alienとは? わかりやすく解説

alien

別表記:エイリアン

「alien」とは、外国人宇宙人異質なものなどを意味する英語表現である。

「alien」の基本的な意味

「alien」は、文脈によって、名詞として使わる場合形容詞として使われる場合がある。名詞として使う場合は、「宇宙人」「異邦人」「よそ者」といった意味がある。「外国人の意味もあるが、主に法律用語として使う場合であり、日常会話では「外国人の意味使用するのは避けたほうが良い形容詞として使う場合は、名詞同様に、「異国の」「よその」「宇宙人の」などの意味加え、「相容れない」「そぐわない」「ふさわしくない」などの意味でも使用される

「alien」の発音・読み方

音節区切ると「a・li・en」の3音節となり、発音記号は「éiliən」または「éiljən」となる。カタカナ表記すると「エイリーアン」または「エィリャァン」となる。最初の「éɪ」は二重母音であり、前の音ははっきりと強く発音し後ろの音は口を狭くして、ぼかして発音する
次の「l」は、舌の先を、前歯のすぐ裏につけて、「ウ」と「ル」を同時に出すように発音する「i」日本語の「エ」と「イ」の中間音、「j」は、日本語の「ヤ」に近い音である。「ə」は、口をあまり開かず弱く発音する最後「n」は、舌の先を、前歯のすぐ裏につけ、息が口から出るのを止めながら発音するため、「ヌ」に近い音になる。

alien(外国人)とは

「alien」には「外国人」という意味があるが、同時に、「よそ者」「宇宙人」といった意味もある。日本でもSF映画の「エイリアン」を連想する人が多いだろう。「alien」を「外国人」という意味で使うのは主に法律用語であり、専門的な表現のため、日常会話には適していない。
法律上の」を意味する形容詞の「legal」を前に付け、「a legal alien」とすると、「法律でその国にいることが許されている外国籍の人」すなわち「合法入国者の意味になる。逆に、「an illegal alien」は、「不法入国者の意味になる。
日本国際線空港では、入国審査外国人ゲート以前は「alien passport」と表示されていたが、排他的なニュアンス受け取られしまうためか、現在は「foreign passport」に変わっている

alien(トイストーリー)とは

CGアニメーション人気映画トイストーリー」には、「リトル・グリーン・メンという名の緑色三つ目エイリアン登場する尖った耳と1本の触覚持ち、胸には土星模したピザマーク入っている。不思議な見た目だが、なんとも言えない可愛らしさがあり、「トイストーリーシリーズ欠かせない人気キャラクターとなっている。

alien(歌)とは

「alien」という言葉連想される日本代表的な楽曲二つある。一つ堀込高樹堀込泰行兄弟ユニットである「キリンジ」が、2000年リリースしたシングルエイリアンズ」である。多く有名なアーティストカバーされており、日本代表する名曲一つとなっている。
もう一つは、ボーカロイド楽曲公開している「ナユタン星人」の「エイリアンエイリアン」である。3分程度の短い楽曲だが、独特の世界観があり、ボーカロイドリスナーの人気博している。

「alien」の使い方・例文

「alien」という言葉名詞もしくは形容詞として使用される。「外国人外国の」「宇宙人宇宙の」という意味に加え形容詞としては、「考え方など合わない」「そぐわない」という表現をするときにも使用される

名詞としての使い方


・「在留外国人」a resident alien
・「彼らは不法滞在反対している」They are against illegal aliens.
・「宇宙人宇宙船乗り込んでいる」The aliens are getting on the spaceship.
・「宇宙人人間の姿をしている」 The aliens have taken human form.

形容詞としての使い方


・「外国人登録」alien registration
・「見知らぬ都市」alien city
・「私たち伝統合わない考え方ideas alien to our tradition
・「そのような行動私たち信条反している」Such actions are alien to our beliefs.
・「彼女は正直な人とは言いがたい」Honesty is alien to her nature.

エイリアン【alien】

読み方:えいりあん

外国人市民権もたない人。「—カード(=外国人登録証明書)」

SFで、宇宙の生物。または宇宙人


在留外国人

国または国家居住者は、ある種政治的権利享受するその国家臣民 1市民 1もしくは国民 1であるか、外国市民である在留外国人 2または外国人 2であるか、またはいずれの国の市民でもない無国籍者 3呼ばれる人々である。“臣民”という語は隷属的な意味を持っていたが、今では英語のsubjectsという語にその意味なくなり市民同義語として受け取られることが多い。ただし、時には臣民市民とを区別することがある一国市民一般に、その国の国籍 4を持つ。この語は今日市民権 4と同じ意味で用いられるが、多民族国家 6では政治的国籍 4民族籍 5とを区別することもある。


エイリアン

(alien から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/29 09:16 UTC 版)

エイリアン:Alien




「エイリアン」の続きの解説一覧

エイリアン (映画)

(alien から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/27 04:16 UTC 版)

エイリアン』(原題: Alien)は、リドリー・スコット監督、ダン・オバノン脚本の1979年SFホラー映画。オバノンとロナルド・シャセットのストーリーに基づき、商業用宇宙タグ「ノストロモ号」の乗組員が、船内に解き放たれた攻撃的で致命的な地球外生命体である「エイリアン」に遭遇する様子を描いている。出演は、トム・スケリットシガニー・ウィーバーヴェロニカ・カートライトハリー・ディーン・スタントンジョン・ハートイアン・ホルムヤフェット・コットー


  1. ^ かつて日本の空港などでも、「外国人」の意味で「Alien」という表記が見られたが、次第に「Foreigner」表記に改められていった。
  2. ^ ソフト等に表示されたあらすじでは「2087年」と誤記されていることが多い。
  3. ^ 原語でのリプリーの肩書は「Warrant officer」であり、これを訳すと「准士官(准尉)」もしくは「兵曹長」(海兵隊では四等准尉)に相当する軍の階級である。ラストシーンの最終報告では、自らの肩書を「3rd Navigator」と称している。また、航海士としての姿が見られるのは本作のみである。
  4. ^ ディレクターズ・カット版では次のカットで悲鳴を聞いたリプリーとパーカーが駆けつけるものの、劇場公開版ではすぐに集合シーンに切り替わり、パーカーが皆にエイリアンの急成長とブレットの死を報告している。
  5. ^ 直径、周囲、距離のいずれなのかは不明。ソフトの日本語吹替では「周囲」となっている。しかし、明らかに小惑星よりはるかに大きい惑星(衛星)サイズであり、設定が矛盾している。
  6. ^ ただし脱出艇が2隻あるとなると、終盤でリプリーが自爆を解除しようとするシーンや、危険を承知でナルキッソスに戻るシーンが矛盾する(また、仮にナルキッソス一つしかないとしても、全乗組員が脱出艇に乗れないという別の矛盾も発生する)。
  7. ^ 船級の設定は『2』冒頭の査問会シーンでも登場している。
  8. ^ 後発の設定であり、劇中には具体的な年代を明記したシーンはない。なおブルーレイ版パッケージ裏の表記では2087年となっている。
  9. ^ スコットが2年前に監督した『デュエリスト/決闘者』もコンラッドの作品が原作である。
  10. ^ ウェイランとなったのは『2』から。
  11. ^ この構想は、1990年ポール・バーホーベン監督の『トータル・リコール』として結実した。
  12. ^ オバノンは本作でデス・スター設計図とヤヴィンの戦いのカウントダウン映像のCG製作に携わっている。
  13. ^ 唐沢俊一による書籍の記述を元に表紙の写真が山口百恵であるという説が広まったが間違いであることを杉村喜光が指摘している[38]
  14. ^ ランバートが履いているのは白のパンツにブーツだが、ジーンズとスニーカーになっている。
  15. ^ ファーストは後にティム・バートン監督『バットマン』(1989年)でアカデミー美術賞を受賞する。
  16. ^ 公開時のポスターや予告編に登場するエッグはこの当初のデザインを使用している。
  17. ^ チェストバスターが飛び出してきた際にランバートが悲鳴を上げるシーンは、驚いて転倒する直前のものである。
  18. ^ ウィーバーも、ナルキッソス内で冷凍休眠を行うために服を脱ぐシーンは、下着姿ではなく全裸で撮影する予定があったことをアクターズ・スタジオのインタビューで語っている。
  19. ^ 日本語字幕では原語の「Frontier」に「銀河系」という単語をあてているが、「国境」「辺境地帯」とする方が正しい。
  1. ^ a b Alien”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年6月5日閲覧。
  2. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)380頁
  3. ^ ギーガーの公式ページタイトルより。Welcome to the art of swiss surrealist HR Giger”. Tom Ahlgrim & H.R. Giger. 2013年4月7日閲覧。
  4. ^ The 100 best sci-fi movies - Time Out London
  5. ^ a b Blu-ray Disc版『エイリアンvsプレデター2』の特典「ウェイランド・ユタニ社データベース」より。
  6. ^ a b c ネイサン(2012)、p.55
  7. ^ スキャンロン(2012)、p.24
  8. ^ a b サモン(2001)、p.134
  9. ^ ネイサン(2012)、p.16
  10. ^ ネイサン(2012)、pp.16-19
  11. ^ ネイサン(2012)、p.19
  12. ^ a b c d e f スキャンロン(2012)、p.7
  13. ^ a b ネイサン(2012)、p.101
  14. ^ ネイサン(2012)、p.20
  15. ^ ネイサン(2012)、pp.21-22
  16. ^ サモン(2001)、p.121
  17. ^ a b ネイサン(2012)、p.24
  18. ^ a b c d e f ネイサン(2012)、p.172
  19. ^ a b ネイサン(2012)、p.29
  20. ^ ネイサン(2012)、p.26
  21. ^ a b ネイサン(2012)、p.25
  22. ^ a b c d e ネイサン(2012)、p.65
  23. ^ ギーガー(2004)、p.10
  24. ^ a b ネイサン(2012)、p.86
  25. ^ a b ネイサン(2012)、p.35
  26. ^ サモン(2001)、pp.115-118
  27. ^ サモン(2001)、pp.118-120
  28. ^ ネイサン(2012)、p.126
  29. ^ a b サモン(2001)、p.125
  30. ^ サモン(2001)、p.135
  31. ^ a b c ネイサン(2012)、pp.68-69
  32. ^ ネイサン(2012)、p.122
  33. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v Blu-ray Disc版『エイリアン』の特典「音声解説(完全版)」より。
  34. ^ a b ネイサン(2012)、pp.122-125
  35. ^ ネイサン(2012)、p.135
  36. ^ a b ネイサン(2012)、p.127
  37. ^ a b ネイサン(2012)、p.75
  38. ^ 杉村喜光による2020年6月5日午前9:38のツイート2020年6月5日閲覧。
  39. ^ ネイサン(2012)、p.71
  40. ^ ネイサン(2012)、p.131
  41. ^ a b c d e f g h i j k Blu-ray Disc版『エイリアン』の特典「音声解説 リドリー・スコット監督」より。
  42. ^ ネイサン(2012)、p.45
  43. ^ ネイサン(2012)、p.68
  44. ^ ネイサン(2012)、p.70
  45. ^ a b c ギーガー(2004)、p.14
  46. ^ ネイサン(2012)、p.38
  47. ^ a b c d e ネイサン(2012)、p.57
  48. ^ サモン(2001)、p.138
  49. ^ サモン(2001)、p.139
  50. ^ ネイサン(2012)、pp.22-23
  51. ^ スキャンロン(2012)、p.86
  52. ^ ネイサン(2012)、pp.38-39
  53. ^ サモン(2001)、pp.128-129
  54. ^ ネイサン(2012)、p.84
  55. ^ a b ネイサン(2012)、p.90
  56. ^ a b c ギーガー(2004)、p.34
  57. ^ ネイサン(2012)、p.86
  58. ^ ネイサン(2012)、pp.85-86
  59. ^ a b ギーガー(2004)、p.16
  60. ^ ネイサン(2012)、p.43
  61. ^ a b ネイサン(2012)、pp.48-49
  62. ^ ネイサン(2012)、p.52
  63. ^ スキャンロン(2012)、p.36
  64. ^ a b ネイサン(2012)、p.61
  65. ^ ネイサン(2012)、p.50
  66. ^ サモン(2001)、p.65
  67. ^ スキャンロン(2012)、p.10
  68. ^ スキャンロン(2012)、p.12
  69. ^ ギーガー(2004)、p.20
  70. ^ a b スキャンロン(2012)、p.65
  71. ^ スキャンロン(2012)、p.60
  72. ^ ネイサン(2012)、pp.90-91
  73. ^ a b スキャンロン(2012)、p.85
  74. ^ ネイサン(2012)、p.89
  75. ^ ギーガー(2004)、p.32
  76. ^ ギーガー(2004)、p.40
  77. ^ ネイサン(2012)、p.82
  78. ^ ネイサン(2012)、pp.95-98
  79. ^ ネイサン(2012)、p98
  80. ^ ギーガー(2004)、pp.8-10
  81. ^ スキャンロン(2012)、p.102
  82. ^ ネイサン(2012)、p.81
  83. ^ ギーガー(2004)、p.46
  84. ^ ネイサン(2012)、p.103
  85. ^ スキャンロン(2012)、p.93
  86. ^ ネイサン(2012)、p.106
  87. ^ a b ギーガー(2004)、p.54
  88. ^ ギーガー(2004)、pp.56-57
  89. ^ スキャンロン(2012)、p.94
  90. ^ ネイサン(2012)、pp.88-89
  91. ^ a b ネイサン(2012)、p.108
  92. ^ ネイサン(2012)、p.13
  93. ^ ギーガー(2004)、p.56
  94. ^ ネイサン(2012)、p.109
  95. ^ a b c ネイサン(2012)、p.111
  96. ^ a b スキャンロン(2012)、p.88
  97. ^ a b c ギーガー(2004)、p.58
  98. ^ a b サモン(2001)、p.130
  99. ^ 「エイリアン・アンソロジー」オフィシャルサイト スペシャル・インタビュー”. 2012年11月23日閲覧。
  100. ^ ネイサン(2012)、pp.111-115
  101. ^ ギーガー(2004)、p.70
  102. ^ ギーガー(2004)、p.66
  103. ^ サモン(2001)、p.130-131
  104. ^ ネイサン(2012)、pp.115-116
  105. ^ a b ギーガー(2004)、p.68
  106. ^ a b ネイサン(2012)、p.104
  107. ^ a b サモン(2001)、p.137
  108. ^ サモン(2001)、p.140
  109. ^ サモン(2001)、p.131
  110. ^ サモン(2001)、p.132
  111. ^ a b c d ネイサン(2012)、p.139
  112. ^ ネイサン(2012)、p.138
  113. ^ 石塚倫子 (2002, p. 31)
  114. ^ 石塚倫子 (2002, p. 26)
  115. ^ ハロルド・シェクター『体内の蛇 フォークロアと大衆芸術』(吉岡千恵子共訳、リブロポート、1992年)
  116. ^ a b c 映画秘宝EX(2012)、p.71
  117. ^ "か弱い存在と位置づけられていた女性が,(中略)アクションの担い手へと立場を変えたのである" 塚本まゆみ (2003, pp. 103–104)
  118. ^ 石塚倫子 (2002, pp. 31–32)
  119. ^ 難波江和英/内田樹 『現代思想のパフォーマンス』 松柏社、2000年、96-103頁。ISBN 4-88198-932-4。内田樹『女は何を欲望するか?』角川書店、2008年 ISBN 978-404710090-9、『映画の構造分析』晶文社、2003年 ISBN 978-4794965752 も参照
  120. ^ ネイサン(2012)、p.136
  121. ^ ‘Alien’ Series From Noah Hawley in the Works at FX, Ridley Scott in Talks to Executive Produce”. Variety. 2020年12月13日閲覧。
  122. ^ a b c 『エイリアン』ドラマ版の主人公決定 ─ 『ドント・ウォーリー・ダーリン』シドニー・チャンドラーが抜擢”. THE RIVER (2023年5月2日). 2023年5月16日閲覧。



ALIEN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/20 18:36 UTC 版)

フォトバトール」の記事における「ALIEN」の解説

スクランブル交差点人混み中に紛れ込んだエイリアン素早く探して撮影する。3体発見クリア

※この「ALIEN」の解説は、「フォトバトール」の解説の一部です。
「ALIEN」を含む「フォトバトール」の記事については、「フォトバトール」の概要を参照ください。


Alien

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/07 06:48 UTC 版)

FON」の記事における「Alien」の解説

他の2つ違い、自らアクセスポイント開設する要はないが、有料開設されているアクセスポイント使用することが出来るFonero。

※この「Alien」の解説は、「FON」の解説の一部です。
「Alien」を含む「FON」の記事については、「FON」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「alien」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「alien」の関連用語

alienのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



alienのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエイリアン (改訂履歴)、エイリアン (映画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフォトバトール (改訂履歴)、FON (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS