眼鏡 装身具としての眼鏡

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 眼鏡 > 眼鏡の解説 > 装身具としての眼鏡 

眼鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/24 14:29 UTC 版)

装身具としての眼鏡

眼鏡は装身具としての側面も持っている。視力の改善でなく見た目の改善を目的として眼鏡が使われることは古くからあり、失明により見苦しくなった眼を隠すためにサングラスを使うことは19世紀から一般的であったし、適切に調整された大きなレンズの眼鏡には顔を陽気に見せる効果がある[50]。顔面の中でも目立つ場所である目の周りに装着する眼鏡の装身具としての可能性は高い。

上記のように眼鏡のフレームには多種多様なものがあるが、実用品としてみればサイズ違いだけで十分である。壊れやすい縁無しなどは実用品としての性能は劣っているともいえる。多種多様なフレームが開発されてきたのは眼鏡が昔から装身具としての側面をもっていたことの証左である。

レンズの改良においても外観の改善つまり厚みの低減には大きな努力が払われてきた。高価な高屈折レンズも、利点は外観の良さが主であり、光学性能ではむしろ劣ってさえいる。

視力に問題がなくても装身目的で眼鏡を装用する者もいる。このような視力矯正作用を持たない眼鏡を伊達眼鏡という。昭和16年に著された本にも、伊達眼鏡をかける者は案外少なくないものだとの指摘が見られ、伊達眼鏡をかけることによって眼に病気が起こるわけでもないのでかけても差し支えないとして、伊達眼鏡が眼に悪いのではないかとの懸念を否定している[51]

特にまぶしいわけでもないのにサングラスを用いるのも装身目的といえる。サングラスを掛けると眼球に入る光量が減って瞳孔が開くが、紫外線(UV)カット性能が適切なレベルでない製品は、紫外線を余計に眼球に浴び、却って目を傷めることになるので注意が必要だとされる。また、レンズの小さなサングラスをかけていると、瞳孔が開いたところへ顔とレンズとの隙間から紫外線が射し込むので良くないともされる。

このような言説に対しては、

  • 日本では、サングラスでない普通の眼鏡レンズでも紫外線カットが常識になっている程で、紫外線カットされていないサングラスはほとんど流通していない。
  • 紫外線カット機能のないレンズでも、太陽光を素通しする訳ではなく、7割以上の紫外線がレンズで吸収され減衰する。
  • 日中の屋外は屋内の何百倍も明るく、それだけ明るければ、濃いサングラスによって可視光線の9割が遮断されたとしても、依然として瞳孔を閉じさせるに十分な可視光線が残る。
  • 顔とレンズとの隙間から紫外線が入るならば、同じ隙間から可視光線も入って瞳孔が閉じる。

とする反論があり、テレビや雑誌で大げさに誇張されて広まっている言説であり、理屈としてはそうでも、現実には殆ど心配する必要がない[52]


  1. ^ a b Kriss, Timothy C.; Kriss, Vesna Martich (April 1998), “History of the Operating Microscope: From Magnifying Glass to Microneurosurgery”, Neurosurgery 42 (4): 899–907, doi:10.1097/00006123-199804000-00116 
  2. ^ Pliny the Elder. “Natural History”. 2008年4月27日閲覧。
  3. ^ Dr. Kasem Ajram (1992). Miracle of Islamic Science, Appendix B. Knowledge House Publishers. ISBN 0911119434
  4. ^ 眼鏡の歴史(アサヒオプティカル)
  5. ^ 眼鏡の歴史(東京眼鏡)
  6. ^ ....Optics Highlights: II. Spectacles”. University of Maryland, Department of Electrical & Computer Engineering. 2007年9月1日閲覧。
  7. ^ Ament, Phil (2006年12月4日). “Sunglasses History - The Invention of Sunglasses”. The Great Idea Finder. Vaunt Design Group. 2007年6月28日閲覧。
  8. ^ Bellis, Mary. “The History of Eye Glasses or Spectacles”. About.com:Inventors. 2007年9月1日閲覧。
  9. ^ Famous Historical Statements up to 1600”. Antique Spectacles. 2007年9月1日閲覧。
  10. ^ a b 邱韻如「明清眼鏡之文本溯源與時空背景探查」『中華科技史學會學刊』第20号、2015年、 55-71頁。
  11. ^ 田藝蘅『留青日札』巻23・靉靆。
  12. ^ 「叆叇」『汉语外来词词典』上海辞書出版社、1982年、17頁。
  13. ^ 眼鏡の歴史”. 東京メガネミュージアム. 2012年7月14日閲覧。
  14. ^ a b Bellis, Mary. “The Inventions and Scientific Achievements of Benjamin Franklin”. 2007年9月1日閲覧。
  15. ^ Eyeglass Lenses and Visual Aids from Industrial Production”. Zeiss.com. 2007年9月2日閲覧。
  16. ^ 宇山安夫 (1968). 眼鏡士読本. 医学書房. p. 122 
  17. ^ a b メガネパーツの名前とその由来”. 2017年1月15日閲覧。
  18. ^ 宇山安夫 (1968). 眼鏡士読本. 医学書房. p. 140 
  19. ^ Treatments: undercorrect”. 2016年5月8日閲覧。
  20. ^ Myopia Control”. 2016年5月8日閲覧。
  21. ^ Under-correction of human myopia – Is it myopigenic?: A retrospective analysis of clinical refraction data”. 2016年5月8日閲覧。
  22. ^ 学校近視の現況に関する 2010 年度アンケート調査報告”. 2016年5月8日閲覧。
  23. ^ 宇山安夫 (1968). 眼鏡士読本. 医学書房. p. 12 
  24. ^ 宇山安夫 (1968). 眼鏡士読本. 医学書房. p. 41-43 
  25. ^ みるも. “必見!度数別・近視系のお客様への累進レンズのお薦めポイント”. 2016年11月30日閲覧。
  26. ^ みるも. “必見!度数別・近視系のお客様への累進レンズのお薦めポイント”. 2018年7月6日閲覧。
  27. ^ みるも. “正視・遠視系のお客様への累進レンズのお薦めポイントを紹介しますト”. 2018年7月8日閲覧。
  28. ^ 小瀬輝次 (昭和58). 光学技術シリーズ10 めがね工学. 共立出版株式会社. p. 17 
  29. ^ 中村康 (昭和7). 眼鏡処方解説. 金原商店. p. 92. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/000000740154 
  30. ^ 小瀬輝次、他 (昭和58). めがね光学. 共立出版株式会社. p. 66-67 
  31. ^ 高級腕時計の風防に用いられるものと同じ。
  32. ^ [1]
  33. ^ 現代社会に欠如しているバイオレット光が近視進行を抑制することを発見-近視進行抑制に紫の光-”. 2018年5月4日閲覧。
  34. ^ VIOLET PLUS(バイオレット+) - JINS
  35. ^ Association Between Myopia, Ultraviolet B Radiation Exposure, Serum Vitamin D Concentrations, and Genetic Polymorphisms in Vitamin D Metabolic Pathways in a Multicountry European Study”. 2018年5月12日閲覧。
  36. ^ Phillips, Richard Jones (1892). Spectacles and eyeglasses, their forms, mounting, and proper adjustment. Philadelphia, P. Blakiston, son & co.. p. 26. https://archive.org/details/spectacleseyeg00phil 
  37. ^ 石津寛 (昭和3). めがねをかける人のために. 山本書房. p. 96. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1051049 
  38. ^ a b c Pettet, Robert D (1913). The mechanics of fitting glasses. Chicago : Topaz & Kaemerle. p. 9. https://archive.org/details/mechanicsoffitti00pettrich 
  39. ^ 宇山安夫 (1968). 眼鏡士読本. 医学書房. p. 161 
  40. ^ American Optical Company (1912). (Catalog) American Optical Company. American Optical Company. p. 32-35. https://archive.org/details/109550Watermarked/page/n31 
  41. ^ Pettet, Robert D (1913). The mechanics of fitting glasses. Chicago : Topaz & Kaemerle. p. 15. https://archive.org/details/mechanicsoffitti00pettrich 
  42. ^ Pettet, Robert D (1913). The mechanics of fitting glasses. Chicago : Topaz & Kaemerle. p. 15. https://archive.org/details/mechanicsoffitti00pettrich 
  43. ^ https://web.archive.org/web/20081028204353/http://www.seikoeyewear.com/CE/CECourse.cfm?ceID=6
  44. ^ Goldbacher, Ernes (1879). 1851-1878 illustrated catalogue and price list of optical, meteorological and mathematical instruments manufactured and imported. New York : E. Goldbacher. p. 44. https://archive.org/details/04331200R.nlm.nih.gov/page/n47 
  45. ^ 石津寛 (昭和3). めがねをかける人のために. 山本書房. p. 89. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1051049 
  46. ^ 石津寛 (昭和3). めがねをかける人のために. 山本書房. p. 89. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1051049 
  47. ^ 石津寛 (1928). めがねをかける人のために. 山本書房. p. 136-147. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1051049 
  48. ^ Hudson, J. T. (John Thomas) (1833). Spectaclaenia; or the sight restored, assisted, and preserved by the use of spectacles, with suggestions to spectacle wearers and others. The author; Simpkin & Marsha. p. 5. https://archive.org/details/b30376907 
  49. ^ 石津寛 (1928). めがねをかける人のために. 山本書房. p. 136-147. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1051049 
  50. ^ Phillips, Richard Jones (1892). Spectacles and eyeglasses, their forms, mounting, and proper adjustment. Philadelphia, P. Blakiston, son & co.. p. 43(この頁には東洋人に対する人種差別とも取れる記述があるので、参照する際は注意). https://archive.org/details/spectacleseyeg00phil 
  51. ^ 日本眼鏡学術振興会 (昭和16). 初等眼鏡学上巻. 日本眼鏡学術振興会. p. 90. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/000000699791 
  52. ^ 川本眼科だより”. 2017年6月21日閲覧。
  53. ^ リチャード・コーソン (1999). メガネの文化史. 八坂書房. p. 22-23 
  54. ^ 白山晰也 (1990). 眼鏡の社会史. ダイヤモンド社. p. 114 
  55. ^ 白山晰也 (1990). 眼鏡の社会史. ダイヤモンド社. p. 第六章 
  56. ^ リチャード・コーソン (1999). メガネの文化史. 八坂書房. p. 252 
  57. ^ 花丸博士”. 2018年2月14日閲覧。
  58. ^ 【くらし物語】人形・ロボット・携帯までお焚き上げ*消費社会に罪悪感 もの供養で償い『日本経済新聞』朝刊2018年7月7日・日経プラス1(別刷り11面)。
  59. ^ 2019年12月2日中日新聞朝刊1面





眼鏡と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「眼鏡」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



眼鏡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの眼鏡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS