主権とは?

主権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/05 21:52 UTC 版)

主権(しゅけん、: Sovranità: Souveränität: sovereignty西: Soberanía)とは、




  1. ^ 美濃部達吉は、国家法人説を前提に、「最高権」「統治権」「最高機関の地位」の三つに加えて、「国家の意思力そのもの」を主権概念に含める。これがドイツ法の「国権」(Staatsgewalt)を表す概念であることは明らかである。が、「統治権」と区別がしにくいとの難点が指摘されている[要出典]
  1. ^ 大辞泉「主権」
  2. ^ a b c d 広辞苑 第六版「主権」
  3. ^ a b ブリタニカ百科事典
  4. ^ 領土高権、対人高権、組織高権の三つが国家の基本的権利としての統治権であるとされる。
  5. ^ 国家の意思力そのもの、「国権」ないし国家権力のことであるという反対説もある。規範と事実を峻別し、主権は規範としての法的権力の問題であるが、制憲権は事実の問題とする。
  6. ^ 例として、ドイツ連邦共和国基本法第24条やイタリア共和国憲法第11条が挙げられる。



主権

出典:『Wiktionary』 (2009/11/07 18:10 UTC 版)

名詞

しゅけん

  1. 国民領土統治する国家権力統治権
  2. 国家他国からの干渉を受けずに独自意思決定を行う権利。「万国公法」により日本にもたらされ製新漢語
  3. 国家政治最終的決定する権利

関連語

翻訳





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「主権」の関連用語

主権のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ルビーアイ・紅白ソードテール

浜松広報館

草津白根山

サイドカバー

三光堰

ダチョウ

唐組

スレーキ





主権のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの主権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの主権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2017 Weblio RSS