安倍能成 安倍能成の概要

安倍能成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/23 07:08 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
安倍能成
1956年(昭和31年)頃の撮影
生誕 1883年12月23日
愛媛県松山小唐人町[1]
死没 (1966-06-07) 1966年6月7日(82歳没)
東京都文京区本郷
出身校 東京帝国大学文科大学哲学科[1]
配偶者 藤村恭子(藤村操妹)
学派 自然主義 (哲学)
研究分野 カント哲学[2]
主な概念 対日講和条約締結の全面講和論
テンプレートを表示

経歴

医師安倍義任(よしとう)、品(しな)の八男として松山城下の小唐人町(後の愛媛県松山市大街道)に生まれた。松山中(後の愛媛県立松山東高等学校[3]から第一高等学校を経て、東京帝国大学文科大学へと進む(ただし、家庭の経済事情により中学卒業後1年間、母校の助教諭心得(講師)として英語を教えているため、第一高等学校進学は1902年(明治35年)のことである)。

在学中、夏目漱石波多野精一高浜虚子の影響を受けた。同窓生の一人に、藤村操がおり、その妹・恭子と1912年大正元年)に結婚した[4]。また、一高を中途退学した同期の岩波茂雄との交流は終生続き、後年は岩波書店の経営に「哲学叢書」の編集者として関与し[5]、岩波の没後には、公式伝記も執筆した。

1906年(明治39年)、東京帝国大学1年生時に、友人が夏目漱石の元を訪問するのに同行して以来、漱石を深く尊敬して師事した。「ホトトギス」などに文芸評論を発表し1911年(明治44年)には阿部次郎ら4人の合著による「影と声」を刊行する[1]小宮豊隆森田草平・阿部次郎(鈴木三重吉とする説もある)と並んで「漱石門下の四天王」と称された。鈴木三重吉や寺田寅彦との出会いも、漱石を通じてのものであった。漱石が修善寺の大患(1910年)に陥った時、安倍たちが駆けつけると、来たからには「あんばいよくなる」と言われたとの挿話があった。

帝国大学在学当時の哲学科同期生には伊藤吉之助小山鞆絵宮本和吉らがいた。同学卒業[6]後、朝日新聞自然主義文学批判の文芸評論を手がける一方[7]1913年(大正2年)に「予の世界」を刊行してからは哲学に活動の場を移し、「西洋古代中世哲学史」「西洋近世哲学史」「カントの実践哲学」などを発表した[1]。安倍は特にルドルフ・オイケンの思想を日本に紹介し、この思想は大正期の理想主義思潮の形成に影響を与えた[7]。また、この期間には女子英学塾日蓮宗大学慶應義塾大学、一高の各講師、法政大学教授を歴任、1924年(大正13年)から1926年(大正15年)にかけてヨーロッパへ留学している[1][7]。帰国後、京城帝国大学教授となり[8]朝鮮の文化を詳細に検討し、日本人の朝鮮蔑視感情を諌めている。1940年(昭和15年)に、母校一高校長となり[9]名校長と謳われた[10]。その一方で軍部が進める高等学校の年限短縮に反対したり、近衛文麿に早期和平の進言をしたために、憲兵隊から監視対象になったとされている。

戦後の1946年(昭和21年)、幣原改造内閣文部大臣に就任するも、数箇月間務めたのちに辞任した[11]。在職中の第一次アメリカ教育使節団の来日歓迎挨拶では、アメリカが力でなく「正義と真理」によって日本に臨むよう申し入れている[10]。文相退任後も、帝室博物館総長・国立博物館館長を務めるかたわら、教育刷新委員会委員長として[12]学制改革教育基本法制定など教育制度改革に尽力したほか、国語審議会会長として当用漢字表現代かなづかいの制定を推進した(なお後に「新仮名としたのは一世一代の過ちであった」と悔恨。国語学者の山田孝雄から「一世一代の過ちですむか」と叱責されたという)。同時期に新制学習院院長となり、没時まで在任した。

また平和運動にも参画し、岩波書店の『世界』創刊期の代表責任者となり、一方で1951年(昭和26年)結成の平和問題談話会に発起人として参加、代表を務めた[5]。戦前・戦後を通じて一貫した自由主義者であり、戦前の軍国主義に対する批判のみならず、戦後の社会主義への過大な評価に対しても批判的な態度を取った。太平洋戦争後の平和条約締結問題では全面講和論中立主義を説き、世論に大きな反響をもたらした[5]

1966年(昭和41年)6月7日、デューリング病(疱疹状皮膚炎)に顆粒白血球減少症を併発し、東京都文京区本郷順天堂医院で没[13]。享年82。戒名「慈仙院学堂能成居士」。墓地は東慶寺神奈川県鎌倉市山ノ内、北鎌倉駅近く)にある[14]

係累

実弟の安倍恕(はかる)は裁判官で、司法研修所所長などを歴任。同じく裁判官で弁護士に転じた安倍晴彦は恕の次男。

チャタレイ裁判で被告人のひとりとなった小山書店店主・小山久二郎(おやまひさじろう)も能成の甥にあたる。




  1. ^ a b c d e f g “安倍 能成 アベ ヨシシゲ”, 20世紀日本人名事典, 日外アソシエーツ, (2004), http://archive.is/SLlmp#9% 
  2. ^ “安倍能成【あべよししげ】”, 百科事典マイペディア, 平凡社, http://archive.is/eZnAz#21% 
  3. ^ 愛媛県立松山中学校一覧 明治43年9月』 愛媛県立松山中学校、1910年、85頁。 
  4. ^ 矢島裕紀彦 (2016年12月22日). “夏目漱石、自殺した教え子の妹の結婚披露宴に出席する。【日めくり漱石/12月22日】”. サライ.jp. 小学館. 2018年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月16日閲覧。
  5. ^ a b c “安倍能成”, 美術人名辞典, 思文閣, http://archive.is/eZnAz#7% 
  6. ^ 『官報』第7814号、明治42年7月13日、p.281
  7. ^ a b c “安倍能成 あべよししげ”, ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典, Britannica Japan, (2014), http://archive.is/eZnAz#44% 
  8. ^ 京城帝国大学一覧 昭和16年』 京城帝国大学、1941年、288頁。 
  9. ^ 第一高等学校一覧 自昭和16年至昭和17年』 第一高等学校、1941年、32頁。 
  10. ^ a b 尾崎ムゲン, “安倍能成 あべよししげ”, 日本大百科全書, 小学館, http://archive.is/eZnAz#53% 
  11. ^ 『官報』号外、昭和21年5月22日
  12. ^ “あべよししげ【安倍能成】”, 世界大百科事典 (2 ed.), 平凡社, http://archive.is/eZnAz#32% 
  13. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)11頁
  14. ^ 安倍能成墓”. 松岡山 東慶寺. 東慶寺. 2018年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月16日閲覧。
  15. ^ 『官報』第5654号、「叙任及辞令」1945年11月15日。
  16. ^ 1960年前後に、月刊誌「心」に連載。


「安倍能成」の続きの解説一覧



安倍能成と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「安倍能成」の関連用語

安倍能成のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



安倍能成のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの安倍能成 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS