はくとは?

はく [1] 【白】

白いこと。しろ。
白人はくじん」に同じ。 「新造振りか詰但しは-の白茶か/浄瑠璃卯月の潤色
科白せりふ)のこと。

はく [1] 【伯】

律令制で、神祇官長官
兄弟の中の年長の者。 「顕仲の-の娘のおはせし歌/今鏡 村上源氏

はく [1] 【拍】

音楽で、個々音の持続時間的長さ)を規定する基本単位多く場合等間隔脈動で、手などを規則的打ち鳴らし数えることができ、その長短テンポ速度)の遅速につながる。
モーラ」に同じ。

はく [0][1] 【箔

金属をたたいて薄くのばしたもの金箔銀箔など。 「 -を押す」
[0] 値打ち貫禄。 「自分の-が落ちて、甚(ひど)く安く見られたやうで/青春 風葉
[句項目] 箔が付く 箔を付ける

はく [1] 【魄

たましい。陰の気に属し、死後この世にとどまるという。 「魂は冥途ありながら-はこの世留まりて/謡曲実盛」 → 魂(こん

は・く [1] 【吐く】

( 動五[四] )
口にふくんだ物・のみこんだ物・息などを、口から外に出す。 ⇔ 吸う 「荒い息を-・く」 「痰(たん)を-・く」 「悪酔いして-・く」
中にある物を、狭い所を通して外に出す。 「黒い煙を-・いて走る蒸気機関車」 「浅間山が煙を-・いている」
言葉として言う。 「正論を-・く」 「弱音を-・く」 「才覚-・くともがらと/了俊歌学書
白状する。 「仲間アジトを-・く」
[可能] はける
慣用気を- ・ 言言げんげん)火を- ・ 泥を- ・ 火を-
[句項目] 吐いた唾は飲めぬ

は・く [0] 【穿く・履く・佩く・着く】

( 動五[四] )
ズボン・はかまなどの衣服を)足をとおして下半身につける。 《穿》 「ズボンを-・く」 「スカートを-・く」
足袋たび)・靴下・靴などを)足につける。 《履》 「靴を-・く」 「スリッパを-・く」
刀剣などを腰につける。帯びる。さす。 《佩》 「太刀を-・く」
弓に弦を張る。 「せらしめ来なば弦(つら)-・かめかも/万葉集 3437
[可能] はける
( 動下二
太刀などを身につけさせる。帯びさせる。 「一つ松人にありせば大刀-・けましを/古事記
弓に弦を張る。 「陸奥安達太良あだたら真弓弦-・けて/万葉集 1329
慣用長い草鞋わらじ)を- ・ 二足の草鞋わらじ)を-

は・く [1] 【掃く】

( 動五[四] )
ほうき・刷毛はけ)などで表面をさっとなでるようにして、塵(ちり)などを除く。また、掃除をする。 「毎朝道路を-・く」
刷毛や筆でさっとなでて、色をつける。 「紅を-・く」
養蚕で、掃き立てをする。
はらい除く。 「まつろはぬ人をも和(やわ)し-・き清め万葉集 4465
遊里で、なじみにならずに、手当たり次第芸娼妓揚げる。 「お客一度でも-・かれた事はないわいな/歌舞伎伊勢音頭
[可能] はける
[句項目] 掃いて捨てるほど

は・く 【捌く】

( 動下二
はける

はく 【泊】

接尾
宿泊数を数えるのに用いる。 「旅館に二-する」 「三-四日旅行

捌く

読み方:はく

カ行下二段活用動詞「捌く」の終止形
「捌く」の口語形としては、カ行下一段活用動詞捌ける」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

はく(箔)

foil
0.1mm未満均一肉厚で、長方形断面持ちスリットされたコイル形状供給される圧延製品

読み方:はく
【英】:Beat

トスジャグリングリズム測る単位

トスジャグリングにおいてはたいてい左手右手交互ボール投げるので、一方の手投げてから次の手が投げるまでの時間を1拍とする。

サイトスワップというジャグリングパターン数字書き表す手段があるが、そのときもこの拍を基本として考える。


はく

  1. 酷暑。〔第一類 天文事変
  2. 酷暑を云ふ。

はく

  1. 強盗犯、傷殺ノ犯罪行為供用セル刀剣其他刃物。〔第六類 器具食物
  2. 犯罪行為使用した刃物類。

はく


はく


はく

  1. 佳良ノ意アリ、美貎者、美装者、資産家等。〔第二類 人物風俗
  2. 総て物事がよい意味にして種々の言葉として使はれる。「はくい」の略。美貎。美装資産家のこともいふ。

ハク

読み方:はく

  1. 宿泊所。

分類 ルンペン大阪


読み方:はく

  1. 一度窃取した物品被害者に返へすこと。或は白状すること。
  2. 麦飯音読省略語。〔闇〕 ②博徒賭博)。省略語。〔博〕 ③捕縛。右同(※⑵参照)。〔盗〕
  3. 酷暑。②犯行使用した刃物類。③凡て物事のよい意味に用いられる。「はくい」の略。④一応窃取した物品被害者返すこと。⑤自白すること。

分類 闇/博/盗/犯罪


読み方:はく

  1. 取リ得タル物品ヲ其侭戻スコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・東京府
  2. 所持隠匿セル贓物警察官吏ニ提出シ、又ハ故買者ガ無償ニテ其被害者ニ対シ贓物返還ヲナスヲ云フ。〔第四類 言語動作

分類 東京府

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
はく

読み方
はく

白玖

読み方
白玖はく

読み方
はく

読み方
はく

読み方
はく

はく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/05/30 22:36 UTC 版)

はく



はく

出典:『Wiktionary』 (2011/09/12 13:37 UTC 版)

動詞: 吐く・嘔く

はく(吐く・く)

  1. の中や体内にあるものを、口から外に出す。
  2. 狭いところを通じて、中から外に出す。
    煙突が煙を吐いている。
  3. 嘔吐する。
    酒に酔って吐いてしまった。
  4. 言葉として言い表す
    弱音を吐いてはいけない。

翻訳: 吐く・嘔く

動詞: 掃く・刷く

はく(掃く・く)

  1. などで)地面などをさっとなでる。

翻訳: 掃く・刷く

動詞: 履く・穿く・佩く・着く

はくく・穿く・く・く)

  1. (履く)(靴下などを)身に着ける
  2. (穿く)(ズボンなどを)足を入れて下半身身に着ける
    スカートはく
  3. 佩くなどをに帯びる。

翻訳: 履く・穿く・佩く・着く

同音の漢字

  1. Wiktionary:漢字索引 音訓 は#はく参照


  • 画数:7
  • 音読み:シン
  • 訓読み:はく





  • 画数:10
  • 音読み:ト、 ツ
  • 訓読み:はく










※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「はく」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

はくのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



はくのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
吉崎メッキ化工所吉崎メッキ化工所
Copyright (C) 2018 (株)吉崎メッキ化工所. All rights reserved.
Juggling DonutsJuggling Donuts
Copyright (C) 2018 by JugglingDonuts
皓星社皓星社
Copyright (C) 2018 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのはく (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのはく (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2018 Weblio RSS