多幸福とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 多幸福の意味・解説 

大瀧詠一

(多幸福 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/23 18:08 UTC 版)

大瀧 詠一大滝 詠一(おおたき えいいち、本名:大瀧 榮一、1948年昭和23年〉7月28日 - 2013年平成25年〉12月30日[1][2][3][4])は、日本ミュージシャン


注釈

  1. ^ 時期的には中学2年から高校3年の期間に当たる。レコード屋に入り浸り、レコード屋の店員より音楽に詳しいことから助言をしていた。そのおかげで買えないレコードも全部聴けていたという。
  2. ^ 中田喜直の甥で、はっぴいえんどにもかかわりが深かった人物。
  3. ^ 読み方は“くにさだきみその”となっている。

出典

  1. ^ a b c d “大瀧詠一さん急死 65歳 「幸せな結末」などヒット曲”. 朝日新聞デジタル. (2013年12月31日). オリジナルの2013年12月31日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20131231152541/http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312310018.html 2014年1月2日閲覧。 
  2. ^ a b c d “歌手の大滝詠一さん急死 65歳、「君は天然色」”. 日本経済新聞(インターネット・アーカイブのキャッシュ). (2013年12月31日). オリジナルの2014年1月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140101015953/http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG31008_R31C13A2000000/ 2014年1月2日閲覧。 
  3. ^ a b c d “大滝詠一さん急死 65歳 達郎、聖子プロデュース「幸せな結末」が大ヒット”. スポニチAnnex(インターネット・アーカイブのキャッシュ). (2013年12月31日). オリジナルの2014年1月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140102022344/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/12/31/kiji/K20131231007299560.html 2014年1月2日閲覧。 
  4. ^ a b c d “大滝詠一さん急死 リンゴ食べている時に”. 日刊スポーツ(インターネット・アーカイブのキャッシュ). (2013年12月31日). オリジナルの2014年1月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140102031206/http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20131231-1238243.html 2014年1月2日閲覧。 
  5. ^ a b 細川周平、片山杜秀『日本の作曲家: 近現代音楽人名事典』日外アソシエーツ、2008年、134頁。ISBN 4-8169-2119-2 
  6. ^ 大滝詠一(オオタキエイイチ)の情報まとめ”. OKMusic. ジャパンミュージックネットワーク株式会社. 2021年5月27日閲覧。
  7. ^ 栗本斉. “シティ・ポップス NOW & THEN”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク. 2021年5月27日閲覧。
  8. ^ 松永尚久 (2021年3月30日). “当時の“シティポップ”は、人間の鳴らす楽器だけで高い完成度を実現した。 ──原田夏樹が語る、大滝詠一の世代を超えた影響力。”. Pen Online. CCCメディアハウス. 2021年3月30日閲覧。
  9. ^ 『総特集 大瀧詠一と大瀧詠一のナイアガラ30年史』
  10. ^ NIAGARA TRIANGLE Vol.1』『GO! GO! NIAGARA』についてはゴールデン・ディスクとしてコロムビアからヒット賞を受けており、『NIAGARA CM SPECIAL Vol.1』はチャート入りしている
  11. ^ 初チャートインは70位だった。
  12. ^ “とんねるず」石橋貴明、大瀧詠一さんが作曲した「とんねるず」の幻の曲を明かす「多分、大瀧さんの家のライブラリーにあります」”. スポーツ報知. (2020年9月2日). https://hochi.news/articles/20200902-OHT1T50036.html 2023年4月29日閲覧。 
  13. ^ 大滝詠一 日本ポップス界の巨人の尽きない探究心、好奇心が結実した“ノベルティ・ソング”【前編】”. 2022年4月29日閲覧。
  14. ^ “ミュージシャンの大瀧詠一さん死去、65歳”. TBS News i (インターネット・アーカイブのキャッシュ). (2013年12月31日). https://web.archive.org/web/20140102235114/http://news.tbs.co.jp/20131231/newseye/tbs_newseye2093139.html 2014年1月2日閲覧。 
  15. ^ “〈速報〉大滝詠一さん急死 リンゴ食べている時に”. 朝日新聞デジタル(インターネット・アーカイブのキャッシュ). (2013年12月31日). オリジナルの2014年1月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140101074229/http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/NIK201312310074.html 2014年1月2日閲覧。 
  16. ^ “佐野元春「ひとつの大きな星を失った」”. 日刊スポーツ(インターネット・アーカイブのキャッシュ). (2013年12月31日). オリジナルの2014年1月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140101102239/http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20131231-1238284.html 2014年1月5日閲覧。 
  17. ^ NEWS/TOP”. 山下達郎 OFFCIAL WEB SITE(インターネットアーカイブのキャッシュ). 2014年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月5日閲覧。
  18. ^ well”. YOSHIDA MINAKO official web site (2014年1月2日). 2014年7月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月12日閲覧。
  19. ^ “大瀧詠一さん音楽仲間ら追悼 佐野元春「日本の音楽界はひとつの大きな星を失った」”. ORICON STYLE. (2013年12月31日). オリジナルの2014年1月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140105112053/http://www.oricon.co.jp/news/2032625/full 2014年1月5日閲覧。 
  20. ^ takashi_mtmtのツイート(419377483574550529) 2014年1月3日閲覧。
  21. ^ takashi_mtmtのツイート(419375696025096192) 2014年1月3日閲覧。
  22. ^ “大滝詠一さん葬儀に細野晴臣ら100人参列”. 日刊スポーツ(インターネット・アーカイブのキャッシュ). (2014年1月5日). https://www.barks.jp/news/?id=1000101692 2014年1月5日閲覧。 
  23. ^ “大滝詠一を偲ぶ<お別れ会>開催。鈴木茂「大滝さんとの対話は幸せな時間だった」”. BARKS. (2014年3月21日). https://www.barks.jp/news/?id=1000101692 2014年3月21日閲覧。 
  24. ^ “大滝詠一、不朽の名作がiTunesで”. BARKS. (2014年3月19日). https://www.barks.jp/news/?id=1000101577 2014年3月21日閲覧。 
  25. ^ “大瀧詠一さん、死去直前に妻に感謝の言葉 “最期の日”も仕事していた”. ORICON STYLE. (2014年3月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2035450/full/ 2023年4月27日閲覧。 
  26. ^ “一周忌で想う、大瀧詠一と“お笑い”のこと-KAWADE夢ムック、などより。”. (2014年12月30日). https://kogotokoub.exblog.jp/22989787/ 2014年12月30日閲覧。 
  27. ^ “大滝詠一さん遺品の中に幻の音源…本人が歌う「夢で逢えたら」”. スポーツニッポン. (2014年10月14日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/10/14/kiji/K20141014009099250.html 2014年10月14日閲覧。 
  28. ^ “定例記者会見(令和2年9月9日)”. 奥州市公式ホームページ. (2020年9月9日). https://www.city.oshu.iwate.jp/site/mayor/35377.html 2010年10月1日閲覧。 
  29. ^ “大滝サウンド 出発進行 新幹線水沢江刺駅発車メロディー”. 岩手日報. (2020年10月1日). オリジナルの2020年10月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201002152753/https://www.iwate-np.co.jp/article/2020/10/1/85635 2010年10月1日閲覧。 
  30. ^ Inc, Natasha. “大滝詠一の全楽曲サブスク解禁(コメントあり)”. 音楽ナタリー. 2021年3月7日閲覧。
  31. ^ 松田聖子ベスト盤「Bible」シリーズ新作:秘蔵音源「風立ちぬ(duet version)/大滝詠一×松田聖子」初収録の完全生産限定アナログ盤、2023年10月25日(水)発売決定! 数々のヒット曲満載のCDも同時発売!”. ソニーミュージック. ソニー・ミュージックエンタテインメント (2023年9月1日). 2023年10月29日閲覧。
  32. ^ 松田聖子ベスト盤はオリジナルライトブルー2枚組、大滝詠一との「風立ちぬ」デュエット音源を初収録”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2023年9月21日). 2023年10月29日閲覧。
  33. ^ 美空ひばり 宙(そらから)”. 日本コロンビア. 2015年11月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月24日閲覧。
  34. ^ “さようなら大瀧詠一さん 日本のポップ史を変えた偉大な功績を振り返る”. リアルサウンド(インターネット・アーカイブのキャッシュ). (2014年1月1日). オリジナルの2014年1月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140116101850/http://realsound.jp/2014/01/post-232.html 
  35. ^ 内田樹 第20回 凱風館日乗(2013年を振り返って) - みんなのミシマガジン





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「多幸福」の関連用語

多幸福のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



多幸福のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大瀧詠一 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS