熊本藩 熊本藩の概要

熊本藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 23:31 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
熊本城
熊本藩
外様
52万石
熊本藩の位置

歴史

加藤清正公像。熊本城の入口の一つである御幸橋のそばにある。

前史

戦国期:菊池氏、阿蘇氏、相良氏の分割統治

戦国大名となった各氏(菊池氏阿蘇氏相良氏)は、北部、中部、南部と各々に拠点を構えて、ほぼ平穏な戦国前期を送っていた。

やがて菊池氏は阿蘇氏に飲み込まれる形となったが、阿蘇氏も身内の後継争い・内紛を繰り返し、最終的には豊後国大友氏によって旧菊池領は平定され、阿蘇氏もその影響下に入った。

南で鹿児島・島津などの盾となっていた相良氏だったが、鉄砲伝来後、近代兵器を持った島津軍になすすべなく降伏した。阿蘇氏も島津軍に次々と城を落とされ滅亡した(島津氏の九州平定)。九州平定の寸前で島津軍は、大分・大友の要請により挙兵した豊臣秀吉の大軍に敗れ、肥後を放棄した(秀吉の九州平定)。

豊臣政権期:佐々成政の統治、加藤・小西の二分統治

豊臣秀吉より富山城を召し上げられ、大坂に留めおかれていた佐々成政に、九州国分で肥後の統治が命じられた。しかし佐々は改革を急ぐあまり反感を買い、肥後国人一揆が起きた。秀吉は、加藤清正小西行長に鎮圧を命じ、一揆は終息した。佐々は責任を取らされて自害させられた。肥後を平定した両者は、肥後の所領を与えられ、加藤は主に北部、小西は中南部を所領にした。

慶長5年(1600年)、肥後南部24万石を領していた宇土城小西行長は西軍につき、関ヶ原の戦いで西軍の敗将となり斬首、改易となった。

加藤家の統治

肥後北部25万石を領有していた隈本城主加藤清正は、関ヶ原の戦いの戦功により小西行長の旧領を獲得し、また豊後国内にも鶴崎など2万石を加増され、52万石を領したことにより熊本藩が成立した。

清正は日本三名城に数えられる熊本城を築いた。ちなみに「隈本」を「熊本」と改めたのも清正である。また、城下町や道路網を整備し、新田開発、灌漑用水の整備により治水を図り、統治を安定させた。土木建設に力を注ぎ、領内基盤整備の礎を築いた「清正公さん」(きよまさこう)の人気は、今日の熊本においても非常に高い。

その一方で、近年の加藤清正研究では、朝鮮出兵に対応するために作られた動員・徴税体制や、重臣たちを支城主にして大きな権限を与える仕組みが百姓に重みになってのしかかり、さらに関ヶ原の戦いやその後の天下普請などに備えるためこの体制が解消されることなく継承され、農村の疲弊や重臣たちの権力争いの原因となったことなど、清正治世の問題点も指摘し始めている[1]

加藤家2代忠広寛永9年(1632年)、駿河大納言事件に連座したとされる罪で改易され出羽国庄内に配流となり、加藤家は断絶した。

細川家の統治

代わって同年豊前国小倉藩より細川忠利が入封し、検地による高直しで朱印高は54万石となる。以後廃藩置県まで細川家が藩主として存続した。国人の一揆が多く難治の国と言われていた熊本入部に際しては、人気のあった加藤清正の統治を尊重し、清正公位牌を行列の先頭に掲げて入国し、加藤家家臣や肥後国人を多く召抱えたという。細川家は、手永(てなが)という独自の地方行政制度を敷いた。年貢は概ね五公五民で惣庄屋(そうじょうや)と呼ばれるその手永の長が「改帳(あらためちょう)」を記録している(惣庄屋としては天保の大飢饉に活躍した「矢部手永」の布田保之助が知られる)。

熊本藩には上卿三家といわれる世襲家老がおかれた。松井氏(歴代八代城代であり、実質上の八代支藩主であった)・米田(こめだ)氏(細川別姓である長岡姓も許されていた)・有吉氏の三家で、いずれも藤孝時代からの重臣である。そのほか一門家臣として細川忠隆の内膳家と、細川興孝の刑部家があった。支藩としては、のちに宇土藩と肥後新田藩(のち高瀬藩)ができた。八代城は一国一城令の対象外とされた。

忠利は晩年の宮本武蔵を迎え入れ、島原の乱で活躍した。忠利死去の2年後の寛永20年(1643年)、忠利への殉死をめぐり反乱が起きた(森鷗外の「阿部一族」のモデルとなる)。2代光尚は7歳の綱利を残して早死したので御家断絶の危機があったが、無事に綱利が家督を継いだ。

3代綱利の時に、大石良雄赤穂義士17人を白金の屋敷に預かり、切腹を任された。綱利は「赤穂義士は細川家の守り神である」とし、遺髪を分けて頂き切腹場所に墓や供養塔を建てた。享保7年(1722年)からは連年のように天災が起こり、享保17年(1732年)には、凶作で餓死者が6000人近くも出たと言われている。しかも同年、熊本藩は幕命によって利根川普請で15万両の支出負担を担い、藩財政は破綻寸前となった。延享2年(1745)年)に火災でこの白金下屋敷が火災で焼失した。

「細川九曜」紋

5代宗孝は延享4年(1747年江戸城中で乱心した旗本板倉勝該に斬られて死去した。細川家では人違い(九曜家紋間違い)による(紋所の似ていた板倉本家・板倉勝清との誤殺)とし、以後は細川家の家紋の九曜紋は「細川九曜」「離れ九曜」と呼ばれるものに変えられた。ただし、刃傷が「遺恨」(細川家の下屋敷から雨のたびに排水が、隣接する勝該の屋敷へと流れ落ちてきた事を逆恨みした。)によるものであり、はじめから宗孝が標的だったとする説もある[2]

仙台藩伊達宗村の機転を利かせた助言で、既に死んでいた宗孝はまだ息があったことにして細川屋敷にこっそり運び出され、翌日死亡したことにされた。弟の重賢が急遽藩主の座に就いた。浅野家と絶縁状態にある恩人の伊達家に配慮し[注釈 1]、赤穂義士の遺構は破壊されている[注釈 2]。 重賢は堀勝名を大奉行に抜擢して倹約と支出削減を推進、宝暦5年(1755年)には藩校時習館を開き、行政と司法を分離して刑法を改正(律令法参照)、藩の機構を整備するなどの宝暦の改革を行い、中興の祖となった。 

江戸時代を通じて熊本藩では九州の他藩に比べて[注釈 3]百姓一揆が少なく(島原の乱天草唐津藩領)、農民は比較的豊かで領地の統治は良かったともいわれる。それでも光尚・綱利・宣紀・宗孝・治年の代には阿部一族の反乱・暴動・直訴(イナゴ飢饉)・打ちこわし(米価高騰による)・騒動(銀札の失敗による御銀所騒動)が起きている。

藩財政は江戸初期から火の車であり、綱利のように力士を大勢召し抱える武断派の藩主による浪費などで[注釈 4]、藩は江戸・大坂の大商人からの多額の借金を何度も踏み倒しており(藩内で一揆があれば改易・御家断絶があるが、大商人の借金を返さなくとも幕府から改易の心配はない)、大商人たちからは貧乏細川と嫌われたという[注釈 5]

幕末には藩論が勤王党、時習館党、実学党の3派に分かれた。実学党の中心は横井小楠である。小楠は藩政改革に携わったが失脚、安政5年(1858年)に福井藩松平慶永の誘いにより政治顧問として福井藩に移った。小楠は、文久2年(1862年)に江戸留守居役らと酒宴中に刺客に襲われ一人逃亡したという罪で、翌年に熊本藩士の籍を剥奪されている。

安政7年(1860年)、桜田門外の変では大関和七郎ら4名は、熊本藩邸の8代斉護へ趣意書を提出し自訴した。熊本藩は安政の大獄では誰も罰されてない上に、細川家でも江戸城で宗孝が襲撃により落命しているため[注釈 6]、趣意が取り上げられる事はなかった。間を置かず全員が他家に預け替えられている[3]

元治元年(1864年)の池田屋事件で、勤王党の中心人物宮部鼎蔵が死亡した。これにより時習館党が主流となったが、藩論は不統一のままだった。 戊辰戦争では、薩長主導の明治新政府に加わり、江戸無血開城後は、上野の寛永寺一帯に立てこもった彰義隊の討伐に参戦した。

明治以降

明治3年(1870年)、知藩事となり華族に列した護久は、実学党を藩政の中心に据えた。翌明治4年(1871年)、廃藩置県により熊本県となった。明治17年(1884年)、細川家は侯爵に叙爵された。

昭和58年(1983年)には、細川家第18代当主細川護煕(後の第79代内閣総理大臣)が熊本県知事に就任している。政界引退して現在は陶芸家

藩邸および江戸での菩提寺

  • 細川氏入部以後の江戸藩邸(上屋敷)は、江戸城近くの大名小路に上屋敷があり、江戸期を通じて動いていない(ただし、江戸城の拡張に伴い面積の減少はある)。
  • 伊皿子台(いさらごだい 現在の港区高輪及び白金)に中屋敷[4](下屋敷と記載の資料もあり[5])があった。「細川家文書」では当初は下屋敷であったが、江戸の後期には中屋敷となっているようである。
  • 下屋敷は日本橋にあったが、三田の済海寺(智福寺)付近に移された(現在の三田三丁目。前に「元和キリシタン殉教の地」の碑がある)。
  • 京都藩邸は知恩院古門前西町に、大阪藩邸は中ノ島常安町に、伏見藩邸は土橋町に、長崎藩邸は大黒町にあった。

江戸での菩提寺は品川大徳寺派の寺院、東海寺の内にあった妙解院であった。熊本新田藩も妙解院を菩提寺としていた一方、宇土藩は同じく東海寺内の清光院を菩提寺としていた。


注釈

  1. ^ 伊達村豊(宗春)は浅野長矩の刃傷後に、梶川頼照らと共に長矩を捕獲した。田村建顕は長矩を罪人として厳しく扱っている。赤穂義士引き上げでも、伊達綱村は愛宕下で、仙台藩邸前に兵を待機させ義士一行の通行を阻止した。[『伊達治家記録』(だてじけきろく)]
  2. ^ 旧細川藩邸の義士切腹場所には。墓の台座部分(四角い芝台石)と供養塔の残滓(角が丸くなった石)と思われる石の集まりが残る。21世紀に入り、遺構と思われる出土品が石の下から発掘されている。
  3. ^ 黒田家は農民の逃散(走り百姓)を警戒し細川家との国境に六端城を築いている。
  4. ^ 1712年(正徳2年)には37万両余の借金があり、商人からの公訴がおきている
  5. ^ 「鍋に細川と書いた紙を貼ると金気(金属特有のにおいや味)が無くなる」は人口に膾炙するも、巷説や後世の創作ともされる。
  6. ^ 危篤状態ということにして後に死亡を届けたのは直弼の場合と同じ(これで改易を回避している)。
  7. ^ 旧高旧領取調帳データベースでは、誤って熊本藩領の野津原村以下19村が臼杵藩領に分類されている。

出典

  1. ^ 山田貴司「加藤清正論の現在地」(山田貴司 編著『シリーズ・織豊大名の研究 第二巻 加藤清正』(戒光祥出版、2014年)ISBN 978-4-86403-139-4
  2. ^ 大谷木醇堂『醇堂叢稿』、『旗本御家人』(200~210頁)。など
  3. ^ 菊地明『幕末証言 史談会速記録を読む』(2017年)
  4. ^ 嘉永三(1850)年の尾張屋「高輪辺絵図」の絵図中に「細川越中守中屋敷」の表記
  5. ^ 「肥後文献叢書」第一巻に「正保元(1644)年に白金の地を増上寺南にあった下屋敷の代地として拝領し、正保三(1646)年に転居した」と記されている。また「その後、延享二(1745)年に火災でこの白金下屋敷が焼失した」とあり。


「熊本藩」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

熊本藩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



熊本藩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの熊本藩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS