割るとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 商品先物用語 > 割るの意味・解説 

わ・る [0] 【割る】

( 動五[四] )
力を加えていくつかの部分分かれるようにする。 「ガラスを-・る」 「まき)を-・る」 「卵を-・る」
一つの物いくつかの部分分ける。
まとまった形のものをいくつか分ける。 「二つに-・る」 「代金頭数で-・る」
割り当てる。 「芝居の役を-・る」 「費用は五人で-・る」
割り算をする。除する
掛ける 「六を二で-・る」
人々まとまりをくずす。分裂させる。 「党を-・る」 「国論を-・る大問題」
無理に離す押し分ける。 「を-・ってが出る」 「中に-・って入る」 「石戸-・る手力もがも/万葉集 419
ある液体に他の液体を混ぜて濃度薄くする。 「ウイスキーで-・る」
数量がある基準を保てなくなる。ある基準からはみ出す。 「ドル一時一〇〇円を-・った」 「与党過半数を-・りそうだ」 「定員を-・る」
たたいたり、物をぶつけたりして、皮膚裂け目作る。 「転んで額を-・る」 「唇を-・る」
境界線はみ出す。 「土俵を-・る」
手形割引をする。手形割引く
破壊する。こわす。 「城ヲ-・ル/日葡」 〔「割れる」に対す他動詞〕 → 砕く(補説
[可能] われる
( 動下二
われる
慣用口を- ・ 腰を- ・ 底を- ・ 腹を-竹を割ったよう
[句項目] 割って入る


割る(わりはげ)

相場がある値段または一定水準下になることをいいます。

除法

(割る から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/27 12:36 UTC 版)

除法(じょほう、: division)とは、乗法逆演算であり四則演算のひとつに数えられる二項演算の一種である。除算割り算とも呼ばれる。







割る

出典:『Wiktionary』 (2017/12/12 01:57 UTC 版)

漢字混じり表記

(わる)

  1. わる 参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「割る」に関係したコラム

  • 株式の投資基準とされる利回りとは

    株式の投資基準とは、その銘柄が割安か割高なのかを図るものさしのことです。株式の投資基準には、利回りや株価純資産倍率(PBR)、株価収益率(PER)などが挙げられます。ここでは、株式の投資基準の利回りに...

  • FXのレバレッジ1倍でロスカットはあるのか

    FX(外国為替証拠金取引)のレバレッジが高いとロスカットになりやすいといわれていますが、それは誤りです。レバレッジが高くても、口座に十分な資金があればロスカットになりにくくなります。ロスカットは、維持...

  • 株365の日経225証拠金取引と為替相場との関係

    株365の日経225証拠金取引と為替相場とはどのような関係にあるでしょうか。ここでは、日経225証拠金取引の値動きのもととなる日経平均株価(日経225)と主要通貨のチャートを見比べてみます。次の図は、...

  • 株式の投資判断とされるPEGレシオとは

    株式の投資判断とされるPEGレシオ(Price Earnings to Growth Ratio)とは、PER(株価収益率)を予想収益成長率で割った数値のことです。PEGレシオは、次の計算式で求めるこ...

  • 株式の投資基準とされる流動比率とは

    株式の投資基準とされる流動比率とは、流動負債の流動資産の割合をパーセンテージで表したものです。流動比率は次の計算式で求めることができます。流動資産÷流動負債×100例えば、流動資産が10億円、流動負債...

  • 株式分析の騰落レシオとは

    株式分析の騰落レシオは、その日の値上がりした銘柄数と、値下がりした銘柄数から株式相場の強弱を調べるテクニカル指標です。騰落レシオの計算方法は、過去25日間の値上がりした銘柄数を過去25日間の値下がりし...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「割る」の関連用語

割るのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



割るのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2020 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの除法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの割る (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS