppet Play』として翻訳した。同著でキーンは、日本庭園や富士山に代表される「わび」や「奥床しさ」「水に流す潔さ」といった日本人の精神や日本文化とは逆の、「fanatic」な「bloodshed」が見られる「imaginary story」として紹介している[293]

80年代の多視点化とバブル時代の斜陽

1980年代になると再び忠臣蔵の関心が高まり、1982年にはNHK大河ドラマ『峠の群像』が作られ、また森村誠一が浪士たちの人間的な側面を強調した『忠臣蔵』を描き、ブームの一翼を担った。森村には、吉良が昵懇だった隣の本多邸に逃れ天寿を全う、高田ら第二陣の討ち入りも本多邸前で全滅する『真説忠臣蔵』、央を守る武(義士)と広島・米沢の改易を狙う柳沢を描く『吉良忠臣蔵』もある[294]

80年代末から90年代にかけ、アンチ・ヒーロー的な忠臣蔵ものが作られており、井上ひさし小林信彦もそれぞれ脱落者を描いた『不忠臣蔵』、赤穂事件の不条理な面を浮き彫りにした『裏表忠臣蔵』を書いている[294]八木康夫のTBSドラマ『忠臣蔵』でも再仕官のため吉良を打ち取り名を上げたい四十七士と、彼らに流されるままに討ち入りに参加する小心・臆病な内蔵助(演:ビートたけし)が描かれた。

同時期に丸谷才一の『忠臣蔵とは何か』で忠臣蔵を御霊信仰と結び付けた論考に端を発するいわゆる「忠臣蔵論争」が起り、諏訪春雄が『忠臣蔵の世界』、『聖と俗のドラマツルギー』で丸谷の説に反論するなどした[295][294]

バブル期の『キネマ旬報』には「いま忠臣蔵では映画館に客を呼べない」という記事が載っている[296]

平成のマルチメディア展開・令和の低迷

1990年(平成2年)、多摩美術大学荒川法勝は『異説忠臣蔵』を発表、吉良が昵懇の隣家屋敷に逃げ、京で鷹司家に庇護されているのを第二陣が狙う不死説を扱った。 1992年(平成4年)には池宮彰一郎による『四十七人の刺客』が登場する。本作では吉良暗殺の「刺客」としての赤穂浪士を描き、たとえば吉良による浅野のいじめはなく、赤穂浪士側の捏造したブラックプロパガンダとするなど、情報戦としての側面も描かれた。池宮は「赤穂義士は英雄視されず罪人として扱われた」と同作中で持論を述べている。1994年には同じく池宮彰一郎の『最後の忠臣蔵』が書かれ、討ち入り後の世界を舞台に寺坂吉右衛門や脱盟者などのその後を描いた。また、同年には宝塚歌劇団が『忠臣蔵〜花に散り雪に散り〜』(脚本:柴田侑宏)を上演し、世界初のミュージカル化を行った。

1997年(平成9年)、三枝成彰作曲のオペラ『忠臣蔵』では「赤穂義士の真の仇は浅野長矩」「吉良は長矩を救助しようとしていた」[297]「大石が吉良義央に謝罪」といった前代未聞の演出を挿入した。

1999年(平成11年)には『新・忠臣蔵』を原作としたNHK大河ドラマ『元禄繚乱』が放送された。当該作品では従来の悪役俳優でなく、石坂浩二・宅麻伸・滝沢秀明といった二枚目やアイドルに吉良三代を演じさせた。一方、1994年(平成6年)のTBS大型時代劇『大忠臣蔵』では女性的な池畑慎之介 (ピーター)が上杉綱憲に扮した。

2000年代以降は史実の研究が進んだことから従来の「仇討ち」を全面に打ち出した作品は少なくなり、様々な視点から描いた作品も登場するようになったが、忠臣蔵を題材にした映画・TVドラマ・小説の作品発表は全体的に減少傾向にあり、冬の風物詩としての姿を緩やかに消しつつある。架空戦記や歴史シミュレーションで知られる作家集団・霧島那智には『忍術忠臣蔵外伝』があり、歴史IFもの『忠臣蔵釣客伝』で長辻象平は、津軽家による救援で吉良の生存と赤穂義士の失敗を描く。 芦辺拓は『一月半遅れの忠臣蔵』で吉良遺臣が大石の預けられた細川邸に討ち入る架空後日談を、『笑う忠臣蔵』で鯨統一郎は、討ち入りの目的が吉良暗殺ではなく他(強盗)にあったとする仮説を描いている。

2009年(平成21年)、国際通信社からシミュレーションゲーム『討入忠臣蔵 ~元禄太平記~』が発売、吉良方と大石方で遊ぶ2人用の戦術級ボードゲームとなっている。升目はSLG特有のヘックスでなく正方形

2013年(平成25年)にはハリウッドで忠臣蔵を換骨奪胎したファンタジー映画『47RONIN』が公開されたが、雑誌『バラエティ』は、「忠臣蔵が日本でなじみ深いものであるにも拘わらず、興行は芳しくないものである」と評した[298]

また、毎年恒例だったテレビでの年末時代劇長時間時代劇をはじめとする「忠臣蔵」制作・放送は、令和の時代ではすっかり影を潜めている。2019年(令和元年)の『決算!忠臣蔵』は赤穂義士がコミカルな三枚目(人気お笑い芸人を登用)で滑稽な演出がなされている。

2021年(令和3年)には宝塚歌劇団により、忠臣蔵をモチーフとしつつ大胆な翻案を行ったミュージカル『元禄バロックロック』(作・演出:谷貴矢)が上演された。同年、斜陽となった浪曲の復権を試みる玉川太福は、新作浪曲『サカナ手本忠臣蔵』で登場人物を魚介類になぞり、若年層への関心喚起の一助としている[299]


注釈

  1. ^ 東京都港区赤坂二丁目と六本木二丁目の間のあたり、氷川神社の南側を北東に下る坂[99]

出典

  1. ^ 廣野行雄『なぜ大石が大星なのか』14頁(『駿河台大学論業叢』第51号、2015年)
  2. ^ 『常憲院殿御実記』巻四十七
  3. ^ 地域社会貢献活動 ふるさと歴史シリーズ「博多につよくなろう」福本日南西日本シティ銀行、平成12年1月
  4. ^ 元禄快挙録 岩波書店
  5. ^ ドナルド・キーン『日本文学史近世編二』中公文庫。p218
  6. ^ 宮澤(2001) p236
  7. ^ a b 佐藤(2003)
  8. ^ 山本(2012a) 第七章四節「自己犠牲の精神」
  9. ^ 山本(2012a) 第七章四節「赤穂浪士は義士か」より重引。
  10. ^ a b c d e 稲田(2014) p13
  11. ^ 谷川( 2013) p282
  12. ^ 谷川( 2013) p389-390
  13. ^ 定本講談名作全集(1971) 「山鹿送り」p312-325
  14. ^ (『山鹿語類』、巻二十九
  15. ^ 『山鹿語類巻第二十一』より「士道」
  16. ^ 常陸宮妃華子中山慶子
  17. ^ 『仮名手本忠臣蔵』
  18. ^ 『元禄快挙別禄』
  19. ^ 『赤城盟伝』
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 野口(1994)p35-45
  21. ^ 実際の脇坂への処分は、赤穂城にて在番していた脇坂重臣の左次兵衛が乱心して、同僚の貞右衛門を切り殺すという事件が起こったためである(『赤穂城在番日記』)。
  22. ^ 近代デジタルライブラリ元禄快挙四十七士
  23. ^ コトバンクデジタル版 日本人名大辞典+Plus脇坂安照
  24. ^ a b c 野口(1994) p75
  25. ^ 講談名作文庫(1976)
  26. ^ 忠臣蔵新聞「ダイジェスト忠臣蔵(第12巻)」
  27. ^ a b 国際日本文化研究センターデータベース『近世畸人伝(正・続)』「大石氏僕」
  28. ^ 国際日本文化研究センターデータベース『近世畸人伝(正・続)』「寺井玄渓」
  29. ^ 国際日本文化研究センターデータベース『近世畸人伝(正・続)』「小野寺秀和妻」
  30. ^ 『筆のすさび、仁斎日礼ほか』 日野龍夫校注、<新日本古典文学大系99>岩波書店、2000年
  31. ^ 白峰旬「元禄14年の脇坂家による播磨国赤穂城在番について--播磨国龍野藩家老脇坂民部の赤穂城在番日記の分析より」
  32. ^ 八坂神社祇園商店街振興組合一力亭
  33. ^ a b 講談名作文庫(1976)
  34. ^ 田口(1998)、第四章2山科妻子の別れ
  35. ^ a b c d e 宮澤(1999) p118-119
  36. ^ a b c d e 山本(2012a) 第四章一節「祇園遊びの真意」
  37. ^ a b 佐々木(1983) p191
  38. ^ a b 野口(1994)p124
  39. ^ a b 宮澤(1999) p120-121
  40. ^ a b 今尾(1987)、p199
  41. ^ a b c 山本(2013) p131
  42. ^ 山本(2012a) 第五章二節「大石の残す子への思い」
  43. ^ a b c d e 佐々木(1983) p433
  44. ^ a b 宮澤(2001) p29
  45. ^ コトバンクデジタル版 日本人名大辞典+Plus『林鶴梁』
  46. ^ a b 宮澤(1999) p58-60
  47. ^ 山本(2012a) 第五章二節
  48. ^ a b c 谷川(2013)p280、283、379
  49. ^ 宮澤(2001) p47。関根(1924)149コマ目
  50. ^ コトバンク 新撰 芸能人物事典 『伊東燕尾』
  51. ^ a b c 箱根町観光情報ポータルサイト「箱根旧街道休憩所」”. 2024年2月21日閲覧。説明の看板の拡大図:東海道53次 箱根越えー10(甘酒茶屋)”. 2024年2月21日閲覧。
  52. ^ a b c d 講談名作文庫(1976)
  53. ^ 尾崎(1974) p249-252
  54. ^ a b c d e f g h 忠臣蔵文庫(1912)
  55. ^ 赤穂市忠臣蔵 第四巻 p876-883
  56. ^ a b c 田口(1998)第二章2節「いないはずの女たち」
  57. ^ a b c d 田口(1998)第二章3節「それぞれの母」
  58. ^ 『正史実伝いろは文庫』第十四回。忠臣蔵文庫(1912)
  59. ^ 佐々木(1983)。p756
  60. ^ a b 赤穂市忠臣蔵 第四巻p640
  61. ^ a b 田口(1998)第二章2節「絵図面をめぐる恋の話」
  62. ^ 山本(2013) p147
  63. ^ a b 山本(2012a) 第五章二節「赤穂浪人の潜伏先」
  64. ^ 内侍所 112コマ目から
  65. ^ 赤穂義士伝一夕話 七之巻二十九頁
  66. ^ 忠臣蔵文庫(1912) p15 -
  67. ^ コトバンク『忠臣蔵物』
  68. ^ 赤穂市忠臣蔵 第4巻p337
  69. ^ a b 佐々木(1983) p336
  70. ^ コトバンクデジタル版 日本人名大辞典+Plus『天野屋利兵衛』
  71. ^ 松島(1964) p174
  72. ^ a b 江崎(1940) p14 -
  73. ^ 佐々木(1983)
  74. ^ 野口(2015)第二章「新人類の武士道」3節「其角の孫弟子たち」冒頭部
  75. ^ a b 山本(2012a) 第五章四節
  76. ^ 宮澤(1999) p157
  77. ^ 山本(2012a) 第五章四節「吉良邸茶会の情報」
  78. ^ 宮澤(1999) p157
  79. ^ 中央義士会『忠臣蔵四十七義士全名鑑』より「大高源五忠雄」P177-178
  80. ^ 吉良氏秘伝の『吉良懐中抄』が松浦家に伝わり、その写しが平戸市に現存する(「松浦家関係文書」松浦史料博物館)
  81. ^ a b 野口(2015) 第七章「吉良邸討ち入り」3節「本懐を遂げて」の「小野寺十内は記す」
  82. ^ 『江戸歌舞伎の残照』吉田弥生著 文芸社 p165
  83. ^ a b c 佐々木(1983) p175
  84. ^ a b 佐々木(1983) p405
  85. ^ 両国の俵星玄蕃道場跡の看板”. 2024年2月26日閲覧。
  86. ^ 墨田区観光協会編 墨田区観光協会『高札めぐり 両国歴史散歩』2009年、16頁。 、下記より重引:赤穂義士の討ち入りに協力したとされる「俵星玄蕃」は実在の人物か。”. レファレンス協同データベース. 2024年2月26日閲覧。
  87. ^ 立命館大学『忠臣蔵と見立て』誠忠大星一代話
  88. ^ 宮澤(1999)
  89. ^ 『赤穂義人纂書. 第2 巻之9−18』 国書刊行会 p432
  90. ^ データ百科シリーズ『元禄忠臣蔵データファイル』、元禄忠臣蔵の会編、人物往来社 p238。近代デジタルライブラリ『文芸叢書. 忠臣蔵文庫 』 四十七石忠箭計 四幕目(404コマから)の葉泉院第舎の場
  91. ^ コトバンク世界大百科事典「南部坂雪の別れ」
  92. ^ a b 南部坂雪の別れ 図書 桃中軒雲右衛門 講演 (東京明倫社(ほか), 1912年)近代デジタルライブラリの該当箇所
  93. ^ a b 大石内蔵助東下り : 武士道精華 雪花山人著 (立川文明堂, 1912年)。近代デジタルライブラリの該当箇所
  94. ^ a b c d e f g 谷川(2013)「瑤泉院に見られる字自立する女性のイメージ」 p369 - p376
  95. ^ 谷川(2013)ではその例として忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻1959年)と赤穂浪士1961年)を挙げている
  96. ^ 1958年大映版の忠臣蔵谷川(2013)より。
  97. ^ 真山(1982) p59
  98. ^ a b c d e 山本(2012a) 第五章三節の「南部坂の別れ」より
  99. ^ 山本(2012a) 第五章三節「南部坂の別れ」
  100. ^ 『宝永四年江戸全図』(国会図書館蔵)でも空白で何も描かれていない。
  101. ^ すみだあれこれ/討ち入り蕎麦
  102. ^ a b c 近代デジタルライブラリ『義士伝』泉岳寺書上。p450に楠屋の件が載っており、p466に浅野内匠頭の亡霊が登場する。p455には太鼓を打ち鳴らしたとある。
  103. ^ a b 三田村(1930) p256 -
  104. ^ 今尾(1987) p49
  105. ^ a b 赤穂義士史料下(1931) p4, p513
  106. ^ a b 山本(2012b)第四章3節「計画通りの討ち入り」
  107. ^ 赤穂義士史料上(1931)p268(本書では寺坂信行筆記のうち寺坂私記と共通する部分は省かれているため、寺坂私記の方に当該文書が載っている)
  108. ^ a b c 元禄(1999)p118
  109. ^ こよみのページ「暦のこぼれ話」赤穂義士祭
  110. ^ 講談名作文庫(1976)。「神崎与五郎かながきの詫び証文」
  111. ^ a b c d e f g 宮澤(1999) p163-166
  112. ^ 「浄瑠璃大全. 第1 仮名手本忠臣蔵」(和田三郎 編/1882年)
  113. ^ 『歴史群像デジタルアーカイブス<元禄赤穂事件と江戸時代>討ち入りは愚策? 山鹿流兵法と忠臣蔵』大山格
  114. ^ 山鹿素行『武教全書』巻二・営法
  115. ^ 落合勝信『家秘抄』『義人纂書』第二
  116. ^ 『山鹿素行兵法学の史的研究』(P173)
  117. ^ 赤穂市史編纂室主幹・三好一行「赤穂四十七士列伝」(P112)
  118. ^ 同市編纂室「赤穂四十七士列伝」大石内蔵助良雄
  119. ^ 「Web版(兵庫県赤穂市の文化財 -the Charge for Preservation of Caltural Asset ,Ako-)」赤穂城跡二之丸門枡形発掘調査現地説明会資料”. 赤穂市教育委員会. 2020年1月23日閲覧。
  120. ^ 松浦清「心得ぬ事なり。人を出して即往きたるに、果たして大石の輩」「弘前候ばかり之を知れり」(松浦清山『甲子夜話』)。
  121. ^ 『山鹿語録』第一(「臣道」より報仇論)
  122. ^ 松浦清『甲子夜話』では吉良関係者に尊称、赤穂義士を蔑称の記述あり
  123. ^ 堀勇雄『山鹿素行』
  124. ^ a b 『山鹿素行兵法学の史的研究』(P171-174、P260-272)
  125. ^ a b 『「兵法者の生活」第六章.幕末兵法武道家の生涯 三.窪田清音の業績』(P221-229)
  126. ^ 「剣法規則後伝口伝」および「論語私記」には赤穂事件(忠臣蔵)や赤穂義士に関係する記述はない。
  127. ^ a b c d e f g h i 宮澤(1999) p166-168
  128. ^ a b c d e f 山本(2012a)第六章四節「上杉家の対応」
  129. ^ 大佛次郎の小説並びにその映像化「赤穂浪士」、歌舞伎「松浦の太鼓」など
  130. ^ a b 宮澤(1999) p185-186
  131. ^ 佐々木杜太郎『吉良上野介の正体』。宮澤(1999) p184から重引
  132. ^ a b 宮澤(1999) p177
  133. ^ a b 『忠臣蔵四十七義士全名鑑 完全版』 中央義士会 p324-325
  134. ^ 佐々木(1983) p342
  135. ^ 「堀内伝右衛門覚書」に「神かけて泉岳寺が左様な事はないだろうと思ったが、事実であった」旨の記述あり 。
  136. ^ 兵庫県たつの市「赤穂浅野家資料」。再度の散逸防止のため非公開(教育事業部歴史文化財課)
  137. ^ 「芸術新潮」(特集「世紀の遺書」・2000年1月号)
  138. ^ 縣居通信10月”. 賀茂真淵記念館. 2024年2月21日閲覧。
  139. ^ 真山(1982)
  140. ^ a b c 佐々木(1983) p177-178
  141. ^ CiNii『 赤穂義士傳一夕話』
  142. ^ 近代デジタルライブラリ『赤穂義士伝一夕話』四巻53ページ
  143. ^ 山本(2013) p189
  144. ^ a b c 田口(1998)第三章3『祇園可音物語』
  145. ^ a b c 今尾(1987)、p108-119
  146. ^ a b 『歴史群像デジタルアーカイブス<元禄赤穂事件-忠臣蔵外伝>なぜ大多数の赤穂藩浪士は仇討ちに参加しなかったのか』桐野作人
  147. ^ 日暮高則『板谷峠の死闘』など
  148. ^ a b 谷口(2006) p179-180
  149. ^ 元禄(1999)p113
  150. ^ a b 山本(2012a)第四章三「脱盟者の思い」
  151. ^ 近代デジタルライブラリ『正史実伝いろは文庫』 p103, 177, 401を参照。
  152. ^ 今尾(1987)、p97
  153. ^ 近代デジタルライブラリー『赤穂義士伝一夕話』巻之六 三十八ページ
  154. ^ a b c d 野口(2015) 第四章「浅野赤穂家の危機」の「九郎兵衛逃亡」の節
  155. ^ 「北斎」(3 - 5ページ、総合研究大学院大学教授・大久保純一、岩波書店)
  156. ^ 旧・吉良神社は明治政府の神社合祀の方針により旧・松坂稲荷と統合され、義央の墓を持つ現在の姿になっている。
  157. ^ 「三田村鳶魚編随筆百種」第六(1977年)
  158. ^ 現代でも曹洞宗では「自死志願者の24時間相談」など自殺防止に特化した寺院がある。
  159. ^ 『宝夢録』「東叡山通夜物語」
  160. ^ 定本講談名作全集(1971) p308
  161. ^ 山本(2013) p127
  162. ^ a b 赤穂市忠臣蔵 第四巻 p345-349
  163. ^ 定本講談名作全集(1971) 「お薬献上」p308-312
  164. ^ 定本講談名作全集(1971) 「向島の花見」p325-331
  165. ^ 定本講談名作全集(1971) p331-337
  166. ^ 『翁草』巻百六十七など
  167. ^ 講談名作文庫「名代の粗忽者」
  168. ^ 定本講談名作全集(1971) 「粗忽の権化」、「首のない馬」p379-386
  169. ^ 定本講談名作全集(1971) 「安兵衛の生立、良薬の由来」、「図らず知る孫の孝行」、「妻の貞節、懺悔の自殺」
  170. ^ 定本講談名作全集(1971) 「義母の仇討ち」p408-411
  171. ^ 定本講談名作全集(1971) 「高田馬場へ一ッ飛び」、「十八人切り、記念の五合枡」、「仇討の物語」・、「安兵衛の身元」、「入聟の相談」、「酔うても本心狂わず」p411-434
  172. ^ 定本講談名作全集(1971) 「意外の惨事」、「名主へ相談」、「情けも籠る奉行の裁断」p435-446
  173. ^ 定本講談名作全集(1971) 「雪ぐ師の恥」、「使者の供」、「槍術の妙」p464-471
  174. ^ 定本講談名作全集(1971) 「乞食の姉弟」p472-478
  175. ^ 定本講談名作全集(1971) 「放蕩指南」「伯母の執拗」、「万事休す」p479-490
  176. ^ 定本講談名作全集(1971) 「嫉妬のほむら」「孝子の袖乞い」、「親子の再会、「妻子の一心、一番槍の功名」p491-505
  177. ^ 定本講談名作全集(1971) 「伊勢屋の家宝」 p521-531
  178. ^ 講談全集(1929) 「父の訃音」、「重なる不幸」、「一夜に討つ君父の仇」 p581-599
  179. ^ 中央義士会『忠臣蔵四十七義士全名鑑 子孫が綴る、赤穂義士「正史」銘々伝』より「菅谷半之丞政利」(小池書院、2007年)
  180. ^ 定本講談名作全集(1971) 「同志の憤激」、「老人の屈死」 p532-538
  181. ^ 野口(2015) 第二章2節「まことに多士済々」の「人斬り大好き不破数右衛門」の箇所から重引。なお
  182. ^ 定本講談名作全集(1971) 「変名の再生」」 p568-576では「井上真改」という名刀を買い、使ってみたくてたまらなった為辻斬りしたとしている。また本書では墓を暴くのみならず辻斬りもしている。
  183. ^ 野口(2015) 第二章2節「まことに多士済々」の「人斬り大好き不破数右衛門」の箇所
  184. ^ a b c 山本(2012b) 第一章3節「新参者と元藩士」
  185. ^ 定本講談名作全集(1971) 「変名の再生」、「主家に擬する芝居」、「同志の落涙」 p568-576
  186. ^ 定本講談名作全集(1971) 「女武芸者」、「嫁入りの条件」、「正宗の刀が加増の種」 p611-621
  187. ^ 定本講談名作全集(1971) 「情けの勘当」、「報恩の身売り」、「情けが仇、事理明白」 p627-646
  188. ^ 関根(1924) p72
  189. ^ Google Books『窓のすさみ』 p200
  190. ^ 定本講談名作全集(1971) 「忠僕直助」 p678-708
  191. ^ 講談全集(1929) p1094
  192. ^ 今井敏夫 『<元禄赤穂事件と江戸時代>スッキリ解決! 忠臣蔵のなぜと謎』「吉良側に剣客はいなかったのか?」
  193. ^ 講談全集(1929) 「腕試し、父の仇討」、「怪物退治、上杉家召抱」p1094-1113
  194. ^ 講談全集(1929) p1114-1142
  195. ^ 六代目 宝井馬琴『四十七士の最期』より「小田小右衛門」
  196. ^ 八代目 一龍斎貞山『四十七士の最期』より「誉の三百石」
  197. ^ 『堀内伝右衛門覚書』で、堀内本人が当日帰宅について悪びれず記述している。
  198. ^ a b c d e 立命館大学デジタル展示『忠臣蔵と見立て』仮名手本忠臣蔵成立史
  199. ^ a b c d e f g h i j k l m n 松島(1964) p132-142
  200. ^ 松島(1964) p133
  201. ^ a b 赤穂市忠臣蔵 第四巻p302-303
  202. ^ a b c 松島(1964) p147-148
  203. ^ a b 赤穂市忠臣蔵 第四巻p305-306
  204. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 松島(1964) p180-189
  205. ^ a b c 赤穂市忠臣蔵 第四巻p318
  206. ^ a b c 松島(1964) p199-200
  207. ^ 赤穂市忠臣蔵 第四巻p640
  208. ^ 赤穂市忠臣蔵 第四巻p654
  209. ^ 松島(1964) p200
  210. ^ a b c d 松島(1964) p201
  211. ^ 松島(1964) p161
  212. ^ 赤穂市忠臣蔵 第四巻p661
  213. ^ a b 元禄(1999) p238
  214. ^ a b c d 宮澤(2001) p33-35
  215. ^ 吉田(2004) p136-137, p160
  216. ^ 赤穂市忠臣蔵第四巻 p678
  217. ^ 赤穂市忠臣蔵第四巻 p663
  218. ^ a b c 元禄(1999) p240
  219. ^ a b 宮澤(2001) p129-130
  220. ^ 『青果全集 第1巻』(講談社、復刊1975年)
  221. ^ 世相風俗観察会『増補新版 現代世相風俗史年表 昭和20年(1945)-平成20年(2008)』河出書房新社、2003年11月7日、11頁。ISBN 9784309225043 
  222. ^ 歌舞伎公演データベース『仮名手本忠臣蔵』
  223. ^ 歌舞伎公演データベース『元禄忠臣蔵』
  224. ^ a b 宮澤(1999) p234
  225. ^ 歌舞伎公演データベース『瑤泉院』
  226. ^ 歌舞伎公演データベース『続・瑶泉院』
  227. ^ 歌舞伎公演データベース『四谷怪談忠臣蔵』
  228. ^ 歌舞伎美人『通し狂言四谷怪談忠臣蔵』
  229. ^ a b c 宮澤(2001) p11-12。
  230. ^ 野口(2015)第六章2節「身をやつし、地に伏して」の「銘々伝の世界」より。
  231. ^ 宮澤(2001) p11-12。関根黙庵『講談落語今昔譚』(雄山閣)を重引。関根(1924) 46コマ目
  232. ^ a b 宮澤(2001) p46-47
  233. ^ a b 宮澤(2001) p73-74
  234. ^ a b 宮澤(2001) p110-113
  235. ^ 『人生を豊かにしたい人のための講談』(2020年10月、マイナビ出版)ほか
  236. ^ 『神田松之丞 講談入門』p272、河出書房新社、2018年7月30日
  237. ^ a b c d e f 松島(1964) p203-208
  238. ^ 水野稔『山東京伝の黄表紙』有光書房、1976年。
  239. ^ a b c d e f g h i j k 宮澤(2001) p20-21
  240. ^ 谷口(2006) p187
  241. ^ 宮澤(2001) p22
  242. ^ 「水戸徳川家文書」財団法人水府明徳会・彰考館文庫
  243. ^ a b c 谷口(2006) p186-188
  244. ^ a b c d e f g h 松島(1964) p210-215
  245. ^ 青空文庫『学問のすすめ』
  246. ^ 宮澤(1999) p6-7
  247. ^ 『赤穂誠忠録』「序」に「吉良家の忠臣義人も併記」とある。
  248. ^ 萬松山泉岳寺公式web「泉岳寺の歴史」
  249. ^ 片山伯仙編「仙珪和尚日記抄」(花岳寺、1967年)
  250. ^ a b c 宮澤(2001) p15
  251. ^ a b 宮澤(2001) p82
  252. ^ 松島(1964) p217
  253. ^ 広瀬玲子 『国粋主義者の国際認識と国家構想─福本日南を中心として─』 芙蓉書房出版、2004年 ISBN 4829503394
  254. ^ a b c d e 宮澤(2001) p82-84
  255. ^ 御園京平『映画・忠臣蔵』。谷川(2013) p294から重引。
  256. ^ 宮澤(2001) p109
  257. ^ 宮澤(2001) p113-116
  258. ^ a b 宮澤(2001) p15
  259. ^ 柳敏栄『韓国演劇運動史』(檀国大学出版部、津川泉訳、風響社、2020年)
  260. ^ a b 宮澤(2001) p144-146
  261. ^ 宮澤(2001) p147-153
  262. ^ 松島(1964) p222
  263. ^ 「忠臣蔵」三社競作など映画界は花盛り『中外商業新報』昭和2年1月10日(『昭和ニュース事典第1巻 昭和元年-昭和3年』本編p18 昭和ニュース事典編纂委員会 毎日コミュニケーションズ刊 1994年)
  264. ^ a b 宮澤(2001) p167-168
  265. ^ 松島(1964) p223
  266. ^ 宮澤(2001) p175-176
  267. ^ a b 宮澤(2001) p15-16
  268. ^ 宮澤(2001) p181-186
  269. ^ 宮澤誠一『近代日本と「忠臣蔵」幻想』より「真山の忠臣蔵・その一、その二」
  270. ^ 宮澤(2001) p187-190
  271. ^ a b 宮澤(2001) p200-202
  272. ^ a b 宮澤(2001) p216-217
  273. ^ 『尋常小學修身書 複式編制學校兒童用. 第3・4學年 甲』(文部省, 1933.5)など
  274. ^ 宮澤(2001) p220-221
  275. ^ 宮澤(1999) p228
  276. ^ 谷川(2013) p290
  277. ^ a b 谷川(2013) p292
  278. ^ 谷川(2013) p22
  279. ^ 谷川(2013) p309
  280. ^ 佐藤(2003) p153-154
  281. ^ 今井正『自作を語る』(1990年、映画の本 工房ありす)p303
  282. ^ a b c d 谷川(2013) p306-311
  283. ^ a b c 宮澤(1999) p230-231
  284. ^ 「赤穂飛脚(走る忠臣蔵)」などを収録した短編集のタイトルであり、「妖説忠臣蔵」表題の小説自体は無い。
  285. ^ フジテレビ時代劇スペシャル『くノ一忠臣蔵』(1983年/昭和58年)ほか多数。
  286. ^ 『赤穂浪士 上・下』、大佛次郎、新潮文庫、新潮社、2007年11月 上 ISBN 4101083045 / 下 ISBN 4101083053
  287. ^ 番組エピソード 大河ドラマ『赤穂浪士』 - NHKアーカイブス
  288. ^ 番組エピソード 赤穂浪士を題材にした、主なNHKドラマ-NHKアーカイブス
  289. ^ 番組エピソード“忠臣蔵”でおなじみ!【赤穂浪士特集】-NHKアーカイブス
  290. ^ 谷川(2013) p331
  291. ^ 谷川(2013) p315
  292. ^ 『考えるヒント2』文春文庫、1975年(昭和50年) pp.10 - 33
  293. ^ A Collector's Guide to Books on Japan in English: An Annotated List of Over 2500 Titles with Subject Index Jozef Rogala, Routledge, 2012
  294. ^ a b c 宮澤(1999) p240-244
  295. ^ 元禄(1999) p216-217
  296. ^ 『キネマ旬報』(No.1072、1991年)
  297. ^ 浅野長矩が「乱心」だとすれば命は助かり、流罪もしくは蟄居で済み長広の家督継承が可能。
  298. ^ ’47 Ronin’ Tanks at Japanese Box Office; Is U.S. Doom Next?”. 2022年5月3日閲覧。
  299. ^ 「玉川太福 サカナ手本忠臣蔵」(江戸東京博物館、2021年3月13日)





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「忠臣蔵」の関連用語

忠臣蔵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



忠臣蔵のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの忠臣蔵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS