オフィスメイワークとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > オフィスメイワークの意味・解説 

オフィスメイワーク


板東英二

(オフィスメイワーク から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/27 00:58 UTC 版)

板東 英二(ばんどう えいじ、1940年4月5日(公称)[注 1] - )は、日本の元プロ野球選手野球解説者タレント俳優司会者、元YouTuber。「東英二」[2][3]は誤記。愛称は板ちゃん(ばんちゃん)。




注釈

  1. ^ 本人が主張する実際の出生日については「経歴」節を参照。
  2. ^ コトバンクのプロフィール(『デジタル版 日本人名大辞典+Plus』の解説)。『プロ野球12球団全選手百科名鑑』『12球団全選手カラー百科名鑑』シリーズ各年版に掲載された、解説者としてのプロフィール(参考:'98、2000、2002 - 2009)。
  3. ^ ただし、1試合25奪三振は延長戦で達成したため、参考記録として扱われている。
  4. ^ a b 1950年12月15日に会社設立。1951年9月1日ラジオ単営局として開局。1956年12月にテレビ本放送も開始しラジオ・テレビ兼営局となる。2013年4月にラジオ放送業務はCBCラジオ、2014年4月にテレビ放送業務はCBCテレビとしてそれぞれ子会社の運営に移行。テレビ放送の移管に伴い放送持株会社化。
  5. ^ 『めちゃ×2ユルんでるッ!』への出演自体は、『QuickJapan』113号(2014年4月12日発売、太田出版発行)掲載の『めちゃ2イケてるッ!』特集内記事「ここがゼロテレビだ!! 『めちゃユル』開拓史&全話解説」でも記述されている。
  6. ^ 正木敦がエグゼクティブプロデューサーを務めるなど、TBSも若干制作に関与している。
  7. ^ 『板東英二金曜生BAN BAN』で「あの時が一番苦しかった。仕事の大切さを知ったからオファーは断らない」と振り返っていたが「副業(財テク)の重要さを更に肝に銘じたけど、これが上手い事いかんねやー!」とも語っている。[出典無効]
  8. ^ 2012年新春放送の『嵐にしやがれ』2時間スペシャルで『マジカル』が復活した際には、司会をパネラーとして出演していた中山秀征と担当した。
  9. ^ ただし、『ひるドラ』自体の最終作である『おちゃべり』(毎日放送制作分)には出演していない。
  10. ^ しかし王とは仲が良く、プロ入り後に対戦する前日には一緒に夕食を取るほどだった。また、板東が『金曜日の妻たちへシリーズ』に出演していた当時、巨人の監督を務めていた王は「俺も1度(「金曜日の妻たちへ」に)出てみたいよ」と非常に羨ましがったという。
  11. ^ ただし、あくまでもテレビカメラやマイクの前だけの話で、プライベートでは先輩らしく「セン」と呼んでいる。
  12. ^ 1991年リリースの「往年の名選手編」では選手として歌詞に登場する。
  13. ^ 中日球場は中日スタヂアム事件の影響で運営会社が倒産したため、その過程でナゴヤ球場に球場名が変更された。
  14. ^ 解説者となった2010年当時、板東の個人事務所「オフィスメイ・ワーク」に所属していた[56]
  15. ^ 1951年3月15日に朝日放送(ABC)として会社設立。同11月11日ラジオ単営局として開局。1959年6月に大阪テレビ放送(OTV)を合併しラジオ・テレビ兼営局となる。2018年4月に朝日放送グループホールディングスへと社名変更・放送持株会社化し、ラジオ放送業務は朝日放送ラジオ(ABCラジオ)、テレビ放送業務は朝日放送テレビ(ABCテレビ)としてそれぞれ子会社の運営に移行。
  16. ^ 2015年3月まで『師岡正雄 サタデーショウアップスポーツ』内の箱番組として編成。同年4月以降は、単独番組として、毎週月曜日の18:00 - 18:20(ナイターイン編成)か毎週土曜日の19:40 - 20:00(ナイターオフ編成)に放送している。

出典

  1. ^ 表示環境によって文字化けする場合があるため、インターネットエクスプローラーにて、右クリック→「エンコード」→「日本語(シフトJIS)」に設定の上で閲覧する必要あり




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オフィスメイワーク」の関連用語

オフィスメイワークのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オフィスメイワークのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの板東英二 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS