統失とは?

統失

読み方:とうしつ

統合失調症を略した表現

統合失調症

(統失 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/30 15:37 UTC 版)

統合失調症(とうごうしっちょうしょう、英語: Schizophreniaフランス語: Schizophrénieドイツ語: Schizophrenieイタリア語: Schizofreniaデンマーク語: Skizofreniスペイン語: Esquizofrenia SZ)は、思考、知覚、感情、言語、自己の感覚、および行動における他者との歪みによって特徴付けられる症状を持つ、精神障害の一つである[1]




注釈

  1. ^ 原文: “Even if it had tried, the Committee could not establish agreement about what this disorder is; it could only agree on what to call it.” [13][14]
  2. ^ 原文: “The limits of the concept of Schizophrenia are unclear” [15][16]
  3. ^ 原文: “It should be noted that no single feature is invariably present or seen only in Schizophrenia”[15][16]
  4. ^ 原文: “Schizophrenia is defined so vaguely that, in actuality, it is a term often applied to almost any kind of behavior of which the speaker disapproves.” [22]
  5. ^ 原文: “gradually changed until the diagnosis came to be applied to a population who bore only a slight, and possibly superficial, resemblance to Kraepelin's.” [12]
  6. ^ 2000年には生物科学分野でアメリカ国家科学賞を受賞している[23]
  7. ^ 原文: “Europeans can save American science by helping us figure out who really has schizophrenia or what schizophrenia really is.” [24][25][26]
  8. ^ 脳機能イメージングを用いた研究では、幻聴が発生した際に脳の言語野に変化が現れていることが分かっている[30]
  9. ^ ( )内英語表記は最新のICD-10は2015年版であるが、日本では平成27年2月13日付け総務省告示第35号をもって「疾病及び関連保健問題の国際統計分類ICD-10(2013年版)」に準拠する改正が行われ、平成28年1月1日から施行されている。このため日本語はICD-10 2013年版に対応している。
  10. ^ アスペルガー症候群は統合失調症に似た症状がおきやすいと以前から指摘がある。アスペルガー症候群を再評価し紹介したイギリスの医師ローナ・ウィングの最初の論文(1981年発表)では報告された18人のうち1人に統合失調症様の症状があった[63]
  11. ^ 原文: “psychotropic medication can have profound and lasting negative effects on a patient's mind and body” [85][86][87][88]
  12. ^ 原文: “are known to cause a number of potentially devastating side effects.” [85][86][87][88]
  13. ^ 原文: The current state of the evidence does not allow the general use of ECT in the management of schizophrenia to be recommended. [111]
  14. ^ 原文:There is evidence that most people will recover, although some will have persisting difficulties or remain vulnerable to future episodes. (英国国立医療技術評価機構 2014, Introduction)
  15. ^ NIMHの助成研究である[119]
  16. ^ NIMHの助成研究である[121]
  17. ^ : Hebephrenie
  18. ^ : Katatonie

出典

  1. ^ a b c d e Schizophrenia - Factsheet”. 世界保健機関 (2014年8月). 2015年8月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 英国国立医療技術評価機構 2014, Introduction.
  3. ^ a b c 「統合失調症」 『ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典』 コトバンクhttps://kotobank.jp/word/%E7%B5%B1%E5%90%88%E5%A4%B1%E8%AA%BF%E7%97%87-177616#E3.83.96.E3.83.AA.E3.82.BF.E3.83.8B.E3.82.AB.E5.9B.BD.E9.9A.9B.E5.A4.A7.E7.99.BE.E7.A7.91.E4.BA.8B.E5.85.B8.20.E5.B0.8F.E9.A0.85.E7.9B.AE.E4.BA.8B.E5.85.B82018年6月30日閲覧 
  4. ^ a b c 世界保健機関 1998, Chapt.1.
  5. ^ 世界保健機関 1998, Chapt.4.1.
  6. ^ a b 世界保健機関 1998, Chapt.3.1.
  7. ^ 世界保健機関 1998, Chapt.4.5.
  8. ^ 統合失調症について”. 2018年5月9日閲覧。
  9. ^ 統合失調症 - 関西医科大学付属枚方病院
  10. ^ WHO Mental Health Gap Action Programme (mhGAP)
  11. ^ 世界保健機関 2010.
  12. ^ a b c d e f g Robert Whitaker 2009, pp. 90-91 (翻訳書は ロバート・ウィタカー 2010, pp. 134-136
  13. ^ a b Staub, Michael (October 30, 2011), Madness Is Civilization: When the Diagnosis Was Social, 1948-1980, University of Chicago Press, p. 181, ISBN 978-0226771472 
  14. ^ a b Rose, Nikolas; Abi-Rached, Joelle M. (February 24, 2013), Neuro: The New Brain Sciences and the Management of the Mind, Princeton University Press, pp. 118-119, ISBN 978-0691149608 
  15. ^ a b c d Castellano-Hoyt, Donald (October, 2003), Enhancing Police Response to Persons in Mental Health Crisis: Providing Stratergies, Communication Techniques, and Crisis Intervention Preparation in Overcoming Institutional Challenges, Charles C Thomas Pub Ltd, p. 45, ISBN 978-0398074166 
  16. ^ a b c d Lawrence Stevens「SCHIZOPHRENIA A Nonexistent Disease」反精神医学連合、2013年7月11日閲覧。
  17. ^ a b American Psychiatric Association 1980, pp. 5-6.
  18. ^ American Psychiatric Association 1987, pp. xxii-xxiii.
  19. ^ a b American Psychiatric Association 1994, pp. xxi-xxii.
  20. ^ a b American Psychiatric Association 2000, pp. xxx-xxxi.
  21. ^ Elliot Valenstein (October 5, 1998), Blaming the Brain: The Truth About Drugs and Mental Health, Free Press, p. 159, ISBN 978-0684849645 .(翻訳書は エリオット・ヴァレンスタイン 『精神疾患は脳の病気か? 向精神薬の科学と虚構』、功刀浩監訳、中塚公子訳 みすず書房、2008年2月22日、211頁。ISBN 978-4622073611 
  22. ^ a b Thomas Szasz (March, 1988), Schizophrenia: The Sacred Symbol of Psychiatry, Syracuse University Press, p. 87, ISBN 978-0815602248 
  23. ^ The President's National Medal of Science: Recipient Details: Nancy C. Andreasen”. National Science Foundation. 2014年6月5日閲覧。
  24. ^ a b Thomas Szasz (September 1, 2008), Psychiatry: The Science of Lies, Syracuse University Press, p. 14, ISBN 978-0815609100 
  25. ^ a b Nancy C. Andreasen (October 1, 1994). “Changing concepts of schizophrenia and the ahistorical fallacy”. American Journal of Psychiatry 151 (10): 1405-1407. PMID 8092333. 
  26. ^ a b Nancy C. Andreasen (2007). “DSM and the Death of Phenomenology in America: An Example of Unintended Consequences”. Schizophrenia Bulletin (Oxford University Press) 33 (1): 108-112. doi:10.1093/schbul/sbl054.  First published online: December 7, 2006.
  27. ^ 統合失調症とは何か
  28. ^ 統合失調症とは何か
  29. ^ a b c d 世界保健機関 1998, Chapt.2.2.
  30. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u Schizophrenia - Symptoms”. 国民保健サービス (2014年1月10日). 2014年2月1日閲覧。
  31. ^ 浅井智久,丹野義彦、「声の中の自己と他者 -幻聴の自己モニタリング仮説-」 心理学研究 2010年 81巻 3号 p.247-261, doi:10.4992/jjpsy.81.247
  32. ^ 現在精神衛生学ノート 村田忠良 サンパウロ 95頁
  33. ^ 山鳥重、「神経心理学の醍醐味」 高次脳機能研究 (旧 失語症研究)2009年 29巻 1号 p.9-15, doi:10.2496/hbfr.29.9
  34. ^ a b 英国国立医療技術評価機構 2014, Chapt.1.4.5.
  35. ^ パニック障害・不安障害 みんなのメンタルヘルス 厚生労働省
  36. ^ パニックディスオーダー 編集上島国利 P.33 ISBN 978-4-87583-055-9
  37. ^ パニック障害100のQ&A キャロル・W・バーマンMD 星和書店 P.130-131 ISBN 978-4-7911-0657-8
  38. ^ 精神科セカンドオピニオン—正しい診断と処方を求めて 誤診・誤処方を受けた患者とその家族たち 笠陽一郎 シーニュ 2008年 190頁 ISBN 978-4-9903014-1-5
  39. ^ Sullivan et al (2003). “Schizophrenia as a complex trait: evidence from a meta-analysis of twin studies”. Archives of general psychiatry 60 (12): 1187. http://jamanetwork.com/journals/jamapsychiatry/fullarticle/208134. 
  40. ^ 岡崎祐士先生に「統合失調症」(全般)を訊く
  41. ^ a b c d Ham, Suji; Kim, Tae Kyoo; Chung, Sooyoung; et al. (2017). “Drug Abuse and Psychosis: New Insights into Drug-induced Psychosis”. Experimental Neurobiology 26 (1): 11. doi:10.5607/en.2017.26.1.11. PMC: 5326711. PMID 28243163. https://doi.org/10.5607/en.2017.26.1.11. 
  42. ^ http://www42.atwiki.jp/galeos/pages/195.html
  43. ^ アーカイブされたコピー”. 2013年5月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月20日閲覧。血液検査について
  44. ^ BENEDICT CAREY「Can Brain Scans See Depression?」The New York Times 2005年10月18日。(邦訳は『脳スキャンで鬱が見えるか』)
  45. ^ 「Open Letter to the DSM-5」アメリカ心理学会、2011年10月22日。
  46. ^ Ho, Beng-Choon; Andreasen, Nancy C; Ziebell, Steven; Pierson, Ronald; Magnotta, Vincent (Feb. 2011). “Long-term antipsychotic treatment and brain volumes: a longtitudinal study of first-episode schizophrenia”. Archives of General Psychiatry 68 (2): 128?37. doi:10.1001/archgenpsychiatry.2010.199. PMC: 3476840. PMID 21300943. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3476840/. 
  47. ^ Radua, J.; Borgwardt, S.; Crescini, A.; Mataix-Cols, D.; Meyer-Lindenberg, A.; McGuire, P.K.; Fusar-Poli, P. (November 2012). “Multimodal meta-analysis of structural and functional brain changes in first episode psychosis and the effects of antipsychotic medication”. Neuroscience & Biobehavioral Reviews 36 (10): 2325?2333. doi:10.1016/j.neubiorev.2012.07.012. PMID 22910680. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S014976341200125X. 
  48. ^ http://blog.livedoor.jp/beziehungswahn/archives/40604888.html 抗精神病薬による脳への負の影響。その1 灰白質への影響
  49. ^ http://blog.livedoor.jp/beziehungswahn/archives/40616823.html 抗精神病薬による脳への負の影響。その2 白質への影響
  50. ^ NHKオンデマンド NHKスペシャル ここまで来た!うつ病治療
  51. ^ 精神研ニュース Archived 2013年10月19日, at the Wayback Machine.「近赤外線を用いた光診断の可能性と限界 Archived 2013年6月3日, at the Wayback Machine.」東京都精神医学総合研究所、2010年9月(第343号)。
  52. ^ 世界保健機関 1998, Chapt.2.
  53. ^ 精神科医はどうやって診断しているのか
  54. ^ a b c 世界保健機関 1998, Chapt.2.1.
  55. ^ ICD-10 Version:2015”. WHO (2015年). 2015年9月1日閲覧。
  56. ^ ICD10 国際疾病分類第10版(2003年改訂)”. MEDIS標準病名マスター作業班 (2016年). 2016年7月26日閲覧。
  57. ^ 統合失調症 大阪大学医学系研究科・医学部
  58. ^ 統合失調症について
  59. ^ 山田光子、「統合失調症患者のセルフスティグマが自尊感情に与える影響」 日本看護研究学会雑誌 2015年 38巻 1号 p.1_85-1_91, doi:10.15065/jjsnr.20141018003
  60. ^ 「わかっているのにできない」脳〈1〉エイメン博士が教えてくれるADDの脳の仕組み/花風社
  61. ^ Free ADD Webinar with Dr. Amen – Listen Now! Archived 2015年7月10日, at the Wayback Machine.
  62. ^ 問い合わせが殺到!うつ病「見える化」診断光トポグラフィー検査
  63. ^ 高機能広汎性発達障害と統合失調症 Archived 2009年3月3日, at the Wayback Machine. 杉山登志郎 2010年5月26日閲覧
  64. ^ 「抗 NMDA 受容体抗体脳炎の臨床と病態」臨床神経, 49:774-778, 2009
  65. ^ 精神障害者をどう裁くか 岩波明,光文社,2009年 ,SBN 9784334035013, 188-189頁
  66. ^ 読売新聞 シリーズこころ「統合失調症」相次ぐ誤診 2008年12月26日
  67. ^ うちの子:自閉症児とその家族/4 貧困な乳幼児期支援 毎日新聞 2004年7月5日
  68. ^ 英国国立医療技術評価機構 2014, Chapt.1.2.3.1.
  69. ^ 英国国立医療技術評価機構 2014, Chapt.1.2.3.2.
  70. ^ 英国国立医療技術評価機構 2014, Chapt.1.3.4.
  71. ^ 英国国立医療技術評価機構 2014, Chapt.1.3.2.1.
  72. ^ 精神保健福祉士法について
  73. ^ 統合失調症の家族研究の変遷
  74. ^ 岡崎祐士先生に「統合失調症」(全般)を訊く”. 2018年5月13日閲覧。
  75. ^ 国際医療福祉大学医療福祉学部医療福祉・マネジメント学科『福祉教科書 介護福祉士完全合格問題集 2015年版』 106-107頁。
  76. ^ みんなのメンタルヘルス統合失調症(厚生労働省)
  77. ^ 統合失調症薬物治療ガイド - 学会支援機構
  78. ^ 統合失調症の薬のガイドを学会が作成
  79. ^ a b 英国国立医療技術評価機構 2014, Chapt.1.3.6.
  80. ^ 特定非営利活動法人 地域精神保健福祉機構 Archived 2013年5月24日, at the Wayback Machine.のホームページより抜粋
  81. ^ 市橋秀夫「統合失調症」『岩田誠 他(監):新・病気とからだの読本(4)脳・神経と精神の病気』、暮しの手帖社、東京、2001年8月、 263頁。
  82. ^ 英国国立医療技術評価機構 2014, Chapt.1.5.1.3.
  83. ^ 内海聡「精神疾患・発達障害に効く漢方薬―」『精神科セカンドオピニオン2 - 続・精神科セカンドオピニオンの実践から』
  84. ^ Wendan decoction (Traditional Chinese medicine) for schizophrenia
  85. ^ a b c Robert Whitaker 2009, pp. 355-357 (翻訳書は ロバート・ウィタカー 2010, pp. 528-531)
  86. ^ a b Peter C. Gøtzsche 2015, § Forced treatment must be banned
  87. ^ a b Supreme Court of Alaska. No. S-11021.”. Thomson Reuters (2006年6月30日). 2018年7月2日閲覧。
  88. ^ a b Alaska Forced Medication Case”. Law Project for Psychiatric Rights. 2018年7月2日閲覧。
  89. ^ 英国国立医療技術評価機構 2014, Chapt.1.1.3.
  90. ^ a b c d e 英国国立医療技術評価機構 2014, Chapt.1.4.4.
  91. ^ 英国国立医療技術評価機構 2014, Chapt.1.3.7.1.
  92. ^ デイビッド・ファウラー, フィリッパ・ガレティ, エリザベス・カイパース 東京駒場CBT研究会(訳) (2011). 統合失調症を理解し支援するための認知行動療法 金剛出版, 180-181・184-186頁.
  93. ^ デイビッド・ファウラー, フィリッパ・ガレティ, エリザベス・カイパース 東京駒場CBT研究会(訳) (2011). 統合失調症を理解し支援するための認知行動療法 金剛出版, 184-186頁.
  94. ^ ライト, J. H., バスコ, M. R., & テーゼ, M. E. 大野 宏(訳) (2007). 認知行動療法トレーニングブック 医学書院, 286頁.
  95. ^ デイビッド・ファウラー, フィリッパ・ガレティ, エリザベス・カイパース 東京駒場CBT研究会(訳) (2011). 統合失調症を理解し支援するための認知行動療法 金剛出版, 180頁.
  96. ^ 大野 宏明・井上 桂子 (2010). 被害関係妄想と自生体験を主症状とした統合失調症患者への認知行動療法的介入. 作業療法, 29, 47-56.
  97. ^ Birchwood, M., & Jackson, C. 丹野 義彦・石垣 琢麿(訳)(2006). 統合失調症――基礎から臨床への架け橋―― 東京大学出版会, 134頁.
  98. ^ 白石 弘巳(監修)(2015). 統合失調症――正しい理解とケア―― 高橋書店, 120頁.
  99. ^ エマ・ウィリアムズ 菊池 安希子(監訳)(2008). 統合失調症のための集団認知行動療法 星和書店, 103-104頁.
  100. ^ デイビッド・ファウラー, フィリッパ・ガレティ, エリザベス・カイパース 東京駒場CBT研究会(訳) (2011). 統合失調症を理解し支援するための認知行動療法 金剛出版, 180-181頁.
  101. ^ 白石裕子,則包和也 (2004). 統合失調症の症状への認知行動療法の動向と展望. 香川県立保健医療大学紀要, 1, 117-122, 2004, NAID 110004621832
  102. ^ エマ・ウィリアムズ 菊池 安希子(監訳)(2008). 統合失調症のための集団認知行動療法 星和書店, 14頁.
  103. ^ 渡辺 和成 (2012). 統合失調症からの回復に役立つ治療と日常生活のポイント 星和書店, 54-55頁.
  104. ^ デイビッド・ファウラー, フィリッパ・ガレティ, エリザベス・カイパース 東京駒場CBT研究会(訳) (2011). 統合失調症を理解し支援するための認知行動療法 金剛出版, 150-151・185頁.
  105. ^ 「オープンダイアローグ」とは=対話で精神病からの回復目指す」『時事メディカル』。2018年5月20日閲覧。
  106. ^ 『オープンダイアローグとは何か』” (日本語). 医学書院. 2018年5月20日閲覧。
  107. ^ ECTの疑問にお答えします 長崎県精神医療センター
  108. ^ エイブラム・ホッファー『ビタミンB-3の効果 : 精神分裂病の栄養療法』大沢博訳、世論時報社、2001年4月(原著1998年)。ISBN 49153405112013年5月20日閲覧。
  109. ^ Dr. Cheryl Lane, PsyD (200X-XX-XX). “Electroconvulsive Therapy (ECT)”. 2012年1月18日閲覧。
  110. ^ E.Fuller Torrey (200X-XX-XX). “Surviving Schizophrenia”. 2012年1月18日閲覧。
  111. ^ a b TA59: Guidance on the use of electroconvulsive therapy (Report). 英国国立医療技術評価機構. (2003-04). http://www.nice.org.uk/guidance/ta59. 
  112. ^ 谷万喜子,鈴木俊明,高田あや ほか、「統合失調症治療中に発症した重度の軸性ジストニアに対する鍼治療効果」 精神神經學雜誌 107(8), 802-810, 2005-08-25, NAID 10018081931
  113. ^ 氏原輝子,福島綾子、「統合失調症にて加療中の腰痛患者に対する鍼治療について 関西理学療法 2007年 7巻 p.164-166, hdl:10592/18133
  114. ^ 統合失調症について(その3・家族の対応)
  115. ^ 世界保健機関 1998, Chapt.4.3.
  116. ^ 世界保健機関 1998, Chapt.3.2.
  117. ^ ロバート・ウィタカー 2010, pp. 138-139
  118. ^ a b ロバート・ウィタカー 2010, pp. 147-148
  119. ^ a b ロバート・ウィタカー 2010, pp. 147-149
  120. ^ a b c ロバート・ウィタカー 2010, pp. 160-161, 457
  121. ^ a b ロバート・ウィタカー 2010, pp. 166-169
  122. ^ a b c 世界保健機関 1998, Chapt.3.4.
  123. ^ Hor K, Taylor M (2010). “Suicide and schizophrenia: a systematic review of rates and risk factors”. J. Psychopharmacol. (Oxford) 24 (4 Suppl): 81?90. doi:10.1177/1359786810385490. PMC: 2951591. PMID 20923923. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2951591/. 
  124. ^ 統合失調症患者の寿命
  125. ^ Rihmer Z, Dome P, Gonda X, Kiss HG, Kovacs D, Seregi K, Teleki Z. Cigarette smoking and suicide attempts in psychiatric outpatients in Hungary. Neuropsychopharmacol Hung. 2007 Jun;9(2):63-7.
  126. ^ Kendler KS; Gallagher TJ; Abelson JM; Kessler RC. Lifetime prevalence, demographic risk factors, and diagnostic validity of nonaffective psychosis as assessed in a US community sample. The National Comorbidity Survey. Arch Gen Psychiatry. 1996 Nov;53(11):1022-31.
  127. ^ Goldner EM; Hsu L; Waraich P; Somers JM. Prevalence and incidence studies of schizophrenic disorders: a systematic review of the literature. Can J Psychiatry. 2002 Nov;47(9):833-43.
  128. ^ The Life and Economic Impact of Major Mental Illnesses in Canada (Report). Mental Health Commission of Canada. (2013-02-09). オリジナルの2015年10月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151006002511/http://www.mentalhealthcommission.ca/English/node/5024. 
  129. ^ a b 英国国立医療技術評価機構 2013, Introduction.
  130. ^ Torrey EF (1987). “Prevalence studies in schizophrenia”. Br J Psychiatry 150: 598–608. PMID 3307980. 
  131. ^ 分裂病の起源I.I. ゴッテスマン ISBN 978-4-535-58036-7
  132. ^ Pedersen M, Jacobsen S, Klarlund M, Pedersen BV, Wiik A, Wohlfahrt J, Frisch M (2006). “Environmental risk factors differ between rheumatoid arthritis with and without auto-antibodies against cyclic citrullinated peptides”. Arthritis Res. Ther. 8 (4): R133. doi:10.1186/ar2022. PMC: 1779386. PMID 16872514. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1779386/. 
  133. ^ 村田忠良『現代精神衛生学ノート』 1977年。122-123頁。
  134. ^ 北山大奈『あなたの難しい人?統合失調症者を理解したい人のために』ISBN 978-4-938866-49-5。222頁
  135. ^ 日本の医学書。同書の巻五は精神神経疾患を記述している。「香川修庵」(東亜医学協会)
  136. ^ 鈴木昶『江戸の医療風俗事典』東京堂出版 ISBN 978-4-490-10561-2。35-37頁
  137. ^ 田野中恭子、「統合失調症の家族研究の変遷」 立命館人間科学研究 23, 75-89, 2011-07, NAID 110008584966, hdl:10367/2664
  138. ^ a b 佐藤光源「はじめに: 呼称変更の経緯 / 統合失調症について - 精神分裂病と何が変わったのか Archived 2014年5月2日, at the Wayback Machine.」(日本精神神経学会)
  139. ^ 本澤二郎『霞ヶ関の犯罪「お上社会」腐蝕の構造』、2002年、190頁。ISBN 978-4-947637-77-2
  140. ^ 出典: 小俣和一郎 著 『精神病院の起源』
  141. ^ 『天才』p.164 宮城音弥 岩波新書(青版 621)ISBN 4-00-412070-5
  142. ^ 統合失調症の基礎知識 Archived 2015年2月2日, at the Wayback Machine.
  143. ^ 智恵子の年譜
  144. ^ “【出演者インタビュー】ハウス加賀谷さん「病気について話し合うきっかきになれば」”. NHK福祉ポータル ハートネット (NHK). (2014年5月28日). http://www.nhk.or.jp/hearttv-blog/1800/188984.html 2017年5月21日閲覧。 
  145. ^ 草間彌生を追ったドキュメンタリー映画、監督を直撃!”. CINEMATODAY (2018年5月25日). 2020年3月4日閲覧。
  146. ^ 岡田尊司 『統合失調症』 PHP新書〈叢書〉p.99、2010年10月ISBN 4569793061
  147. ^ エドワルド・ムンク | 統合失調症だった著名人 | 症状を知る | 統合失調症ナビ
  148. ^ 木下長宏 『ゴッホ――闘う画家』 六耀社、2002年。ISBN 4-89737-423-5
  149. ^ Bastos, Othon (2006). “Camille Claudel: a revulsion of nature. The art of madness or the madness of art?”. Jornal Brasileiro de Psiquiatria 55 (3). doi:10.1590/S0047-20852006000300012. ISSN 0047-2085. 
  150. ^ 『天才 創造のパトグラフィー』福島章 講談社現代新書 p.193 ISBN 4-06-145721-7
  151. ^ BBC NEWS Mental illness 'at the root of jazz'
  152. ^ Nasar, Sylvia (1994年11月13日). “The Lost Years of a Nobel Laureate”. Princeton, New Jersey. https://www.nytimes.com/1994/11/13/business/the-lost-years-of-a-nobel-laureate.html 2019年5月1日閲覧。 
  153. ^ ナンシー・アンドリアセン―心を探る脳科学 (NHK未来への提言)日本放送出版協会 p.91 ISBN 978-4140812228
  154. ^ 大阪大学公式サイト - 統合失調症を判別する眼球運動特徴の発見
  155. ^ 産経ニュース [リンク切れ]
  156. ^ 統合失調症の発症予測法を発見 2017年7月14日 QLifePro 医療ニュース
  157. ^ 環境要因と精神疾患をつなぐ分子や生物学的メカニズムを研究 医療ニュース 2017年09月08日
  158. ^ 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析 毎日新聞(有料記事)2018年4月5日
  159. ^ 自閉スペクトラム症と統合失調症:2つの精神疾患における発症メカニズムのオーバーラップを発見! -ゲノム医療への展開に期待- 国立研究開発法人日本医療研究開発機構
  160. ^ 統合失調症入院患者における措置入院と自殺に関するコホート研究
  161. ^ 統合失調症患者の複数の大脳皮質領域に共通する神経細胞の変化を解明-金沢大
  162. ^ 統合失調症に対する第2世代抗精神病薬持効性注射剤の治療結果
  163. ^ Eronen, M.; Hakola, P.; Tiihonen, J. (1996-6). “Mental disorders and homicidal behavior in Finland”. Archives of General Psychiatry 53 (6): 497–501. doi:10.1001/archpsyc.1996.01830060039005. ISSN 0003-990X. PMID 8639032. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8639032. 
  164. ^ Inamdar, S. C.; Lewis, D. O.; Siomopoulos, G.; Shanok, S. S.; Lamela, M. (1982-7). “Violent and suicidal behavior in psychotic adolescents”. The American Journal of Psychiatry 139 (7): 932–935. doi:10.1176/ajp.139.7.932. ISSN 0002-953X. PMID 7091413. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7091413. 
  165. ^ Tardiff, K.; Sweillam, A. (1980-2). “Assault, suicide, and mental illness”. Archives of General Psychiatry 37 (2): 164–169. doi:10.1001/archpsyc.1980.01780150054005. ISSN 0003-990X. PMID 7352848. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7352848. 
  166. ^ Maden, A.; Scott, F.; Burnett, R.; Lewis, G. H.; Skapinakis, P. (2004-06-26). “Offending in psychiatric patients after discharge from medium secure units: prospective national cohort study”. BMJ (Clinical research ed.) 328 (7455): 1534. doi:10.1136/bmj.38075.467569.EE. ISSN 1756-1833. PMC: PMC437143. PMID 15169742. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15169742. 
  167. ^ Fazel, Seena; Gulati, Gautam; Linsell, Louise; Geddes, John R.; Grann, Martin (2009-8). “Schizophrenia and violence: systematic review and meta-analysis”. PLoS medicine 6 (8): e1000120. doi:10.1371/journal.pmed.1000120. ISSN 1549-1676. PMC: 2718581. PMID 19668362. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/19668362. 
  168. ^ 保護統計調査 2011”. 法務省司法法制部. 2019年8月31日閲覧。
  169. ^ 心神喪失者等医療観察法にかかる申立、決定等の状況|厚生労働省”. web.archive.org (2011年12月20日). 2019年8月31日閲覧。
  170. ^ 統合失調症患者の暴力行為が魚油摂取で改善 ケアネット 2017/09/21
  171. ^ 統合失調症リスクに対する喫煙の影響
  172. ^ 考え方のクセをほぐして症状軽減 統合失調症に対するメタ認知トレーニングの効果を検証
  173. ^ 統合失調症の新しい治療薬候補の発見
  174. ^ 厚生労働省の医療費統計
  175. ^ 統合失調症の経済的負担




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「統失」の関連用語

統失のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



統失のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの統合失調症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS