エホバの証人 慣行

エホバの証人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/12/21 03:05 UTC 版)

慣行

  • 毎日、聖書を読んで研究をすることが勧められている。
  • 聖書通読の他、毎回の集会の予習を行うことが勧められている。近年は家族が成員であれば、一緒に研究を行うことが強く勧められている。
  • 週に2回、集会を行う。(公開聖書講演会・「ものみの塔」研究、会衆の聖書研究・神権宣教学校・奉仕会)
  • 上記以外に年に1回、地区大会が、年に2回、巡回大会が催される。(地区大会においては、毎年新しい出版物やDVD作品などが発表されている。)また1年に1度、ユダヤ暦のニサン14日にキリストの死の記念式を祝う。―詳細はエホバの証人の組織構造参照
  • 支部事務所は、宣教奉仕にできるだけ参加することを勧めている。近年、宣教奉仕ではなるべく新世界訳聖書から証言することが強く勧められている。伝道者はみな月末に会衆へ「野外奉仕報告用紙」を自分の氏名を明記して提出しなければならない。それを会衆の書記が集計し、インターネットを通して支部事務所に報告しなければならない。
  • 反聖書的な伝統的行事を祝わない。ただし、何を反聖書的とするかは伝統的なキリスト教との間で相違が見られる点が多い。

社会的側面

国旗敬礼、国歌斉唱

エホバの証人は国旗敬礼、国歌斉唱を行わない。国旗への敬礼、国歌斉唱は、国家崇拝に該当すると判断している。また国旗・国歌は偶像であり、これへの敬礼は偶像礼拝であるとする。

兵役拒否

「戦いを学ばない」「剣を取るものは剣によって滅びる」という聖書の記述を理由に兵役を拒否する。兵役が義務化されている国々で問題視されることがある。国家はそれに対してエホバの証人を投獄するのが一般的である。近年では、良心的兵役拒否が人権の一つとして認識されるようになってきたことから、社会奉仕活動への参加を義務付けることによって、兵役の義務の代わりとする事例も増えている。場合によっては投獄ではなく、「兵役」か「処刑」かのどちらかの選択を迫られることもあったが、その場合にも処刑されることを選んだという(エホバの証人とホロコースト参照)。

政治に対する姿勢

すべての成員は、政治情勢に対しては常に関心を持ち世界情勢の進展を把握するよう勧められている[65]が、聖書中の「世のものではない」[66][67]という聖句、また王国政府のみに対する全面的支持の表明などを根拠とし、この世の政治活動に直接関与すべきではないという姿勢をとっている。選挙においては、被選挙権の行使はもちろん、選挙権も行使しないのが原則であり、選挙で投票することをしない。

「カエサルのものはカエサルに」という原則に基づいて、納税などの市民としての義務をきちんと果たすよう成員は指導されている。ただし、自分たちの信仰に関する原則に触れるような法律については、法律よりも信仰を優先するよう指導されることもあり、前述したような徴兵制度を採用している国では、成員たちが投獄されるようなケースも珍しくない。

また、自由な伝道活動を行う権利や、輸血の面での権利に関して、教団側が自分たちの権利を守るため、当局側と裁判を行うことがある。

公選によらない形で、公務員として就労することは特に禁じられていない。しかし政治家等として国政に関わることはない。

血液に関する見解

ノアの時代も、律法の時代も、使徒の時代も、現代も、一貫して血は神聖なものであり、食べることは禁じられている、という聖書理解に基づき、血液食を拒む。ただし、血抜きの工程を経ている肉はよいとされている。当然、完全に血が抜かれているわけではないので、あくまでも程度の問題である。

血を食べることは血を内臓で「消化」することだけではなく、体に取り込むこと全般が含まれると解釈しているので、血管からの輸血も拒否しなければならないと主張する。手術や怪我等で出血がひどいなど、輸血が不可欠な場合であってもこれを拒否し、医師やエホバの証人の医師等で構成される医療機関連絡委員会が輸血の代替医療を行う病院へ転院措置を行う。結果として、死に至る場合もある。

輸血拒否による生命の危険についてしばしば非難される。エホバの証人側は、輸血という手段を望まないだけで、代わりの代替療法(無輸血治療)を推奨したり、妊娠中絶を否定していることなどを挙げ、決して命を軽視しているわけではないと弁明する。無輸血治療にくらべ、輸血にはHIVやウイルス性肝炎などの感染の危険があるとも指摘する。

大人が死の危険を納得して輸血を拒否するのであれば、少なくとも人殺しなどにくらべればある意味で罪が軽いと見ることも可能であるが、そのような判断ができない子供の生命を親の信仰によって危険にさらす行為には、人道的に許しがたいばかりかイエスの教えにも逸脱する、などの批判が後を絶たない。エホバの証人は、輸血拒否で死んだ子供はエホバが復活させて下さるが、輸血をするとそれが危うくなると思っている。詳細は「輸血拒否#エホバの証人の主張と、それに対する批判」以下の節、および英語版「Jehovah's Witnesses and blood transfusions」を参照。

国際連合・国際連盟に対する見解

国際連盟機構また後の国際連合は、「野獣の像」[68]「緋色の野獣」[69]、また「八人目の王」[70]の正体であると解釈されている。国際連合が平和実現へ向けて努力を行っていることは認めるも、神の王国の主権の無視、平和実現を確約するも成し遂げられない無力さ、国連軍による数々の流血行為など、神に対する冒涜(神の王国の政治的顕表現など)故に裁きが下されると主張している。しかし国際連合は、裁きを受ける前に、他の宗教体制すべて(「大いなるバビロン[71])を荒廃させる神の裁きのための役割を担うとされている。特筆すべき点として、エホバの証人組織が国際連合および加盟国と協定関係等を結ぶのではなく、あくまでも神が聖霊(エホバ神の活動させる力)により連合加盟国を誘導して行われる。「神がご自分の考えを遂行することを彼らの心の中に入れる」[72]のである。[73][74][75]

しかし、2001年10月15日号のイギリスの週刊誌、「ガーディアン」がエホバの証人の母体である『ものみの塔協会』が国連NGOに加入していた記事を掲載。これまで一貫して、国際連合国際連盟を非難してきた態度とは矛盾が発生していると報じている。[76]また、上記の問題について国連へ公式な文書がものみの塔聖書冊子協会より発行されており、更なるこれらの矛盾点が明確化されたという見解が提出されている。[77]。これに対し国連側は、公式な回答をドナ・ロイティブの署名でものみの塔聖書冊子協会に提出し、ある一定施設の利用を目的とした国連NGOの登録は不当とする書面が送付される形となった。[78]

なお、エホバの証人としては、「国連は(限定的な範囲に限って)神の代理機関であるからそれに従属しなければならないという内容の教理があるから、自分たちが一貫して国連を否定してきたとされる報道は正しくないし、国連へのNGO加盟もそれ自体に問題があるわけではない。」と答えている。[要出典]この論争については、これまでにも同様の問題提起が、エホバの証人組織の各国における宗教法人登録に対して行なわれてきた事情があるという。[79]

アメリカ合衆国およびイギリス国家に対する見解

エホバの証人は次の国々などを歴代の世界強国と考える。

  1. エジプト
  2. アッシリア
  3. バビロン
  4. メディア-ペルシャ
  5. ギリシャ
  6. ローマ
  7. 英米世界強国
  8. 国際連合

米英の二国は現代世界における主要な強国であり、出版物中ではしばしば「英米世界強国」または「英米二重世界強国」と表現される。英米の二国は7番目の世界強国であり「南の王」[80]、「野獣(「子羊のような二本の角」を持ち龍のように話す)」[81]の正体であると解釈されている。[82][83]2010年、ダニエルの予言の足(最後)の部分、英米世界強国に混ざっている粘土は、英米の力を弱める勢力との見解が示された(帝国主義-は強力なローマ強国伝統、鉄の支配だから)。それにより、いつ終わりが来てもおかしくないとの見解になっている。

共産主義に対する見解

共産主義は、宗教否定により、人間のために地上に楽園をもたらすメシア(救世主)イエス・キリストの役割を不要と唱えた故に、神による裁きが下されるとされており、虐げられた人民の解放や政治的・宗教的独裁の排除等を公約してきたが、実際には何一つ人類に対する平和を実現できない無力な勢力であり、滅びは免れないとされている。「北の王」[84]の正体は冷戦における共産主義陣営であると解釈されている。[85]一方日本共産党は機関紙『しんぶん赤旗』内でマインドコントロールを警告している。[86]

他宗教に対する見解

他のキリスト教仏教イスラム教ヒンドゥー教ユダヤ教・その他いかなる宗教も、サタンの手段であると主張している[87]。また、「大いなるバビロン[88]」が他宗教の総称であると解釈(当時のバビロニア帝国(現在のイラク)が多数の神々で入り乱れていたことに由来)されている。特に他のキリスト教(カトリックプロテスタントギリシャ正教・その他)は「大いなるバビロン」の最も主要な部分でエホバ神が最も憎まれるものであるとされている。他宗教すべては「ハルマゲドン(全能者なる神の大いなる日の戦争)」の初期段階で壊滅すると主張している。その故に、他宗教に由来する教理や習慣はことごとく避ける(教理項目参照)。

他宗教との関係

原則、冠婚葬祭や年中行事等の参加は禁じられていないが、異教由来の儀式(焼香をあげる行為など)は偶像崇拝にあたるとし参加しない。そのため地域社会や親族と摩擦が起きることがある。

エホバの証人は、他宗教を「サタンの手段」として教義上退けている[87]宗教多元主義のような考え方や宗教間対話などにも関与しない。黙示録に出てくる大いなるバビロンは主にキリスト教世界を中心とした偽りの宗教(エホバの証人以外)であるとし、一切関わることはない。

また、七夕節分ひな祭りなど、民間信仰の行事にも不参加が基本であり、学校にてこれらの行事が行なわれる際には参加をしない成員の子どもたちも多い。

宗教系の保育所や福祉施設、病院などを利用したりということもしない成員もいるが、これについては、地域によっては利用できる施設が不足していることなどから、これらについては成員個々の良心上の問題とされている。

社会生活の中で広く受け入れられている慣習を、どこまで宗教とみなすかは非常に難しい問題であるため、個別的なケースを見れば、成員個々によって対応が異なるということもある。明確な教義上の違反でない限り、個人の下した決定に対してほかの成員が批判することはしない。

教会や寺院などの宗教施設で開かれる葬儀や結婚式への参列は、成員個々の良心上の問題とされている。

裁判・法的規制

児童への性的虐待放任に対する判決

2012年6月13日、カリフォルニア州のAlameda County Superior Court jury(アラメダ上級裁判所)[89]で行われた裁判で敗訴し、当教会は約800億円相当の教会の資産の凍結を命じられ、賠償金280万ドル(22億円)の40%を支払うように命じられた。判決によると、エホバの証人の男性信者が当時9才だった少女に1年の間、性的虐待を加えているという通報を知りながら(証人が足りないという理由で)、警察へ通報をせず、長老たちが決定した組織的な隠蔽が違法であるという判決に繋がった[90]。しかしながら、2013年3月現在エホバの証人側がこの判決を不服として控訴している。

バーネット事件

星条旗への敬礼を拒んだ女性信者の姓にちなむ行政訴訟。1943年6月14日米最高裁判所はエホバの証人の子弟を放校する権利は教育委員会にはないという判断を下した。米国ウェストバージニア州での事例「バーネット事件」。

神戸高専剣道実技拒否事件

必須科目であった剣道の科目を履行しなかったことで退学または留年処分になったことの是非が争われたケースで、1996年3月8日、日本の最高裁判所は、学校側が主張する剣道の必須性を退け、格闘技を拒否された場合の代替措置を用意しなかったことは、学校側の落ち度であると指摘し、退学または留年処分は不当であるとの判決を下した。

過去に受けた法的規制

兵役や国家に対する忠誠の拒否などで処罰されたものある。エホバの証人は「彼らはその剣をすきの刃に、その槍を刈り込みばさみに打ち変えなければならなくなる。国民は国民に向かって剣を上げず、彼らはもはや戦いを学ばない[91]という聖書の記述に従ってであるが、当該国から見れば従軍拒否などはあくまでも法令違反とされている。代表的な事例として、ナチス・ドイツにおいて兵役を拒否したためにより強制収容所に送還され多くが処刑された出来事などが挙げられる(エホバの証人とホロコースト)。現代でも一部の国々で同様の事例が存在する。アメリカでのエホバの証人の弾圧英語版カナダでのエホバの証人の弾圧英語版を参照。

政府または議会にカルトまたはセクトと分類された例

エホバの証人は、いくつかの政府によって、カルトまたはセクトと分類されている。例として以下の政府・議会報告が挙げられる。




[ヘルプ]
  1. ^ エホバの証人【えほばのしょうにん】『時事用語のABC』松山大学檀研究室/株式会社エア 2000年8月13日更新 には「キリスト教系の宗教団体」とある。
  2. ^ FEBC特別番組「今、エホバの証人を問う」
  3. ^ 世界大百科事典【ものみの塔】
  4. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)「エホバの証人は独自の聖書を使っていますか」『JW.ORG / エホバの証人の公式ウェブサイト
  5. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)「「神の神聖な宣言」の翻訳を託される―ローマ 3:2」『JW.ORG / エホバの証人の公式ウェブサイト』吹き替えを聞き書き
  6. ^ 正木 弥神のみ名」『新世界訳聖書は改ざん聖書』びぶりや書房(現ビブリア書房)、2007年11月
  7. ^ 日本聖書協会文語訳 小型聖書』(「明治初期、J.C.ヘボンを中心とした委員会が翻訳し、広く日本の思想・文学に影響を与えた旧新約聖書です。スマートかつコンパクトに仕上げました」と書いてある)
  8. ^ バイブルハウス南青山 『日本語文語訳聖書』(「ヘボンらを中心とした翻訳委員社中および聖書翻訳出版常置委員会により翻訳され、聖書協会として初めて発行した記念すべき日本語聖書。愛読者が絶えない名訳です」と書いてある)
  9. ^ ものみの塔聖書冊子協会 (エホバの証人) 『1997奉仕年度の報告を収めた 1998 エホバの証人の年鑑』
  10. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)「[読者の質問に答える エホバの証人はプロテスタントの一派ですか http://wol.jw.org/ja/wol/d/r7/lp-j/2009813]」『ものみの塔2009年11月1日号、19頁。
  11. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)「エホバの証人はプロテスタントですか」『JW.ORG / エホバの証人の公式ウェブサイト
  12. ^ エホバの証人記者クラブ (エホバの証人個人) 『エホバの証人報道の際の注意点』、2004年7月1日更新
  13. ^ 結城浩さまざまな教会」『聖書を読みたい・教会へ行きたい』1997〜2009年(一部編集)
  14. ^ ものみの塔聖書冊子協会 (エホバの証人) 「参照資料付き新世界訳聖書付録1イ ヘブライ語聖書中の神のみ名」、1985年。「新世界訳のヘブライ語聖書の本文には, 「エホバ」の名が6,973回出て来ます」と書いてある。
  15. ^ ものみの塔聖書冊子協会 (エホバの証人) 「参照資料付き新世界訳聖書付録1ニ クリスチャン・ギリシャ語聖書中の神のみ名」、1985年。「わたしたちのこの翻訳の本文中に神のみ名の訳出されている237回」と書いてある。
  16. ^ ものみの塔聖書冊子協会 (エホバの証人) 「参照資料付き新世界訳聖書付録1イ ヘブライ語聖書中の神のみ名」、1985年。「その方のお名前はヘブライ語本文中にיהוה(YHWHもしくはJHVH)というつづりで6,828回出て来ます」「四文字語<テトラグラマトン>はヘブライ語本文(BHKおよびBHS)中に6,828回出て来ます」などと書いてある。
  17. ^ 正木 弥神のみ名」『新世界訳聖書は改ざん聖書』びぶりや書房(現ビブリア書房)、2007年11月。「(新約聖書の)多数の写本のどこにもエホバという表記が出てきません」「新約聖書のいかなる古代訳にも、また、教父文書のどこにも、エホバという名は出てきません」「信用ある校訂本文には、もちろん、“エホバ"という言葉はどこにも出てきません」などとあり、新約聖書原典にはエホバのみ名はないものと読み取れる。
  18. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)「神のみ名と聖書翻訳者たち」前半『神のみ名は永久に存続する』17ページ、1984年
  19. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)「付録 神のお名前―それを用いることとその意味」『聖書は実際に何を教えていますか』195〜197ページ、2005年
  20. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)「囲み記事 YHWHで表されるみ名のもともとの発音について, さまざまな学者が異なった考えを抱いています。」『神のみ名は永久に存続する』7ページ、1984年。エホバでもヤハウェでもない説がいくつか挙げられている。
  21. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)「囲み記事「エホバ」は神のみ名として, 聖書以外の事柄を扱った文の中でも広く用いられています」『神のみ名は永久に存続する』11ページ、1984年
  22. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)「神には名前がありますか」『JW.ORG / エホバの証人の公式ウェブサイト
  23. ^ 教会の反対、人の偏見があっても、実際に証人たちの話と出版物を聞いて見てみることと考えられる。教会の一方的な言葉を信じるのではなく、人の風評を鵜呑みにするのではなく、マタイ12:18-21の言葉の意味はキリストの行動言葉を人の風評をそのまま信じないようにベレア人のように実際に聖書を個人的に確認研究する、(使徒17:11)ということである。新世界訳普通版相互参照資料、脚注、研究する時は聖句を聖句によって明らかにし、理解する、ということが勧められている。問題は聖書の言葉をその通り、実際に真実 [要曖昧さ回避]に文字通りに信じているか、行動に表しているかと考えられる。何事も聖書から答えて居る証人たちの一致とエホバ神との一致は、聖書を真実に信じているから個人の勝手な答えはし無いんだろうと!!(使徒10:34,35)。
  24. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)「神の王国とは何か - 第8章 神の王国とは何ですか」『聖書は実際に何を教えていますか』77ページ、4〜7節、2005年
  25. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)「神の王国は何を行なうか - 第8章 神の王国とは何ですか」『聖書は実際に何を教えていますか』81ページ、15〜18節、2005年
  26. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)「聖書の真理を他の人に伝える - 第18章 バプテスマ, そして神とあなたとの関係」『聖書は実際に何を教えていますか』177ページ、8〜11節]、2005年
  27. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)真の宗教を見分ける方法 - 第15章 神に是認される崇拝『聖書は実際に何を教えていますか』149ページ、11〜12節、2005年
  28. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)囲み記事 エホバが憎むものを退けなさい - 第12章 神に喜ばれる生き方をする」『聖書は実際に何を教えていますか』122ページ、2005年
  29. ^ ものみの塔聖書冊子協会 (エホバの証人) 『2014 エホバの証人の年鑑』14ページ、2014年
  30. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)『ものみの塔1978年6月15日号12〜16ページ。
  31. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)『ものみの塔1996年7月15日号10〜15ページ。
  32. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)『ものみの塔1998年9月1日号13〜18ページ。
  33. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)『目ざめよ!1999年9月22日号7〜9ページ。
  34. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)『来たるべきわたしたちの世界政府―神の王国』4〜16、64〜70、183〜191ページ、1978年
  35. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)「神の王国」『聖書に対する洞察』第1巻、619〜631ページ、1994年
  36. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)「神はこのようなことを目的とされたのですか」『聖書は実際に何を教えていますか』4〜5ページ、2005年
  37. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)「あなたが神を知ることを, 神は望んでおられる - 第1章 神に関する真理とは何ですか」『聖書は実際に何を教えていますか』12〜14ページ、2005年
  38. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)「126 「確かにこれは神の子であった」」『これまでに生存した最も偉大な人』1991年
  39. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「伝道の書」9章5〜6節新世界訳聖書』、1985年
  40. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「マタイによる書」19章9節新世界訳聖書』、1985年
  41. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「エゼキエル書」28章16節新世界訳聖書』、1985年
  42. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「ヨブ記」2章4節新世界訳聖書』、1985年
  43. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「箴言」27章11節新世界訳聖書』、1985年
  44. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「ヨハネによる書」14章30節新世界訳聖書』、1985年
  45. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「エフェソス人への手紙」2章2節新世界訳聖書』、1985年
  46. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「ヨハネの第一の手紙」5章19節新世界訳聖書』、1985年
  47. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「コリント人への第二の手紙」4章4節新世界訳聖書』、1985年
  48. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「マタイによる書」11章11節新世界訳聖書』、1985年
  49. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「ヨハネへの啓示」7章4〜8節新世界訳聖書』、1985年
  50. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「ヨハネへの啓示」14章1〜3節新世界訳聖書』、1985年
  51. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「ヨハネへの啓示」7章9節新世界訳聖書』、1985年
  52. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「イザヤ書」9章5節新世界訳聖書』、1985年
  53. ^ 「その日、その時は、だれも知らない。天使たちも子も知らない。ただ、父だけがご存じである」(「マタイによる福音書」24章36節『新共同訳聖書』)
  54. ^ 「ただし、その日、その時がいつであるかは、だれも知りません。天の御使いたちも子も知りません。ただ父だけが知っておられます」(「マタイの福音書」24章36節『新改訳聖書』)
  55. ^ 「その日、その時は、だれも知らない。天の御使たちも、また子も知らない、ただ父だけが知っておられる」(「マタイによる福音書」24章36節『口語訳聖書』)
  56. ^ 「その日その時を知る者なし、天の使たちも知らず、子も知らず、ただ父のみ知り給ふ」(「マタイ傳福音書」24章36節『大正改訳聖書』(文語訳聖書))
  57. ^ 一般の聖書で、マタイ24:36(欽定訳)の聖句では無くマルコ13:32なのは欽定訳の同箇所(マタイ伝)でが抜けているように思えるため。But that day and hour knoweth no man, no, not the angels of heaven but my Father only二番目のnoのあとにsonがない。これは教会の三位一体の側の人が、父と子が同質で在ると言う信経が否定させるからと言った、三位一体の側からの御言葉のへの禁じられている重大な削り取りである(黙示録22:19!!)!!1988年4月1日号p,20ページ脚注、またヨハネ第一5:8の聖句(欽定訳)もよく知られている書き込みで、その黙示録の言葉に違反して居る!!(三位一体)
  58. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「創世記」3章19節新世界訳聖書』、1985年
  59. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「エレミヤ書」7章31節新世界訳聖書』、1985年
  60. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「創世記」1章2節新世界訳聖書』、1985年
  61. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「詩編」146編4節新世界訳聖書』、1985年
  62. ^ 「そのは出て行き、彼は自分の地面に帰る、その日に彼の考えは滅びうせる。」(「詩編」146編4節)考えは個人のものであったため死ぬ滅びるといっている。考えは死ぬというのは(物質)に考えが在ったからだ。霊が出て行く時考えが存続するならば、死ぬべき可能な魂に考えが無かったことになるが、死ぬ時に考えも滅ぶと言っている。霊とは魂を生かす動的エネルギーである息に他ならない。であるからとは物質的な肉の人自身であって(創世記2:7)霊が生命力「息」と翻訳されている。魂とは霊的なものでは無い。-コリント第一2:14 新世界訳の*の脚注。または、ヘブライ4:12 と原語で言う言葉と、原語のギリシャ語で言う言葉は違って居る。-『論じる』p,303頁。sec2節。『論じる』の本の魂の定義と、p,301ページ。sec4節。「新カトリック百科事典」の第13巻、449-450ページ英文の引用、日本語訳。「ゲヘナ」および「魂の絶滅説」のウィキペディアも参照。
  63. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)「王国を受けるにふさわしい者とされる」『ものみの塔2008年1月15日号。
  64. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「マタイによる書」22章30節新世界訳聖書』、1985年
  65. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)「[目ざめていて, 勇気をもって前進しなさい!]」『ものみの塔2002年4月1日号 25〜31ページ。結びの節(「付加的な集まり」の副見出し)に「今は, 目ざめていて, ずっと見張りつづけ, 世界情勢がどのように進展するかを見極めるべき時です」などと述べる「統治体の準備した感動的な声明」がある。
  66. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「ヨハネによる書」17章16節新世界訳聖書』、1985年。「わたしが世のものではないのと同じように, 彼らも世のものではありません」
  67. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「ヨハネによる書」18章36節新世界訳聖書』、1985年。「わたしの王国はこの世のものではありません」云々
  68. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「ヨハネへの啓示」13章14〜15節新世界訳聖書』、1985年
  69. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「ヨハネへの啓示」17章3節新世界訳聖書』、1985年
  70. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「ヨハネへの啓示」17章11節新世界訳聖書』、1985年
  71. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「ヨハネへの啓示」14章8節新世界訳聖書』、1985年
  72. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「ヨハネへの啓示」17章17節新世界訳聖書』、1985年
  73. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)『啓示の書―その壮大な最高潮は近い!』227〜258ページ、1988年
  74. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)『世の苦難からの人間の救いは近い!』227〜240ページ、1976年
  75. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)『ものみの塔1981年2月15日号 30〜31ページ。
  76. ^ ガーディアン 2001年10月15日
  77. ^ エホバの証人世界本部2001年12月1日より
  78. ^ ゆーじ(元エホバの証人2世)「エホバ神の教えに背教したものみの塔組織 神権的戦術 後編 国連NGO問題」『昼寝するぶた2003年2004年
  79. ^ エホバの証人記者クラブ (エホバの証人個人) 『エホバの証人の国連NGO加盟問題について』、2004年7月8日更新。
  80. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「ダニエル書」11章27節新世界訳聖書』、1985年。それ以降にも登場。
  81. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「ヨハネへの啓示」13章11節新世界訳聖書』、1985年
  82. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)『啓示の書―その壮大な最高潮は近い!』66〜73ページ、1988年
  83. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)『ダニエルの預言に注意を払いなさい』128〜305ページ、1999年
  84. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「ダニエル書」11章36〜41節新世界訳聖書』、1985年
  85. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)『ダニエルの預言に注意を払いなさい』210〜285ページ、1999年
  86. ^ 日本共産党エホバの証人(ものみの塔)とは?」『しんぶん赤旗』2003年1月16日
  87. ^ a b ガエタノ・コンプリゆがめられたキリスト エホバの証人 モルモン教 原理運動ドン・ボスコ社 1989年10月ISBN 978-4-88626-033-8
  88. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) 「ヨハネへの啓示」17章5節新世界訳聖書』、1985年
  89. ^ Jehovah's Witnesses ordered to pay more than $20 million to woman who said she was sexually abused 『NBC NEWS』2012年6月15日午前9時6分
  90. ^ ものみの塔に致命的なダメージを与える判決真理のみことば伝道協会2012年8月18日
  91. ^ 新世界訳聖書翻訳委員会(エホバの証人) [http://www.jw.org/ja/%E5%87%BA%E7%89%88%E7%89%A9/%E8%81%96%E6%9B%B8/nwt/%E5%90%84%E6%9B%B8/%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%A4/2/#v23002004イザヤ書2章4節、1985年
  92. ^ Enquête Parlementaire visant à élaborer une politique en vue de lutter contre les practiques illégales des sectes et le danger qu'elles représentent pour la société et pour les personnes, particulièrement les mineurs d'âge. Rapport fait au nom de la Commission d'enquête par MM. Duquesne et Willems. Partie II. (カルトの不法行為、社会や人々、特に未成年者にとっての危険と戦うことを目的とした政策を説明する議会公聴。ドゥケイン氏、ウィレム氏による委員会での公聴、の名称での報告 パート2) available online -- フランス語とフラマン語のニ言語報告, retrieved 2007-01-08.
  93. ^ フランス語の報告1995年(英語の翻訳), フランス国民議会, 議会委員会報告
  94. ^ フランス国民議会 (1999年6月10日). “Les sectes et l'argent {Cults and money]” (French). République Française. 2009年4月20日閲覧。 “enquête sur la situation financière, patrimoniale et fiscale des sectes, ainsi que sur leurs activités économiques et leurs relations avec les milieux économiques et financiers [カルトの財務、所有物、収益、同様にそれらの経済活動、経済・金融に関するコネクションに関する公聴]”
  95. ^ 世界初かどうかは諸説あるが、ベーシストとして、スラップ奏法は彼が編み出した奏法であるとされている。プリンスも彼に影響されて入信した。
  96. ^ マイケル・ジャクソンも、母親に倣いエホバの証人の二世信者であったが、晩年(50歳)には、ロサンゼルスに在住する二人の友人の勧めでイスラム教改宗した。イスラム教の聖典コーランの前でシャハーダ(信仰告白)を行い、名前を「ミーカーイール (Mikaeel) 」に改めた。
  97. ^ ものみの塔聖書冊子協会(エホバの証人)「『満足できず, もの寂しく, むなしさを感じました』。―国持 一洋 - 聖書は人の生き方を変える」『ものみの塔2011年4月1日号 29〜30ページ。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

エホバの証人に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エホバの証人」の関連用語

エホバの証人のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




エホバの証人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエホバの証人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS