さくとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > さくの意味・解説 

さく

くわで田畑の土を削りとるように掘ってできた浅い溝。また、その土を盛り上げたうね。

畑のうねの数を数える語。「を二さく掘り上げる


さく

マグロなどの身を、刺身作りすいように、形を整え大きな切り身したもの

さくの画像
マグロ中とろのさく

さく【×幘】

昔、中国で、髻(もとどり)を覆い隠し、髪を包むのにつけたきれ。頭巾

天皇神事に臨むとき、冠の巾子(こじ)と纓(えい)をくくる白い生絹(すずし)。巾子後ろで結び、その端を垂らす


さく【×蒴】

コケ植物胞子嚢(ほうしのう)。球形楕円形などで、熟すと開いて胞子放散させる。


さく【佐久】

長野県東部の市。佐久盆地商業中心地中心中込(なかごみ)など。岩村田(いわむらだ)はもと内藤氏城下町野沢(こい)の養殖が盛ん。人口10.12010)。


さく【作】

[音]サク(呉)(漢) (呉)(漢) [訓]つくる なす

学習漢字2年

[一]サク

工夫して物をこしらえる。「作詞作者作成作品工作試作・製作・創作

こしらえた物。作品。「遺作傑作拙作名作三部作

なす。行う。「作為作戦

農産物をつくる。また、その成果。「作物(さくもつ)/間作耕作米作豊作

おこす。盛んにする。「作興(さっこう)/振作

美作(みまさか)国。「作州

[二]〈サ〉

なす。行う。振る舞い。「作業作法作用所作操作動作無造作

起こる。「発作(ほっさ)」

名のりあり・つくり・とも・なお・なり・ふか

難読作麼生(そもさん)


さく【作】

作ること。また、作ったもの。文学美術音楽などの芸術作品についていうことが多い。作品。「会心の作」「狩野探幽作の障壁画

耕作すること。また、農作物できぐあい。「今年の稲の作は上々だ」「平年作

技巧趣向。「作に過ぎた俳句


さく【冊】

⇒さつ


さく【冊】

昔、中国天子諸侯領地爵位を授けるとき、また、立后立太子などの祭事下しみことのり


さく【削】

常用漢字] [音]サク(呉) [訓]けずる そぐ

けずる。そぐ。へらす。「削減削除添削筆削


さ・く【咲く】

[動カ五(四)

花のつぼみが開く。開花する。「大輪の花が—・く」「ぼたんが見事に—・く」

波が砕け白く見える。

「味鎌の潟に—・く波平瀬にも紐解くものかかなしけを置きて」〈三五五一

[可能] さける

[下接句] 煎(い)り豆に花が咲く埋もれ木に花が咲く喧嘩(けんか)に花が咲く言葉に花が咲く死に花を咲かせる花が咲く花を咲かせる話に花が咲く花実が咲く一花咲かせる穂に穂が咲く


さく【搾】

常用漢字] [音]サク(慣) [訓]しぼる

しぼる。「搾取搾乳搾油圧搾

難読搾菜(ザーサイ)


さく【昨】

[音]サク(漢)

学習漢字4年

きのう。「昨日昨朝昨夜

一回り前の時期。「昨週昨春昨年一昨年

むかし。以前。「昨今(さっこん)」

難読一昨日(おととい)・一昨年(おととし)・昨日(きそ)・昨日(きのう)・昨夜(きそ)・昨夜(よべ)・昨夜(ゆうべ)・一昨昨日(さきおととい)・一昨昨年(さきおととし)


さく【昨】

【一】[名]過ぎ去った日。むかし。また、きのう。

「—の汝が松風明月の怨(うらみ)とこしなえ尽きず」〈啄木葬列

【二】連体

今の一つ前の。「昨シーズン

きのうの。「昨一九日」

去年の。「昨平成六年」


さく【×朔】

人名用漢字] [音]サク(呉)(漢) [訓]ついたち

ついたち。「朔日告朔

北の方角。「朔風朔北

暦。「正朔

名のり]きた・はじめ・もと


さく【×朔】

月と太陽との黄経等しくなる時。月は太陽と同じ方向にあり、地球に暗い半面を向けるので、見えない新月。→望(ぼう)

太陰暦で、月の第1日ついたち

昔、中国で、天子歳末諸侯与え翌年の暦と政令

朔の画像
(1)

さく【柵】

常用漢字] [音]サク(漢) [訓]しがらみ とりで

木や竹などで編んだ垣根。「竹柵鉄柵

とりで。「城柵


さく【柵】

丸太などを間隔を置いて立て、それに横木渡してつくった囲い。「柵を巡らす

木を立て並べてつくった小規模防壁。とりで。


さく【×炸】

[音]サク(呉)(漢)

爆発する。はじける。「炸薬炸裂


さく【×窄】

人名用漢字] [音]サク(漢) [訓]せまい すぼむ すぼめる

せまい。せばめる。「狭窄


さく【策】

[音]サク(漢) [訓]むち

学習漢字6年

文字書き付けた竹のふだ。特に、天子下す文書。「策命

はかりごと計画計画立てる。「策士策定策略画策奇策失策術策政策得策方策無策善後策

むち。つえ。「警策(きょうさくけいさく)・散策

名のりかず・つか・もり


さく【策】

はかりごと計画また、事をうまく運ぶための手段・方法。「策を練る」「策を授ける」

むち。つえ。「策を執る


さく【×簀】

簀(す)の子。す。

竹や木を編んで作った敷物。主に寝台の上に敷く。たかむしろ


さく【索】

常用漢字] [音]サク(漢) [訓]もとめる

太い縄。つな。「索条鋼索縄索(じょうさく)」

手づるによって探し求める。「索引検索思索詮索(せんさく)・捜索探索模索

ばらばらに離れ無くなるさま。「索然索漠

難読索麺(そうめん)


さく【索】

縄。綱。ロープ


さ・く【裂く/割く】

【一】[動カ五(四)

ひと続きのものを、強い力加え直線的二つ離す。手で強く引っ張って破る。「布を—・く」「生木を—・く」

刃物などで切って開く。「魚の腹を—・く」「うなぎを—・く」

親しい関係にある者どうしを無理に離す。「二人の仲を—・く」

割く予定しているものの一部を、都合して他の用に充てる。「時間を—・く」「紙面を—・く」「人手を—・く」

目尻入れ墨をする。

「あめつつ千鳥ま鵐(しとと)など—・ける利目(とめ)」〈記・中・歌謡〉

[可能] さける

【二】[動カ下二「さ(裂)ける」の文語形


さ・く【避く】

[動カ下二「さ(避)ける」の文語形


さく【酢】

常用漢字] [音]サク(慣) [訓]

[一]サク

すっぱい液体。す。「酢酸

客が返杯する。「酬酢

[二]〈す(ず)〉「甘酢梅酢三杯酢

難読酢漿草(かたばみ)


さく【錯】

常用漢字] [音]サク(呉)(漢)

乱れ入りくむ。まじる。「錯雑錯綜(さくそう)/交錯

まちがえる。あやまる。「錯覚錯誤失錯倒錯

難読介錯(かいしゃく)


さく【×鑿】

[音]サク(漢) [訓]うがつ のみ

穴を掘る。うがつ。「鑿岩開鑿掘鑿穿鑿(せんさく)」

のみ。「斧鑿(ふさく)」


さ・く【離く/放く】

【一】[動カ四]間を離す。離して遠ざけるまた、仲を隔てる。

行くさには二人我が見しこの崎をひとり過ぐれば見も—・かず来(き)ぬ」〈四五〇〉

【二】[動カ下二

【一】に同じ。

天の原踏みとどろかし鳴る神思ふなかをば—・くるものかは」〈古今・恋四〉

(他の動詞連用形に付いて)

㋐…することで思いをはらす。

語り—・け見—・くる人目ともしみと」〈・四一五四

はるかに…する。

「しばしばも見—・けむ山を」〈万・一七〉


さく

〔名〕 鍬(くわ)で田畑打ち返すこと。また、その打ち返したところ。田畑の溝(みぞ)や畝(うね)。さくり。〔名語記(1275)〕


さく

〔名〕 まぐろ、かつおなどの身を、さしみにしやすいような大きさに切ったもの。

*私の浅草1976)〈沢村貞子医者ころし「串にさしたのさくを、手早くさっと焼き


さく

〔名〕 植物「みくり(実栗)」「はますげ浜菅)」「しおくぐ」などの異名。〔本草和名(918頃)〕


さ・く

〔自カ四〕 波などが高く立つ。波頭白く砕け散る。

古事記(712)上「其の和佐久(サク)時の名を、阿和佐御魂〈阿より久までは音を以ゐよ〉と謂ふ」


さく【佐久】

[一] 長野県中東部の地名佐久盆地中央部にある。江戸時代内藤氏一万五千石城下町中山道宿場町として発達した岩村田中心養殖がさかん。昭和三六年(一九六一市制

[二] 長野県中東部にあった郡。明治一二年(一八七九)南佐久・北佐久の二郡に分かれた。


さく【作】

〔名〕

作製すること。つくること。また、そのものこしらえ作品創作また、人名の下につけてその人作品であることを表わすのにも用いる。

凌雲集(814)「御製廿二首 〈略〉和左大将冬嗣河陽

浮世草子好色一代女(1686)三「其代には朝夕念ずる弘法大師御作(サク)の如来済す預置べし」

② (形動趣向、くふう。思いつきまた、趣向工夫を凝らしたさま。

山上宗二記(1588‐90)「惣別茶湯に作をすると云は、第一会席、又は暁客を呼歟、押懸て行か、第二道具厳様」

随筆戴恩記(1644頃)下「そこの句は作はあれども、すみへゆかず。かやうの所をよくたしなみてこそ、よき連歌師とはいへ」

耕作物。農作物また、農作物のでき。作柄

日葡辞書(1603‐04)「コトシノ sacuga(サクガ) ヨイ

田畑を耕すこと。

北野天満宮目代日記明応九年(1500六月一七日地蔵堂の前之畠事、能椿坊届候てさく仕候」

(5) 小作小作人作人

高野山文書応永一五年(1408)一〇月二七日・志富田庄在家支配帳等「一、在家校合之当時分、壊屋欲免家輩、造意之趣、太以不然、地主作共可重科事」


さく【冊】

〔名〕 昔、中国天子諸侯爵位封祿を授けるとき、また、立后立太子などのときに下す詔勅また、その文体

大唐西域記長寛元年点(1163)一「茲れ自り已降空しく事を書す冊(サク)(〈別訓〉ふだ)を伝ふ」〔釈名釈書契〕


さ・く【咲】

〔自カ五(四)〕 花のつぼみがひらく。

書紀720大化年三月・歌謡「もとごとに 花は左該(サケ)ども 何とかも 愛(うつく)し妹が また左(サキ)出来ぬ」

源氏100114頃)夕顔「かの白くさけるをなむ、夕顔申し侍る


さく【夕・勺】

〔名〕 横笛四番目の穴の名。近代「しゃく」と発音し、夕の字当てる黄鐘(おうしき)調の音を出す。

徒然草1331頃)二一九「夕(さく)の穴、黄鐘調なり」


さく【尺】

〔名〕 「しゃく(尺)」の変化した語。


さく【幘】

〔名〕

古代中国で、髪を包んだ布。頭巾(ずきん)。

神事に際して天皇の冠の巾子(こじ)を包む布。白い生絹(すずし)で巾子と纓(えい)とを一つ合わせて巾子後方で結び、その端を左右に垂らしたもの。→御幘(おさく)の冠(かむり)。

西宮記969頃)一七「天皇行幸之間帛衣〉斎服衣着幘、就大嘗宮之間御装束也」

歯並び美しいこと。

江戸繁昌記(1832‐36)三「杜若なる者は 岩井氏 幘(サク)に 杜預曰、幘は歯上下相値」


さく【幸】

〔副〕 「さきく(幸)」の上東国方言

万葉(8C後)二〇・四三四六父母が頭(かしら)かき撫で佐久(サク)あれていひし言葉(けとば)ぜ忘れかねつる」


さく【昨】

〔名〕

① むかし。以前過去

葬列(1906)〈石川啄木〉「昨(サク)の汝が松風明月の怨長なへに尽きず」〔鮑照歳暮悲詩〕

② 「さくじつ昨日)」の略。

文華秀麗集818)上・尋良将華山庄、将軍失期不在仲雄王〉「君家白雲東嶺下、昨対宮内暮相期」

③ (ある時間の幅や時期表わす名詞などの上付き接頭語的に用いて現在のすぐ前の日、月、年であることを示す。

浄瑠璃源頼家源実朝鎌倉三代記(1781)三「昨(サク)卯の刻より御登城。殊のふお隙の入し事嘸(さぞ)お労(つかれ)でござりませふ」〔史記‐灌夫伝〕


さく【朔】

〔名〕

陰暦で、月の第一日。朔日(さくじつ)。ついたち

令義解718)獄「其大祀斎日。朔。望。晦。上下弦。廿四気仮日。並不決死」〔後漢書‐律歴志下

四季最初の日。四孟孟春孟夏孟秋孟冬)。四孟朔日

令義解718衣服「朔節日則服之。〈謂。朔日者。四孟朔日也〉」

告朔(こうさくこくさく)のこと。令制で、毎月一日天皇大極殿で、諸司奏する前月行事百官出勤日数などをご覧になった儀式

延喜式(927)一一「凡天皇孟月軒視朔、大臣預点殿上侍従四人奉事二人所司各供其事

太陽と月黄経等しくなる現象、およびその時刻をいう。朔をすぎて、夕方西空に初め見える細い月を新月という。〔遠西観象図説(1823)〕

(5) 古代中国で、天子が、歳末翌年一二か月の暦および政令諸侯頒布したこと。また、その暦および政令をいう。〔周礼春官大史

(6) 北。北方朔北。〔書経‐堯典〕


さく【柵】

〔名〕

角材または丸太をまばらに立て、貫(ぬき)をわたした囲い垣根ませがき。やらい。また、敵の侵入を防ぐために、などを立てて作った防塞。き。〔十巻本和名抄(934頃)〕

② 木を立て並べて造った小規模の城。城(き)。塞(とりで)。き。

続日本紀文武二年(698)一二丁未「令越後国理石般柵

しがらみ

平家13C前)七「足軽共をつかはして柵(サク)〈高良ルビ〉をきりおとす〈略〉山川なれば程なく落ちにけり」


さく【爵】

〔名〕 位階。位。しゃく。


さく【笏】

〔名〕 束帯着用する際、右手に持つ板片。しゃく。

宇津保(970‐999頃)あて宮「飯匙をさくにとり、靴片し草鞋片し、踵をばはなに穿きて」


さく【策】

〔名〕

はかりごと計略策略また、あることを解決するための工夫

万葉(8C後)一八・四一二八右詞文「心中独座稍開、表裏同相違何異、推所由率爾策歟。明知言豈有他意乎」

坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉五「人を乗せる策を教授する方が、世の為に当人為にもなるだらう」〔礼記仲尼燕居

古代中国で、文字を記した竹簡札。転じて、文書かきつけまた、特に授官の辞令書。冊(さく)。

漢書列伝抄(145860)爰盎鼂錯第一九「こちの題を評するやうに、題をかいて一ものに入て、どれでまりをっとって、其事を策に対てかくぞ」〔荘子‐駢拇〕

③ (古代天子政治について下問するとき、竹ふだに書いたところから) 政治上の問題また、それに対す答え。転じて、令制における官吏登用試験問題文(策問)、およびこれに対す解答文(対策)。ともに漢文で書かれた。策文

令義解718考課「凡進士。試時務策二条。〈略〉其策文順序義理慥当。并帖過者通」〔漢書匡衡伝〕

④ むち。。〔春秋左伝文公一三年〕

(5) 占い用いる具。めどき。筮竹(ぜいちく)。

史記抄(1477)一八左手の策をば左の大刻にをき、右手の策をば右の大刻に置ぞ」〔戦国策‐秦策・昭襄王


さく【簀】

〔名〕

① 竹や木を編んで作った敷物。おもに寝台の上に敷く。箪(たかむしろ)。〔改正増補和英語林集成(1886)〕 〔礼記檀弓上〕

簀子(すのこ)。す。〔史記范雎伝〕


さく【索】

〔名〕

① 縄(なわ)。綱。縄索(じょうさく)。〔五国対兵語字書(1881)〕 〔詩経‐豳風・七月

仏像の手に、ある意味を示すものとして持たせる縄。不動明王金剛索観音羂索(けんさく)などがある。さっく。

古今著聞集(1254)二「たけ三四尺計なる童子の〈略〉左手に剣并索をもち、右手剣印をなす」

不動明王の持つ索を彫った、刀身彫刻


さく【蒴】

〔名〕

コケ植物蘚(せん)類の胞子嚢(ほうしのう)。胞子体主要部で、形は球形楕円形などを呈する上端にふた(蘚蓋(せんがい))があり胞子熟すると開いて胞子放散させる。〔生物学語彙(1884)〕

② =さっか(蒴果)〔植学啓原(1833)〕


さ・く【裂・割】

1⃣ 〔他カ五(四)

一つまとまったものを、手などで二つ離すひきやぶる。やぶく。割る。

書紀720神代下「磐裂(いはサク)〈磐裂。此をは以簸娑と云ふ〉根(ね)裂(サク)の神之子」

刃物などで切りひらく。切り割る切り裂く

今昔1120頃か)二「此の腹の中に我有り。刀深く入れて不可割(さくべから)ず、心知らひて可割(さくべ)し」

目尻などを裂いて入墨をする。

古事記(712)中・歌謡「胡子(あめ)鶺鴒(つつ) 千鳥ま鵐(しとと) 何ど佐祁(サケ)る利目(とめ)」

④ 人と人との仲を隔てる。

頼政集(1178‐80頃)下「まどろまば驚かすなよあふとみる夢にも中をさくと思はん」

(5) 一部分けて他にあてる。

彼岸過迄(1912)〈夏目漱石雨の降る日「清も御掛けと云って自分の席を割(サ)いて遣った」

2⃣ 〔自カ下二〕 ⇒さける(裂)


さ・く【避】

〔他カ下二〕 ⇒さける(避)


さ・く【離・放】

1⃣ 〔他カ下二

① 間を離すひきはなす

書紀720允恭八年二月歌謡「細絞形(ささらがた) 錦の紐を 解き舎気(サケ)て 数(あまた)は寝ずに ただ一夜のみ」

二人の仲を隔てる。ひきさく

万葉(8C後)一四・三四二〇「上毛野佐野の舟橋取り放し親は佐久礼(サクレ)ど吾は離るがへ」

③ (他の動詞連用形に付いて、その動作をすることによって思いをはらす。気を紛らす

続日本紀宝亀二年(771)二月二日宣命「誰にかも我が語らひ佐気(サケ)む、孰にかも我が問ひ佐気(サケ)むと」

遠方目を放つ遠く見やる

万葉(8C後)一・一七「しばしばも 見放(さけ)む山を 情(こころ)なく 隠さふべしや」

2⃣ 〔他カ四〕 (一)に同じ。

万葉(8C後)三・四五〇「行くさには二人わが見しこの崎を独り過ぐれば情(こころ)悲しも 一云見も左可(サカ)ず来ぬ


狭く

読み方:さく、せく、せばく、せまく

【文語】ク活用形容詞狭し」の連用形

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

索(さく)

正しい法に帰依せず、邪道外れた者を正道に連れ戻すために不動明王左手持っている縄がこれ。刀身彫刻にみられる索は、簡素な縄のみの他、その端部三鈷や素剣を付加する場合があり、いずれも不動明王化身体を意味している。

さく【作】

培養結果仕上がり状態のこと。農作物と同じで、その年天候気象条件大きく左右される。転じて「培養続ける」意味もあり、「もう一作すれば良くなる」などと使われる。


さく

  1. 危険。連想語。〔不〕

分類

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
さく

魚躬

読み方
魚躬さく

サク

(さく から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/12 22:30 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

サク

人物

愛称

架空の人物

地名

その他

関連項目



さく

出典:『Wiktionary』 (2019/11/01 17:33 UTC 版)

名詞:さく

さく

  1. くわ打ち返した溝。また、うね
  2. 畝を数える言葉

名詞:冊・ 柵・作

さく 但し、当て字

  1. まぐろなどのを、刺身などが作りすいよう切り分けたもの。
  2. 語義1を数える言葉

動詞:咲く

さく【咲く】

  1. 花のつぼみが開く開花する。
  2. 立つ白い様子

活用

さ-く 動詞活用日本語活用
カ行五段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形


活用形基礎的結合
意味 語形 結合
否定 さかない 未然形 + ない
意志勧誘 さこう 未然形音便 + う
丁寧 さきます 連用形 + ます
過去・完了・状態 さいた 連用形音便 + た
言い切り さく 終止形のみ
名詞化 さくこと 連体形 + こと
仮定条件 さけば 仮定形 + ば
命令 さけ 命令形のみ

発音

東京式アクセント
さ↗く
京阪式アクセント
↗さく

動詞:裂く・割く

さくく・く】

  1. 強い1つのものを引き離す
    • 紙を裂く。
  2. 刃物で切る。
  3. 仲を悪くする。
  4. 目尻など目のふちに入れ墨をする。
  5. 一部分け与える
  6. 一部を他の用途に使う。

発音

東京式アクセント
さ↘く
京阪式アクセント
さ↗く

参考

活用

カ行五段活用
さ-く

名詞:柵

さく

  1. 」を参照

動詞:避く

さくく】

  1. 避ける
さ-く 動詞活用日本語活用
カ行下二段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
くる くれ けよ

発音(連体形)

拍動一類

↗さくる

動詞:離く・放く

さくく・く】

  1. 引き離して距離あける
  2. をあける。遠ざける
  3. 動詞連用形付き、…することで晴らす
  4. 遠くを見る。

活用

(1)カ行四段活用
さ-く
(2)(4)カ行下二段活用
さ-く

動詞:裂く・割く

さくく・く】

  1. る。はなす。
  2. れる。ける。

活用

(1)カ行四段活用
さ-く
(2)カ行下二段活用
さ-く

発音(四段活用)

拍動詞二類

さ↗く

副詞

さくく】

  1. 上代東国方言無事平穏に。さいわいに。さきく。

  • 画数:6
  • 音読み:タン
  • 訓読み:さく
















※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「さく」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

さくのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



さくのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2021 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
盆栽用語集盆栽用語集
Copyright 2021, Kindai Shuppan co.,ltd.
近代出版盆栽用語集
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのさく (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS