二酸化珪素とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 分子化学 > 酸化物 > 二酸化珪素の意味・解説 

にさんか‐けいそ〔ニサンクワ‐〕【二酸化×珪素】

読み方:にさんかけいそ

珪素酸化物天然には水晶石英瑪瑙(めのう)・オパールなどとして産出純粋なものは無色結晶弗化(ふっか)水素融解アルカリ以外に対して安定ガラス水晶発振器研磨剤などに利用化学式SiO2 シリカ無水珪酸


二酸化ケイ素

(二酸化珪素 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/23 09:30 UTC 版)

二酸化ケイ素(にさんかけいそ、:Silicon dioxide)は、化学式SiO2で表されるケイ素酸化物で、地殻を形成する物質の一つとして重要である。シリカ: silica[4])、無水ケイ酸ケイ酸酸化シリコンとも呼ばれる。純粋な二酸化ケイ素は無色透明であるが、自然界には不純物を含む有色のものも存在する。圧力温度の条件により、石英: quartz、水晶)以外にもシリカ鉱物(SiO2)の多様な結晶相(結晶多形)が存在し、自然界では長石類に次いで産出量が多い。マグマの粘性を左右する物質でもある。鉱物として存在するほか、生体内にも微量ながら含まれている。


  1. ^ 国際化学物質安全性カード 二酸化ケイ素 ICSC番号:0808 (日本語版), 国立医薬品食品衛生研究所, http://www.ilo.org/dyn/icsc/showcard.display?p_card_id=0808&p_version=2&p_lang=ja 
  2. ^ a b c シリカ(結晶質、非晶質を包含した二酸化ケイ素)”. 職場の安全サイト. 厚生労働省 (2016年3月). 2018年2月20日閲覧。
  3. ^ a b CRC Handbook of Chemistry and Physics (92nd ed.). (2011-2012). p. 4-88(2470,viterous). ISBN 978-1-4398-5512-6 
  4. ^ 文部省編『学術用語集 海洋学編』日本学術振興会、1981年。ISBN 4-8181-8154-4http://sciterm.nii.ac.jp/cgi-bin/reference.cgi 
  5. ^ 熱とエネルギーを科学する 171p ISBN 4501419008
  6. ^ 鈴木隆夫、荒堀忠久、「ケイ石耐火物におけるトリジマイトからクリストバライトへの転移に及ぼすAl2O3の影響」『窯業協會誌』 89巻 (1981) 1036号 p.637-642, doi:10.2109/jcersj1950.89.1036_637
  7. ^ Heaney, Peter J. (01 1994). “Structure and chemistry of the low-pressure silica polymorphs”. Reviews in Mineralogy and Geochemistry 29 (1): 1-40. doi:10.1515/9781501509698. ISBN 9781501509698. ISSN 1529-6466. https://pubs.geoscienceworld.org/msa/rimg/article/29/1/1/110558/Structure-and-chemistry-of-the-low-pressure-silica. 
  8. ^ a b 大場茂, 大橋淳史「右水晶と左水晶の区別」『慶應義塾大学日吉紀要 自然科学』第46号、慶應義塾大学日吉紀要刊行委員会、2009年、13-41頁、ISSN 09117237NAID 120001747528 
  9. ^ Coes, L. Jr. (31 July 1953). “A New Dense Crystalline Silica”. Science 118 (3057): 131–132. Bibcode1953Sci...118..131C. doi:10.1126/science.118.3057.131. PMID 17835139. 
  10. ^ Robert M. Hazen (22 July 1999). The Diamond Makers. Cambridge University Press. pp. 91–. ISBN 978-0-521-65474-6. https://books.google.com/books?id=fNJQok6N9_MC&pg=PA91 2012年6月6日閲覧。 
  11. ^ Wirth, R; Vollmer, C; Brenker, F; Matsyuk, S; Kaminsky, F (2007). “Inclusions of nanocrystalline hydrous aluminium silicate "Phase Egg" in superdeep diamonds from Juina (Mato Grosso State, Brazil)”. Earth and Planetary Science Letters 259 (3–4): 384. Bibcode2007E&PSL.259..384W. doi:10.1016/j.epsl.2007.04.041. 
  12. ^ Fleischer, Michael (1962). “New mineral names” (PDF). American Mineralogist (Mineralogical Society of America) 47 (2): 172–174. http://rruff.info/uploads/AM47_805.pdf. 
  13. ^ Chao, E. C. T.; Shoemaker, E. M.; Madsen, B. M. (1960). “First Natural Occurrence of Coesite”. Science 132 (3421): 220–2. Bibcode1960Sci...132..220C. doi:10.1126/science.132.3421.220. PMID 17748937. 
  14. ^ O'Brien, P.J., N. Zotov, R. Law, M.A. Khan and M.Q. Jan (2001). “Coesite in Himalayan eclogite and implications for models of India-Asia collision”. Geology 29 (5): 435–438. Bibcode2001Geo....29..435O. doi:10.1130/0091-7613(2001)029<0435:CIHEAI>2.0.CO;2. 
  15. ^ Schertl, H.-P.; Okay, A.I. (1994). “A coesite inclusion in dolomite in Dabie Shan, China: petrological and rheological significance”. Eur. J. Mineral. 6 (6): 995–1000. doi:10.1127/ejm/6/6/0995. http://eurjmin.geoscienceworld.org/content/6/6/995.short. 
  16. ^ Funamori, N.; Jeanloz, R.; Miyajima N.; Fujino K. (2000). "Mineral assemblages of basalt in the lower mantle". J. Geophs. Res. - Solid Earth 105 (B11): 26037–26043. Mineral assemblages of basalt in the lower mantle Journal of geophysical research A. 2000, vol. 105, n° B11, pp. 26037-26043
  17. ^ eos 306, Fall 2006, Lecture 11, The Lower Mantle
  18. ^ 八木健彦、近藤忠、宮島延吉、亀卦川卓美、 "下部マントル深部条件下における高温高圧X線回折実験" (PDF) , PHOTON FACTORY NEWS Vol.20 No.3 p.15, NOV. 2002
  19. ^ Goresy, Ahmed El; Dera, Przemyslaw; Sharp, Thomas G.; Prewitt, Charles T.; Chen, Ming; Dubrovinsky, Leonid; Wopenka, Brigitte; Boctor, Nabil Z. et al. (2008). “Seifertite, a dense orthorhombic polymorph of silica from the Martian meteorites Shergotty and Zagami”. European Journal of Mineralogy 20 (4): 523. doi:10.1127/0935-1221/2008/0020-1812.  First page preview
  20. ^ Dera P; Prewitt C T; Boctor N Z; Hemley R J (2002). “Characterization of a high-pressure phase of silica from the Martian meteorite Shergotty”. American Mineralogist 87: 1018. http://rruff.geo.arizona.edu/AMS/authors/Boctor%20N%20Z. 
  21. ^ 食品添加物ケイ酸カルシウム|食品安全委員会 (PDF) (Report). 2007. 2021年11月25日閲覧
  22. ^ Holleman, A. F.; Wiberg, E. (2001), Inorganic Chemistry, San Diego: Academic Press, ISBN 0-12-352651-5
  23. ^ Lager G. A.; Jorgensen J. D.; Rotella F.J. (1982). “Crystal structure and thermal expansion of a-quartz SiO2 at low temperature”. Journal of Applied Physics 53 (10): 6751–6756. Bibcode1982JAP....53.6751L. doi:10.1063/1.330062. 
  24. ^ Wright, A. F.; Lehmann, M. S. (1981). “The structure of quartz at 25 and 590 °C determined by neutron diffraction”. Journal of Solid State Chemistry 36 (3): 371–80. Bibcode1981JSSCh..36..371W. doi:10.1016/0022-4596(81)90449-7. 
  25. ^ a b Kihara, Kuniaki; Matsumoto, Takeo; Imamura, Moritaka (1986). “Structural change of orthorhombic-Itridymite with temperature: A study based on second-order thermal-vibrational parameters”. Zeitschrift für Kristallographie 177: 27–38. Bibcode1986ZK....177...27K. doi:10.1524/zkri.1986.177.1-2.27. 
  26. ^ DownsR. T., PalmerD. C. (02 1994). “The pressure behavior of α cristobalite” (PDF). American Mineralogist 79 (1-2): 9-14. ISSN 0003-004X. 
  27. ^ Wright, A. F.; Leadbetter, A. J. (1975). “The structures of the β-cristobalite phases of SiO2 and AlPO4”. Philosophical Magazine 31 (6): 1391–401. Bibcode1975PMag...31.1391W. doi:10.1080/00318087508228690. 
  28. ^ Shropshire, Joseph; Keat, Paul P.; Vaughan, Philip A. (1959). “The crystal structure of keatite, a new form of silica”. Zeitschrift für Kristallographie 112: 409–13. Bibcode1959ZK....112..409S. doi:10.1524/zkri.1959.112.1-6.409. 
  29. ^ Miehe, Gerhard; Graetsch, Heribert (1992). “Crystal structure of moganite: a new structure type for silica”. European Journal of Mineralogy 4 (4): 693–706. doi:10.1127/ejm/4/4/0693. 
  30. ^ Levien, Louise and Prewitt, Charles T. (04 1981). “High-pressure crystal structure and compressibility of coesite”. American Mineralogist 66 (3-4): 324-333. ISSN 0003-004X. https://www.semanticscholar.org/paper/High-pressure-crystal-structure-and-compressibility-Levien-Prewitt/6d2aa0f4f4b690cd260b699f1884163e36946b6a. 
  31. ^ Smyth J. R.; Swope R. J.; Pawley A. R. (1995). “H in rutile-type compounds: II. Crystal chemistry of Al substitution in H-bearing stishovite”. American Mineralogist 80: 454–456. http://rruff.geo.arizona.edu/doclib/am/vol80/AM80_454.pdf. 
  32. ^ Dera P.; Prewitt C. T.; Boctor N. Z.; Hemley R. J. (2002). “Characterization of a high-pressure phase of silica from the Martian meteorite Shergotty”. American Mineralogist 87: 1018. http://rruff.geo.arizona.edu/AMS/authors/Boctor%20N%20Z. 
  33. ^ Seifertite. Mindat.org.
  34. ^ Skinner B. J.; Appleman D. E. (1963). “Melanophlogite, a cubic polymorph of silica”. American Mineralogist 48: 854–867. http://www.minsocam.org/ammin/AM48/AM48_854.pdf. 
  35. ^ Nakagawa T.; Kihara K.; Harada K. (2001). “The crystal structure of low melanophlogite”. American Mineralogist 86: 1506. http://rruff.geo.arizona.edu/AMS/minerals/Melanophlogite. 
  36. ^ Rosemarie Szostak (1998). Molecular sieves: Principles of Synthesis and Identification. Springer. ISBN 0-7514-0480-2. https://books.google.com/?id=lteintjA2-MC&printsec=frontcover 
  37. ^ Greenwood, Norman N.; Earnshaw, Alan (1984). Chemistry of the Elements. Oxford: Pergamon Press. pp. 393–99. ISBN 0-08-022057-6.
  38. ^ Weiss, Alarich; Weiss, Armin (1954). “Über Siliciumchalkogenide. VI. Zur Kenntnis der faserigen Siliciumdioxyd-Modifikation”. Zeitschrift für anorganische und allgemeine Chemie 276: 95–112. doi:10.1002/zaac.19542760110. 
  39. ^ Björkman, T; Kurasch, S; Lehtinen, O; Kotakoski, J; Yazyev, O. V.; Srivastava, A; Skakalova, V; Smet, J. H. et al. (2013). “Defects in bilayer silica and graphene: common trends in diverse hexagonal two-dimensional systems”. Scientific Reports 3: 3482. Bibcode2013NatSR...3E3482B. doi:10.1038/srep03482. PMC 3863822. PMID 24336488. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3863822/. 
  40. ^ 落合満、「フュームドシリカ」『エアロゾル研究』 5巻 (1990) 1号 p.32-43, doi:10.11203/jar.5.32
  41. ^ 蒲地伸明「強化磁器食器の衝撃強さ評価方法と製品強さ向上に関する研究」佐賀大学 博士論文 (工学)、甲第405号、2010年3月、NAID 500000512202 
  42. ^ 藤瀧和弘『よくわかる電気の基本としくみ : 身近な機器から学ぶ電気の基礎』秀和システム〈How-nual図解入門〉、2004年、145頁。ISBN 4798006947NCID BA65804368https://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000004339426-00 
  43. ^ 高純度金属Siの製造方法
  44. ^ 福間の無機化学の講義 三訂版 184p
  45. ^ 厚生労働省行政情報、添加物使用基準リスト 2、『各添加物の使用基準及び保存基準』”. 公益財団法人日本食品化学研究振興財団. p. 二酸化ケイ素 (2017年6月26日). 2018年2月17日閲覧。
  46. ^ シリカやケイ素を摂取できるとうたった飲料、健康食品等に関する調査”. 国民生活センター (2023年). 2024年4月23日閲覧。
  47. ^ QUARTZ CRYSTAL (INDUSTRIAL), アメリカ地質調査所
  48. ^ SAND AND GRAVEL(INDUSTRIAL), アメリカ地質調査所
  49. ^ IPCS UNEP//ILO//WHO 国際化学物質簡潔評価文書 No.24 結晶質シリカ、石英” (PDF). 国立医薬品食品衛生研究所 安全情報部 (2006年). 2012年1月14日閲覧。
  50. ^ 発がん物質暫定物質(2001) の提案理由日本産業衛生学会 許容濃度等に関する委員会(2001年4月6日)2018年1月13日閲覧
  51. ^ a b Silica, Some Silicates, Coal Dust and para-Aramid Fibrils. IARC Monographs on the Evaluation of Carcinogenic Risks to Humans (Report). Vol. 68. 国際がん研究機関(IARC). 1997. p. 210-211. 2018年2月17日閲覧
  52. ^ Silica Dust, Crystalline, in the form of Quartz or Cristobalite. IARC Monographs on the Evaluation of Carcinogenic Risks to Humans (Report). Vol. 100C. 国際がん研究機関(IARC). 2012. 2018年2月17日閲覧


「二酸化ケイ素」の続きの解説一覧

二酸化珪素

出典:『Wiktionary』 (2021/06/26 14:23 UTC 版)

この単語漢字

第一学年
さん
第五学年

第三学年
けい
表外漢字

第五学年
音読み 音読み 音読み 音読み 音読み

発音

に↗さんかけ↘ーそ

名詞

二酸化 珪素にさんかけいそ

  1. 酸素珪素からなる化合物一つ分子式SO2純粋なものは無職結晶地殻構成する物質一つ石英水晶瑪瑙などとして産出する。シリカ

翻訳


「二酸化珪素」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



二酸化珪素と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「二酸化珪素」の関連用語

1
無水珪酸 デジタル大辞泉
100% |||||


3
珪華 デジタル大辞泉
100% |||||

4
珪質 デジタル大辞泉
100% |||||

5
珪質岩 デジタル大辞泉
100% |||||

6
シリカ デジタル大辞泉
100% |||||

7
シリカ‐スケール デジタル大辞泉
100% |||||

8
シリカ‐ガラス デジタル大辞泉
100% |||||

9
シリカ‐パージ デジタル大辞泉
100% |||||

10
シリカ鉱物 デジタル大辞泉
100% |||||

二酸化珪素のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



二酸化珪素のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの二酸化ケイ素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの二酸化珪素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS