PIとは?

パイ [1] 【pi・ Π ・ π 】

〘数〙
円周率を表す記号( π )。
相乗積を表す記号( Π )。

Π,π(ピー,パイ)

〖pī〗
(π)円周率を表す記号
(Π)相乗積を表す記号

PI

英語:principal investment

投資家から資金募り収益に応じて配当する、他人資金を用いた投資とは違い自己資金または借入用いて行われる投資を意味する語。一部証券会社などにおいてはPIの名を冠した部署があり、その部署を指すこともある言葉である。

PI(ぴーあい)

公共事業道路ダムなどの建設を行う際の手法だ。行政だけが政策決定携わるではなく地域住民政策決定参加する。これによって、国民行政側の双方向性のコミュニケーション目指する。

具体的には、建設計画策定する段階で、アンケート用いて地域住民から意見集める。

実際のところ、施設最終的利用するのは地域住民だ。そこで利用者である住民視点をもっと政策決定取り入れるべき、というのがPIの思想だ。

(2000.08.28更新


PI

英語 polyimide

主鎖にイミド結合をもつ耐熱性高分子総称

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

産出指数

読み方さんしゅつしすう
【英】: productivity index
略語: PI

油井原油産出能力production capacity または well potential)を表す指数で、一般に PI と呼ばれる。PI は坑井単位ドローダウン・プレッシャーあたりの原油生産レート表現するもので、次式で定義される。
PI=qo /(Pws-Pwf)[kL/d/(kg/cm2)]または[b/d/psi]
qo産出レート[kL/d]または[b/d]
Pws密閉坑底圧力[kgcm2]または[psi
Pwf流動坑底圧力[kgcm2]または[psi

このPI は常に一定のではなく生産続けていく過程変化するが、PI の値が大きな坑井生産性良いといえる油井の PI は、これが決定されるとドロー・ダウン・プレッシャーと生産レートの関係が分かるため、適正生産量決めるうえで一つ指標となる。

PI

別名:ぴーあい

土あるいは路盤材料中に含まれる細粒分等が塑性状態にある含水量大きさをいい、液性限界塑性限界含水比の差で表される。この指数土の分類に使われるほか、路盤材等の品質規格判定項目にも使われている。IP=WL-WPここにIP塑性指数〔%〕WL液性限界〔%〕WP塑性限界〔%〕塑性指数は砂質土で0である。粘土分が多くなるに従がい大きくなる

塑性指数

読み方そせいしすう
別名:ぴーあい
【英】:PI,plasticity index

土あるいは路盤材料中に含まれる細粒分等が塑性状態にある含水量大きさをいい、液性限界塑性限界含水比の差で表される。この指数土の分類に使われるほか、路盤材等の品質規格判定項目にも使われている。IP=WL-WPここにIP:塑性指数〔%〕WL液性限界〔%〕WP塑性限界〔%〕塑性指数は砂質土で0である。粘土分が多くなるに従がい大きくなる

針入度指数

読み方しんにゅうどしすう
別名:ぴーあい
【英】:PI,penetration index

アスファルト針入度軟化点より求められるアスファルトの感温性を示す指数一般にPIで表わし、次式より計算される。
PI=30/(1+50A)?10ここで A=(log 800?log pen25))/(軟化点) ?25))log pen25) : 25における針入度対数log 800軟化点における針入度800とした対数針入度指数が大きいほど感温性が小さい。つまり高温流動起こしにくく、低温クラックやはく離を起こしにくい傾向を示す。

IMP

分子式C10H13N4O8P
慣用名イノシン酸ヒポキサンチンリボシド5-りん酸、pI、IMP、Ino-5'-P、Inosinic acid、5'-Inosinic acidHypoxanthine riboside-5-phosphoric acid、9-(5-O-Phosphono-β-D-ribofuranosyl)-9H-purin-6(1H)-one、Inosine 5'-phosphoric acid、5'-IMP、Inosine 5'-phosphate、2-Deamino-5'-guanylic acid、9-[5-O-(Dihydroxyphosphinyl)-β-D-ribofuranosyl]-1,6-dihydro-9H-purine-6-one
体系名:9-(5-O-ホスホノ-β-D-リボフラノシル)-9H-プリン-6(1H)-オンイノシン5'-りん酸、5'-イノシン酸イノシン5'-ホスファート、2-デアミノ-5'-グアニル酸、9-[5-O-(ジヒドロキシホスフィニル)-β-D-リボフラノシル]-1,6-ジヒドロ-9H-プリン-6-オン


ホスファチジルイノシトール

英訳・(英)同義/類義語:phosphatidylinositol, PI , Phosphatidylinositol (PI), phosphatidylinositol

細胞膜構成する酸性リン脂質で、ジアシルグリセロールの3位OH基とイノシトールOH基がリン酸ジエステルで結合した化合物

Pi

名前 ピ; ピーピィ

PI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/06/06 11:06 UTC 版)

PI, pi, Pi, pI




「PI」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

PIに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「PI」の関連用語

PIのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




PIのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2014 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2014 時事用語のABC All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2014 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2014 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2014 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2014, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのPI (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS