ダイバーシティとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ダイバーシティの意味・解説 

ダイバーシティ

別表記:ダイバシティ

(1)「多様性」などの意味を持つ英語。綴りは「diversity」。労働における「人材多様さ」の概念などとして用いられる場合がある。
(2) 東京台場にある複合商業施設。「DiverCity」と表記する。

ダイバーシティ

市場要求多様化に応じ、企業側も人種性別年齢信仰などにこだわらずに多様な人材を生かし、最大限能力発揮させようという考え方1990年代アメリカ浸透し、旧日経連、日本経団連などで研究重ねられていますが、一般にはいまだ単なる人材多様化理解されている場合が多いようです

ダイバーシティ

【英】Diversity and Inclusion

雇用機会均等多様な働き方を指すことは。

・もともとは、アメリカにおいてマイノリティー女性積極的な採用差別ない処遇実現するために広がったもの。その概念広がり見せ多様な働き方”を受容する考え方として使われるようになった

日本においては人種宗教等よりは、性別価値観ライフスタイル障害等の面に注目した多様性として捉えられている傾向がある。

・現在、人権等の本質的な観点だけでなく、将来的少子高齢化による労働力人口減少等に対応した人材確保観点から“ダイバーシティ”に取り組む企業増加している。

関連ページ
人事制度

ダイバーシティ

ダイバーシティ ダイバーシティ(Diversity)とは、社員一人ひとりが持つ違い性別人種国籍宗教年齢学歴職歴など)を受け入れそれぞれ価値として活かすことで、企業競争力つなげようという考え方です。直訳すると「多様性ということになりますが、経営用語としてはDiversityInclusion、「多様性受容」を意味します。平たく言えば社員それぞれの個性を生かした経営ということになります。
 ダイバーシティという考え方は、60年代米国公民権運動など人権問題への取り組みのなかで生まれました。「黒人白人女性」に対す差別的な人事慣行採用業績評価など)を撤廃しようという動き発端になりました。やがてマイノリティ障害者高齢者など)をすべて包括する考え方変わり企業社会中に浸透していきました。現在は企業競争力観点から重要性増しています。
 日本でも変化に強い組織づくりの考え方として注目集めマネジメント手法として採用する企業が増えています。ソニー2005年7月にダイバーシティ・プロジェクト(DIVI@Sony)を発足女性社員の「就業継続支援」や「一担当者からマネージャー経営職へのキャリアアップサポート」する活動などを推進しています。082月にはダイバーシティ開発部を新設し、取り組み強化しています。このほか富士フイルムホールディングス丸紅野村證券東京電力帝人日産自動車など、多く大企業積極的に取り入れています。
 背景には社会大きな構造変化あります少子化により十分な労働力確保できない状況移行しつつあるなか、企業女性高齢者外国人などの労働力生かす必要に迫られています。またニートやシングル・ペアレントが増加するなど、家族観も様変わりしています。
 多様な顧客ニーズ応えられないよう企業は、経営成り立ちにくい時代になってきました。多様なニーズ応えるには、多様な人材育てることがカギになります。従来のように男性社員幹部候補女性社員補助職と画一的処遇するのではなくそれぞれの個性最大限引き出し、それらを経営生かす知恵工夫戦略が重要になっています。
 団塊の世代チーム組織し、同世代向けの製品サービス開発を行うといったマネジメント手法は、その一例といえるでしょう同様の手法外国人向けや女性向けの商品開発にも応用できます。「100年一度といわれる不況期には社員さまざまな能力引き出しモチベーションを高いレベル維持できるかどうかが、成長分かれ目になります。
 日本の企業には伝統的職場の「和」や社員の「同質性」を大事にする文化あります競争力源泉である「現場力」を維持するためには重要な価値基準かもしれません。ただ、ともすれば出る杭は打たれる」ではありませんが、一人ひとりの個性可能性切り捨ててしまうことになりかねません。ダイバーシティという考え方はもっと評価され、経営取り入れられてよいでしょう

(掲載日:2009/04/25)

ダイバーシティ

読み方:ダイバーシティ
【英】:diversity

関連するカテゴリ
無線機器

無線機器の2本のアンテナのうち、受信状態の良好な方を使って受信することができる。このような受信方法をダイバーシティ受信と呼ぶ。マルチパスフェージング対策として有効で、無線通信安定性が向上する


ダイバーシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/12 09:54 UTC 版)

ダイバーシティ英語: Diversity)とは、複数のアンテナ受信した同一の無線信号について、電波状況の優れたアンテナの信号を優先的に用いたり、受信した信号を合成してノイズを除去したりすることによって、通信の質や信頼性の向上を図る技術のことである。送信に対して適用したものは送信ダイバーシティという。工学分野では「ダイバーシチ」と表記する場合もある。


[ヘルプ]
  1. ^ 参考文献:第2級陸上無線技術士試験問題 2009年2月
  2. ^ 参考文献:移動通信の基礎(電子情報通信学会発行)
  3. ^ 参考文献:常川、鹿子嶋、小型筐体上水平配置ダイポールアンテナのダイバーシチ特性解析、信学論、J75-B-II巻、9号(1992.9)pp.629〜637


「ダイバーシティ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ダイバーシティに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ダイバーシティ」の関連用語

ダイバーシティのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

バシファー

シオデ

STS-55

ピエトレン

すずらん

御嶽山

レンガ舗装

洋角組





ダイバーシティのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2017 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2017 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2017 Active and Company Ltd. All rights reserved.
財団法人経済広報センター財団法人経済広報センター
Copyright(C) 2017 KEIZAI KOHO CENTER. SANGYO DATA PLAZA All Rights Reserved.
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2017. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダイバーシティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS