休日 休日の概要

休日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 04:19 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

休暇」(きゅうか)のほうも同様に、学校会社官庁などの「やすみ」のことである[3]。そこに追加説明があり、しばしば日曜・祝日など以外のやすみを言う[3][4]、とされる。

なお、英語では日(週末)の休日は「weekend ウィークエンド」と呼び、それに対して金曜日は「weekday ウィークデイ」と呼ぶ。日本語では(土日に限らず)業務や授業が休みとなる「休日」に対して、業務や授業を行う日は「平日」と呼ばれる。

概説

休日は一般に、政府自治体中央政府地方政府)などが法律で原則的に定めているものがあり、日曜日のように毎週ある「週休」に加えて、それとは別に法定の休日も各国で定められている。多くの国で「独立記念日」などを法定の休日としている。また休日は各組織ごとに(独自に)定められているものもある。「創業記念日」(その会社が創始された日)などをその会社全体の休日としている事例が多い。

毎週の休日(一般論として言えば日曜日、またしばしば加えて土曜日)は、概して言えば、業務学業がおこなわれる日に累積的に蓄積した疲労をとるために活用されている。民間企業で、土曜日や日曜日にむしろ顧客が購買活動が活発化し売上が伸びる業種の場合などは、土曜日や日曜日は「休日」には設定せず、代わりに月曜日〜金曜日のいずれかに休日を設定している場合がある(この場合、「平日休み」と称される場合もある。土日祝を「休日」に代えて「特日」と呼ぶ場合もある[要出典])。また日本の公営の図書館などでも土曜日や日曜日はむしろ市民が利用したい日なので土曜日・日曜日は「開館日」(≒営業日)としておいて代わりに月曜日などを「休館日」(≒休業日)と設定していることが多い。この場合、企業によっては本来の定休日が祝日に当たる場合は通常通り営業し、代わりに祝日と重ならない他の日を休業日とする場合もある。

なお、連続する休日を、特に土日以外の2日以上連続した休日のことを「連休」と呼ぶ場合がある。

世界の休日・休暇

世界の休暇日数

国名 法定日数
フランス 7週間(5週間と2週間の変則休日)
 スウェーデン 5週間
 オーストリア 5週間、高齢労働者は6週間
 フィンランド 5週間
アイルランド 4週間と祝日9日
ドイツ 日曜日を含まない24日間と祝日9~13日
スペイン 暦で30日
ペルー 暦で30日
チュニジア 30営業日
欧州連合 4週間、数カ国はそれ以上
オランダ 4週間
スイス 4週間
 チェコ 4週間
ニュージーランド 4週間(2007年4月1日から)
オーストラリア 特に規定はないが4週間くらいが標準的、有給で長期休暇がある
イギリス 暦で20日と祝日8日
 ノルウェー 25営業日
 ウクライナ 暦で24日
南アフリカ 連続21日
ベルギー 有給で20日
ブラジル 暦で30日
ポーランド 平日20日、10年働いたら26日
ブルキナファソ 平日20日
 ハンガリー 20営業日
 ルーマニア 最低20営業日
日本 一般の労働者は勤続6か月で10労働日、以後勤続1年ごとに所定の日数を加算
バハマ 1年働いたら2週間、 5年目からは3週間
 チリ 15営業日
プエルトリコ 15日
サウジアラビア 15日
ベネズエラ 有給15日
パラグアイ 2週間
 コロンビア 2週間
エクアドル 2週間
ウルグアイ 2週間
イスラエル 14日
アルゼンチン 暦で12日
トルコ 12営業日
ベネズエラ 10営業日
カナダ 10営業日、地方政府の決定
アメリカ合衆国 特に規定はないが7〜21日位が標準的、一般には10営業日
韓国 10営業日
メキシコ 1週間
香港 7日
シンガポール 7日
台湾 7日
中国 1年勤務5日;10年勤務10日;20年以上勤務15日

革命暦における休日

革命暦が使用されていた地域では、その時期は七曜からなる曜日が廃止されていたため、休日の定義も大きく変わっていた。

  • フランス革命暦では1か月は全て30日とされ、各月10日・20日・30日と年末の5〜6日間が休日とされた。
  • ソビエト連邦暦ではまず1か月は全て30日とされ、各週は黄曜日・桃曜日・赤曜日・紫曜日・緑曜日の5曜制が取られた。どの曜日が休日に当たるかは各人により異なっていた。その後各月6日・12日・18日・24日・30日を休日とする制度に移行した。

注釈

  1. ^ 自衛隊軍事レーダーサイト監視スクランブル(緊急発進)の待機要員など。
  2. ^ a b c 1992年4月までは土曜日は対象外だった[11]
  3. ^ 東京地裁書記官に訊く(下)―民事訴訟手続・破産編― の5ページに夜間受付の記載がある。
  4. ^ a b c d 特例法によるみなし休日を含む)
  5. ^ 各証券会社サイトの支店の情報を参照。
  6. ^ かつての土曜日の午前中はほぼ平日だったこともあった。
  7. ^ それまでは第2・第4土曜日のみが休日。第2土曜日は1992年9月以降、第4土曜日は1995年度以降に休日となっていた[27]

出典

  1. ^ a b デジタル大辞泉小学館)「休日」
  2. ^ 広辞苑第六版(岩波書店)「休日」
  3. ^ a b デジタル大辞泉「休暇」
  4. ^ 広辞苑第六版「休暇」
  5. ^ [1] (行政機関の休日に関する法律、e-gov.go.jp
  6. ^ 航空管制官 公式 勤務体系”. 国土交通省 (2019年). 2019年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月24日閲覧。
  7. ^ 採用情報 地下鉄運輸職員募集案内”. 横浜市交通局 (2020年7月2日). 2019年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月29日閲覧。
  8. ^ 気象庁 職員募集案内Q&A”. 国土交通省 気象庁 (2020年). 2020年8月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月24日閲覧。
  9. ^ 令和2年度 東部医療センター看護職員(看護師)募集要項 (pdf)”. 名古屋市病院局 (2020年). 2021年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年1月24日閲覧。
  10. ^ 検疫医療専門職 採用案内 (pdf)”. 厚生労働省検疫所 (2020年). 2021年1月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月10日閲覧。
  11. ^ 完全週休2日制の実施等平成4年度 年次報告書(人事院)、2021年5月5日閲覧
  12. ^ 夜間・休日における東京家庭裁判所に対する書類の提出について
  13. ^ サービス提供時間延長実施施設(平成27年11月1日現在)
  14. ^ 東京都の公立図書館の例・東京都公立図書館オールガイド平成27年4月1日現在
  15. ^ 国立国会図書館の利用時間・休館日国立国会図書館関西館の利用時間・休館日
  16. ^ 国際子ども図書館の開館日・開館時間
  17. ^ よくあるご質問(その他全般) 日本取引所グループ
  18. ^ AIU保険の例損害保険ジャパン日本興亜の例
  19. ^ a b c d 野田進「「休暇」概念の法的意義と休暇政策─「休暇として」休むということ」『日本労働研究雑誌』第625巻、労働政策研究・研修機構、2012年8月、 NAID 40019394013
  20. ^ a b c d 神吉知郁子「休日と休暇・休業」『日本労働研究雑誌』第657巻、労働政策研究・研修機構、2015年4月。
  21. ^ 「週休2日制」の意味を多くの人は誤解しているダイヤモンド・オンライン2015年11月30日(2018年3月9日閲覧)。
  22. ^ [マンスリーみつびし] 2015年5月号、三菱の戦後 昭和編 第25回 番外編
  23. ^ “日本初の週休二日制に込めた松下幸之助の思い…国際競争に勝ち抜くため仕事の効率求め、労働の評価が量から質へ”. 産経WEST (産業経済新聞社). (2015年5月3日). http://www.sankei.com/west/news/150503/wst1505030009-n1.html 2017年2月2日閲覧。 
  24. ^ 高まる週休二日制熱 ためらう国よそ目に『朝日新聞』昭和49年(1974年)10月3日朝刊、21面
  25. ^ 週休2日制と完全週休2日制の違い|求人用語解説 | エンジャパンの【en】転職大辞典
  26. ^ 「完全週休2日制」と「週休2日制」の違い | Find Job !
  27. ^ 文部科学省 学校週5日制に関するこれまでの経緯
  28. ^ なぜ祝日に授業をするのですか? 名古屋市立大学(2018年4月9日閲覧)。
  29. ^ 平成 27 年就労条件総合調査の概況 厚生労働省 2015年10月15日公表。
  30. ^ 技術調査:働き方改革・建設現場の週休2日応援サイト - 国土交通省(2018年4月9日閲覧)。


「休日」の続きの解説一覧




休日と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

休日のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



休日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの休日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS