男性差別とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 男性差別の意味・解説 

男性差別

別名:だんしさべつ男子差別

女性に対して男性差別されている状態。女性優遇することにより、結果として男性への差別が生じている状態(逆差別)を指すことも多い。

2011年5月に、ある大学理数科女性割合圧倒的少ないことを背景として、試験募集半数以上を「女性」として募集することが発表されたが、それは男性差別であるという趣旨批判が相次ぎ、女性導入見直す必要に迫られている。

男性差別

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/14 09:35 UTC 版)

男性差別(だんせいさべつ)とは、男性に損害となる性差別のことである。対義語の一つで、女性への差別は女性差別という。類義語として、「男嫌い」を意味するミサンドリー英語: misandry)がある。




[ヘルプ]
  1. ^ 平成28年版 犯罪白書 刑法犯検挙人員(罪名別,男女別)
  2. ^ Just who are men's rights activists?(英文) BBC News 2012年5月2日
  3. ^ Warren Farrell "The Myth of Male Power", Berkley Publishing Group, 1994. ISBN 0425143813
  4. ^ 女子差別撤廃委員会第 29 回会期報告(A/58/38)関連部分内閣府
  5. ^ 映画館の「レディースデー」は男女差別なのか?
  6. ^ 選抜徴兵登録制度の公式ウェブサイト
  7. ^ 『少年への性的虐待—男性被害者の心的外傷と精神分析治療』(リチャード・B・ガートナー、1999年の書物の翻訳、2005年) 68・69ページ ISBN 4-86182-013-8
  8. ^ 8-Year-Old Charged For Sexual Conduct With Sitter” (英語). CBSニュース. Canadian Childrens Rights Council (2005年7月28日). 2012年8月26日閲覧。
  9. ^ MISSISSIPPI UNIVERSITY FOR WOMEN ET AL. v. HOGAN
  10. ^ 英語版の記事「en:Single-sex education」、「en:Mens colleges in the United States」を参照
  11. ^ Series13 Episode2。内容としては「17歳男性の為のクルマを司会者3人がそれぞれ選べ」というものだが、保険料がネックになっていた。「ペニスを切り落とせ」はそこで登場したセリフである。Zeisel, Hans 1985 Say it with figure Harper & Row:169ff.
  12. ^ 尹載善 『韓国の軍隊―徴兵制は社会に何をもたらしているか』 中公新書、2004年ISBN 978-4121017628
  13. ^ チュチュンヨン 『韓国徴兵、オレの912日』 講談社、2006年ISBN 978-4062810241
  14. ^ 『韓国の男子学生「大学には男性差別がある」46.3%』 2006年08月13日付配信 朝鮮日報
  15. ^ a b c 「韓国男性を差別する法律の中身とは?」
  16. ^ 中央日報 「女性専用車両、女性が反対?」
  17. ^ “大韓航空、男性差別是正勧告を拒否”. SBS. (2010年1月18日). http://news.sbs.co.kr/sports/section_sports/sports_read.jsp?news_id=N1000694716 
  18. ^ Singapore Criminal Procedure Code Sections 325 to 332
  19. ^ 読売新聞 女性専用車両が不評…3か月で存続危機、2006年9月4日。
  20. ^ AFP BBNews 女性専用車両は「性差別」、チェコ男性ら鉄道会社を刑事告訴、2012年02月23日。
  21. ^ 読売新聞』2007年10月30日朝刊
  22. ^ 普遍主義と積極的差別是正の狭間で〜フランスのクォーター制WEBRONZA, 朝日新聞, 2011年07月21日
  23. ^ まとめ-各国の特徴と日本への示唆東北大学大学院法学研究所教授 辻村みよ子, 内閣府男女共同参画局, 平成19年
  24. ^ 第一部・男女共同参画社会の形成の状況平成23年度男女共同参画白書, 内閣府男女共同参画局
  25. ^ 国連自由権規約委員会の最終見解2008年10月10日
  26. ^ 保健師助産師看護師法
  27. ^ 女性差別撤廃条約日本政府報告書第3回審議 社団法人自由人権協会
  28. ^ 年金の受給(遺族年金) 日本年金機構
  29. ^ この規定は、2012年8月に成立した税と社会保障の一体改革関連法により、2014年4月から見直されることが決まっている。
  30. ^ 遺族年金「男女差は違憲」 自殺教諭の夫が提訴へ 朝日新聞 2010年7月20日
  31. ^ 妻死亡時、夫60歳未満は不支給 「遺族年金 性差別は違憲」と提訴 読売新聞 2011年10月20日
  32. ^ 「女性のライフスタイルの変化等に対応した年金のあり方に関する検討会」報告書(厚生労働省
  33. ^ 夫に冷たい、遺族年金
  34. ^ 遺族年金、受給資格の男女差「違憲」 大阪地裁が初判断 日本経済新聞 2013年11月25日]
  35. ^ 寡婦年金を受けられるとき 日本年金機構
  36. ^ 寡夫年金Q&A
  37. ^ なぜ父子家庭を排除するのか しんぶん赤旗 2009年7月8日
  38. ^ 児童扶養手当法(昭和36年法律第238号)NPO法人全国父子家庭支援連絡会が児童扶養手当法改正に大きく貢献し父子家庭にも支給が実現
  39. ^ 後遺障害等級表
  40. ^ 加茂隆康法律事務所
  41. ^ 労災で顔にやけど「性別で差」は違憲…京都地裁 毎日新聞 2010年5月27日
  42. ^ 男女差「違憲」で控訴断念=顔やけど跡の障害認定-厚労省時事通信2010年6月10日
  43. ^ 記者の目:顔の傷労災補償男女差毎日新聞2010年8月27日、古屋敷尚子
  44. ^ 九州大学の「女性枠」入試 「男性差別」批判で取りやめ J-CASTニュース 2011年5月19日
  45. ^ 特に運動部
  46. ^ 福島瑞穂 『福島みずほの刑務所の話』 現代人文社、2003年10。なお、2005年に改正された法律により「受刑者に対する意に反する調髪は衛生上の必要性を除く調髪する事は無い」とされているものの、「衛生上の必要」という名目で、男子に対してのみ丸刈りが強制されている。
  47. ^ 学校教育法による新学制施行以来、国立大学では東京商船大学(現・東京海洋大学)と神戸商船大学(現・神戸大学)、私立大学では東洋食品工業短期大学が男子学生のみだったが、両商船大は1980年代初めに女子学生を受け入れ[1][2]、東洋食品工業短大は2008年度より共学化したことで、現在では男子大学は存在しない。
  48. ^ コース概要 人間文化創成科学研究科お茶の水女子大学大学院
  49. ^ 大学の沿革 お茶の水女子大学
  50. ^ a b 横浜国立大学経営学部助教授 青柳幸一(現・明治大学法科大学院教授) (1984), 国公立女子大学の憲法適合性-高等教育における差別-, 横浜経営研究, 第V巻, http://kamome.lib.ynu.ac.jp/dspace/bitstream/10131/521/1/KJ00000160455.pdf 
  51. ^ 南千住図書館に関しては、抗議により後に暮らしのコーナーに差し替えられている。
  52. ^ 「図書館にも女性専用席、ホームレスや痴漢対策で。「不公平」の声も」 産経新聞、2008年8月30日。
  53. ^ フジテレビで放送されていた2008年6月25日放送のMANNINGENにおいてもこの問題が取り上げられ、65%以上が反対だった。
  54. ^ 「男女雇用機会均等政策研究会」報告書参考(厚生労働省ホームページ)
  55. ^ 積極的差別是正措置に反対する男性の20.7%、女性の17.3% 「男女共同参画に関する世論調査」(総理府(現 内閣府))より
  56. ^ a b 恋愛、結婚、就職から人質救出まで 女に都合良く利用される「男らしさ」の受難SAPIO2009年5月号
  57. ^ 人口・就業に関する統計表平成19年就業構造基本調査
  58. ^ 朝日新聞2008年2月22日首都圏版「声」に、介護職の募集に応じた男性が施設から「女性のみ受け付けます」と拒否された体験談を寄せている。
  59. ^ a b "事務職は女性の仕事" 大阪の男性、就職での「男性差別」で派遣会社を提訴 毎日新聞 2006年5月14日
  60. ^ 一般職志望の若手男性社員、一緒に働きたい?ewoman 2010年05月10日
  61. ^ 『日本経済新聞』2007年10月26日東京版夕刊、17面。
  62. ^ [3]
  63. ^ 男性看護師の「少数者としての経験」を乗り越えるには看護&ケアマガジンVIVO, 徳洲会, 通巻31号, 平成24年1月発行
  64. ^ [4]
  65. ^ 改正男女雇用機会均等法に係るQ&A和歌山労働局
  66. ^ 『新・オトナの学校 仕事常識』 著者:安部健太郎・石川淳一ら 発行元:日本経済新聞社(2004年3月16日発行)
  67. ^ 「MarketingDataBank」の1327941 株式会社日本能率協会総合研究所
  68. ^ 雇用均等基本調査 厚生労働省
  69. ^ 育児における男女共同参画 下夷美幸, 大原社会問題研究所雑誌, 2004年6月
  70. ^ 私が子供を産めたわけ」『日経スペシャル ガイアの夜明け』2005年5月17日放送、テレビ東京。
  71. ^ 森本尚樹 (2009年4月25日). “男女共同参画、溝くっきり 県職員意識調査”. 神戸新聞. 2009年4月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年4月25日閲覧。
  72. ^ 2006年9月18日付配信 J-CASTニュース
  73. ^ asahi.com「Q.女性専用車両に賛成? 反対?」2005年5月11日
  74. ^ ANA 国際線に「女性専用化粧室」を設置します!”. 全日本空輸 (2010年2月23日). 2011年6月27日閲覧。
  75. ^ ANA to offer women-only lavatories on international routesJAPAN TODAY
  76. ^ NCFM Rejects All Nippon Airways Women Only BathroomsAviation Online Magazine
  77. ^ ANA、機内に女性専用化粧室導入開始-男性専用求める声もみんなの空港新聞 2010年03月12日
  78. ^ 機種・シートマップANA
  79. ^ 北杜の窓北海道観光研究所
  80. ^ 2006年8月12日付配信 朝日新聞
  81. ^ 男性差別を許さない市民の会HP
  82. ^ 2006年5月14日付毎日新聞。「性別を理由にした就職差別を巡る男性の訴訟はきわめて異例。国会でも男性への差別禁止を明記した男女雇用機会均等法の改正案が審議されており、訴訟は潜在する「男性差別」への警鐘になりそうだ」とコメントされている。
  83. ^ 男性保育士ショック 女児対応で保護者からクレーム」 AERA 2013年6月17日号
  84. ^ 治部れんげ「Working Woman キャリアセレブ塾 数字で見る男と女の働き方【第2回】語られざる男性差別 男性に“職業選択の自由”はあるのか」、日経ビジネスオンライン、2007年2月25日。(参照:2008年11月30日。)
  85. ^ a b 日本国憲法国立国会図書館
  86. ^ 雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律
  87. ^ 教育基本法
  88. ^ a b International Men's Day


「男性差別」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

男性差別に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「男性差別」の関連用語

男性差別のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

父尉

900系

ちくさ雁皮紙

ベニサンゴヤドカリ

アジア競馬会議

3000系 改造車

奥山雨山自然公園

白米の千枚田





男性差別のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの男性差別 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS