エホバの証人 慣行

エホバの証人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/30 04:28 UTC 版)

エホバの証人(エホバのしょうにん、: Jehovah's Witnesses)は、キリスト教系の新宗教[1]の組織または信者。ものみの塔聖書冊子協会などの法人が各国にあり、ほぼ全世界で活動している。




[ヘルプ]

エホバの証人の出版物など

  1. ^ エホバの証人【えほばのしょうにん】『時事用語のABC』松山大学檀研究室/株式会社エア 2000年8月13日更新。
  2. ^ レイモンド・フランズ著・樋口久訳 『良心の危機 ―「エホバの証人」組織中枢での葛藤』(Crisis of Conscience) せせらぎ出版、2001年
  3. ^ Jehovah's Witnesses ordered to pay more than $20 million to woman who said she was sexually abused 『NBC NEWS』2012年6月15日午前9時6分
  4. ^ Enquête Parlementaire visant à élaborer une politique en vue de lutter contre les practiques illégales des sectes et le danger qu'elles représentent pour la société et pour les personnes, particulièrement les mineurs d'âge. Rapport fait au nom de la Commission d'enquête par MM. Duquesne et Willems. Partie II. (カルトの不法行為、社会や人々、特に未成年者にとっての危険と戦うことを目的とした政策を説明する議会公聴。ドゥケイン氏、ウィレム氏による委員会での公聴、の名称での報告 パート2) available online -- フランス語とフラマン語の2言語報告, retrieved 2007-01-08.
  5. ^ フランス語の報告1995年(英語の翻訳), フランス国民議会, 議会委員会報告
  6. ^ フランス国民議会 (1999年6月10日). “Les sectes et l'argent” (French). République Française. 2009年4月20日閲覧。 “enquête sur la situation financière, patrimoniale et fiscale des sectes, ainsi que sur leurs activités économiques et leurs relations avec les milieux économiques et financiers [カルトの財務、所有物、収益、同様にそれらの経済活動、経済・金融に関するコネクションに関する公聴]”
  1. ^ ものみの塔聖書冊子協会 (現エホバの証人) 『ものみの塔』復刻版 3821ページ、1906年7月15日号。
  2. ^ ものみの塔聖書冊子協会 (エホバの証人) JW Broadcasting
  3. ^ ものみの塔聖書冊子協会 (エホバの証人) 『2014 エホバの証人の年鑑』14ページ、2014年


「エホバの証人」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

エホバの証人に関連した本

エホバの証人に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「エホバの証人」の関連用語

エホバの証人のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

エビアマモ

硫テルル蒼鉛鉱

ケブラー

佐々木慎

核燃料輸送物

ビンふたつ包み

せり

水難救助車





エホバの証人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエホバの証人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS