ルーヴル美術館 ルーヴル美術館の概要

ルーヴル美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/02 00:15 UTC 版)

Japanese Map symbol (Museum) w.svg ルーヴル美術館
Musée du Louvre
Le Louvre - Aile Richelieu.jpg
旧ルーヴル宮殿リシュリュー翼
ルーヴル美術館の位置(パリ内)
ルーヴル美術館
パリ中央部ルーヴル美術館の位置
施設情報
専門分野 美術
来館者数

926万人(2014年)[1]

館長 アンリ・ロワレット
学芸員 マリー=ローラ・ド・ロシュブリュンヌ
開館 1793年
所在地
フランスの旗 フランス
位置 Palais Royal, Musée du Louvre,
75001 Paris, France北緯48度51分37秒 東経2度20分15秒 / 北緯48.860339度 東経2.337599度 / 48.860339; 2.337599
アクセス
ウェブサイト www.louvre.fr
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

ルーヴル美術館は、フランス王フィリップ2世12世紀に、もともと要塞として建設したルーヴル城(ルーヴル宮殿)に収容されている。現在の建物にも要塞として使用されていた当時の面影が一部残っているが、幾度となく増改築が繰り返されて、現在のルーヴル宮殿の建物となっている。フランソワ1世の改築計画以来、歴代フランス王の王宮として使用されていたルーヴル宮殿だったが、1682年にフランス王ルイ14世が、自身の王宮にヴェルサイユ宮殿を選び、ルーヴル宮殿の主たる役割は、1692年以来収集されてきた古代彫刻などの王室美術品コレクションの収蔵、展示場所となった[4]。1692年にはルーヴル宮殿に、フランス学士院碑文・美文アカデミーと王立絵画彫刻アカデミーが収容され、1699年に最初のサロンが開催されている。アカデミーはその後100年にわたって、ルーヴル宮殿に設置されていた[5]。そして、フランス革命下の憲法制定国民議会で、ルーヴル宮殿をフランスが保有する優れた美術品を展示する美術館として使用することが決定された。

美術館として正式に開館したのは1793年のことで、このときには、王室所有だった、あるいは教会財産から没収された絵画を中心として、537点の絵画が展示されている。しかしながら、建物の構造上の問題から1796年にいったん閉館されており、1801年に再度開館した。フランス皇帝ナポレオン1世が、諸国から美術品を収奪したことにより所蔵品は増大していき、美術館も名前を「ナポレオン美術館 (Musée Napoléon)」と改名したこともあった。その後、ワーテルローの戦いの敗戦でナポレオンがフランス皇帝位を追われ、ナポレオン軍が収奪していた美術品の多くが、もとの持ち主たちに返還されている。王政復古でフランス王となったルイ18世シャルル10世の統治時代、さらにフランス第二帝政時代で、ルーヴル美術館の所蔵品はさらに増え続け、20,000点を超える美術品が集められた。その後フランス第三共和政が成立したが、この時代にもルーヴル美術館の所蔵品は、遺贈、寄贈などによって着実に増えていった。2003年に「イスラム美術部門」が創設され、所蔵品が、「古代エジプト美術部門」、「古代オリエント美術部門」、「古代ギリシアエトルリアローマ美術部門」、「イスラム美術部門」、「彫刻部門」、「工芸品部門」、「絵画部門」、「素描・版画部門」の8部門に分類されることとなった[6]




  1. ^ The Art Newspaper Ranking VISITOR FIGURES 2014 (PDF)”. The Art Newspaper. 2015年8月2日閲覧。
  2. ^ Travel + Leisure. “World's Most-Visited Museums”. 2012年10月31日閲覧。
  3. ^ UNESCO. “Paris, Banks of the Seine”. 2013年1月11日閲覧。
  4. ^ Louvre Website- Chateau to Museum, 1672 and 1692”. Louvre.fr. 2011年8月21日閲覧。
  5. ^ Louvre Website- Chateau to Museum 1692”. Louvre.fr. 2011年8月21日閲覧。
  6. ^ a b コレクションと学芸部門”. ルーヴル美術館. 2013年1月11日閲覧。
  7. ^ a b Mignot, p. 32
  8. ^ a b Edwards, pp. 193–94
  9. ^ 『ルーヴル美術館の歴史』, pp. 17-18.
  10. ^ 『ルーヴル美術館の歴史』, p. 17, 23.
  11. ^ 『ルーヴル美術館の歴史』, p. 23.
  12. ^ a b 『ルーヴル美術館の歴史』, p. 24.
  13. ^ 『ルーヴル美術館の歴史』, pp. 22-23.
  14. ^ In Larousse Nouveau Dictionnaire étymologique et historique, Librairie Larousse, Paris, 1971, p. 430: ***loup 1080, Roland (leu, forme conservée dans à la queue leu leu, Saint Leu, etc.); du lat. lupus; loup est refait sur le fém. louve, où le *v* a empêché le passage du *ou* à *eu* (cf. Louvre, du lat. pop. lupara)*** the etymology of the word louvre is from lupara, feminine (pop. Latin) form of lupus.
  15. ^ In Lebeuf (Abbé), Fernand Bournon, Histoire de la ville et de tout le diocèse de Paris par l'abbé Lebeuf, Vol 2, Paris: Féchoz et Letouzey, 1883, p. 296: "Louvre".
  16. ^ 『ルーヴル美術館の歴史』, p. 26.
  17. ^ a b Edwards, p. 198
  18. ^ a b Chaundy, Bob (2006年9月29日). “Faces of the Week”. BBC. http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/magazine/5392000.stm 2007年10月5日閲覧。 
  19. ^ 『ルーヴル美術館の歴史』, pp. 30-31.
  20. ^ 『ルーヴル美術館の歴史』, pp. 37-38.
  21. ^ 『ルーヴル美術館の歴史』, pp. 42-47.
  22. ^ 『ルーヴル美術館の歴史』, p. 53.
  23. ^ Mignot, p. 42
  24. ^ Nore, p. 274
  25. ^ a b Carbonell, p. 56
  26. ^ a b c d e Nora, p. 278
  27. ^ Oliver, p. 21–22
  28. ^ Monaghan, Sean M.; Rodgers, Michael (2000年). “French Sculpture 1800–1825, Canova”. 19th Century Paris Project. School of Art and Design, San Jose State University. 2008年4月24日閲覧。
  29. ^ Oliver, p. 35
  30. ^ a b c d Alderson, p.24, 25
  31. ^ a b c d Mignot, pp. 68, 69
  32. ^ McClellan, p. 7
  33. ^ Mignot, p. 52
  34. ^ a b Alderson, p.25
  35. ^ Mignot, p. 69.
  36. ^ a b Mignot, pp. 52–54
  37. ^ a b Mignot, pp. 70–71
  38. ^ Alan Riding, And the Show Went On: Cultural Life in Nazi-Occupied Paris. Alfred A Knopf, New York: 2010. p34.
  39. ^ Simon, p. 23[誰?]
  40. ^ Simon, p. 177
  41. ^ Mignot, p. 13
  42. ^ Mignot, p. 66
  43. ^ a b Online Extra: Q&A with the Louvre's Henri Loyrette”. Business Week Online (2002年6月17日). 2008年9月25日閲覧。
  44. ^ Œuvres”. Musée du Louvre. 2008年4月27日閲覧。
  45. ^ a b c “New Boss at Louvre's helm”. BBC News. (2002年6月17日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/entertainment/1249145.stm 2008年9月25日閲覧。 
  46. ^ Gareth Harris (13 September 2012), Islamic art, covered Financial Times.
  47. ^ Carol Vogel (19 September 2012), The Louvre’s New Islamic Galleries Bring Riches to Light New York Times.
  48. ^ a b c Gumbel, Peter (2008年7月31日). “Sacre Bleu! It's the Louvre Inc.”. Time Magazine. http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1828324-1,00.html 2008年9月25日閲覧。 
  49. ^ a b c d e f Baum, Geraldine (2006年5月14日). “Cracking the Louvre's code — Los Angeles Times”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/2006/may/14/entertainment/ca-louvre14 2008年9月25日閲覧。 
  50. ^ Louvre, Organization Chart”. Louvre.fr Official Site. 2008年5月24日閲覧。
  51. ^ Matlack, Carol (2008年7月28日). “The Business of Art: Welcome to The Louvre Inc.”. Der Spiegel Online. 2008年9月25日閲覧。
  52. ^ Lunn, p. 137
  53. ^ Scarlet Cheng (15 November 2012), Louvre and San Francisco museums sign five-year deal The Art Newspaper.
  54. ^ Gareth Harris (13 September 2012), Islamic art, covered Financial Times.
  55. ^ a b Gentleman, Amelia (2004年12月1日). “Lens puts new angle on the Louvre”. Guardian (UK). http://www.guardian.co.uk/world/2004/dec/01/france.arts 2008年2月27日閲覧。 
  56. ^ SARA HAMDAN (2012年9月26日). “After a Sputtering Start, the Louvre Abu Dhabi Project Gathers Pace”. nytimes (The New York Times Company). http://www.nytimes.com/2012/09/27/world/middleeast/27iht-m27-gulf-louvre.html?_r=0 2013年1月10日閲覧。 
  57. ^ Riding, Alan (2007年3月6日). “The Louvre's Art: Priceless. The Louvre's Name: Expensive.”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2007/03/07/arts/design/07louv.html 2008年4月24日閲覧。 
  58. ^ Rapport Matteoli, Le pillage de l'art en France pendant l'occupation et la situation des 2000 oeuvres confiées aux Musées nationaux, p. 50, 60, 69 (PDF)”. 2011年8月21日閲覧。
  59. ^ Rickman, p. 294
  60. ^ Merryman, abstract
  61. ^ Le Louvre se dit "satisfait" de la restitution des fresques égyptiennes - Culture - Nouvelobs.com”. Tempsreel.nouvelobs.com. 2011年8月21日閲覧。
  62. ^ 35,000 works of art”. Musée du Louvre. 2008年9月27日閲覧。
  63. ^ a b c Mignot, p. 92
  64. ^ a b c d e f g h i Nave, pp.42–43
  65. ^ a b c d Mignot, pp 76, 77
  66. ^ a b Egyptian Antiquities”. Musée du Louvre. 2008年4月30日閲覧。
  67. ^ コレクションと学芸部門 古代オリエント美術部門”. Musée du Louvre. 2013年1月11日閲覧。
  68. ^ a b Mignot, pp. 119–21
  69. ^ Decorative Arts”. Musée du Louvre. 2008年5月20日閲覧。
  70. ^ “Forgotten Empire: The World of Ancient Persia”. University of California Press. (2006年). http://arthistory.about.com/library/weekly/sp/bl_forgottenempcat_rev.htm 2007年11月12日閲覧。 
  71. ^ a b c Greek, Etruscan, and Roman Antiquities”. Musée du Louvre. 2008年4月30日閲覧。
  72. ^ a b Mignot, pp. 155–58
  73. ^ Hannan, p.252
  74. ^ a b Islamic Art”. Musée du Louvre. 2008年4月30日閲覧。
  75. ^ a b Ahlund, p. 24
  76. ^ a b c Sculptures”. Musée du Louvre. 2008年4月23日閲覧。
  77. ^ a b c d Mignot, 397–401
  78. ^ a b c Nave, p 130
  79. ^ a b Mignot, pp. 451–54
  80. ^ Decorative Arts”. Musée du Louvre. 2008年4月30日閲覧。
  81. ^ Lasko, p. 242
  82. ^ Pierre Rosenberg, Dictionnaire amoureux du Louvre, Plon, Paris, 2007, p. 229.
  83. ^ Hannan, p. 262
  84. ^ a b Mignot, pp. 199–201, 272–73, 333–35
  85. ^ ジョルジョ・ヴァザーリの『画家・彫刻家・建築家列伝』には、ミケランジェロの『レダと白鳥』(現存せず)は、フランソワ1世が購入したと書かれている。
  86. ^ Paintings”. Musée du Louvre. 2008年4月23日閲覧。
  87. ^ Mignot, p. 201
  88. ^ Hannan, p. 267
  89. ^ Mignot, p. 378
  90. ^ Hannan, pp. 270–278
  91. ^ www.louvre.fr – Musée du Louvre – Exhibitions – Past Exhibitions – The La Caze Collection. Retrieved 23 May 2009.
  92. ^ a b Mignot, 496
  93. ^ a b 素描・版画部門”. ルーヴル美術館. 2013年1月11日閲覧。
  94. ^ Prints and Drawings”. Musée du Louvre. 2008年4月23日閲覧。
  95. ^ Mroue, p. 176
  96. ^ Rogers, p. 159
  97. ^ How to get here”. Louvre Museum. 2008年9月28日閲覧。
  98. ^ “'Bad taste' cries as McDonald's moves into 'Mona Lisa' museum”. CNN. (2009年10月7日). http://www.cnn.com/2009/WORLD/europe/10/06/mcdonalds.louvre/ 2010年5月11日閲覧。 


「ルーヴル美術館」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ルーヴル美術館に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ルーヴル美術館」の関連用語

ルーヴル美術館のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

107mm迫撃砲

ゴールデン・エンゼル

新青年

長手片口

ピックガード

2000系

ち

フロンティア





ルーヴル美術館のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのルーヴル美術館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS