DoS攻撃とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 通信技術 > 攻撃 > DoS攻撃の意味・解説 

DoS攻撃【Denial of Service Attack】

コンピュータ負荷をかけることによって、コンピュタ資源ネットワーク資源を提供できなくする攻撃

DoS攻撃

フルスペル:Denial of Service attack
読み方ドスこうげきディーオーエスこうげき
別名:サービス拒否攻撃サービス妨害攻撃サービス不能攻撃

DoS攻撃とは、IT資源対すアクセスできないように妨害したり、遅延させたりするための攻撃のことである。

DoS攻撃には、ローカルネットワーク分散など多種多様方法がある。ネットワークケーブルを切断する、コンピュータ物理的破壊することもDoS攻撃の一種である。

DoS攻撃の具体的な攻撃手法としては、リソース破壊枯渇させることによるもの、ネットワークプロトコル仕様実装弱点につけ込む、などがある。メール爆弾呼ばれる電子メール巨大なファイル添付送りつけることでメールサーバーに高負荷をかける手法もある。

大量データ送信したり、同時に複数コンピュータからアクセスすることでサーバーを高負荷状態にさせたり、ネットワーク脆弱性を突いたものではない攻撃もある。これらは、通常のアクセス区別できないことが多くサービス停止による攻撃防御取りにくく、このような攻撃対す対処を困難にしている。

セキュリティのほかの用語一覧
ネットワーク攻撃:  CSRF  C&Cサーバー  DDoS  DoS攻撃  Duqu  DNS Changer  DYRE

DoS攻撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/27 07:52 UTC 版)

DoS攻撃(ドスこうげき)(英:Denial of Service attack)は、コンピューティングにおいてサーバなどのコンピュータネットワークリソース(資源)がサービスを提供できない状態にする意図的な行為をいう。サービス妨害攻撃と訳される[1]




[ヘルプ]
  1. ^ 意味が通じない誤訳の例として「サービス拒否攻撃」が挙げられる。
  2. ^ Security Tip (ST04-015): Understanding Denial-of-Service Attacks”. US-CERT (2013年2月6日). 2015年12月19日閲覧。
  3. ^ TCP SYN Flooding Attacks and Common Mitigations”. IETF (2007年8月). 2015年12月18日閲覧。
  4. ^ CA-1997-28: IP Denial-of-Service Attacks”. CERT/CC (1997年12月16日). 2015年12月19日閲覧。
  5. ^ Slow HTTP DoS Attack に対する注意喚起について (PDF)”. @police (2015年12月16日). 2015年12月19日閲覧。
  6. ^ David Senecal (2013年9月12日). “Slow DoS on the Rise”. Akamai. 2015年12月19日閲覧。
  7. ^ Patrikakis, C.; Masikos, M.; Zouraraki, O. (December 2004). “Distributed Denial of Service Attacks”. The Internet Protocol Journal 7 (4): 13–35. http://www.cisco.com/web/about/ac123/ac147/archived_issues/ipj_7-4/dos_attacks.html. 
  8. ^ Taghavi Zargar, Saman (2013年11月). “A Survey of Defense Mechanisms Against Distributed Denial of Service (DDoS) Flooding Attacks”. IEEE COMMUNICATIONS SURVEYS & TUTORIALS. pp. 2046–2069. 2015年12月20日閲覧。
  9. ^ Christian Rossow. “Amplification Hell: Revisiting Network Protocols for DDoS Abuse (PDF)”. Internet Society. 2015年12月23日閲覧。
  10. ^ ntpd の monlist 機能を使った DDoS 攻撃に関する注意喚起”. JPCERT/CC (2014年1月15日). 2015年12月23日閲覧。
  11. ^ 高橋 睦美 (2015年10月21日). “ハードルがますます下がるDDoS攻撃、経路途中での防御を追求するアカマイ”. @IT. http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1510/21/news062.html 2015年12月24日閲覧。 
  12. ^ Alert (TA14-017A) UDP-Based Amplification Attacks” (2014年1月17日). 2015年12月28日閲覧。
  13. ^ Akamai Warns Of 3 New Reflection DDoS Attack Vectors”. Akamai (2015年10月28日). 2015年12月29日閲覧。
  14. ^ Glenn Greenwald (2014年7月15日). “HACKING ONLINE POLLS AND OTHER WAYS BRITISH SPIES SEEK TO CONTROL THE INTERNET”. The Intercept_. 2015年12月25日閲覧。
  15. ^ 送信元 IP アドレスを詐称したパケットのフィルタリング”. JPCERT/CC (2005年8月17日). 2015年12月26日閲覧。
  16. ^ 齋藤 衛「DoS/DDoS 攻撃対策(1) 〜ISP における DDoS 対策の 現状と課題~ (PDF) 」 、『情報処理』第54巻第5号、情報処理学会、2013年5月、 468-474頁。
  17. ^ ジョセフ・メン 『サイバー・クライム』 浅川 佳秀訳、講談社、2011年ISBN 4062166275
  18. ^ 閉鎖”. ニコニコ大百科(仮). 2016年1月1日閲覧。
  19. ^ 岡崎図書館事件まとめ
  20. ^ 情報ネットワーク法学会 - 第1回「技術屋と法律屋の座談会」
  21. ^ Operation Payback - Part of a series on Anonymous”. know your meme. 2015年6月26日閲覧。
  22. ^ ソニーはなぜハッカーに狙われたのか、「アノニマス」の正体”. 東洋経済ONLINE (2011年6月8日). 2016年1月1日閲覧。


「DoS攻撃」の続きの解説一覧





DoS攻撃と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

DoS攻撃に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「DoS攻撃」の関連用語

DoS攻撃のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

MobileMe

iPod

Kindle Fire

Microsoft PixelSense

Windows 2000

Windows 7

BlackBerry Torch

GALAXY Tab S 8.4 SC-03G





DoS攻撃のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2016 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
JMCJMC
2016 (C) JMC Corpyright All Rights Reserved
株式会社ジェイエムシー情報セキュリティ用語集
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリDoS攻撃の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDoS攻撃 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS