眼鏡 文化・芸術と眼鏡

眼鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/24 14:29 UTC 版)

文化・芸術と眼鏡

絵画や映画、漫画の中に描かれる眼鏡は描かれる人物の性格を表す象徴であることがあるが、その表す性格は、時代や場所によって異なる。

眼鏡が描かれた最も古い絵画は、トマッソ・デ・モデナが1352年に描いたヒュー・オブ・サン・シェールの肖像画である。ヒューの死後一世紀も経ってから描かれた絵画である(「歴史」を参照)。ヒューの生前には眼鏡は発明されていないが、尊敬のしるしとして描かれたものである。眼鏡が発明される以前に没した人物の肖像画に当時存在していなかったはずの眼鏡を描き入れる慣行はその後、数世紀にわたって続く。学識とか識字能力の持ち主、あるいは当代の実力者であることの証と考えられていたのであろう[53]。眼鏡が日本国内で一般化したのは江戸時代、元禄享保期頃である[54]。日本の江戸時代の浮世絵黄表紙本の挿絵に描かれる眼鏡は、知性よりもむしろ職人的な細かい手仕事の象徴であり、年配の職人が眼鏡をかける姿が多く描かれた[55]

近現代の創作を含めた、眼鏡をかけた登場人物の描写については眼鏡キャラクターを参照。

このうち片眼鏡は、今日の映画や漫画では片眼鏡が悪人や盗人の象徴として描かれる。ドイツでは、第一次世界大戦時の軍作戦本部で地図を見るときに目が悪い者は片メガネを用いるという習慣があった。他国で片眼鏡が廃れた後も、ドイツでは第二次世界大戦までその習慣を続けた者が多く居たため、ナチスの軍人と片眼鏡のイメージとが重ね合わされたのかもしれない。今日では悪人の象徴として描かれる片眼鏡だが、日常的に使われていた記憶が薄れていない時代には事情が異なった。P・G・ウッドハウスが1930年にまとめた小説家用の眼鏡着用基準ともいうべきものでは、眼鏡の種類ごとにそれを掛ける人物を列挙しており、当時で言うスペクタルズ、現在でいう一山を掛ける者の筆頭によき伯父、鼻眼鏡を掛ける筆頭に善良な教師、単眼鏡を掛ける筆頭に善良な公爵と、多くの種類で善良な人物を筆頭に挙げていた。鼻眼鏡と単眼鏡については悪人はたぶんこれを掛けないとも述べている[56]手塚治虫スター・システムの最古参である花丸博士も多くの役柄で片眼鏡をかけているが、専ら善人を演じた「スター」である[57]

近年の漫画・アニメでは、逆ナイロール形式の眼鏡が、キャラクターの外観を大きく変えることな、眼鏡キャラクターとしての個性も表現するための漫画的デフォルメ描写に好んで使われる。キャラクターの瞳の印象が見た者に素直に伝わるため、瞳を大きく描く萌え絵においてはこの表現が用いられることがある。また、キャラクターの造形もしくは絵柄によってはフルリムの眼鏡を掛けさせる事が困難な(あるいは、掛けさせると不恰好となる)ため、それを回避するためにこの表現を用いることもある。現代のアニメは眉の形状によって表情を表現することが多く、上半分のないフレームとすることで表情を容易に表現できるというメリットもある。一方、『涼宮ハルヒシリーズ』に登場する長門有希が使用しているのは、逆ナイロールでない、普通のナイロールである。また、テンプルが描かれないこともあるが、その場合、鼻眼鏡をかけた人物という設定なのか、通常の眼鏡をかけた人物のテンプルの描写が省略された結果なのか、判別しがたい。

日本では、10月1日が「メガネの日」とされている(1001すなわち一〇〇一が、眼鏡のツルとレンズの並びに似ているため)。徳島県鳴門市葛城神社は眼病の治癒にご利益があるとされ、眼鏡を供養する「めがね塚」が1998年に建立されている[58]

2019年12月3日、女性グループは外見・服装について不要なルール強制はパワーハラスメントにあたると明記するよう緊急要望書を出した。美容部員や企業受付の女性だけに課せられているメガネ禁止などがこれに当たる[59]


  1. ^ a b Kriss, Timothy C.; Kriss, Vesna Martich (April 1998), “History of the Operating Microscope: From Magnifying Glass to Microneurosurgery”, Neurosurgery 42 (4): 899–907, doi:10.1097/00006123-199804000-00116 
  2. ^ Pliny the Elder. “Natural History”. 2008年4月27日閲覧。
  3. ^ Dr. Kasem Ajram (1992). Miracle of Islamic Science, Appendix B. Knowledge House Publishers. ISBN 0911119434
  4. ^ 眼鏡の歴史(アサヒオプティカル)
  5. ^ 眼鏡の歴史(東京眼鏡)
  6. ^ ....Optics Highlights: II. Spectacles”. University of Maryland, Department of Electrical & Computer Engineering. 2007年9月1日閲覧。
  7. ^ Ament, Phil (2006年12月4日). “Sunglasses History - The Invention of Sunglasses”. The Great Idea Finder. Vaunt Design Group. 2007年6月28日閲覧。
  8. ^ Bellis, Mary. “The History of Eye Glasses or Spectacles”. About.com:Inventors. 2007年9月1日閲覧。
  9. ^ Famous Historical Statements up to 1600”. Antique Spectacles. 2007年9月1日閲覧。
  10. ^ a b 邱韻如「明清眼鏡之文本溯源與時空背景探查」『中華科技史學會學刊』第20号、2015年、 55-71頁。
  11. ^ 田藝蘅『留青日札』巻23・靉靆。
  12. ^ 「叆叇」『汉语外来词词典』上海辞書出版社、1982年、17頁。
  13. ^ 眼鏡の歴史”. 東京メガネミュージアム. 2012年7月14日閲覧。
  14. ^ a b Bellis, Mary. “The Inventions and Scientific Achievements of Benjamin Franklin”. 2007年9月1日閲覧。
  15. ^ Eyeglass Lenses and Visual Aids from Industrial Production”. Zeiss.com. 2007年9月2日閲覧。
  16. ^ 宇山安夫 (1968). 眼鏡士読本. 医学書房. p. 122 
  17. ^ a b メガネパーツの名前とその由来”. 2017年1月15日閲覧。
  18. ^ 宇山安夫 (1968). 眼鏡士読本. 医学書房. p. 140 
  19. ^ Treatments: undercorrect”. 2016年5月8日閲覧。
  20. ^ Myopia Control”. 2016年5月8日閲覧。
  21. ^ Under-correction of human myopia – Is it myopigenic?: A retrospective analysis of clinical refraction data”. 2016年5月8日閲覧。
  22. ^ 学校近視の現況に関する 2010 年度アンケート調査報告”. 2016年5月8日閲覧。
  23. ^ 宇山安夫 (1968). 眼鏡士読本. 医学書房. p. 12 
  24. ^ 宇山安夫 (1968). 眼鏡士読本. 医学書房. p. 41-43 
  25. ^ みるも. “必見!度数別・近視系のお客様への累進レンズのお薦めポイント”. 2016年11月30日閲覧。
  26. ^ みるも. “必見!度数別・近視系のお客様への累進レンズのお薦めポイント”. 2018年7月6日閲覧。
  27. ^ みるも. “正視・遠視系のお客様への累進レンズのお薦めポイントを紹介しますト”. 2018年7月8日閲覧。
  28. ^ 小瀬輝次 (昭和58). 光学技術シリーズ10 めがね工学. 共立出版株式会社. p. 17 
  29. ^ 中村康 (昭和7). 眼鏡処方解説. 金原商店. p. 92. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/000000740154 
  30. ^ 小瀬輝次、他 (昭和58). めがね光学. 共立出版株式会社. p. 66-67 
  31. ^ 高級腕時計の風防に用いられるものと同じ。
  32. ^ [1]
  33. ^ 現代社会に欠如しているバイオレット光が近視進行を抑制することを発見-近視進行抑制に紫の光-”. 2018年5月4日閲覧。
  34. ^ VIOLET PLUS(バイオレット+) - JINS
  35. ^ Association Between Myopia, Ultraviolet B Radiation Exposure, Serum Vitamin D Concentrations, and Genetic Polymorphisms in Vitamin D Metabolic Pathways in a Multicountry European Study”. 2018年5月12日閲覧。
  36. ^ Phillips, Richard Jones (1892). Spectacles and eyeglasses, their forms, mounting, and proper adjustment. Philadelphia, P. Blakiston, son & co.. p. 26. https://archive.org/details/spectacleseyeg00phil 
  37. ^ 石津寛 (昭和3). めがねをかける人のために. 山本書房. p. 96. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1051049 
  38. ^ a b c Pettet, Robert D (1913). The mechanics of fitting glasses. Chicago : Topaz & Kaemerle. p. 9. https://archive.org/details/mechanicsoffitti00pettrich 
  39. ^ 宇山安夫 (1968). 眼鏡士読本. 医学書房. p. 161 
  40. ^ American Optical Company (1912). (Catalog) American Optical Company. American Optical Company. p. 32-35. https://archive.org/details/109550Watermarked/page/n31 
  41. ^ Pettet, Robert D (1913). The mechanics of fitting glasses. Chicago : Topaz & Kaemerle. p. 15. https://archive.org/details/mechanicsoffitti00pettrich 
  42. ^ Pettet, Robert D (1913). The mechanics of fitting glasses. Chicago : Topaz & Kaemerle. p. 15. https://archive.org/details/mechanicsoffitti00pettrich 
  43. ^ https://web.archive.org/web/20081028204353/http://www.seikoeyewear.com/CE/CECourse.cfm?ceID=6
  44. ^ Goldbacher, Ernes (1879). 1851-1878 illustrated catalogue and price list of optical, meteorological and mathematical instruments manufactured and imported. New York : E. Goldbacher. p. 44. https://archive.org/details/04331200R.nlm.nih.gov/page/n47 
  45. ^ 石津寛 (昭和3). めがねをかける人のために. 山本書房. p. 89. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1051049 
  46. ^ 石津寛 (昭和3). めがねをかける人のために. 山本書房. p. 89. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1051049 
  47. ^ 石津寛 (1928). めがねをかける人のために. 山本書房. p. 136-147. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1051049 
  48. ^ Hudson, J. T. (John Thomas) (1833). Spectaclaenia; or the sight restored, assisted, and preserved by the use of spectacles, with suggestions to spectacle wearers and others. The author; Simpkin & Marsha. p. 5. https://archive.org/details/b30376907 
  49. ^ 石津寛 (1928). めがねをかける人のために. 山本書房. p. 136-147. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1051049 
  50. ^ Phillips, Richard Jones (1892). Spectacles and eyeglasses, their forms, mounting, and proper adjustment. Philadelphia, P. Blakiston, son & co.. p. 43(この頁には東洋人に対する人種差別とも取れる記述があるので、参照する際は注意). https://archive.org/details/spectacleseyeg00phil 
  51. ^ 日本眼鏡学術振興会 (昭和16). 初等眼鏡学上巻. 日本眼鏡学術振興会. p. 90. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/000000699791 
  52. ^ 川本眼科だより”. 2017年6月21日閲覧。
  53. ^ リチャード・コーソン (1999). メガネの文化史. 八坂書房. p. 22-23 
  54. ^ 白山晰也 (1990). 眼鏡の社会史. ダイヤモンド社. p. 114 
  55. ^ 白山晰也 (1990). 眼鏡の社会史. ダイヤモンド社. p. 第六章 
  56. ^ リチャード・コーソン (1999). メガネの文化史. 八坂書房. p. 252 
  57. ^ 花丸博士”. 2018年2月14日閲覧。
  58. ^ 【くらし物語】人形・ロボット・携帯までお焚き上げ*消費社会に罪悪感 もの供養で償い『日本経済新聞』朝刊2018年7月7日・日経プラス1(別刷り11面)。
  59. ^ 2019年12月2日中日新聞朝刊1面





眼鏡と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「眼鏡」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



眼鏡のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの眼鏡 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS