戒名 戒名と名字

戒名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/17 02:06 UTC 版)

戒名と名字

本来、僧に名字は無い、とされている。なぜなら、僧は俗姓を棄てて出家しているから、俗名の一部である名字は使わないのが普通とされるからである。

室町時代中期までの日本ではこの傾向が特に強かった。かつて室町幕府6代将軍足利義教は、仏門に入っていたため「義円」と言う戒名を名乗っていた。その後、6代将軍に就任の際、還俗する事になるが、「足利義宣」(後に義教に改める)と言う俗名を名乗った。つまり、義教が足利姓を名乗ったのは、還俗した後、将軍職につく前の事になる。また、道鏡をよく「弓削道鏡」と呼ぶ事があるが、これは道鏡の死後に一般化した呼称ではないか、と言う説が有力である。これに従えば、生前、道鏡は弓削姓を付けて呼ばれる事は無かった、と言う事になる。このように日本では、かつては戒名の上に名字を付けて呼ぶ、名字+戒名の呼び方は存在しなかった。

名字+戒名の呼び方が一般化するのは戦国時代(室町時代後期)に入ってからである。武田信玄上杉謙信山名宗全大友宗麟など、名字+戒名の呼び方で名乗った戦国大名は多い。しかしながら、僧が武将化した場合は、安国寺恵瓊のように寺号+戒名か、または院号+戒名の呼び方で名乗るのが普通であった。これらの呼び方は、江戸時代に入ると急速に廃れていった。

さらに明治維新以降、名字の使用が義務付けられると、僧であっても名字+戒名で戸籍登録を行わなければならなくなった。

なお、中国では僧は名字+戒名で名乗るのが一般的で、それも古くからである。『西遊記』の三蔵法師は作中で自ら「陳玄奘」(俗姓は陳氏)と名乗っている。また、『水滸伝』の花和尚魯智深も名字+戒名の呼び方である(俗姓は魯氏)。


[ヘルプ]


「戒名」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

戒名に関連した本

戒名に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「戒名」の関連用語

戒名のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




戒名のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの戒名 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS