気 日本語の表現としての気

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 接辞 > 接尾語 > 気の解説 > 日本語の表現としての気 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/10/13 09:17 UTC 版)

日本語の表現としての気

日本語には「気」という言葉を使う表現がいくつかある。中国哲学の気の概念のうち、物の構成要素、素材としての意味の用法はほとんどなく、「元気」などの生命力、勢いの意味と、気分・意思の用法と、場の状況・雰囲気の意味の用法など、総じて精神面に関する用法が主である。気になる、気をつける、気を使う、気が付く、気に障る、気が散る、気をやる(セックスにおいてオルガスムスに達すること)、気合い、など。

なお、慣用句「病は気から」の「気」は、本来は、中国哲学伝統中国医学の気であるが、今では「気分」「元気」などの意味に変わっている。

江戸時代の儒学者で、日本の環境保全の先駆けとなった熊沢蕃山は、その理念の基として「神気」という概念を掲げている[8]。熊沢の語る神気は中国の気のような流れや作用はなく、降雨による湿潤な空気と多様な植物が作るアニミズム的感覚を指す[8]

気の問題点

主に金銭の授受が含まれる医療の面で、問題となるケースがある。西洋医療には、「気」という概念はないが、前述のように中医学領域において「気」という概念が取り扱われることがある。また気功療法においては気の概念は無くてはならないものである。

  • 各分野によって都合の良い解釈がされており、統一した概念がなく、曖昧な存在となっている。医学の分野に限っても、漢方における「気」と気功でいう「気」の間には大きな乖離がある。
  • 凝固して可視的な物質という概念もあるが、数値化して測定することができなく、存在を科学的に証明できていない。
  • 上記にも関連するが、科学的手法で解析された学術論文が皆無であること。[9]
  • 治療や指導が、医師鍼灸師以外によって為されるケースも少なくないこと。

  1. ^ DENG Yu, ZHU Shuanli, Deng Hai (2002). “Generalized Quanta Wave with Qi on Traditional Chinese Medecine”, Journal of Mathematical Medicine, 15(4), pp. 369-371.
  2. ^ DENG Yu, Zhu Shuanli, X. Peng, Deng Hai (2003). “Ration of Qi with Modern Essential on Traditional Chinese Medicine Qi: Qi Set, Qi Element”, Journal of Mathematical Medicine, 16(4).
  3. ^ 邓宇[Deng Yu]・朱栓立[Zhu Shuanli]・徐彭[Xu Peng]・邓海[Deng Hai](2000)〈五行阴阳的特征与新英译[New Translator with Characteristic of Wu xing Yin Yang]〉《中国中西医结合杂志[Chinese Journal of Integrative Medicine]》20(12):987。
  4. ^ 邓宇[Deng Yu]・朱栓立[Zhu Shuanli]・徐彭[Xu Peng]・邓海[Deng Hai](2000)〈五行阴阳的特征与新英译[Fresh Translator of Zang Xiang Fractal five System]〉《中国中西医结合杂志[Journal of Integrative Medicine]》(12):937。
  5. ^ 邓宇[Deng Yu]等(1998)〈阴阳的科学本质及数理化建构〉《中国中医基础医学杂志[Chinese Journal of basic medicine in traditional chinese medicine]》2:59-61。
  6. ^ 邓宇[Deng Yu]等(1999)〈中医分形集[TCM Fractal Sets]〉《数理医药学杂志[Journal of Mathematical Medicine]》12:(3):264-265。
  7. ^ 邓宇[Deng Yu]・朱栓立[Zhu Shuanli]・徐彭[Xu Peng]・邓海[Deng Hai](2000)〈经络英文新释译与实质[Essence and New Translator of Channels]〉《中国中西医结合杂志[Chinese Journal of Integrative Medicine]》20(8):615。
  8. ^ a b 上田信『風水という名の環境学: 気の流れる大地』、農山漁村文化協会〈図説・中国文化百華〉第15巻、2007年、182-195頁。ISBN 978-4-540-03097-0
  9. ^ 医学中央雑誌で検索しても2005年~2010年で該当する論文は1件のみである。
    • 定方美恵子、山田幸子「看護療法としての気功: その可能性を模索する」『日本看護技術学会誌』第7巻第1号、日本看護技術学会、2008年3月、34-36頁。NAID 40015971701






品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「気」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

  • 株式取引の板の見方

    株式取引の板とは、銘柄の価格帯ごとの売り数量と買い数量を表示した表のことです。売数量株価買数量14100341534000341021900340565200340087000339576600339...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「気」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



気のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの気 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS