注意欠陥・多動性障害 ADHDの6タイプ

注意欠陥・多動性障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/07 15:30 UTC 版)

注意欠如・多動性障害(ちゅういけつじょ・たどうせいしょうがい、: attention deficit hyperactivity disorderADHD)は、多動性(過活動)、不注意(注意障害)、衝動性を症状の特徴とする神経発達症もしくは行動障害である[1][2]ICD-10における多動性障害: hyperkinetic disorder)はほぼ同一の概念である。




  1. ^ 原文:For adults with ADHD, drug treatment should be the first-line treatment unless the person would prefer a psychological approach. (英国国立医療技術評価機構 2008, Chapt.1.7.1)
  2. ^ DSM-IV-TR(2000)では学童の3〜7%と記載していた
  3. ^ 疫学調査は静岡県浜松市の18〜49歳の男女10000人を対象とし、うち3910人から調査協力があり、うち196人がスクリーニングにおいてADHDの疑いがある陽性群となる。2次調査でこの陽性群中で41人の診断面接を行い14人が成人期ADHDと診断された。この結果から算出される有病率の推定値は、1.65%(95%信頼区間=1.25〜2.05)。スクリーニングでADHDの疑いがあった陽性群196人は陰性群に比べ、男性が多い、20代に多く40 代後半に少ない、未婚、一人暮らし/夫婦+親同居が多い、未婚ゆえ子なし、無職、収入200万円未満が多い、不健康、通院中、悩みやストレスが多いという特徴が見られた。
  4. ^ ノルウェー語: Helene Gjone
  5. ^ ノルウェー語: Jon M. Sundet
  6. ^ : Jim Stevenson
  7. ^ 短い集中力、計算が出来ない、気分が変わりやすい、過活動、衝動性、弱い記憶力
  1. ^ a b c d 世界保健機関 2010, BEH.
  2. ^ B.J.Kaplan; V.A.Sadock 『カプラン臨床精神医学テキスト DSM-5診断基準の臨床への展開』 (3版) メディカルサイエンスインターナショナル、2016年5月31日、Chapt.6。ISBN 978-4895928526 
  3. ^ 日本精神神経学会/精神科病名検討連絡会「DSM~5 病名・用語翻訳ガイドライン(初版)」 (pdf) 、『精神神経学雑誌』第116巻第6号、 429-457頁。
  4. ^ 市川宏伸「精神科専門用語の再検討について―児童青年精神科領域―」 (pdf) 、『精神神経雑誌』2013年
  5. ^ a b c d e f g R.A.バークレー(マサチューセッツ大学医療センター)著 石浦章一訳 「集中できない子供たち 注意欠陥多動性障害」『日経サイエンス「脳から見た心の世界」』2007年12月10日発行1版1刷
  6. ^ https://www.adhd.co.jp/about/development/default.aspx
  7. ^ a b 麦島 (2006)、p.54
  8. ^ ダニエル・エイメン『「わかっているのにできない」脳』
  9. ^ 岡野高明 (2007) p. 106
  10. ^ a b c d e 英国国立医療技術評価機構 2008, Information for the public.
  11. ^ 大人のADHD症状チェックリスト:成人(18歳以上)用 Lenard Adler, MD Ronald Kessler, PhD Thomas Spencer, MD
  12. ^ : hyperkinetic disorders、F90
  13. ^ National Institute of Mental Health (2008年). “Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD)”. アメリカ国立衛生研究所. 2015年11月1日閲覧。
  14. ^ Bouchard MF, Bellinger DC, Wright RO, Weisskopf MG. (2010-6). “Attention-deficit/hyperactivity disorder and urinary metabolites of organophosphate pesticides.”. en:Pediatrics. 125 (6): e1270-7. doi:10.1542/peds.2009-3058. PMC 3706632. PMID 20478945. http://pediatrics.aappublications.org/content/125/6/e1270.long. 
  15. ^ Organophosphate Pesticides Linked to ADHD.”. en:Medscape Today. (2010年5月17日). 2016年8月10日閲覧。
  16. ^ Campaña AD, Sanchez F, Gamboa C, Gómez-Villalobos Mde J, De La Cruz F, Zamudio S, Flores G. (2008-4). “Dendritic morphology on neurons from prefrontal cortex, hippocampus, and nucleus accumbens is altered in adult male mice exposed to repeated low dose of malathion.”. en:Synapse. 62 (4): 283-90. doi:10.1002/syn.20494. PMID 18240323. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/syn.20494/abstract. 
  17. ^ 神戸新聞2011/05/26、2011年8月13日閲覧。
  18. ^ Lars Lien et al. "Consumption of Soft Drinks and Hyperactivity, Mental Distress, and Conduct Problems Among Adolescents in Oslo, Norway" American Journal of Public Health Vol96, No.10 2006, pp1815-1820. PMID 17008578
  19. ^ Agency revises advice on certain artificial colours (英語) (Food Standards Agency, 11 September 2007)
  20. ^ Board discusses colours advice (Food Standards Agency, Friday 11 April 2008)
  21. ^ EU plans warning labels on artificial colours (The Guardian, August 11 2008)
  22. ^ ポー・ブロンソン (Bronson, Po)、アシュリー・メリーマン (Merryman, Ashley)、小松淳子訳、『間違いだらけの子育て―子育ての常識を変える10の最新ルール』 第2章「睡眠を削ってはいけない」p.42、インターシフト社、2011年6月、原題 Nurture Shock、ISBN 978-4-7726-9523-7
  23. ^ Walitza, S; Drechsler, R; Ball, J (August 2012). “Das schulkind mit ADHS” (ドイツ語). Ther Umsch 69 (8): 467–73. doi:10.1024/0040-5930/a000316. PMID 22851461. 
  24. ^ 市橋秀夫「成人における ADD, ADHD ―私の治療手技」、『精神科治療学』第19巻第5号、2004年5月、 547-552頁。
  25. ^ Bailey, Eileen. “ADHD and Learning Disabilities: How can you help your child cope with ADHD and subsequent Learning Difficulties? There is a way.”. Remedy Health Media, LLC.. 2013年11月15日閲覧。
  26. ^ Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD)”. The National Institute of Mental Health (NIMH). 2013年11月15日閲覧。
  27. ^ McBurnett, K; Pfiffner, LJ (November 2009). “Treatment of aggressive ADHD in children and adolescents: Conceptualization and treatment of comorbid behavior disorders”. Postgrad Med 121 (6): 158–165. doi:10.3810/pgm.2009.11.2084. PMID 19940426. 
  28. ^ 成田善弘 (2006) p.24
  29. ^ Philipsen, A., Limberger, M.F., Lieb, K. et al., (2008). “Attention-deficit hyperactivity disorder as a potentially aggravating factor in borderline personality disorder”. The British Journal of Psychiatry 192: 118-123. http://bjp.rcpsych.org/content/192/2/118.abstract. 
  30. ^ 岡野高明、高梨靖子、宮下伯容 他「成人におけるADHD,高機能広汎性発達障害など発達障害のパーソナリティ形成への影響 ― 成人パーソナリティ障害との関連 ―」、『精神科治療学』第19巻第4号、2004年4月、 433-442頁、 NAID 50000462975
  31. ^ AD/HD - NPO日本次世代育成支援協会
  32. ^ 麦島, (2006), p56
  33. ^ a b c d e 世界保健機関 2010, BEH1.
  34. ^ a b c 世界保健機関 2010, BEH3.
  35. ^ ADHD Treatments For Preschoolers (ages 4–5) (Report). アメリカ疾病予防管理センター. (2015-04-02). http://www.cdc.gov/ncbddd/adhd/infographic-treatments-preschool.html. 
  36. ^ ADHD Treatments For Preschoolers (ages 6–17) (Report). アメリカ疾病予防管理センター. (2015-04-02). http://www.cdc.gov/ncbddd/adhd/infographic-treatments-children-teens.html. 
  37. ^ 英国国立医療技術評価機構 2008, Chapt.1.5.1.1.
  38. ^ 英国国立医療技術評価機構 2008, Chapt.1.5.2.1.
  39. ^ Q20:注意欠陥/多動性障害(AD/HD)とはどんな疾患ですか?治療にはどのようなものがありますか? - 日本小児神経学会
  40. ^ 英国国立医療技術評価機構 2008, Chapt.1.5.2.
  41. ^ a b c 英国国立医療技術評価機構 2008, Chapt.1.7.1.
  42. ^ Cliff-Eribo KO, Sammons H, Choonara I. (2016-10). “Systematic review of paediatric studies of adverse drug reactions from pharmacovigilance databases.”. en:Expert Opinion on Drug Safety. 15 (10): 1321-8. doi:10.1080/14740338.2016.1221921. PMID 27501085. https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/14740338.2016.1221921?journalCode=ieds20. 
  43. ^ ADHD, cannabis and cannabinoids Scientific References ... in evolution 論文が複数紹介されているサイト
  44. ^ Research Showcase (School of Child & Youth Care University of Victoria)
  45. ^ Kort E Patterson, Marijuana and ADD, 2000. 論文が紹介されている。
  46. ^ Peter Strohbeck-Kuehner, Gisela Skopp, Rainer Mattern (2008). “Case report:Cannabis improves symptoms of ADHD” (pdf). Cannabinoids (1): 1-3. http://www.cannabis-med.org/english/journal/en_2008_01_1.pdf. 
  47. ^ 平成19年10月26日付厚生労働省医薬食品局総務課長、審査管理課長、安全対策課長、監視指導・麻薬対策課長通知 薬食総発第1026001号、薬食審査発第1026002号、薬食安発第1026001号、薬食監麻発第1026003号通知 PDF
  48. ^ ヤンセン・ファーマ「コンサータ錠添付文書」 (1 ed.), 医薬品医療機器総合機構, (2007年12月作成), http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/800155_1179009G1022_1_02.pdf 2009年6月1日閲覧。 
  49. ^ ヤンセン・ファーマ 公式プレスリリース(2014年4月30日閲覧)
  50. ^ 曽良一郎『脳の発達障害ADHDはどこまでわかったか?』p5
  51. ^ コンサータ、ストラテラの効果と副作用は?注意欠如多動性障害(ADHD)の薬物治療とは? - MEDLEY(メドレー)オンライン病気辞典
  52. ^ "注意欠陥/多動性障害(AD/HD)治療剤「ストラテラ」、日本で初めて、成人期のAD/HDへの適応承認"(日本イーライリリー)
  53. ^ 「注意・欠如多動症-ADHD-の診断・治療ガイドライン第4版」 - ISBN 4840748810
  54. ^ 塩野義製薬 インチュニブ添付文書
  55. ^ ベタナミン添付文書
  56. ^ Bupropion SR in adults with ADHD: a short-term, placebo-controlled trial
  57. ^ 新規DNRI製剤による症状への改善効果を確認
  58. ^ 精神障害・発達障害に効く漢方薬 内海聡 事例 発達障害 P42-P50
  59. ^ 伝統医学臨床セミナー 「抑肝散の応用」
  60. ^ 『=日本東洋医学雑誌』第62巻第3号、2011年、 479-508頁、 doi:10.3937/kampomed.62.479NAID 40018899757
  61. ^ 「注意欠陥多動性障害(ADHD)に対する漢方処方の効果(小児科疾患,一般演題,伝統医学のあるべきかたちとは-世界の潮流と日本の役割-,第59回日本東洋医学会学術総会」、『日本東洋醫學雜誌』59(別冊)第201号、2008年5月NAID 110006839461
  62. ^ 伝統医学臨床セミナー 「抑肝散の応用」 2 小児の精神発達障害、心身症における抑肝散と抑肝散加陳皮半夏の使用経験
  63. ^ [Acupuncture Improves Outcomes For Children With ADHD http://www.healthcmi.com/Acupuncture-Continuing-Education-News/1647-acupuncture-improves-outcomes-for-children-with-adhd]
  64. ^ 頭針+捏脊 治小兒多動症
  65. ^ 月刊『ナラティブメディカ』5月号(VOL.19) P45-48 発達障害での小児はり効果を検討 ADHDの薬剤投与で個性抹殺の懸念も日本小児はり学会特別講演会
  66. ^ 「米国における自閉症、注意欠陥・多動症等の発達障害児のはり治療」 日本小児はり学会 特別講習会2015
  67. ^ Treating ADHD with Acupuncture | Pacific College
  68. ^ Parents say acupuncture has alleviated boy's ADHD
  69. ^ 子どもの鍼治療「おねしょ」に効果、チック障害を含めた5つの問題に有望 Medエッジ
  70. ^ Efficacy and safety of acupuncture in children: an overview of systematic reviews.
  71. ^ Logan Ellis, H.; Zaman, R. (2013). “1671 – Use of transcranial magnetic stimuaiation (TMS and RTMS) in ADHD”. European Psychiatry 28: 1. doi:10.1016/S0924-9338(13)76660-4. ISSN 09249338. 
  72. ^ 注意缺陷多动障碍的中医治疗研究进展
  73. ^ Castellanos FX, Tannock R (2002). “Neuroscience of attention-deficit/hyperactivity disorder: the search for endophenotypes”. Nat. Rev. Neurosci. 3 (8): 617–28. doi:10.1038/nrn896. PMID 12154363. 
  74. ^ Martinussen R, Hayden J, Hogg-Johnson S, Tannock R (2005). “A meta-analysis of working memory impairments in children with attention-deficit/hyperactivity disorder”. J Am Acad Child Adolesc Psychiatry 44 (4): 377–84. doi:10.1097/01.chi.0000153228.72591.73. PMID 15782085. 
  75. ^ Klingberg T, Forssberg H, Westerberg H (2002). “Training of working memory in children with ADHD”. J Clin Exp Neuropsychol 24 (6): 781–91. doi:10.1076/jcen.24.6.781.8395. PMID 12424652. 
  76. ^ Klingberg T, Fernell E, Olesen PJ, Johnson M, Gustafsson P, Dahlström K, Gillberg CG, Forssberg H, Westerberg H (2005). “Computerized training of working memory in children with ADHD--a randomized, controlled trial”. J Am Acad Child Adolesc Psychiatry 44 (2): 177–86. doi:10.1097/00004583-200502000-00010. PMID 15689731. 
  77. ^ 品川裕香.【見つけた! みんなが輝く教育】トレーニングでワーキングメモリ向上. 産経新聞コラム2008.10.7 【見つけた! みんなが輝く教育】
  78. ^ NPO法人えじそんくらぶ
  79. ^ ADHD、注意障害や多動はワーキングメモリトレーニングによって持続的な改善が可能です、コグメド・ジャパン公式webページ(2009年9月30日閲覧)。
  80. ^ Holmes, Joni; Gathercole, Susan E.; Place, Maurice; Dunning, Darren L.; Hilton, Kerry A.; Elliott, Julian G. (2010). “Working memory deficits can be overcome: Impacts of training and medication on working memory in children with ADHD”. Applied Cognitive Psychology 24 (6): 827 - 836. doi:10.1002/acp.1589. ISSN 08884080. 
  81. ^ [プロバイオティクスが子どものADHDを予防するかもしれない、13年間の追跡調査 https://www.mededge.jp/a/pedi/13667]
  82. ^ Pärtty A et al. A possible link between early probiotic intervention and the risk of neuropsychiatric disorders later in childhood: a randomized trial. Pediatr Res. 2015 Jun;77:823-8.
  83. ^ 町沢 (2000)
  84. ^ 町沢 (2000)、pp.20-21
  85. ^ 『「子供がいちばん」はやめなさい』海竜社、p.168
  86. ^ 樋口輝彦、斉藤万比古 『成人期ADHD診断ガイドブック』 じほう、2013年ISBN 978-4840744706 
  87. ^ J. Fayyad, et al. (2007-04). “Cross~national prevalence and correlates of adult attention~deficit hyperactivity disorder”. The British Journal of Psychiatry 190 (5). doi:10.1192/bjp.bp.106.034389. 
  88. ^ J. Biederman, et al. (2000-05). “Age-Dependent Decline of Symptoms of Attention Deficit Hyperactivity Disorder : Impact of Remission Definition and Symptom Type”. The American Journal of Psychiatry 157 (5). doi:10.1176/appi.ajp.157.5.816. 
  89. ^ a b c Data & Statistics - Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder (ADHD)”. アメリカ疾病予防管理センター. 2015年6月1日閲覧。
  90. ^ “The Selling of Attention Deficit Disorder”. NYTimes. (2013年12月14日). http://www.nytimes.com/2013/12/15/health/the-selling-of-attention-deficit-disorder.html?_r=2& 
  91. ^ 英国国立医療技術評価機構 2008, Introduction.
  92. ^ 中村和彦、大西将史「成人期のADHDの疫学調査 (PDF) 」 、『精神神経学雑誌』第115巻、精神神経学会、2013年2015年8月2日閲覧。
  93. ^ : Jacquelyn J. Gillis
  94. ^ 粘着テープ:多動傾向の児童に 京都・市立小の教諭 毎日新聞 2014年6月5日
  95. ^ a b c 中村和彦、大西将史、内山敏ほか「日本精神神経学会学術総会:成人期のADHDの疫学調査」 (pdf) 、『精神神経雑誌』2013年
  96. ^ a b c 特別支援教育について (文部科学省)
  97. ^ ADHD(注意欠陥/多動性障害)を詳しく知りたい方へ|AD/HDナビ、ヤンセンファーマ運営(2009年10月14日閲覧)。
  98. ^ Barkley, RA; Peters, H (November 2012). “The earliest reference to ADHD in the medical literature? Melchior Adam Weikard's description in 1775 of attention deficit (Mangel der Aufmerksamkeit, Attentio Volubilis)”. J Atten Disord 16 (8): 623–30. doi:10.1177/1087054711432309. PMID 22323122. 
  99. ^ Still, George F (1902-04-12). “The Goulstonian Lectures: On Some Abnormal Psychical Conditions in Children”. Lancet 159 (4102): 1008–1013. doi:10.1016/S0140-6736(01)74984-7. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0140673601749847.  (要購読契約)
  100. ^ Charles Bradley
  101. ^ Lange KW, Reichl S, Lange KM, Tucha L, Tucha O (2010). “The history of attention deficit hyperactivity disorder”. Atten Defic Hyperact Disord 2 (4): 241–55. doi:10.1007/s12402-010-0045-8. PMC 3000907. PMID 21258430. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3000907. 
  102. ^ Strohl MP (2011). “Bradley's Benzedrine studies on children with behavioral disorders”. Yale J Biol Med 84 (1): 27–33. PMC 3064242. PMID 21451781. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3064242. 
  103. ^ 発達障害者支援法 - 法令データ提供システム/総務省行政管理局
  104. ^ 齊藤 万比古 (監)、 樋口 輝彦 『成人期ADHD診療ガイドブック』 じほう、2013年8月ISBN 484074470X 
  105. ^ 神尾陽子 (編集) 『DSM-5を読み解く─伝統的精神病理, DSM-IV, ICD-10をふまえた新時代の精神科診断』 中山書店、2014年9月25日ISBN 4521739733 
  106. ^ 石川憲彦「LD,ADHDが注目される社会とは」『障害児を普通学校へ会報No.216』
    トム・ハートマン『ADD/ADHDという才能』
  107. ^ Thomas Armstrong, The Myth of the A.D.D Child:50 Ways to Improve Your Child's Behavior and Attention Span Without Drugs, Labels, or Coercion
  108. ^ Andy Henion, Todd Elder. Nearly 1 million children potentially misdiagnosed with ADHD, Aug 17 2010. (Michigan State University)
  109. ^ 「わかっているのにできない」脳〈1〉エイメン博士が教えてくれるADDの脳の仕組み/花風社
  110. ^ Free ADD Webinar with Dr. Amen – Listen Now!
  111. ^ [脳画像でみる「うつ」と「不安」の仕組み]
  112. ^ ダニエル・エイメン博士について
  113. ^ amenclinics.com
  114. ^ 問い合わせが殺到!うつ病「見える化」診断 光トポグラフィー検査
  115. ^ [医学部 ADHD治療薬の効果を光トポグラフィ脳機能検査で可視化]
  116. ^ 東大、注意欠如多動性障害の薬物治療効果を予測する客観的な指標を開発
  117. ^ “栗原類さん、発達障害を告白 「子供の頃、先生が逆ギレして...」”. ハフィントンポスト日本. (2015年5月26日). http://www.huffingtonpost.jp/2015/05/25/kurihara-rui-developmental-disability_n_7439134.html 2016年7月12日閲覧。 
  118. ^ Michael Phelps’ Parents: 5 Fast Facts You Need to KnowHeavy, August 5, 2016







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「注意欠陥・多動性障害」の関連用語

注意欠陥・多動性障害のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オオバコ

深井

96式多目的誘導弾システム

イバラヒゲ

ED403

下影

313形

モノラル標準プラグ





注意欠陥・多動性障害のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの注意欠陥・多動性障害 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS