ワシントンD.C. 観光

ワシントンD.C.

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/11 08:12 UTC 版)

観光

ナショナル・モールとその周辺には、多くの観光スポットが集中している。モール内にはワシントン記念塔リンカーン記念館などのモニュメントがあり、その周辺にはスミソニアン博物館ナショナル・ギャラリーを代表として、多数の博物館・美術館がある。また、モールの北側や、アメリカ合衆国議会議事堂アメリカ合衆国最高裁判所などの政府機関も一般に公開されており、観光名所として人気がある。

モールを離れて北側のナショナル・ジオグラフィック協会などや、北西側のワシントン大聖堂なども、観光名所は集中していないものの、それぞれ独自の町並みを見せており、これらの地域を訪れる人も多い。さらにワシントンメトロで結ばれている近郊の街には、アーリントン国立墓地があるアーリントンや、オールド・タウンと呼ばれる古い町並みが残るアレクサンドリアなどがある。

モールを中心に、解説を交えながらこれらの観光名所を巡回する観光用バスが多数走っており、ツアーモービル、オールド・タウン・トロリー、グレイライン・レッド・トロリー、ダックツアーなどがある[147]。また、ユニオン駅からはナショナル・モールタイダルベイスン湖岸を巡回する路線バス特別区循環も運行されている。

政治

一つの地方としてのワシントンD.C.ローカルの政治傾向はリベラルであり、民主党が強く、支持者も圧倒的に多い[148]

地方政府と地方政治

ウィルソン・ビルにはワシントンD.C.地方政府(コロンビア特別区長コロンビア特別区議会)のオフィスがある。

アメリカ合衆国憲法1条8節17項[149]は、合衆国の連邦議会に、ワシントンD.C.に対する最高の権限を与えている。1973年のコロンビア特別区地方自治法により、連邦議会の一定の権限が特別区のワシントンD.C.地方政府に委譲され、同政府は、ワシントンD.C.の首長であるコロンビア特別区長(現在は民主党のミューリエル・バウザー)と、条例制定権を有する地方議会のコロンビア特別区議会(定数13議席)によって運営されることとなった。もっとも、連邦議会は、コロンビア特別区議会の作った法律を審査・破棄し、またワシントンD.C.地方自治の問題について介入する権限を有している。8つの選挙区[150]ごとに1人の市議会議員が選ばれ、これとは別に全域から議長を含む5人の議員が選ばれる[151]。また、小地区ごとに、地区諮問委員会 (ANC) の37人の委員が選挙される。ANC は伝統的に多大な影響力を行使しており、市政府は ANC の助言に十分に配慮するのが通例である[152]

連邦議会はD.C.に対する最高の権限を有する。

ワシントンD.C.市長とコロンビア特別区議会が予算を採択したとき、連邦議会はそれを変更する権限を有している。地方の所得税売上税及び資産税が、市政府の部局や行政サービスに当てるための収入の大部分を占める。50州と同様、ワシントンD.C.は老齢者医療保険制度 (Medicare) のような連邦政府補助金プログラムからの資金を受けている。連邦議会は、このほかに市の経費の一部を補助するため、資金を直接交付しており、これは2007年度では3800万ドル(D.C.の予算の約0.5%)となっている[153]。しかし、これらの資金提供とは別に、連邦政府が特別区裁判所(2008年で2億7200万ドルの予算)や、連邦公園警察のような連邦警察機構を運営しており、これらが市の治安の維持に貢献している[154][155]

歴史的には、市の地方政府は失策や浪費で悪名を得てきており、特にマリオン・バリー市長の時代はこれが顕著だった。1997年7月20日のワシントン・ポスト紙は、1面記事で、ワシントンD.C.の行政サービスは全国でもコストが最高で質は最低だと報じた[156]。アンソニー・ウィリアムス市長の時代になって成功を見るようになり、都市の再生も進み、1990年代に財政の黒字化も実現し、それが今日まで続いている[157]。2007年末に、捜査当局の調べで、租税・歳入事務所の複数の職員が、虚偽の税金還付の小切手を作出することにより、4400万ドル以上を詐取していたことが発覚した。このスキャンダルはフェンティ市政にとっての汚点となり、市民の信頼回復が最重要課題となっている[158]

ワシントンD.C.は、すべての連邦の休日 (Federal holiday) に従っている。そのほかに、1862年奴隷解放宣言の9か月前)に奴隷解放補償法がエイブラハム・リンカーン大統領によって署名されたのを記念して、4月16日の奴隷解放記念日を祝日としている。この法律により、D.C.での奴隷制は終わりを迎え、およそ3100人の奴隷が解放された[159]

連邦政府と国政

大統領選挙の結果[160][161]
民主党 共和党
1964 85.5% 169,796 14.5% 28,801
1968 81.8% 139,566 18.2% 31,012
1972 78.1% 127,627 21.6% 35,226
1976 81.6% 137,818 16.5% 27,873
1980 74.2% 130,231 13.4% 26,218
1984 85.4% 180,408 13.7% 29,009
1988 82.6% 159,407 14.3% 27,590
1992 84.6% 192,619 18.4% 20,698
1996 85.2% 158,220 9.3% 17,339
2000 85.2% 171,923 9.0% 18,073
2004 89.0% 202,970 9.0% 21,256
2008 92.5% 245,800 6.5% 17,367
2012 90.9% 267,070 7.3% 21,381
2016 90.5% 282,830 4.1% 12,723
2020 92.6% 317,323 5.4% 18,586

アメリカ合衆国大統領選挙選挙人数は3人、議会の選挙区は定数1議席のコロンビア特別区全区選挙区である。

州への昇格運動

代表・課税問題

ワシントンD.C.の市民は、連邦議会に投票権のある議員を送っていない。下院では、投票権のない代議員(準議員)1名がワシントンD.C.を代表しており、現在はエレナー・ホームズ・ノートン(民主党、コロンビア特別区全区選挙区選出)がこれを務めている。代議員は、下院で委員会に出席し、議論に参加し、法案を提出する権限はあるが、議場で投票に加わることはできない。また上院には全く代表を送っていない。1961年までは大統領選挙への投票からも除外されていたが、アメリカ合衆国憲法修正第23条[28]によって、D.C.にも選挙人団の中に3人の投票権が与えられた。プエルトリコグアムのようなアメリカ合衆国の領域(準州)も下院に投票権のない代議員を送っている(ただし大統領選挙に参加はできない)が、両地域と異なり、ワシントンD.C.の市民はすべての連邦法と課税に服している[162]。2007年度において、D.C.の住民と企業は204億ドルの連邦税を支払っており、これより少ない州は19州ある上、1人当たりの納税額では最大である[163]。これに加え、公民権運動以前には南部で名ばかりの平等の下で選挙権を奪われていた黒人がD.C.の多数派であるため、当時のように間接的に黒人を投票から締め出す形になっている。

「代表なき課税」と下部に書かれた DC のナンバープレート

2005年の世論調査で、アメリカ人の78%が、コロンビア特別区の住民が連邦議会での代表について50州よりも低い地位しか与えられていないことを知らなかったと答えた[164]。この問題についての認識を高めてもらおうとする運動がD.C.の官民挙げて行われている。1990年からはD.C.当局が2年ごとの連邦選挙に合わせて「影の議員」の選挙を行っており、D.C.公認の「影の上院議員」2名と「影の下院議員」1名(連邦に認められた、投票権なき代表とは別)が存在する。また2000年11月からは市の「代表なき課税(代表なくして課税なし)」という非公式のモットーを、ワシントンの車のナンバープレートに入れてアピールしている[165]。このナンバープレートの登場時に退任直前であったビル・クリントン大統領(民主党)は、趣旨に賛同するとしてこれを大統領専用リムジンに装着した。しかし、ジョージ・W・ブッシュ新大統領(共和党)は、政治スローガンをナンバープレートに載せるべきではないとして、就任後すぐに大統領就任式記念のナンバープレートに取り替えてしまった[166]。なおD.C.は民主党への支持が圧倒的に強固な土地柄である[注 7]

様々な世論調査によれば、アメリカ人の61%ないし82%が、D.C.は連邦議会での投票権付き代表を認められるべきだと考えている[164][167]。にもかかわらず、D.C.に投票権付き代表を与えようとする試みは成功していない。その中には、D.C.州昇格運動もあり、またD.C.に上下両院選挙の投票権を付与する憲法修正案も提出されたが、いずれも成功を見ていない。1978年には州なみの上下両院議員の選出権を付与する改憲案が7年以内の批准を条件として連邦議会を通過したが、1985年までに批准した州は16州にとどまり、改憲に必要な3/4の州(38州)に遠く及ばず成立しなかった。

D.C.に投票権を与えることに対する反対論者は、アメリカ合衆国建国の父たちはD.C.の住民が連邦議会での投票権を持つことを全く意図していなかった、なぜなら憲法は代表は各州の出身でなければならないと明確に規定しているからだと主張している。また、D.C.を州に昇格させることに対する反対論者は、そのような運動は、州から切り離された国の首都という概念を破壊することになる、州とすることは一つの市に上院の代表権を与えることになり不公平であると主張している[168]

住民投票と合衆国加入法案(HR 51)

画像外部リンク
提案された州の範囲(英語版ウィキペディアへのリンク)

2016年4月15日、ミュリエル・バウザー英語版市長は州への昇格を問う住民投票の実施を提案し[169]、29日に州憲法草案を発表した[170]。特別区議会は7月10日に満場一致で住民投票の実施を決定した[171]。新州名は最初「ニューコロンビア州 (State of New Columbia)」となっていたが、投票直前となって「ワシントンD.C.州 (State of Washington, D.C.)」に変更された[172]。新州名のD.C.は従来の「コロンビア特別区 (District of Columbia)」ではなく、「ダグラス・コモンウェルス (Douglass Commonwealth)」の略称である。D.C.を略さず「ワシントン・ダグラス・コモンウェルス州 (Washington Douglass Commonwealth)」とも表記される[173][174]。ダグラスは奴隷制度廃止運動家のフレデリック・ダグラスに由来する。コモンウェルスは合衆国において4つの州が州名に使用している表現である(コモンウェルス (米国州)を参照)。州域はナショナル・モールやホワイトハウスといった連邦政府機関を除いた特別区全域とされ[175]、新州に含まれない地域は連邦直轄領に残留する。これは合衆国憲法第1章第8条で「連邦政府の所在地は連邦政府の直轄地であること」と定めているための措置である[176]。住民投票は11月8日の大統領選挙と同時に実施され、結果は賛成票が約8割を占めた[177]

2017年に特別区の投票権のない代議員であるエレノア・ホルムズ・ノートンとデラウェア州選出のトム・カーパー英語版がそれぞれ下院に法案を提出するも、当時は昇格に反対的な共和党が多数派であったこともあり失敗に終わった。2018年の下院選挙英語版で昇格に同調的な民主党が過半数を獲得すると、2019年1月に可決した「2019年人民法 (HR 1)」において特別区の州昇格を支持する文言を取り入れた[178]。同法案には拘束力はなく、また大統領および上院の過半数は共和党員であるため成立する可能性は低いものの、合衆国議院が初めて州昇格を承認した歴史的瞬間となった[179]。また同時期に、特別区の合衆国加入を規定した「ワシントンD.C.合衆国加入法英語版 (HR 51)」が提出された。

2020年5月に始まったジョージ・フロイド抗議運動では、特別区で起きた抗議運動英語版に対してときの大統領ドナルド・トランプは特別区州兵に鎮圧を要請。更に合衆国軍や連邦警察といった連邦機関も投入し、睡眠ガスやゴム弾を用いて議者を徹底的に排除した[180]。過剰な対応に住民や市長は反発し、州昇格への機運が高まった。特別区州兵は連邦政府の指揮下にあり、市長には一切の指揮権がない。州であれば州兵の指揮権は州知事にあるため、大統領の一存で抗議者を強制排除するようなことが起こらないと考えられた。HR 51は6月26日に下院を通過するも[181]、共和党党員で上院多数党院内総務を務めるミッチ・マコーネルは上院の投票の放棄を示唆[182]。またトランプは同法案を「非常に、非常に愚か (very, very stupid)」と評した[183]。結局HR 51は会期中に成立せず、次期に再び下院からやり直すこととなった。同年11月の大統領選挙では、HR 51を推進しているジョー・バイデン民主党候補が勝利した。また同時に実施された連邦議会選挙では、下院英語版は民主党が過半数を維持した一方、上院英語版はジョージア州の通常選挙と特別選挙がともに決選投票となり、民主党と共和党のどちらが主導権を握るかは年明けに持ち越された。

2021年1月3日、新会期が始まりHR 51は下院に再び提出された[184]。6日、ジョージア州上院選挙の決選投票が実施され、両選挙とも民主党候補が勝利したことで民主党が上院の主導権を握り、法案可決が現実味を帯びるようになった[185]。7日、トランプ支持者による議会襲撃事件が発生した。事件当日の13時ごろ、支持者は議事堂の敷地内へ入り建物を取り囲んだ。一部は暴徒化しており、危機感を感じた市長は国防総省へ州軍の派遣要請を行った。しかし派遣が決定したのは15時で、暴徒らは既に議事堂内に侵入していた。トランプは州兵投入について自らが直ちに行ったと主張しているがその痕跡は確認されておらず、逆に襲撃を扇動したとして批判された[186][187]。前年とは正反対となる今回の対応によって、特別区州軍が大統領個人の制御下にあると広く考えられるようになり、特別区の地位の見直す動きは国内に広がった。27日、HR 51は上院に提出された[188]。4月20日、下院の投票を前にバイデン大統領はHR 51の支持を表明した[189][190]。23日、HR 51は下院を通過した[174]

教育・医療

ジョージタウン大学。アメリカ合衆国のカトリック系大学としては最長の歴史を誇り、ワシントンD.C.の数ある大学の中でも最も高ランクに位置づけられている。ビル・クリントンの出身校でも知られている。

コロンビア特別区パブリックスクールズ (DCPS) が、市の公立学校システムを運営しており、これは167の学校と学習センターから成る。2007年度では、4万9076人の生徒が公立学校システムに登録されている。DCPS への登録は一貫して減少しており、次の年までに全登録生徒数が4万7700人にまで減少するだろうと市では予測している[191]。DCPS は、インフラの面でも、生徒の成績の面でも、国内でコストが最も高い割に成果が最も乏しい学校システムの一つであることは否めない[192]。市議会は、2007年に市の学校システムの大改革を行うに当たり、市長に対し公立学校についてのほぼ完全な権限を与えた。フェンティ市長が指名した DCPS の新しい最高責任者であるミシェル・リー長官 (Michelle Rhee) は、一部の学校を民間経営会社に委ねたり、校長を解任したり、教師を入れ替えたりするなど、徹底的な改革を行った[193]

公立学校システムの問題点から、公立のチャーター・スクールの登録数が、2001年以来、年々13%の割合で増加している[194]。コロンビア特別区公立チャーター・スクール委員会は、市内の56校の公立チャーター・スクールを監督している。2007年秋の時点で、D.C.のチャーター・スクールには全部で2万1859人が登録している[195]。ワシントンD.C.には、国内で最も有名な私立高校もいくつかある。多くの著名人やその子弟が、シドウェル・フレンズ校のような私立高校に通ってきた。チェルシー・クリントンもその一人で、父ビル・クリントンの大統領在職期間中、シドウェル校に通っていた[196]

ハワード大学の創立記念図書館。Historically Black Collegeと呼ばれる、もともとはアフリカ系の人たちに高等教育の機会を与えるために設立された大学である。

ワシントンD.C.には、多くの著名な大学がある。ジョージタウン大学 (GU)、ジョージ・ワシントン大学 (GW)、アメリカン大学 (AU)、アメリカカトリック大学 (CUA)、ハワード大学 (Howard University)、ギャラデット大学 (Gallaudet University)、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際関係大学院(SAIS) などがある。コーコラン美術デザイン大学 (Corcoran College of Art and Design) では専門的な美術の授業を行っているほか、他の高等教育機関でも、継続的教育、遠隔地教育、社会人向け教育を提供している。コロンビア特別区大学 (UDC) は国によるランドグラント大学で、どこの州にも属さないために州立大学というものを持たないこのワシントンD.C.において、公的な高等教育の機会を与えている。

ワシントンD.C.には、16の医療センターと病院があり、患者のケアと医学研究の全国的な中心地となっている[197]アメリカ国立衛生研究所はメリーランド州ベセスダの近くにある。ワシントン・ホスピタル・センター (WHC) は、D.C.で最大の敷地を持つ病院であ、私立病院としても、非営利病院としても最大である。WHC のすぐ隣には、国立子ども医療センター (Children's National Medical Center) がある。同センターは、USニューズ&ワールド・レポート誌によれば、アメリカ国内で最も高いランクを与えられている小児科病院の一つである[198]。ジョージタウン大学、ジョージ・ワシントン大学、ハワード大学など、多くの有名大学も、メディカル・スクールとその附属病院を設けている。ウォルター・リード軍医療センター (Walter Reed Army Medical Center) は、ワシントンD.C.北西地区にあり、現役・退役の軍人とその家族に対し医療サービスを提供している。

救急医療サービスはコロンビア特別区消防局によって提供されている。


注釈

  1. ^ 同様な計画都市としては旧満州国新京(現在の中華人民共和国吉林省長春市)、オーストラリアキャンベラブラジルブラジリア(共に首都)がある。
  2. ^ 通常、都市圏や広域都市圏の名称では人口の多い都市の名が先にするが、ワシントン・ボルチモア・北バージニア広域都市圏は例外的に首都であるワシントンD.C.の名称を先にしている。
  3. ^ 1790年までに、南部州アメリカ独立戦争の外債をほとんど返済していた。これに対し、北部州は返済が進んでおらず、新しい連邦政府に未払いの負債を引き継いでもらいたいと考えていた。これは、南部州が北部州の負債を肩代わりすることを事実上意味していたので、その見返りとして、南部州は連邦の首都を自分たちの農業地域・奴隷使用地域の利権の近くに置くようロビー活動を行ったのである。前掲Centennial History of the City of Washington, D. C.124頁参照。
  4. ^ 1871年にこの地区がコロンビア特別区 (the District of Columbia) と正式に命名されるまでは、現在では「〜領」を意味する "territory" と「〜区」を意味する "district" の2語が互換的に用いられていた。参照:Get to know D.C.” (英語). The Historical Society of Washington, D.C. (2004年). 2008年3月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月27日閲覧。
  5. ^ ワシントン大統領は、ランファンが市の設計を余りに細部まで管理することを主張したため、最終的に彼を解任した。ランファンとともに市の測量に携わっていたアンドリュー・エリコットがその後の任務を引き継ぎ、記憶を基に計画を完成させた。エリコットは、いくつかの点で表面的な変更を加えたものの、ランファンはなお都市計画全体の功労者として認められている。参照:The L'Enfant and McMillian Plans” (英語). 国立公園局. 2019年11月11日閲覧。
  6. ^ オルタナティブ紙 (Alternative newspaper) とは、一般的なニュースを網羅的に取り上げるのではなく、オピニオン的な論評やコラム、最先端の話題のリサーチ、地元の人や文化についての雑誌的な特集などを内容とする若者向けのローカル新聞である。英語版ウィキペディア参照。
  7. ^ アメリカ合衆国大統領選挙では、初参加となった1964年から直近の2016年の選挙に至るまで、全ての選挙で民主党候補が7〜9割台の得票率で圧勝している。特に、1972年1984年の選挙では、民主党候補(ジョージ・マクガヴァンウォルター・モンデール)は50州中1州(マクガヴァンはマサチューセッツ州、モンデールはミネソタ州)でしか選挙人を獲得出来ず、共和党候補(リチャード・ニクソンロナルド・レーガン)に惨敗したが、それらの選挙においてもD.C.は民主党候補が8割前後の得票率(マクガヴァンは78.1%、モンデールは85.4%)で圧勝している。

出典

  1. ^ MLA Language Map Data Center". Modern Language Association.
  2. ^ a b c d e f g h American FactFinder. U.S. Census Bureau. 2011年2月4日.
  3. ^ JLL、世界の都市比較インデックスを分析「都市パフォーマンスの解読」を発表 JLL 2017年10月25日閲覧。
  4. ^ 「Patric(男性名)+ia=Patricia(女性名)」と同様に「Columbus(男性名)+ia=Columbia(女性名)」である
  5. ^ アメリカ合衆国憲法1条訳文(ウィキソース)、原文(英語版ウィキソース)
  6. ^ Madison, James (1996年4月30日). “The Federalist No. 43” (英語). The Independent Journal. アメリカ議会図書館. 2008年5月31日閲覧。
  7. ^ Crew, Harvey W.; William Bensing Webb, John Wooldridge (1892) (英語). Centennial History of the City of Washington, D. C.. オハイオ州デイトン: United Brethren Publishing House. pp. 66. https://books.google.co.jp/books?id=5Q81AAAAIAAJ&redir_esc=y&hl=ja 
  8. ^ Residence Act: Primary Documents in American History” (英語). 議会図書館 (2007年9月21日). 2008年6月10日閲覧。
  9. ^ History of Alexandria, Virginia” (英語). Alexandria Historical Society. 2008年7月31日閲覧。
  10. ^ Georgetown Historic District” (英語). アメリカ合衆国国立公園局. 2008年7月5日閲覧。
  11. ^ The Senate Moves to Washington” (英語). アメリカ合衆国上院 (2006年2月14日). 2008年7月11日閲覧。
  12. ^ 前掲Centennial History of the City of Washington, D. C.103頁
  13. ^ Statement on the subject of The District of Columbia Fair and Equal Voting Rights Act (PDF)”. アメリカ法律家協会. 2012年11月7日閲覧。
  14. ^ Saving History: Dolley Madison, the White House, and the War of 1812” (英語). ホワイトハウス歴史協会. 2008年7月29日閲覧。
  15. ^ A Brief Construction History of the Capitol” (英語). Architect of the Capitol. 2008年6月4日閲覧。
  16. ^ a b Get to know D.C.” (英語). The Historical Society of Washington, D.C. (2004年). 2008年3月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月27日閲覧。
  17. ^ Greeley, Horace (1864) (英語). The American Conflict: A History of the Great Rebellion in the United States. シカゴ: G.& C.W. Sherwood. pp. 142–144. https://books.google.co.jp/books?id=ZlIMAAAAYAAJ&redir_esc=y&hl=ja 
  18. ^ Compromise of 1850” (英語). 議会図書館 (2007年9月21日). 2008年7月24日閲覧。
  19. ^ Today in History: September 20” (英語). 議会図書館 (2007年9月18日). 2008年7月12日閲覧。
  20. ^ Historical Census Statistics on Population Totals By Race, 1790 to 1990 (PDF)” (英語). アメリカ合衆国国勢調査局 (2002年9月13日). 2008年7月19日閲覧。
  21. ^ a b "Boss" Shepherd Remakes the City” (英語). WETA Public Broadcasting (2001年). 2007年3月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月3日閲覧。
  22. ^ 前掲Centennial History of the City of Washington, D. C.p.157.
  23. ^ Statutes at Large, 41st Congress, 3rd Session” (英語). 議会図書館. 2008年7月10日閲覧。
  24. ^ Williamson, Samuel (2008年). “Measuring Worth - Relative Value of US Dollars” (英語). Institute for the Measurement of Worth. 2008年7月3日閲覧。
  25. ^ a b c The L'Enfant and McMillian Plans” (英語). 国立公園局. 2019年11月11日閲覧。
  26. ^ WWII: Changes” (英語). WETA Public Broadcasting (2001年). 2005年2月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年7月12日閲覧。
  27. ^ Anniversary of Washington, D.C. as Nation’s Capital” (英語). アメリカ合衆国国勢調査局 (2003年12月1日). 2008年2月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年7月9日閲覧。
  28. ^ a b アメリカ合衆国憲法修正23条訳文(ウィキソース)
  29. ^ Schwartzman, Paul; Robert E. Pierre (2008年4月6日). “From Ruins To Rebirth” (英語). ワシントン・ポスト. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/04/05/AR2008040501607.html 2008年6月6日閲覧。 
  30. ^ District of Columbia Home Rule Act” (英語). ワシントンD.C.政府. 2008年5月27日閲覧。
  31. ^ Walter Washington” (英語). WETA Public Broadcasting (2001年). 2008年7月18日閲覧。
  32. ^ a b c Marion Barry” (英語). WETA-TV (2001年). 2005年3月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年7月18日閲覧。
  33. ^ Sharon Pratt Kelly” (英語). WETA Public Broadcasting (2001年). 2006年4月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年7月18日閲覧。
  34. ^ Biography, Adrian M. Fenty” (英語). ワシントンD.C.政府. 2007年2月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年8月30日閲覧。
  35. ^ Muriel Bowser | mayormb”. mayor.dc.gov. 2022年7月3日閲覧。
  36. ^ Janofsky, Michael (1995年4月8日). “Congress creates board to oversee Washington, D.C.” (英語). ニューヨーク・タイムズ. http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=990CE7DB1739F93BA35757C0A963958260&sec=&spon=&pagewanted=all 2008年5月27日閲覧。 
  37. ^ Maddox, Charles (2001年6月19日). “Testimony of the D.C. Inspector General (PDF)” (英語). Office of the Inspector General. 2008年7月6日閲覧。
  38. ^ Al-Jazeera offers accounts of 9/11 planning” (英語). CNN (2002年9月12日). 2006年2月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月3日閲覧。
  39. ^ White House target of Flight 93, officials say” (英語). CNN (2002年5月23日). 2008年5月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月3日閲覧。
  40. ^ Nick Miroff (2008年9月12日). “A Long-Awaited Opening, Bringing Closure to Many” (英語). The Washington Post: pp. A01. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/09/11/AR2008091100579.html 2008年10月5日閲覧。 
  41. ^ a b State & County QuickFacts” (英語). アメリカ合衆国国勢調査局 (2008年1月2日). 2008年6月4日閲覧。
  42. ^ About the Potomac River” (英語). Interstate Commission on the Potomac River Basin (2002年4月1日). 2008年6月29日閲覧。
  43. ^ Potomac Basin Facts” (英語). Interstate Commission on the Potomac River Basin (2002年4月1日). 2008年7月11日閲覧。
  44. ^ a b c 前掲Centennial History of the City of Washington, D. C.89頁-92頁
  45. ^ Boundary Stones of Washington, D.C.” (英語). BoundaryStones.org. 2008年5月27日閲覧。
  46. ^ Fisher, Marc (2006年4月5日). “Built On A Swamp and Other Myths of D.C.” (英語). ワシントン・ポスト. http://blog.washingtonpost.com/rawfisher/2006/04/built_on_a_swamp_and_other_myt.html 2008年7月1日閲覧。 
  47. ^ Rock Creek Park: Fort Reno” (英語). アメリカ合衆国国立公園局 (2001年8月1日). 2008年6月10日閲覧。
  48. ^ Science In Your State: District of Columbia” (英語). アメリカ地質調査所 (2007年7月30日). 2008年7月7日閲覧。
  49. ^ District of Columbia” (英語). 国立公園局. 2008年7月7日閲覧。
  50. ^ U.S. National Arboretum History and Mission” (英語). アメリカ合衆国国立森林公園 (2007年10月16日). 2008年7月7日閲覧。
  51. ^ C&O Canal National Historic Park: History & Culture” (英語). 国立公園局. 2008年7月3日閲覧。
  52. ^ Potomac Basin History” (英語). Interstate Commission on the Potomac River Basin (2002年4月1日). 2008年5月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月2日閲覧。
  53. ^ Shogren, Elizabeth (2007年3月14日). “Eagle Population Up, But Prime Habitat Threatened” (英語). ナショナル・パブリック・ラジオ. http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=7805391 2008年6月10日閲覧。 
  54. ^ Environmental Resources” (英語). ワシントンD.C.環境局. 2008年2月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月3日閲覧。
  55. ^ Center for Urban Ecology” (英語). 国立公園局. 2008年5月27日閲覧。
  56. ^ a b c Watson, Barbara McNaught (1999年11月17日). “Washington Area Winters” (英語). National Weather Service. 2008年6月3日閲覧。
  57. ^ a b Average Weather for Washington, DC — Temperature and Precipitation” (英語). The Weather Channel. 2008年6月3日閲覧。
  58. ^ Vogel, Steve (2006年6月28日). “Bulk of Flooding Expected in Old Town, Washington Harbour” (英語). ワシントン・ポスト: p. B02. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/06/27/AR2006062701527.html 2008年7月11日閲覧。 
  59. ^ Monthly Averages for Washington, DC”. The Weather Channel. 2011年12月16日閲覧。
  60. ^ Climatological Normals of Washington, DC”. Hong Kong Observatory. 2011年12月16日閲覧。
  61. ^ a b c Grunwald, Michael (2006年7月2日). “D.C.'s Fear of Heights” (英語). ワシントン・ポスト: pp. B02. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/06/30/AR2006063001316.html 2008年6月10日閲覧。 
  62. ^ Curtis, Gene (2008年2月21日). “Way back when: Today in history” (英語). Tulsa World. http://www.tulsaworld.com/news/article.aspx?articleID=20080221_1_A2_hhpsp76588 2008年7月2日閲覧。 
  63. ^ Gowen, Annie (2006年12月8日). “Planned Rosslyn Tower Might Be Hazard, FAA Says” (英語). ワシントン・ポスト: pp. B03. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2006/12/07/AR2006120701790.html 2008年7月14日閲覧。 
  64. ^ a b Layout of Washington DC” (英語). アメリカ合衆国上院 (2005年9月30日). 2008年7月14日閲覧。
  65. ^ a b Birnbaum, Jeffrey H. (2005年6月22日). “The Road to Riches Is Called K Street” (英語). ワシントン・ポスト: pp. A01. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/06/21/AR2005062101632.html 2008年6月17日閲覧。 
  66. ^ ワシントンD.C.に大使館を有する国のリスト(英語版ウィキペディア)
  67. ^ Diplomatic List” (英語). アメリカ合衆国国務省 (2008年2月25日). 2008年6月25日閲覧。
  68. ^ America's Favorite Architecture” (英語). American Institute of Architects and Harris Interactive (2007年). 2008年7月3日閲覧。
  69. ^ a b Washington, D.C. List of Sites” (英語). 国立公園局. 2008年6月5日閲覧。
  70. ^ Scott, Pamela (2005年). “Residential Architecture of Washington, D.C., and Its Suburbs” (英語). 議会図書館. 2008年6月5日閲覧。
  71. ^ Old Stone House” (英語). 国立公園局. 2008年7月22日閲覧。
  72. ^ Biggest commuter cities” (英語). CNNマネー (2005年10月21日). 2008年6月3日閲覧。
  73. ^ District of Columbia - Race and Hispanic Origin: 1800 to 1990 (PDF)”. 国勢調査局 (2002年9月13日). 2008年7月29日閲覧。。1890年まで、アメリカ国勢調査局は、ワシントン市、ジョージタウン及び自治体に編入されていないワシントン郡をそれぞれ別の地域として数えていた。ここに挙げた1890年以前のデータは、ワシントンD.C.が今日のような一つの自治体だったと仮定して計算したものである。1890年以前の3地域それぞれのデータについては、参照:Gibson, Campbell. “Population of the 100 Largest Cities and Other Urban Places in the United States: 1790 to 1990” (英語). 国勢調査局. 2008年7月29日閲覧。
  74. ^ “Washington’s Black Majority Is Shrinking” (英語). Associated Press. (2007年9月16日). http://www.nytimes.com/2007/09/16/us/16washington.html?_r=1&oref=slogin 2008年7月12日閲覧。 
  75. ^ District of Columbia Fact Sheet” (英語). 国勢調査局 (2006年). 2008年6月5日閲覧。
  76. ^ Singer, Audrey, et al. (2001年). “The World in a Zip Code: Greater Washington, D.C. as a New Region of Immigration (PDF)” (英語). The Brookings Institution. 2008年12月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年9月3日閲覧。
  77. ^ Romero, Adam P.; Amanda Baumle, M.V. Lee Badgett, Gary J. Gates. “Census Snapshot: Washington, D.C. (PDF)” (英語). The Williams Institute. 2008年5月27日閲覧。
  78. ^ a b Chibbaro, Lou (2008年5月16日). “D.C. Council expands DP law” (英語). ワシントン・ブレード紙. http://www.washingtonblade.com/2008/5-16/news/localnews/12599.cfm 2008年6月20日閲覧。 
  79. ^ “Study Finds One-Third in D.C. Illiterate” (英語). Associated Press. (2007年3月19日). http://www.breitbart.com/article.php?id=d8nvbuv81&show_article=1 2008年6月10日閲覧。 
  80. ^ Data Center Results: District of Columbia” (英語). Modern Language Association. 2009年7月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年7月3日閲覧。
  81. ^ Selected Social Characteristics in the United States: 2006” (英語). 国勢調査局 (2006年). 2008年6月6日閲覧。
  82. ^ District of Columbia Denominational Groups, 2000” (英語). The Association of Religious Data Archives. 2008年7月3日閲覧。
  83. ^ Urbina, Ian (2006年7月13日). “Washington Officials Try to Ease Crime Fear” (英語). ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/2006/07/13/us/13deecee.html?n=Top%2FReference%2FTimes%20Topics%2FPeople%2FW%2FWilliams%2C%20Anthony%20A. 2008年6月10日閲覧。 
  84. ^ 2006 Annual Report (PDF)” (英語). D.C. Criminal Justice Coordinating Council (2007年). 2008年6月10日閲覧。
  85. ^ “Citywide Crime Statistics Annual Totals, 1993-2005” (英語). ワシントンD.C.都市警察局. http://mpdc.dc.gov/mpdc/cwp/view,a,1239,q,547256,mpdcNav_GID,1556.asp 2008年5月27日閲覧。 
  86. ^ Mollenbeck, Andrew (2013年1月3日). “District celebrates historically low homicide rate”. WTOP. 2018年9月29日閲覧。
  87. ^ FBI. “Uniform Crime Reports>2012 Crime in The United States>Violent Crime>Table4” (英語). 2013年10月13日閲覧。
  88. ^ District Crime Data”. Mpdc.dc.gov (2019年1月1日). 2019年10月3日閲覧。
  89. ^ a b FBI. “Uniform Crime Reports>2019 Crime in The United States>Violent Crime>Table4” (英語). 2020年10月11日閲覧。
  90. ^ MPD Annual Report - 2017 Homicide Analysis”. Mpdc.dc.gov (2019年2月22日). 2018年10月3日閲覧。
  91. ^ Shewfelt, Scott (2007年4月24日). “Baltimore, Prince George's Reign as State's Murder Capitals” (英語). Southern Maryland. http://somd.com/news/headlines/2007/5809.shtml 2008年6月10日閲覧。 
  92. ^ Crime and Activity Statistics, Seventh District Crime Statistics Annual Totals, 2001-2005, Citywide Crime Statistics Annual Totals, 1993-2005. Metropolitan Police Department. Washington, D.C. 閲覧日: 2008年10月5日
  93. ^ Barnes, Robert (2008年6月26日). “Supreme Court Strikes Down D.C. Ban on Handguns” (英語). ワシントン・ポスト. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/06/26/AR2008062600615.html 2008年6月27日閲覧。 
  94. ^ Nakamura, David (2008年6月26日). “D.C. Attorney General: All Guns Must Be Registered” (英語). ワシントン・ポスト. オリジナルの2008年10月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081011085230/http://blog.washingtonpost.com/dc/2008/06/dc_attorney_general_all_guns_m.html 2008年6月26日閲覧。 
  95. ^ Whitman, Ray D.; Fred Siegmund (2005年6月1日). “District of Columbia Employment Projections by Industry and Occupation, 2002-2012 (PDF)” (英語). D.C. Office of Labor Market Research and Information. 2012年1月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月10日閲覧。
  96. ^ Gross Domestic Product by State” (英語). アメリカ経済分析局 (2008年6月5日). 2008年6月22日閲覧。
  97. ^ Wage and Salary Employment by Industry and Place of Work (PDF)” (英語). District of Columbia Department of Employment Services (2008年). 2008年5月27日閲覧。
  98. ^ Lobbying: A Recession-Proof Industry” (英語). Center for Media and Democracy (2008年5月1日). 2008年5月27日閲覧。
  99. ^ Federal Government, Excluding the Postal Service” (英語). 労働統計局 (2008年3月12日). 2009年1月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年8月11日閲覧。
  100. ^ Metropolitan Area Employment and Unemployment: May 2008 (PDF)” (英語). 労働統計局 (2008年7月8日). 2008年7月18日閲覧。
  101. ^ Top 200 Chief Executive Officers of the Major Employers in the District of Columbia (PDF)” (英語). D.C. Office of Labor Market Research and Information. 2008年6月3日閲覧。
  102. ^ “2007 Fortune 500 Annual Ranking” (英語). フォーチュン誌. (2007年4月30日). http://money.cnn.com/magazines/fortune/fortune500/2007/states/DC.html 2008年7月26日閲覧。 
  103. ^ 2006 AFIRE Annual Survey” (英語). Association of Foreign Investors in Real Estate. 2008年6月3日閲覧。
  104. ^ “2006 Mayor's Challenge: Where Are the Best Metros for Future Business Locations?” (英語). Expansion Magazine. (2006年8月7日). http://www.expansionmanagement.com/smo/newsviewer/default.asp?cmd=articledetail&articleid=17713&st=3 
  105. ^ Manoileff, Manoileff; Camille Richardson. “Washington DC: A Capital City” (英語). U.S. Commercial Service. 2008年6月3日閲覧。
  106. ^ a b Turner, Margery Austin; Christopher Snow (2001年6月14日). “Leading Indicators of Gentrification in D.C. Neighborhoods” (英語). The Urban Institute. 2008年6月10日閲覧。
  107. ^ Schrag, Zachary (2006-02-08) (英語). The Great Society Subway: A History of the Washington Metro. ボルチモア: ジョンズ・ホプキンス大学出版. pp. 213-220. ISBN 978-0801882463 
  108. ^ New Target Opens Doors In District” (英語). NBC4.com (2008年3月4日). 2008年6月3日閲覧。
  109. ^ Ward Unemployment Rates (PDF)” (英語). ワシントンD.C.雇用サービス局 (2008年). 2008年8月10日閲覧。
  110. ^ Global Financial Centres Index 21 Z/Yen Group 2017年4月5日閲覧。
  111. ^ National Mall & Memorial Parks” (英語). 国立公園局 (2006年9月28日). 2008年6月28日閲覧。
  112. ^ Rotunda for the Charters of Freedom” (英語). 国立公文書館. 2008年6月28日閲覧。
  113. ^ National Mall and Memorial Parks” (英語). 国立公園局 (2008年2月7日). 2008年6月2日閲覧。
  114. ^ About the Smithsonian” (英語). スミソニアン協会. 2008年5月27日閲覧。
  115. ^ Smithsonian Visit Statistics” (英語). スミソニアン協会. 2008年6月2日閲覧。
  116. ^ Museum and Program Fact Sheets” (英語). スミソニアン協会. 2008年6月2日閲覧。
  117. ^ The Reynolds Center Frequently Asked Questions” (英語). スミソニアン協会 (2006年). 2008年5月27日閲覧。
  118. ^ Architectural Chronology of the Patent Office Building” (英語). スミソニアン協会. 2007年4月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年7月22日閲覧。
  119. ^ About the National Gallery of Art” (英語). ナショナル・ギャラリー (2008年). 2006年12月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月27日閲覧。
  120. ^ I.M. Pei's East Building” (英語). ナショナル・ギャラリー. 2008年6月4日閲覧。
  121. ^ History of the Phillips Collection” (英語). フィリップス・コレクション. 2008年6月13日閲覧。
  122. ^ Frequently Asked Questions” (英語). ホロコースト記念博物館 (2008年1月14日). 2008年5月27日閲覧。
  123. ^ About the Kennedy Center Honors” (英語). ケネディ・センター. 2008年5月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月29日閲覧。
  124. ^ The Board of Trustees” (英語). ケネディ・センター. 2008年6月29日閲覧。
  125. ^ Arena Stage History” (英語). アリーナ・ステージ. 2008年6月3日閲覧。
  126. ^ STC History” (英語). シェークスピア劇場. 2008年6月3日閲覧。
  127. ^ Levin, Dan (2006年9月10日). “Lights Return to‘Black Broadway’ in Northwest Washington, D.C.” (英語). ニューヨーク・タイムズ. オリジナルの2011年6月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110610144435/http://travel2.nytimes.com/2006/09/10/travel/10surfacing.html?ref=travel 2008年6月20日閲覧。 
  128. ^ Wartofsky, Alona (2001年6月3日). “What Go-Goes Around ...” (英語). ワシントン・ポスト: pp. G01. http://www.washingtonpost.com/ac2/wp-dyn?pagename=article&contentId=A8247-2001Jun1&notFound=true 2008年6月10日閲覧。 
  129. ^ Horgan, Susie J (2007年2月8日). “Birth of D.C. Punk” (英語). ワシントン・ポスト. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/discussion/2007/02/07/DI2007020701569.html 2008年6月17日閲覧。 
  130. ^ “Black Cat: A changing club with a changing scene in a changing city” (英語). ジョージタウン・ボイス. (2001年9月9日). http://www.georgetownvoice.com/2004-09-09/feature/black-cat-a-changing-club-with-a-changing-scene-in-a-changing-city 2008年6月10日閲覧。 
  131. ^ History of the Post Timeline” (英語). ワシントン・ポスト. 2008年6月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月27日閲覧。
  132. ^ Shin, Annys (2005年5月3日). “Newspaper Circulation Continues to Decline” (英語). ワシントン・ポスト: pp. E03. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2005/05/02/AR2005050201457.html 2008年6月10日閲覧。 
  133. ^ The Watergate Story Timeline” (英語). ワシントン・ポスト. 2008年5月27日閲覧。
  134. ^ eCirc for US Newspapers” (英語). Audit Bureau of Circulations (2008年3月31日). 2008年7月8日閲覧。
  135. ^ Just the Facts” (英語). USAトゥデイ. 2008年7月8日閲覧。
  136. ^ Joyner, James (2005年5月18日). “Washington Times Circulation Growing” (英語). Outside the Beltway. 2008年6月10日閲覧。
  137. ^ Washington City Paper” (英語). Association of Alternative Newsweeklies (2008年). 2008年5月27日閲覧。
  138. ^ Local Television Market Universe Estimates (PDF)” (英語). The Nielsen Company (2008年1月1日). 2008年5月27日閲覧。
  139. ^ Jones, Charisse (2008年6月26日). “Sweeping national study finds blacks in U.S. diverse, optimistic” (英語). USAトゥデイ. http://www.usatoday.com/news/nation/2008-06-26-Blacksurvey_N.htm 2008年7月12日閲覧。 
  140. ^ Washington Freedom History” (英語). 女子プロサッカー協会. 2008年6月3日閲覧。
  141. ^ D.C. United Tradition” (英語). D.C.ユナイテッド. 2008年3月9日閲覧。
  142. ^ Super Bowl History” (英語). ナショナル・フットボール・リーグ (2008年). 2008年6月29日閲覧。
  143. ^ History” (英語). ワシントン・ベイホークス (2008年). 2008年6月29日閲覧。
  144. ^ NBA Finals: All-Time Champions” (英語). NBA (2008年). 2008年6月29日閲覧。
  145. ^ NPF History” (英語). ナショナル・プロ・ファストピッチ協会 (2008年). 2008年6月29日閲覧。
  146. ^ “ナショナルズ粘り腰で初栄冠 首都95年ぶり美酒”. 日刊スポーツ (株式会社日刊スポーツ新聞社). (2019年10月31日). https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201910310000334.html 2020年8月29日閲覧。 
  147. ^ 前掲『地球の歩き方』57-58頁。
  148. ^ “トランプは論外だけどバイデンも…忘れられた街の疎外感”. 朝日新聞デジタル. (2020年11月28日). https://www.asahi.com/articles/ASNCV4FGZNCRUHBI00S.html 2020年11月30日閲覧。 
  149. ^ アメリカ合衆国憲法1条8節の訳文(ウィキソース)
  150. ^ ワシントンD.C.の選挙区割とそこに含まれる地域一覧(英語版ウィキペディア)
  151. ^ Elected Officials” (英語). ワシントンD.C.政府. 2007年12月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月3日閲覧。
  152. ^ Advisory Neighborhood Commissions” (英語). ワシントンD.C.政府. 2008年6月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月27日閲覧。
  153. ^ Introduction to the FY 2007 Budget and Financial Plan (PDF)” (英語). Office of the Chief Financial Officer. 2010年7月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年8月29日閲覧。
  154. ^ About the District of Columbia Courts” (英語). 特別区裁判所. 2008年5月31日閲覧。
  155. ^ U.S. Park Police Authority and Jurisdiction” (英語). 国立公園局 (2006年3月3日). 2008年6月10日閲覧。
  156. ^ Powell, Michael (2007年7月20日). “Poor Management, Federal Rule, Undermine Services” (英語). ワシントン・ポスト: pp. A01. http://www.washingtonpost.com/wp-srv/local/longterm/library/dc/mismanage/manage20.htm 2008年8月29日閲覧。 
  157. ^ District Government Achieves Balanced Budget and Clean Audit Opinion for FY 2003” (英語). D.C. Office of the Chief Financial Officer (2004年1月30日). 2009年5月8日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月23日閲覧。
  158. ^ Leonnig, Carol; Dan Keating (2007年12月2日). “D.C. Tax Scandal At $44.3 Million, Analysis Finds” (英語). ワシントン・ポスト. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/story/2007/12/02/ST2007120200563.html 2008年6月10日閲覧。 
  159. ^ DC Celebrates Emancipation Day” (英語). D.C. Office of the Secretary. 2008年6月2日閲覧。
  160. ^ Leip, David. “General Election Results – Dictrict of Columbia”. United States Election Atlas. 2016年11月18日閲覧。
  161. ^ Election Results”. District of Columbia Board of Elections. District of Columbia Board of Elections. 2016年12月13日閲覧。
  162. ^ Individuals Living or Working in U.S. Possessions” (英語). 内国歳入庁. 2008年7月24日閲覧。
  163. ^ Internal Revenue Gross Collections, by Type of Tax and State, Fiscal Year 2007 (XLS コロンビア特別区)” (英語). 内国歳入庁 (2008年). 2008年8月20日閲覧。
  164. ^ a b Poll Shows Nationwide Support for DC Voting Rights (PDF)” (英語). DC Vote Voice (2005年). 2008年6月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月29日閲覧。
  165. ^ 'Taxation without Representation' Tags” (英語). ワシントンD.C.自動車局. 2011年4月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月27日閲覧。
  166. ^ “Political License Plate Is Out, Bush Says” (英語). ニューヨーク・タイムズ. (2001年1月19日). http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9C06E0DB173CF93AA25752C0A9679C8B63 2008年7月5日閲覧。 
  167. ^ “Washington Post Poll: D.C. Voting Rights” (英語). ワシントン・ポスト. (2007年4月23日). http://www.washingtonpost.com/wp-srv/politics/polls/postpoll_042307.html 2008年6月10日閲覧。 
  168. ^ Fortier, John (2006年5月17日). “The D.C. colony” (英語). ヒル紙. オリジナルの2008年10月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081011171749/http://thehill.com/john-fortier/the-d.c.-colony-2006-05-17.html 2008年6月10日閲覧。 
  169. ^ Mayor Wants Statehood Vote This Year By D.C. Residents” (英語). WAMU (2016年4月15日). 2021年4月22日閲覧。
  170. ^ D.C. Statehood Commission Will Release Draft Constitution Next Friday” (英語). Washington City Paper (2016年4月29日). 2021年4月22日閲覧。
  171. ^ D.C. statehood measure approved for November ballot” (英語). ワシントン・ポスト (2016年7月12日). 2021年4月22日閲覧。
  172. ^ DC Council approves name change if city becomes state” (英語). Washington Examiner (2016年10月18日). 2021年4月22日閲覧。
  173. ^ DC statehood bill passes Oversight Committee, heads to House floor for vote next week” (英語). WUSA (2021年4月21日). 2021年4月23日閲覧。
  174. ^ a b 米下院、首都ワシントンを州にする法案可決 上院は再否決の公算”. ロイター (2021年4月23日). 2021年4月23日閲覧。
  175. ^ Constitution of the State of Washington DC (pdf)” (英語). 2021年4月22日閲覧。
  176. ^ The Constitution says no to DC statehood” (英語). ボストン・グローブ (2020年6月22日). 2021年4月22日閲覧。
  177. ^ General Election 2016 - Certified Results”. 特別区選挙管理委員会 (2016年11月18日). 2018年3月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月22日閲覧。
  178. ^ H.R.1 - For the People Act of 2019” (英語). 合衆国議会 (2019年). 2021年4月22日閲覧。
  179. ^ Opinion: The House finally voted to support D.C. statehood. It’s a needed step” (英語). ワシントン・ポスト (2019年3月13日). 2021年4月22日閲覧。
  180. ^ トランプ米大統領、騒乱鎮静に軍の投入も辞さないと 「法と秩序の大統領」自認” (日本語). BBC (2020年6月2日). 2021年4月23日閲覧。
  181. ^ DC is closer to becoming a state now than it has ever been” (英語). VOX (2020年6月26日). 2021年4月22日閲覧。
  182. ^ After The 2020 Election Results, Here’s What’s Next For D.C. Statehood” (英語). WAMU (2020年11月12日). 2021年4月22日閲覧。
  183. ^ Trump: D.C. Statehood ‘Will Never Happen Unless We Have Some Very, Very Stupid Republicans’” (英語). WAMU (2020年5月5日). 2021年4月22日閲覧。
  184. ^ DC statehood boasts record support in new Congress” (英語). WTOP (2021年1月3日). 2021年4月23日閲覧。
  185. ^ Warnock, Ossoff win in Georgia, handing Dems Senate control” (英語). AP通信 (2021年1月7日). 2021年4月22日閲覧。
  186. ^ トランプ氏の解任求める声、高まる 支持者の連邦議会襲撃で” (日本語). BBC (2021年1月8日). 2021年4月23日閲覧。
  187. ^ 米議会占拠事件の衝撃【1】狙われた副大統領” (日本語). テレビ朝日 (2021年1月13日). 2021年4月23日閲覧。
  188. ^ Lawmakers Introduce Bill to Make Wash­ington, D.C., the 51st State” (英語). Spectrum News (2021年1月27日). 2021年4月22日閲覧。
  189. ^ White House endorses Washington DC statehood bill” (英語). インデペンデント (2021年4月21日). 2021年4月22日閲覧。
  190. ^ Biden Administration Endorses Bill to Establish Washington as America’s 51st State” (英語). ボイス・オブ・アメリカ (2021年4月20日). 2021年4月22日閲覧。
  191. ^ DC Public Schools and Public Charter Schools Enrollment Census SY 2007-2008 (PDF)” (英語). D.C. State Superintendent of Education (2007年10月5日). 2008年6月10日閲覧。
  192. ^ Settimi, Christina (2007年7月5日). “Best And Worst School Districts For The Buck” (英語). フォーブズ. 2008年6月10日閲覧。
  193. ^ Haynes, V. Dion; Bill Turque (2008年5月16日). “Rhee Offers Plan To Improve D.C.'s Troubled Schools” (英語). ワシントン・ポスト: pp. B01. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/05/15/AR2008051502354.html 2008年6月3日閲覧。 
  194. ^ Haynes, V. Dion; Theola Labbe (2007年4月25日). “A Boom for D.C. Charter Schools” (英語). ワシントン・ポスト: pp. A01. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/04/24/AR2007042402542.html 2008年7月25日閲覧。 
  195. ^ Current Enrollment: 2006-2007 School Year” (英語). D.C.公立チャーター・スクール委員会. 2008年7月12日閲覧。
  196. ^ De Witt, Karen (1993年1月6日). “Chelsea's School; Sidwell Is Often Chosen by Capital's Elite” (英語). ニューヨーク・タイムズ. http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9F0CE5DC143DF935A35752C0A965958260 2008年7月5日閲覧。 
  197. ^ Member Hospitals” (英語). District of Columbia Hospital Association. 2008年6月3日閲覧。
  198. ^ Awards and Recognition” (英語). 国立子ども医療センター. 2008年6月3日閲覧。
  199. ^ Mummalo, Jonathan (2007年9月19日). “A Ranking Writ In Brake Lights: D.C. 2nd in Traffic” (英語). ワシントン・ポスト: pp. B01. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/09/18/AR2007091800777.html 2008年7月15日閲覧。 
  200. ^ Christie, Les (2007年6月29日). “New Yorkers are top transit users” (英語). CNNマネー. 2008年7月15日閲覧。
  201. ^ WMATA Facts (PDF)” (英語). WMATA (2007年9月). 2008年5月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年5月27日閲覧。
  202. ^ Dawson, Christie R. (2008年6月9日). “Estimated Unliked Transit Passenger Trips (PDF)” (英語). アメリカ公共交通協会. 2008年6月20日閲覧。
  203. ^ Metro details improvements to meet future capacity needs” (英語). WMATA (2008年4月18日). 2008年8月30日閲覧。
  204. ^ Gardner, Amy (2008年5月1日). “Proposed Extension To Dulles Revived” (英語). ワシントン・ポスト: pp. B01. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/04/30/AR2008043001674.html 2008年8月30日閲覧。 
  205. ^ Shaver, Katherine (2008年5月30日). “Trips on Purple Line Rail Projected at 68,000 Daily” (英語). ワシントン・ポスト: pp. B01. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/05/29/AR2008052902261.html 2008年8月30日閲覧。 
  206. ^ Sun, Lena (2008年7月13日). “Transit Plan on Track” (英語). ワシントン・ポスト: pp. C01. http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/07/12/AR2008071201834.html 2008年7月13日閲覧。 
  207. ^ “<Life around the World>歩行者 守るために”. 東京新聞. (2019年6月15日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/201906/CK2019061502000188.html 2019年6月15日閲覧。 
  208. ^ SmarTrip” (英語). WMATA. 2008年11月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年6月3日閲覧。
  209. ^ Amtrak National Fact Sheet FY 2007 (PDF)” (英語). Amtrak Media Relations. 2008年5月27日閲覧。
  210. ^ D.C. Metropolitan ADIZ and FRZ (PDF)” (英語). Federal Aviation Administration (2007年8月2日). 2008年7月15日閲覧。
  211. ^ Airport Noise Abatement Program” (英語). メトロポリタン・ワシントン航空局. 2008年7月15日閲覧。
  212. ^ Customs at Reagan National” (英語). メトロポリタン・ワシントン航空局. 2008年7月15日閲覧。
  213. ^ Online Directory: District of Columbia, USA” (英語). Sister Cities International. 2008年6月11日閲覧。なお市の公式サイトにはブラザヴィルと重慶を除く10都市しか記載されていない。Protocol and International Affairs” (英語). ワシントンD.C.政府事務局. 2008年5月13日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年8月30日閲覧。
  214. ^ Le jumelage avec Rome” (フランス語). Municipalité de Paris. 2008年7月9日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ワシントンD.C.」の関連用語

ワシントンD.C.のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ワシントンD.C.のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワシントンD.C. (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS