皇室典範とは?

こう しつてんぱん くわう- 【皇室典範】

皇位継承摂政設置皇室会議天皇皇族身分など皇室に関する事項規定した法律1889年明治22制定の皇室典範は憲法と並ぶ最高法であったが,戦後廃止1947年昭和22日本国憲法発布とともに一般法律してあらためて皇室典範が制定された。

皇室典範

読み方:こうしつてんぱん

皇室における諸制度皇位継承に関する事項定め法律現行の皇室典範は1947年日本国憲法と共に制定されたものである

現在の皇室典範では、主な構成として、皇位継承第一章)、皇族範囲第二章)、摂政第三章)、成人即位大喪など(第四章)、および皇室会議第五章)という構成がとられている。

現在の皇室典範は一般法として制定されており、国会において改正検討される。とりわけ皇位継承規定に関しては、女性天皇の是非などの議論巡ってしばしば取り沙汰される

2011年10月に、秋篠宮家長女眞子さま成人なられたことで、女性皇族結婚により皇室離れ宮家創設する「女性宮家」の是非が、緊急の課題として浮上している。2012年1月5日政府は、女性宮家は1代に限り創設可能とする内容で皇室典範改正検討する方針固めたとしている。

関連サイト
皇室典範改正、女性宮家創設に限定 「一代限り」案有力 - イザ!(2012年1月6日
皇族制度 - 首相官邸

皇室典範(こうしつてんぱん)

皇室制度について国会定め基本法

象徴である天皇身分は、日本国憲法で「世襲のもの」と規定されているだけで、その細目国会議決する皇室典範に委ねられている。皇室典範は、皇位継承に関する事項のほか、皇室制度全般について定める。

現行の皇室典範は、1947年 1月16日公布され、象徴天皇制移行した日本国憲法同時に施行された。

明治憲法下の旧皇室典範天皇単独に制定した「皇室家法」だったが、現行の皇室典範は法律昭和22年法律第3号)として制定され、その改正国会における通常の手続きに従う。

第1条では、「皇位皇統属す男系男子がこれを継承する」と規定し、女帝女性天皇)を排除する内容となっている。この規定をめぐり、男女平等原則反するのではないかという議論があったが、政府見解は、歴史伝統に基づいた皇室制度男女平等目指すこととは矛盾しないとしてきた。

最近男女共同参画社会推進雅子さまのご懐妊報道などで皇室制度見直し機運が高まり、小泉首相本部長とつとめる自民党国家戦略本部では皇室典範の改正について検討される。

(2001.05.13更新


皇室典範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/26 14:28 UTC 版)

皇室典範(こうしつてんぱん、昭和22年法律第3号)は、日本国憲法第2条及び第5条に基づき、皇位継承及び摂政に関する事項を中心に規律した皇室に関する法律である。




  1. ^ 皇室典範案会議録一覧 - 国立国会図書館、日本法令索引。
  2. ^ 笠原英彦 「皇室典範制定過程の再検討:皇位継承制度を中心に」、三 現行皇室典範の制定過程。 『法學研究:法律・政治・社会』(慶應義塾大学法学研究会) Vol.83, No.12、 2010年12月 pp.1-28 。 NAID 120005662050慶應義塾大学機関リポジトリ内) 2016年(平成28年)7月16日閲覧


「皇室典範」の続きの解説一覧





皇室典範と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「皇室典範」の関連用語

皇室典範のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カウパースニップ

トバーズ

イヌホウズキ

docomo STYLE series N-03B

フラッグフットボール

G 650 Xmoto

ペイブウェイ

古和秀水





皇室典範のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2017 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの皇室典範 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS