コンサバティズムとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > コンサバティズムの意味・解説 

保守

(コンサバティズム から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/03 10:04 UTC 版)

保守(ほしゅ)または保守主義(ほしゅしゅぎ、: conservatism)とは、従来からの伝統・習慣・制度・考え方を維持し、社会的もしくは政治的な改革革命革新に反対する思想のこと[1][2]過激な傾向を拒否し、穏健な立場を奉ずる人物を保守主義者、勢力を保守勢力、政党を保守政党: conservative)と呼ぶ。


注釈

  1. ^ : constant force
  2. ^ 原語では前者が固有名詞(大文字で始まる表記)、後者が普通名詞(小文字で始まる表記)となっている。ヒュー・セシル『保守主義とは何か』早稲田大学出版部
  3. ^ : Taxation No Tyranny
  4. ^ : Patriarcha or the Natural Power of Kings
  5. ^ : The conservative mind, from Burke to Santayana
  6. ^ : conservative impulse

出典

  1. ^ 保守、goo辞書
  2. ^ 保守主義、goo辞書
  3. ^ BBC: エドマンド・バーク (1729年 - 1797年)(英語)
  4. ^ The Scary Echo of the Intolerance of the French Revolution in America Today(英語)
  5. ^ a b アルペランジャン=ルイ[著], 石井三記[訳]「モンテスキューの作品における法と正義 : 法制史と法理論の交差する読解」『名古屋大學法政論集』第247巻、名古屋大学、2012年、187-215頁、doi:10.18999/nujlp.247.11hdl:2237/17426ISSN 04395905 
  6. ^ a b 杉本竜也 2013, p. 523.
  7. ^ 杉本竜也 2013, p. 540.
  8. ^ 杉本竜也 2013, p. 542.
  9. ^ Viscount Hailsham. The Conservative Case. Middlesex: Penguin Books, 1959. (英語)
  10. ^ マイケル・オークショット「保守的であるということ」(『政治における合理主義』所収、石山文彦訳、勁草書房、1988年、200頁)
  11. ^ Huntington, S. 1957. Conservatism as an ideology. in American Political Science Review 51:454-73.
  12. ^ アンソニー・クイントン『不完全性の政治学』東信堂、p10-11
  13. ^ a b c 杉本竜也 2013, p. 527-528.
  14. ^ a b 杉本竜也 2013, p. 529-530.
  15. ^ Eccleshall, p. ix, 21
  16. ^ Eccleshall, p. 2
  17. ^ Eccleshall, pp. 21-25
  18. ^ Eccleshall, p. 31
  19. ^ Eccleshall, p. 43
  20. ^ 二宮元「イギリスのニューライト : 新自由主義と新保守主義」2010年、一橋大学
  21. ^ 藤森かよこ「アメリカにおける保守主義の誕生とアイン・ランドの交点」『都市経営 : 福山市立大学都市経営学部紀要』第1巻、福山市立大学都市経営学部、2012年3月、5-20頁、doi:10.15096/urbanmanagement.0101ISSN 2186-862XNAID 120005381580 
  22. ^ 藤森かよこ & 2013-03, p. 22.
  23. ^ 落合仁司『保守主義の社会理論 ハイエク、ハート、オースティン』勁草書房1987,p141
  24. ^ 杉本竜也 2013, p. 538.
  25. ^ 藤森かよこ 2013, p. 9-26.
  26. ^ http://www.ppionline.org/documents/equality_lipset.pdf(英語)
  27. ^ Gross and Simmons 2007,p33,Rothman et al.2005,p6,Klein and Stern2009
  28. ^ a b c d e ブライアン・カプラン、月谷真紀訳 『大学なんか行っても意味はない? 教育反対の経済学』みすず書房、2019,pp.346-350.
  29. ^ Rothman et al.2005,pp5-6
  30. ^ Gross and Simmons 2007,pp31-32.
  31. ^ Cardiff and Klein,2005,p243,Gross and Simmons 2007
  32. ^ Moe,2011,pp84-87.
  33. ^ 維新精神史研究 P.421 徳重淺吉 1934年
  34. ^ 維新精神史研究 P.423 徳重淺吉 1934年
  35. ^ 福沢諭吉 学問のすすめ 福沢諭吉
  36. ^ 明治憲政史 (上巻) P.321-322 工藤武重 1914年
  37. ^ 犬養木堂伝 上巻 P.208-209 鷲尾義直 1938年
  38. ^ a b 東京専門学校参考書 政治原論 桃浪書院蔵版 P.304-305 市島謙吉 1889年
  39. ^ 立憲政友会史 第壹巻 伊藤総裁時代 P.11-12 小林雄吾 1924年
  40. ^ 第四十囘帝国議会に於ける暴利取締令舌戦録. 上巻 P.8-9 益川保次郎 1918年
  41. ^ 第四十囘帝国議会に於ける暴利取締令舌戦録. 上巻 P.14 益川保次郎 1918年
  42. ^ 暴利取締令と違憲問題 神戸又新日報 1918年2月8日
  43. ^ 輸出組合 コトバンク
  44. ^ 日露条約成立と対露輸出組合計画 中外商業新報 1925年1月31日
  45. ^ 政府の了解を得て対露輸出組合進捗 時事新報 1926年2月3日
  46. ^ 社会主義サヴェート共和国同盟の現勢 P.71-72 山川均 1928年
  47. ^ a b c d 貿易政策論 P.220-222 浜田恒一 1934年
  48. ^ a b 貿易政策論 P.223 浜田恒一 1934年
  49. ^ 電力問題の背後 P.48-49 小林一三 1938年
  50. ^ 張寅性「「失われた20年」と保守の美学」『失われた20年と日本研究のこれから・失われた20年と日本社会の変容』、国際日本文化研究センター、2017年3月31日、13-31頁、doi:10.15055/00006537NAID 120006683597 
  51. ^ 『大政翼賛会に抗した40人 : 自民党源流の代議士たち』朝日新聞社、2006年7月。 
  52. ^ 立党宣言・綱領 自民党
  53. ^ 村部貴浩「福田恒存の個人観の考察 : 政治批評としての清水幾太郎批判を中心に」『国際広報メディア・観光学ジャーナル』第29巻、北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院、2019年10月24日、21–36頁。 
  54. ^ 三谷太一郎「「文明化」・「西洋化」・「近代化」をめぐって: 福沢諭吉と丸山眞男─日本近代の先導者と批判者─」『日本學士院紀要』第72巻Special_Issue、2018年、226頁、doi:10.2183/tja.72.Special_Issue_209 
  55. ^ 『吉本隆明全集9 1964-1968』晶文社、2015年6月、283-296頁。 
  56. ^ 『読書人』1959年6月19日、『保守とは何か』2013年10月20日、pp.180-184。
  57. ^ 林健太郎「現代における保守と自由と進歩」。「現代日本思想大系35 新保守主義」の解説
  58. ^ 立花希一「批判的合理主義と自由主義/保守主義:林健太郎のポパー諭」『秋田大学教育文化学部研究紀要 人文科学・社会科学』第57巻、秋田大学教育文化学部、2002年3月、41-50頁、hdl:10295/880ISSN 1348-527X 
  59. ^ 『内閣調査室秘録 戦後思想を動かした男』文藝春秋、2019年7月19日、89-103頁。 
  60. ^ 及川智洋『戦後革新勢力の対立と分裂』 法政大学〈博士(政治学) 甲第451号〉、2019年。doi:10.15002/00021756hdl:10114/00021756NAID 500001352405https://doi.org/10.15002/00021756 
  61. ^ 『文藝春秋』1975年2月、『日本の自殺』2012年5月20日、pp.55-60。
  62. ^ 戦後保守政治の転換 ―「八六年体制」とは何か―”. 五十嵐仁のページ. 2022年11月27日閲覧。
  63. ^ 「平成の政治改革」と「アイデアの政治」――佐藤誠三郎という視点から――”. researchmap.jp. 2022年12月2日閲覧。
  64. ^ 「日本人の政治意識」『集』第3巻328ページ
  65. ^ 中村宏「占領下での「民主化」と日本の「従う政治文化」:丸山眞男の洞察を手がかりに」(PDF)『神戸学院法学』第34巻第1号、神戸学院大学、2004年4月、293-324頁、ISSN 03862046NAID 110001219642 
  66. ^ 平成22年(2010年)綱領 自民党
  67. ^ 若者の自民党支持率が高くなってきた理由 2012年が転機、保守化ではなく現実主義化だ | 国内政治 東洋経済オンライン、薬師寺克行
  68. ^ 中野剛志. “結局、昭和の政治のほうがずっとマシだった…「平成の保守」がデタラメな改革を繰り返した根本原因”. PRESIDENTOnline. 2022年10月19日閲覧。
  69. ^ 白川司 (2023年2月9日). “「フェミニズムは大嫌いで、巨乳キャラは大好き」日本社会でジワジワと存在感を増す"萌え系保守"の正体”. プレジデント社. 2023年2月11日閲覧。
  70. ^ 米で人種・民族憎悪犯罪目立つ オバマ政権や不況影響か Archived 2009年6月23日, at the Wayback Machine.アサヒコム2009年6月21日





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コンサバティズム」の関連用語

コンサバティズムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コンサバティズムのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの保守 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS