DC とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 電気 > 電気 > 直流 > DC の意味・解説 

デスティネーションキャンペーン

別名:ディスキャン、DC、観光キャンペーン

自治体旧国鉄JR各社)が中心となって展開する大規模観光宣伝キャンペーン観光資源全国的アピールしたり、スタンプラリー宝探しなどのイベント催したりして、観光客獲得を図ろうとするもの。

多く場合、デスティネーションキャンペーンは県ごとに行われ、「広島県ディスティネーションキャンペーン」のように呼ばれる仙台・宮城のように特定地域特化したり、逆に東北地方全体のように対象地域拡大したり、群馬新潟のように複数の県で合同キャンペーンを行ったりする事例もある。
2013年0827更新

確定拠出年金

別名:DC
【英】defined contribution plan

確定拠出年金法によって定められる私的年金制度

従業員などが自身のために掛金拠出して、将来年金などで受け取る仕組み税制優遇措置従業員のために事業主掛金拠出できる当のメリットがある一方加入者(従業員)が自己責任のもとに年金資産運用する義務を負う。したがって、運用実績次第で受け取る金額が変わるところにあり、アメリカ類似の年金制度にかけて日本版401Kとも呼ばれている。

確定給付年金比較した場合企業にとっての、年金運用損等の後発債務不発生、費用化による安定等のメリットがある。

関連ページ
人事制度

ドメインコントローラ

【英】Domain Controller, DC

ドメインコントローラとは、Windowsにおいてネットワーク単位となっている「ドメイン」と呼ばれる論理的まとまり管理するサーバーのことである。

ドメインコントローラは、ネットワーク上の個々ユーザーアカウント情報一元的管理し、それぞれのユーザー対す認証アクセス許可を行っている。ドメインコントローラによってファイルフォルダ共有が可能となっている。

ドメインコントローラは各ドメイン内に1台のみ設置できる。もしドメインコントローラに障害発生すると、ネットワークへのアクセスができなくなってしまうので、バックアップデータを保存するサーバー予備として複数設置することができるようになっている。このとき、実際にドメインコントローラとして機能しているサーバーは「プライマリドメインコントローラ」と呼ばれ、バックアップデータを持って待機しているサーバーは「バックアップドメインコントローラ」と呼ばれる。バックアップドメインコントローラは、プライマリドメインコントローラが正常に機能しなくなった場合に、その処理を代理することができる。

ドメインコントローラはWindows NT初め搭載された。なおWindows 2000 Serverからは、ドメイン階層構造によって管理するディレクトリサービスであるアクティブディレクトリ採用されている。


参照リンク
Windows Server 2003 ドメイン コントローラのインストール - (Microsoft TechNet
OSのほかの用語一覧
Windows:  ディスククリーンアップ  デスクトップ  チェックディスク  ドメインコントローラ  ドライブレター  UAE  VxD

ドリル・カラー

読み方どりる からー
【英】: drill collar
略語: DC

ビット荷重加えるために掘り管ビットの間に挟んで使用される特別に肉の厚いパイプをいう。ドリル・カラーにはその全長わたって円形断面有するストレート・ドリル・カラーのほか、差圧抑留可能性を減らすため管体に螺旋{らせん}状の溝を切って坑壁との接触面積を減らしたスパイラル・ドリル・カラー坑井曲がりを減らすため四角断面にして管体の剛性大きくしたスクエア・ドリル・カラーなどがある。ドリル・カラーは、普通、鋼で作られるが、坑井方位傾斜測定する必要がある場合には、K モネルなどの非磁性材料で作られたドリル・カラーを使用し、そのなかに測定器位置するようにする。

ジフェニルシアノアルシン

分子式C13H10AsN
その他の名称:DC、Clark IIクラークIIDiphenylcyanoarsineDiphenyl(cyano)arsine、Diphenylarsino cyanide、Cyanodiphenylarsine
体系名:ジフェニルシアノアルシン、ジフェニル(シアノ)アルシン、ジフェニルアルシノシアニド、シアノジフェニルアルシン


DC++

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/24 07:45 UTC 版)

DC++
DC-Logo 128.png
Client connected.png
Windows 7上で動作するDC++ 0.777
開発元 ジャセク・シエカ(Jacek Sieka)
最新版 0.843 / 2014年4月28日(3年前) (2014-04-28
プログラミング言語 C++
対応OS Windows
種別 Peer-to-peer
ライセンス GNU GPLv2 or later
公式サイト dcplusplus.sourceforge.net
テンプレートを表示

DC++とはフリーオープンソースP2Pファイル共有クライアントで、ダイレクトコネクトネットワーク英語版ADC英語版プロトコルに接続することができる。主開発者はジャセク・シエカでarnetheduck英語版という愛称を持っている。

2008年現在、DC++はダイレクトコネクトのコミュニティで90%のシェアを誇っている[1]

DC++はNeoModus Direct Connect (NMDC)のフリーオープンソース代替クライアントで、同じファイル共有ネットワークに接続していて、同じファイル共有プロトコルに対応している。DC++が前述の人気を得ている理由の1つがNMDCと違っていかなるアドウェアを含んでいない点である[2]

ダイレクトコネクトネットワークには他クライアントが多くあり、これらのほとんどをDC++ "mods"とされ、DC++のソースコードを元にしたDC++修正バージョンである。DC++ modsの一部は以下にある。これらのクライアントの一部は特化されたコミュニティ(例えば音楽共有コミュニティ)向けや、特定の実験的機能や、DC++から削除されたとされる機能に対応するために開発されている。実験的機能の例としてハッシングがあり、当初BCDC++に搭載されていたが後にDC++が採用した。

フォーク

DC++とそのフォークを示したチャート図[3]

DC++におけるフリーオープンソース環境のアドバンテージはオリジナルクライアントに機能を追加したいくつものmodsが公開されることである。

多くのユーザーが将来的なリリースが含まれるDC++にパッチを送信しているが、開発者によってリジェクトされた機能もある。パッチをリジェクトする理由にとしてコードが貧弱だったり、取るに足らない、乱用されかねない、過度に特化された機能だったり、メインクライアントに無かったりするなどがある。例として、アップロードの帯域制限(多くのユーザーはアップロード帯域制限はチーティング形式で、フルデュプレックスネットワーク接続を使わない他ユーザーは制限されたアップロードによる合理的なダウンロード速度にしか達しない)、色付けされたチャット、特化したオペレーター機能(例としてクライアント/共有チェックがある。

一部フォークの開発者はDC++に機能の提供やアップストリーム英語版還元バグ修正を行っている。

クライアントソフトウェアの比較

一般

クライアント FOSS
ソフトウェアライセンス 現行
AirDC++ Yes GNU GPLv2 or later Yes
TkDC++ Yes GNU GPLv2 or later Yes
ApexDC++ Yes GNU GPLv2 or later Yes
DC++ Yes GNU GPLv2 or later Yes
EiskaltDC++ Yes GNU GPLv3 or later Yes
FlylinkDC++ Yes GNU GPLv2 or later Yes
LinuxDC++ Yes GNU GPLv2 or later Yes
RSX++ Yes GNU GPLv2 or later Yes
StrongDC++ Yes GNU GPLv2 or later No
クライアント FOSS
ソフトウェアライセンス 現行

対応OS

クライアント Windows
Linux
macOS
BSD
Haiku
AirDC++ Yes No No No No
TkDC++ Yes No No No No
ApexDC++ Yes No No No No
DC++ Yes No No No No
EiskaltDC++ Yes Yes Yes Yes Yes
FlylinkDC++ Yes No No No No
LinuxDC++ No Yes No Yes No
RSX++ Yes No No No No
StrongDC++ Yes No No No No
クライアント Windows
Linux
macOS
BSD
Haiku

インターフェイスとプログラミング

クライアント GUI
CLI
WebUI
プログラミング言語
元クライアント
AirDC++ Yes No No C++ StrongDC++
TkDC++ Yes No No C++ StrongDC++ / DC++ bzr
ApexDC++ Yes No No C++ StrongDC++
DC++ Yes No No C++ -
EiskaltDC++ Yes Yes Yes C++ DC++
FlylinkDC++ Yes No Yes C++ ApexDC++/StrongDC++
LinuxDC++ Yes No No C++ DC++
RSX++ Yes No No C++ StrongDC++
StrongDC++ Yes No No C++ DC++
クライアント GUI
CLI
WebUI
プログラミング言語
元クライアント

機能

クライアント
Magnet URI
UPnP
NAT traversal
DHT
暗号化
IPv6
IDNA
プラグイン
プロキシ
ハッシュアルゴリズム 対応プロトコル
AirDC++ Yes Yes Yes No Yes Yes No Yes Tiger Treeハッシュ TIGR, ADCS
ApexDC++ Yes Yes Yes Yes Yes No No Lua, C++ Yes Tiger Treeハッシュ TIGR, ADCS
DC++ Yes Yes Yes No Yes Yes No Yes Tiger Treeハッシュ TIGR, ADCS
EiskaltDC++ Yes Yes Yes Yes Yes No Yes Lua, QtScript, QML Yes Tiger Treeハッシュ TIGR, ADCS
FlylinkDC++ Yes Yes Yes Yes Yes No Yes Yes Tiger Treeハッシュ TIGR, ADCS
LinuxDC++ Yes Yes Yes No Yes No No Yes Tiger Treeハッシュ TIGR, ADCS
RSX++ Yes Yes Yes Yes Yes No No Lua, C++ Yes Tiger Treeハッシュ TIGR, ADCS
StrongDC++ Yes Yes Yes Yes Yes No No Yes Tiger Treeハッシュ TIGR, ADCS
クライアント
Magnet URI
UPnP
NAT traversal
DHT
暗号化
IPv6
IDNA
プラグイン
プロキシ
ハッシュアルゴリズム 対応プロトコル

関連項目

  • NeoModus Direct Connect protocol (NMDC)英語版
  • Advanced Direct Connect (ADC)

脚注

  1. ^ Fredrik Ullner (2008年1月). “PC Pitstop and its P2P-report”. DC++: Just These Guys, Ya Know?. 2008年3月19日閲覧。
  2. ^ Annalee Newitz (2001年7月). “Sharing the Data”. Metro, Silicon Valley's Weekly Newspaper. Metro Publishing Inc. 2006年12月21日閲覧。
  3. ^ http://www.adcportal.com/wiki/Client_Software

外部リンク

公式

非公式


DC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/04 01:28 UTC 版)

DC

一般名詞

固有名詞

企業名・ブランド名等

製品名・商品名・番組名等

タイトル等

その他の固有名詞

関連項目






DC と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「DC 」に関係したコラム

  • バイナリーオプション業者の一覧

    2012年5月現在のバイナリーオプション業者の一覧は次の通りです。▼日本国内のバイナリーオプション業者日本国内のバイナリーオプション業者は、日本国内の法律に基づき金融商品取引業者として登録済みであり信...

  • バイナリーオプションで取引される先物商品の種類と一覧

    バイナリーオプションで取引される商品には、通貨ペア以外に日経225などの株価指数、東京証券取引所(東証)やニューヨーク証券取引所に上場している株式、そして、金、銀などの先物商品などがあります。以下は、...

  • 株式売買を行う日本国内の証券会社の一覧

    個人投資家が株式投資を行う場合、証券会社を通じて株式売買を行うのが一般的です。証券会社は、株式などの有価証券の売買をはじめ、店頭デリバティブ取引や有価証券の管理を主な業務としています。日本国内の証券会...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「DC 」の関連用語

DC のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

五心

火山砕屑岩

特性要因図

アニュラー・ブローアウト・プリベンター

iPad mini 2

CNG 船

BlackBerry Style 9670

洋上備蓄





DC のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2017 Active and Company Ltd. All rights reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2017 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリドメインコントローラの記事を利用しております。
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2017 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDC++ (改訂履歴)、DC (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS