はこせことは?

Weblio 辞書 > 文化 > 人形辞典 > はこせこの意味・解説 

はこ せこ [0] 【筥・函

江戸時代奥女中中流上の武家の若い娘が持った鼻紙入れ。現在は和服礼装の際の装飾として使われる。

はこせこ〔筥迫〕

金襴で作られた紙入れ装身具和服の女児が懐に半ば入れて持つ紙入れ装身具をかねたもの多く金襴で作られ、銀の簪をそえる。

はこせこ(筥迫)

打掛を着る際、胸元に飾る刺繍と房のついた飾りのこと。江戸時代には武家婦人が用いた、紙などを入れるための実用品だったが、その後婚礼衣裳欠かせない装飾品となった。

箱迫(はこせこ)

江戸時代女性懐中して用いた紙入れ。とじ帯に小さな香袋をつけ、携帯用アクセサリーとして発達しました。月経の手当に使う紙を入れていたので、成人女性のしるしでもありました。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「はこせこ」の関連用語

はこせこのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



はこせこのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
社団法人日本人形協会社団法人日本人形協会
Copyright (C) 2019 社団法人日本人形協会 All rights reserved.
※このホームページに掲載されている文章・写真・イラストなどの無断転載を禁じます。
ウエディングパークウエディングパーク
© copyright 2019 WeddingPark, Ltd.
ウエディングパークウエディングパーク 結婚用語集
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2019 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS