エホバの証人 慣行

エホバの証人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/15 15:33 UTC 版)

エホバの証人(エホバのしょうにん、: Jehovah's Witnesses)はキリスト教系の新宗教[3][4][5]ものみの塔聖書冊子協会などの法人が各国にあり、ほぼ全世界で活動している。聖書は主に新世界訳聖書を使用している。また、主流派キリスト教が唱える基本信条を否定し、一般的には熱心な伝道活動を行うこと、輸血を拒否すること、戦争に参加しない事などで知られている[6][7][8]




[ヘルプ]

エホバの証人の公式サイト・出版物など

  1. ^ Court Trial Testimony Redwood City”. Superior Court of the State of California (2012年2月22日). 2014年4月20日閲覧。 “I am general counsel for the National Organization of Jehovah's Witnesses out of Brooklyn, New York. ... We are a hierarchical religion structured just like the Catholic Church.”
  2. ^ a b 2016 Yearbook of Jehovah's Witnesses. Watchtower Bible and Tract Society. (2016). pp. 185–186. https://www.jw.org/en/publications/books/2016-yearbook/2015-grand-totals/. 
  3. ^ 島薗進『何のための「宗教」か?―現代宗教の抑圧と自由』青弓社 1994年
  4. ^ 井門富二夫『カルトの諸相 キリスト教の場合』岩波書店1997年
  5. ^ Anthony A. Hoekema (1963). The Four Major Cults: Christian Science, Jehovah's Witnesses, Mormonism, Seventh-day Adventism. Eerdmans. ISBN 0-85364-094-7. 
  6. ^ 『日本大百科全書(ニッポニカ)』(エホバの証人)川又志朗
  7. ^ a b c d 社会通念として「3大異端」に言及。伊藤正孝、市雄貴『血を拒む「エホバの証人」--異端の輝きと悲惨』朝日ジャーナル:第27巻第27号(1985),p22.朝日新聞社
  8. ^ a b c d e ウィリアム・ウッド『[エホバの証人]への伝道ハンドブック』いのちのことば社、1987年
  9. ^ 生駒孝彰 綾部恒雄(編)「アメリカ起源の二つの宗派」『クラブが創った国 アメリカ』<結社の世界史> 山川出版社 2005 ISBN 463444450X pp.129-136.
  10. ^ レイモンド・フランズ著・樋口久訳 『良心の危機 ―「エホバの証人」組織中枢での葛藤』(Crisis of Conscience) せせらぎ出版、2001年
  11. ^ キリスト聖書塾編集部 『ヘブライ語入門』 キリスト聖書塾、1985年、399頁。
  12. ^ 中澤啓介『十字架か、杭か』新世界訳研究会、1999年 キリストの磔刑について、十字架刑であったという考古学的証拠が多数発見されている。
  13. ^ 「神は霊であられるので神を崇拝するものも霊と真理をもって崇拝しなければなりません。」(ヨハネ4章24節);「子供らよ、自分を偶像から守れ。」(ヨハネ第一5章21節);「偶像によって汚れたものを避ける。」(使徒15章20節);「神の神殿と偶像に一致があるか。」(コリント第二6章16節);「偶像礼拝から逃げ去りなさい。」(コリント第一10章14節);「強欲つまり偶像礼拝に関して、地上にあるあなた方の肢体を死んだものとしなさい。」(コロサイ3章5節)
  14. ^ ホセ・ヨンパルト カトリックとプロテスタント-どのように違うか- サンパウロ 1968.8.Aug P.33~4 サンパウロ
  15. ^ a b 尾形守異端見分けハンドブック』プレイズ出版
  16. ^ a b 悩むエホバの証人へ-真理のみことば伝道協会
  17. ^ キリスト教大事典 改訂新版第9版』教文館、1988年
  18. ^ なにゆえキリストの道なのか(32)聖書を教える“エホバの証人”はキリスト教ではないのか 正木弥:クリスチャン・トゥデイ
  19. ^ ものみの塔への疑問 -JWTC エホバの証人をキリストへ
  20. ^ ミカ書(口語訳)#4:3
  21. ^ イザヤ書(口語訳)#2:4
  22. ^ マタイによる福音書(口語訳)#26:52
  23. ^ 創世記(口語訳)#9:4
  24. ^ レビ記(口語訳)#17:10
  25. ^ 申命記(口語訳)#12:23
  26. ^ 使徒行伝(口語訳)#15:20
  27. ^ 使徒行伝(口語訳)#15:28,29
  28. ^ a b c d 大泉実成『説得―エホバの証人と輸血拒否事件』現代書館1988年
  29. ^ 『エホバの証人と輸血』公益社団法人日本医師会
  30. ^ 2013-04-17 朝日新聞 朝刊
  31. ^ a b カルト岩井洋(関西国際大学教授)『知恵蔵』(株)朝日新聞出版発行.
  32. ^ Jehovah’s Witnesses take to streets as busy heathens are rarely home World news The Guardian
  33. ^ 『地上最後の刑事』 - ベン・H・ウィンタース - Google ブックス
  34. ^ a b 漫画『よく宗教勧誘に来る人の家に生まれた子の話』公式ページ-作品中にエホバの証人の施設「王国会館」が登場する。
  35. ^ カルト宗教信者の子どもたちが抱える問題 恐怖で服従を強いることも - ライブドアニュース-エホバの証人も含めた新興宗教の信者を親にもつ子どもたちについて書かれている。
  36. ^ 生駒孝彰『世界の宗教101物語』新書館1997年
  37. ^ 毎日新聞,1994年6月7日夕刊.
  38. ^ ウィリアム・ウッド『エホバの証人 マインドコントロールの実態』三一書房1993年
  39. ^ ウィリアム・ウッド『エホバの証人 カルト集団の実態』三一書房1997年
  40. ^ 坂根真実『解毒 エホバの証人の洗脳から脱出したある女性の手記』角川書店2016年
  41. ^ 佐藤典雅『ドアの向こうのカルト ---9歳から35歳まで過ごしたエホバの証人の記録』、河出書房新社2013年ISBN 978-4-309-02155-3
    (上記書籍の文庫版:佐藤典雅『カルト脱出記 エホバの証人元信者が語る25年間の記録』、河出文庫、さ37-1、河出書房新社、2017年ISBN 978-4-309-41504-8
  42. ^ a b エホバの証人事件で息子の輸血を拒否した父親と、演じたたけしの距離 - 現代ビジネス 講談社
  43. ^ Jehovah's Witnesses ordered to pay more than $20 million to woman who said she was sexually abused 『NBC NEWS』2012年6月15日午前9時6分
  44. ^ California Courts - Appellate Court Case Information
  45. ^ Jehovah's Witnesses to compensate woman over sex abuse - BBC News
  46. ^ Media releases, Child Abuse Royal Commission
  47. ^ Australia's Jehovah's Witnesses Failed To Report 1,006 Alleged Child Sex Abuses The Two-Way NPR
  48. ^ Jehovah’s Witnesses face child sexual-abuse investigation in Australia - The Washington Post
  49. ^ 児童性的虐待:オーストラリア連合教会、過去40年で賠償金約20億円|クリスチャントゥデイ-エホバの証人も含めた宗教団体の児童性的虐待について書かれている。
  50. ^ a b 「ロシア政府、エホバの証人を「過激主義団体」に指定へ」-ハフィントンポスト誌,2017.4.8.
  51. ^ ロシア、エホバの証人の活動禁止 「過激派組織」と政府:AFPBB News
  52. ^ Enquête Parlementaire visant à élaborer une politique en vue de lutter contre les practiques illégales des sectes et le danger qu'elles représentent pour la société et pour les personnes, particulièrement les mineurs d'âge. Rapport fait au nom de la Commission d'enquête par MM. Duquesne et Willems. Partie II. (カルトの不法行為、社会や人々、特に未成年者にとっての危険と戦うことを目的とした政策を説明する議会公聴。ドゥケイン氏、ウィレム氏による委員会での公聴、の名称での報告 パート2)available online -- フランス語とフラマン語の2言語報告, retrieved 2007-01-08.
  53. ^ フランス語の報告1995年(英語の翻訳), フランス国民議会, 議会委員会報告
  54. ^ フランス国民議会 (1999年6月10日). “Les sectes et l'argent” (French). République Française. 2009年4月20日閲覧。 “enquête sur la situation financière, patrimoniale et fiscale des sectes, ainsi que sur leurs activités économiques et leurs relations avec les milieux économiques et financiers [カルトの財務、所有物、収益、同様にそれらの経済活動、経済・金融に関するコネクションに関する公聴]”
  55. ^ あかぼし 作品情報 - 映画.com
  56. ^ 第25回東京国際映画祭 公式インタビュー 日本映画・ある視点 『あかぼし』-監督がエホバの証人をモデルにしていると明言。
  57. ^ マツリ新作「HUMINT」&元二世信者の自伝マンガ、ヤンマガサードで始動 - コミックナタリー


「エホバの証人」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

エホバの証人に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エホバの証人」の関連用語

エホバの証人のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

波津海水浴場

足の骨

BCJマーク

オレンジグリッター・ダニオ

判定写真

はまなす

スポッテッドラットフィッシュ

ビーンバッグ





エホバの証人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエホバの証人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS