酒井和歌子 酒井和歌子の概要

酒井和歌子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/23 21:39 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
さかい わかこ
酒井 和歌子
本名 同じ
生年月日 (1949-04-15) 1949年4月15日(71歳)
出生地 日本 東京都板橋区
血液型 B型
職業 女優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
活動期間 1961年 -
活動内容 1959年劇団若草入団
1961年:映画『あいつと私
1964年東宝に移籍
配偶者 なし
事務所 スタッフ・アップ プロモーション
公式サイト オフィシャルプロフィール
主な作品
テレビドラマ
『つらつら椿』NHK
ちょっとしあわせ
映画
これが青春だ![1]
激動の昭和史 沖縄決戦
華麗なる一族
戦争を知らない子供たち
妻と女の間[1]
テンプレートを表示

来歴

栃木県で生まれ、生後間もなく東京都板橋区に移り住む[3]。小学校に入学して劇団若草へ入団する[3]

1961年の『あいつと私』やテレビドラマに出演する傍ら、『女学生の友』などの少女雑誌のモデルとして活躍した[1]

1964年、『今日もわれ大空にあり』のオーディションに合格し、東宝に入社した。内藤洋子と共に「青春スター」と呼ばれた[1]。また、吉永小百合や栗原小巻らとともに、酒井和歌子の名前があがることも多かった。夏木陽介主演の『これが青春だ!』『でっかい太陽』での清純な女子高生役が爽やかな印象を残して注目を得ることに成功。

1968年には、初主演作『めぐりあい』の成功で看板女優として認められ、「ワコちゃん」と呼ばれた。続いて『若大将シリーズ』でのヒロイン・節子役や『日本の青春』などの話題作でも顔が知られるようになった[1]

1974年にはドラマ『ちょっとしあわせ』で郷ひろみ、高沢順子らと共演した[5]。表裏のないテレビ画面の通りの人柄の良さで知られ、共演した芹明香は、酒井和歌子の人柄について「本当に善い人。すごく好きだった」と証言している[6]。 長らく清純派女優のイメージを引き継いだ役柄が多かったが、1976年の『妻と女の間』では、一時の愛に溺れる平凡な人妻役をこなした。同年、東宝を退職し、フリーとなり、活動の場をテレビドラマに移した。

1970年代以降は『火曜サスペンス劇場』や『土曜ワイド劇場』、『東芝日曜劇場』といったテレビドラマの常連として活躍し、良妻賢母から愛欲に溺れる悪女、主人公の母、姑まで多岐にわたる「女の人生」を演じ切った[1]

親友の女優は、小学3年生時に同じ劇団で同期入団した柏木由紀子など。

趣味は旅行で世界遺産巡りが好きで、特に大自然を見るのが好みとのこと。健康のために週2回の水泳を続けている。2018年9月に母親が92歳で亡くなり、その後も独身を貫いている[1]

出演

映画

☆太字は主演、斜体はヒロイン役。

テレビドラマ

NHK

  • 銀河テレビ小説
    • つらつら椿(1973年) - 井川マオ
    • 僕たちの失敗(1974年) - 伊吹まさ子
    • (1975年) - 香村つかさ
    • 昭和の青春シリーズ 第3回「春の谷間」(1977年) - 早見みさ子
    • 本日開店(1982年) - 君栄
  • 白き抗争(1983年) - 風間洋子
  • 愛されてますかお父さん(1990年) - 恵子
  • 和菓子の味(1994年)
  • 噂の伝次郎(1997年
  • FLY 航空学園グラフィティ2000年) - 氏家弥生
  • 菜の花の沖(2000年) - 貞代

日本テレビ

  • 悔いなき煩悩 (1962年12月~1963年09月)
  • 青春とはなんだ 第13話「危険な年輪」(1966年1月16日) - 木塚敦子
  • わたしの事情(1966年3月 - 6月)
  • 河のほとりで(1966年10月‐1967年2月)
  • 右門捕物帖 第24話「無明流女秘剣」(1970年3月14日)
  • 土曜グランド劇場 あしたはまっ白(1970年6月 - 7月) - 茜
  • 火曜日の女シリーズ蒼いけものたち(1970年8月 - 9月) - 水川美矢子
  • 飛び出せ!青春(1972年2月 - 1973年2月) - 本倉明子先生
  • 夫婦学校第2シーズン 第22回「女房の妬くほど…」(1973年3月)
  • らっきょうの花(1973年4月 - 8月) - 杏子
  • 土曜日の女・香港からの手紙(1973年11月 - 1974年1月) - 足立真弓
  • 太陽にほえろ! 第101話「愛の殺意」(1974年6月21日) - 今井典子
  • 気まぐれ天使(1976年10月‐1977年10月) - 南條友江(1977年1月の第16話より)
  • さらば愛-最後の診断-(1977年10月‐1978年1月) - 菊村香
  • 翔んでますえ(1979年10月‐1980年3月、よみうりテレビ制作)
  • 生きるなり(1980年) - 酒井和歌子(本人役)
  • 私はタフな女(1981年) - 恵子
  • 死を抱く女(1982年) - 浜田絢子
  • 家族それぞれの殺意!(1982年)
  • 悪魔になった妻(1982年)
  • ガラスの階段 呪われた過去を知る男が殺された! そして私は…(1983年) - 室町志津子
  • 密会(1984年)
  • 不倫の脅迫状 妻の座を捨て愛に溺れた女に地獄からの催促!!(1984年)
  • 火曜サスペンス劇場
    • 愛の牢獄(1984年) - 秋本多津子
    • さよならを言えない女(1986年)
    • 見知らぬ夫(1986年) - 荒木章子
    • 死角関係(1987年) - 野瀬裕子
    • 再婚する女(1991年9月10日)
    • 弁護士・高林鮎子 第24話「東京環状線・夏の迷走」(1999年7月20日) - 西田直子
    • 小京都ミステリー 第27作「奥州三代嫁姑殺人事件」(2000年) - 桜木由紀子
    • 身辺警護 第8話「花嫁の父が22口径の銃で狙撃された」(2001年8月14日) - 坂崎雅代
    • 監察医・室生亜季子 第31話「母の波濤」(2002年3月19日) - 今井のり子
    • 女の家(2002年7月30日) - 静江
    • 二通の手紙(2004年) - 伊織真沙未
    • 監察医・室生亜季子 第36話「母子鑑定」(2005年1月) - 大川美奈子
    • 無能の真実(1985年)
  • 二人の妻(1985年)
  • 愛ありて、夢ありてこそ(1986年)
  • 仮面の良妻(1986年) - 節子
  • 受胎のマリア(1987年)
  • 無実の証明(1988年) - 玉木律子
  • 一種、ハッピーエンド(1988年)
  • 風に吹かれて(1989年)
  • 命みじかく(1990年)
  • 別れの余韻(1990年)
  • お茶の間(1993年1月‐3月、よみうりテレビ制作) - まさえ
  • 星の金貨(1995年4月‐7月) - 永井美智代
  • 続・星の金貨(1995年10月‐12月) - 永井美智代
  • 松本清張ドラマスペシャル・黒の回廊(2004年3月23日) - 梶原澄子
  • 仔犬のワルツ(2004年4月‐6月) - 片岡久枝
  • お助け屋☆陣八(2013年、よみうりテレビ制作) - 飯島フミ

TBS

  • おかあさん第2シリーズ 第227話「白い杖」(1964年)
  • まかしといて!(1968年)
  • ナショナル劇場
  • 東芝日曜劇場
    • デートをへらせ(1971年)
    • 知らぬが仏(1972年)
    • さらば夏の光よ(1974年) - 戸田京子
    • 二人で歩いて(1984年)
    • 父と子の約束(1984年) - 星子
  • あたし頑張ってます(1971年 - 1972年)
  • いま炎のとき(1972年) - 賀川妙子
  • もうひとつの愛(1974年)
  • ガラスの森(1975年 - 1976年)
  • 結婚前夜シリーズ 第10回「ふたりの愛」(1976年)
  • 遥かなる海(1976年)
  • 暗黒流砂(1977年) - 純子
  • かあさん堂々(1977年) ‐ 立原夕子
  • 夫婦ようそろ(1978年)
  • 八甲田山(1978年) ‐ 中田きぬ
  • 幸福の断章(1978年)
  • あした泣く(1978年)
  • 男なら!(1979年) - 広岡紀子
  • 燃える命(1981年) - 市原明子
  • 愛の滑走路'81(1981年) - 真弓(河合美奈子)
  • 愛と炎の砂漠・時の扉(1982年)
  • 水曜ドラマスペシャル 単身家族 -最後に愛を見たのは-(1985年5月15日)
  • ああ嫁姑Ⅱ 第1話「姑の哲学」(1985年)
  • 恋ゲーム(1985年)
  • 猫と亭主と二人の女・弁護士結城亜紀子の場合(1988年)
  • 愛の転生(1988年)
  • 五島・福江行(1989年8月12日) - 淑子
  • 社長になった若大将(1992年) - 田沼近子
  • フジヤマのトビウオ 古橋広之進物語(1992年)
  • 猫魔に消えた花嫁(1995年)
  • 月曜ミステリー劇場 万引きGメン・二階堂雪10・「ねたみ」(2003年) - 野添久子
  • 検察事務官 黒ユリ(2016年) - 律子

フジテレビ

  • フレッシュマン(1967年)
  • おんなの劇場 青春の挽歌(1970年)
  • 土曜劇場
  • ふたりは夫婦 第23回「ロマンか不満か」(1975年)
  • 銭形平次 第594回「冬の蜆」(1977年10月19日) - お柳
  • 柳生一族の陰謀 第14話「魔性の館」(1979年1月2日) - 千姫
  • 日本のおんなシリーズII 春の翳(1981年) - 亮子
  • 殺さないで! あなた(1983年)
  • サヨウナラあなた-あなたも夫を捨てられる-(1984年)
  • 殺す風(1985年)
  • 妻が夫を超えるとき(1986年)- 真知子
  • 再会-その危険な罠-(1987年8月21日)- 沢井衿子
  • 父たちの物語(1988年)
  • 闇の殺意(1988年)- 真紀
  • 風花の町へ(1993年)
  • 上を向いて歩こう!(1994年) - 細井瑞穂
  • 裸の大将 第72回「少女と清の母恋し」(1995年) - 岡田美代子(立石美代子)
  • もう我慢できない!(1996年) - 福本園子
  • オレゴンから愛'96 ラブレター 大自然の中で父と子が向き合った(1996年) - 岡田
  • はるちゃん6(2002年、東海テレビ制作) - 清藤しのぶ
  • おみやさん第5シリーズ「時効直前!! 熟年離婚が呼ぶ二つの殺意」(2006年) - 山下圭子
  • 金曜エンタテイメント

テレビ朝日

  • ポーラ名作劇場 忍ぶ糸(1971年) - 滝本千賀
  • 人形佐七捕物帳 最終話「怪談・座頭の鈴」(1971年) - 駒代
  • 泣きべそ・ほほえみ・六本木(1972年)
  • ちょっとしあわせ(1974年) - 柚木鈴子
  • 君の名は(1976年) - 氏家真知子
  • 土曜ワイド劇場
    • ある誘拐 裁かれる刑事(1978年) - 尾坂美知子
    • 松本清張の紐・恐怖の大回転遊覧車(1979年) - 戸田正子
    • 悪女の仮面 扉の陰に誰かが(1980年) - 黒川アキ
    • 昭和7年の姦通殺人鬼 血に染まった函館(1980年) - 秋川ひろ子
    • 仮面の花嫁 暗闇へのワルツ(1981年3月14日) - キャサリン
    • ヒット曲は殺しのテーマ 忘れない女(1982年3月13日) - マヤ
    • 整形復顔の女 私の過去をあばかないで 結婚への変身!(1983年)- 大村智子
    • 母に捧げる犯罪 美しい女相続人(1983年)- 佐伯加代子
    • 夏樹静子の女の銃(1984年)- 奈美子
    • 過去を消す女 私の結婚のために死んで下さい(1984年)- 掛川留美(旧姓・小林)
    • 西村京太郎トラベルミステリー16・「寝台特急八分停車」(1989年) - 中根恭子
    • 京都殺人案内16・「復讐の逆転法廷」(1990年) - 織井紀和
    • 同居人カップルの殺人推理旅行3・「犬が見た死体」(1995年) - 阿川和代
    • 警察署長 第1回「切り落とされた指を残して消えた容疑者! 浮かばない死体の謎? 偽名で身投げした人妻の叫び…」(1997年) - 丹羽真沙子
    • 牟田刑事官事件ファイル26・「沖縄仲人旅行連続殺人」(1999年) - 宮下幸代
    • 事件8・姑を殺した女!(2000年) - 吉永美都子
    • 家政婦は見た!21・「大財閥デパート王の表と裏の二つの顔!妻、料亭女将、宝石商…影の家族の相関図」(2003年) - 矢内美子
    • 狩矢父娘シリーズ8 「京都・花見小路殺人事件・華やかな祇園の舞妓と芸子の裏の顔…密室に三匹の猫トリック!」(2007年) - 三上陽子
    • 弁天祐美子法律事務所2(2009年11月) - 加山澄江
    • 検事・朝日奈耀子14・「500円弁当と同じ味の高級料理!?カリスマシェフ連続殺人を愛妻レシピが解く」(2013年) - 佐伯美代子
  • 長七郎天下ご免!(1979年 - 1980年) - おさよ
  • 夏樹静子の断崖からの声(1980年)
  • 消えた献本(1981年)
  • 石沢英太郎のその犬の名はリリー(1982年)
  • 月曜ワイド劇場
    • 女の犯罪シリーズ「わが子を誘拐した女・生みの母VS育ての母、あの子は私の子です!」(1982年) - 八重子
    • 私はみだらな女 華道家元スキャンダル事件!(1984年)
    • 狙われた非行主婦(1985年)
  • 女たちの課外授業(1983年) - 森本朝子
  • 女の一生(1985年)
  • 女ざかり、三人旅(1986年)
  • 死がお待ちかね グルメ・不倫・女の愛憎 函館殺人夜景(1990年)
  • 独身キャリアウーマンの甘い夢(1991年) - 孝子
  • 必殺仕事人・激突!(1991年 - 1992年、ABC制作) - 元締・初瀬
  • 京都殺人案内 第22回「高千穂から消えた美女と夜神楽の謎」(1996年) - 節子
  • 京都祇園入り婿刑事事件簿4 「創作京人形界をゆるがすスキャンダルの謎! 新星のごとく登場した美人人形師…死体に付着した白い粉が告げる秘密とは」(1999年) - 大友春枝
  • 牟田刑事官事件ファイル第26作「沖縄仲人旅行連続殺人」(1996年) - 宮下幸代
  • はぐれ刑事純情派 第13シリーズ(2000年) - 大浦典子
  • はぐれ刑事純情派 新春スペシャル さよなら林刑事…生きるんだ!(2004年) - 井尻美佐子
  • おみやさん第5シリーズ 第1話「時効直前!! 熟年離婚が呼ぶ二つの殺意」(2006年) - 山下圭子
  • 京都地検の女4 第2話「熟年夫婦を襲った恋と殺人の罠!!」(2007年) - 千葉奈緒子
  • 相棒 season11 元日スペシャル「アリス」(2013年) - 二百郷朋子
  • 最強のふたり〜京都府警 特別捜査班〜(2015年) - 三田ゆり子

テレビ東京

  • それからの武蔵(1981年1月2日) - お孝
  • 多重人格の女(1988年)
  • 事件の女シリーズ疑惑の標的 保険金殺人未遂事件(1988年)
  • 湯の宿の女 過去からの招待状(1992年)
  • 能登・金沢交換殺人事件(1992年)
  • 女と愛とミステリー水曜ミステリー9
    • やもめ記者万年さん(2002年6月) - 酒井三枝子
    • 監察医・篠宮葉月 死体は語る第3話「住宅街夫婦連続変死事件」(2003年5月21日) - 海野陽子
    • 人情刑事・宮本清四郎(2005年3月) - 川名弥生
    • 鉄道警察官・清村公三郎第3話「黒部渓谷トロッコツアー殺人事件」(2006年11月15日) - 一場さと子
    • 神の目の女刑事 鷹子(2007年) - 篠崎仁美

バラエティ

CM




  1. ^ a b c d e f g h i 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.79.
  2. ^ 酒井和歌子”. スタッフ・アップ. 2019年2月2日閲覧。
  3. ^ a b c d 週刊朝日 1982年10月22日号、43ページ(本人のインタビューも含む記事)。
  4. ^ 猪俣勝人田山力哉『日本映画俳優全史―女優編―』現代教養文庫、1977年 p.353
  5. ^ http://www.tvdrama-db.com/drama_info/p/id-14505
  6. ^ 「女優芹明香伝説」p.58。ワイズ出版
  7. ^ 野村の新テレビCMについて (PDF)”. ニュースリリース. 野村證券 (2018年8月17日). 2018年8月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月25日閲覧。


「酒井和歌子」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「酒井和歌子」の関連用語

酒井和歌子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



酒井和歌子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの酒井和歌子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS