羅漢とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 羅漢 > 羅漢の意味・解説 

らかん 【羅漢】

阿羅漢

羅漢

作者中上健次

収載図書中上健次全集 2
出版社集英社
刊行年月1995.9


羅漢

読み方:らかん

  1. 熟睡或は熟睡してゐる人物。又は多人数集合すること。〔石川
  2. 掏摸熟睡している人物。又は多人数集合すること。

分類 掏摸


羅漢

読み方:らかん

  1. 眠ルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・東京府
  2. 睡眠中ノ人物。〔第二類 人物風俗
  3. 熟睡。〔第四類 言語動作
  4. 睡眠中の人前橋
  5. 睡眠中の人物。〔掏摸

分類 掏摸東京府


羅漢

読み方:らかん

  1. 働かない人のことをいふ。

分類 俗語

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

羅漢

読み方:ラカン(rakan)

初演 文化5.閏6(江戸市村座)


羅漢

読み方:ラカン(rakan)

所在 徳島県板野郡板野町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

阿羅漢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/18 13:19 UTC 版)

(羅漢 から転送)

阿羅漢 (あらかん、अर्हत्arhat、アルハット)は、仏教において、尊敬や施しを受けるに相応しい聖者のこと。サンスクリット語"arhat"の主格 "arhan" の音写語。略称して羅漢(らかん)ともいう。漢訳には応供(おうぐ)という意訳もある。釈迦牟尼仏の十号のひとつでもある。




[ヘルプ]
  1. ^ 阿羅漢(デジタル大辞泉)
  2. ^ もっぱら大梵天王問仏決疑経にみられる拈華微笑の一箪が元とされるが、大梵天王問仏決疑経は偽経であるとするのが通説となっている。近現代に文献比較による研究が始まる遥か以前から、一部の禅僧の間からも偽経との指摘が成されていた。
  3. ^ 長慶寧説阿羅漢有三毒の禅問答があるほどで、五百羅漢や羅漢の図像は羅漢信仰によるものではない。
  4. ^ 十八羅漢とは(コトバンク)
  5. ^ 五百羅漢(Yahoo!百科)


「阿羅漢」の続きの解説一覧





羅漢と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

羅漢に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「羅漢」の関連用語


2
100% |||||



5
90% |||||

6
90% |||||

7
阿羅漢 国語辞典
90% |||||

8
74% |||||

9
74% |||||

10
74% |||||

羅漢のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ハンドルバー

ヒメギンポ

戦闘ヘリコプター

BMW Z4 ロードスター

ヒメミドリアメフラシ

各務支考

後良川周辺の亜熱帯林の生き物

乾麺





羅漢のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2016 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2016 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの阿羅漢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS