マイル マイルの概要

マイル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 01:10 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
マイル(国際マイルまたは測量マイル)
mile
各地点までの距離がマイルで示された標識
記号 mile(日本の計量法),mi, ml
度量衡 ヤード・ポンド法
長さ
SI 正確に 1609.344 m国際マイルの場合、(測量マイル = 約1609.347 218 694m)
由来 1000パッスス(パッススは2歩分)
語源 ラテン語 mille(「千」の意)
テンプレートを表示

今日では、マイルという単位は通常は、主に陸上の長さの計測に用いられる 1 国際マイル = 1760 ヤード (yard) = 正確に 1609.344 メートル (metre) を指す。日本の計量法における定義も同じである[1]米国には、国際マイルとわずかに異なる測量マイルが残っている(後述)。

これ以外に、主として海上()や空中(飛行機)で用いられる距離 (distance) の単位として、 海里 (nautical mile)がある。 1 海里は、正確に 1852 メートルである[2]

国際マイルと海里以外にも数種類のマイルがある。

現行のマイル

今日に残っているマイルには以下のものがある。

国際マイル (International mile)
単にマイルと言った場合は通常はこれを指す。1 国際マイルは 1760 国際ヤードと定められている。1959年7月に締結された国際協定により、1 国際ヤードは正確に 0.9144 メートルと定められたので、1 国際マイルは、正確に 1609.344 m である。米国(測量以外の分野)と英国ヤード・ポンド法の一部として使用されている。
測量マイル (U.S. survey mile)(米国測量マイル)
測量マイルは 5280 測量フィート、正確に 3937分の6336 キロメートルであり、約 1609.347 218 694 メートルである。国際マイルよりも約 3.219 ミリメートルだけ長い。1 国際マイルは、正確に 0.999 998 測量マイルである。1 測量マイルは 8 ハロン、80 チェーンに等しい。測量マイルは測量フィートとともに、米国の公有地測量システムで使用されているが、NGS英語版NISTでは2022年12月31日をもって使用を廃止(国際マイル・国際フィートに移行)する予定である[3][4][5]
法定マイル (Statute mile)
1593年に英国で法定されたためこう呼ばれる。1760 ヤードであるが、ヤードの定義の違いにより法定マイルの長さも異なる。米国で単に "statute mile" と言った場合は、国際マイルを指すことも、測量マイルを指すこともある。これに対して、"U.S. statute mile" は、測量マイルのみを指す[6]
国際海里 (International nautical mile)
正確に 1852 メートルと定義されている。航空航海において使用される。元々は地理マイルgeographical mile:約 1853 メートル)に由来するものである。

米国や英国の競馬での距離には、マイルを用いている。日本の競馬では、マイルチャンピオンシップのようにレース名に用いられたり、習慣的に 1600 メートルをマイルと呼ぶことはあるが、公式な競走距離の単位としては採用されていない。また、1 マイルの距離に適性のある競走馬は、マイラーと呼ばれている。

単位記号

日本における単位記号は、計量単位規則により、"mile" と定められている[7]

米国での文章表記の基準の一つである U.S. Government Publishing Office Style Manual[8] では、mi を用いると定めている[9]

英国では "ml" である[要出典]。かつては "m" も用いられたが、メートルと同じであるため、今日ではあまり用いられない。

歴史的表記

日本国内の鉄道は、明治期に英国や米国から導入したため、昭和初期までは距離をマイルで表し、また単位記号は現在とは異なり、大文字の "M"、もしくは漢字の"哩"(マイル)を用いていた[10][11]


  1. ^ 計量単位令(平成四年政令第三百五十七号)別表第7(第8条関係)長さ”. e-Gov法令検索 (基準日). 2019年12月30日閲覧。 “2017年4月1日時点での施行分”
  2. ^ 国際単位系 (SI) の文書(国際文書および日本語の訳本)では、長さ (length) と距離 (distance) とは区別されて使用されている。メートルなどは「長さ」の単位であるが、海里は「距離」の単位である。[要出典]
  3. ^ NGS and NIST to Retire U.S. Survey Foot after 2022”. National Geodetic Survey (2019年10月31日). 2020年7月8日閲覧。
  4. ^ U.S. Survey Foot: Revised Unit Conversion Factors”. NIST (2019年10月16日). 2020年7月8日閲覧。
  5. ^ Deprecation of the United States (U.S.) Survey Foot” (英語). 連邦官報 (85 FR 62698) (2020年10月5日). 2021年2月24日閲覧。
  6. ^ WEIGHTS and MEASURES STANDARDS of the UNITED STATES a brief history[リンク切れ]U.S. Department of Commerce, National Bureau of Standards, NBS Special Publication 447, p. 26
  7. ^ 計量単位規則(平成四年通商産業省令第八十号)別表第6(第2条関係)面積「平方マイル」”. e-Gov法令検索 (2016年10月1日). 2021年1月7日閲覧。
  8. ^ https://www.govinfo.gov/collection/gpo-style-manual?path=/GPO/U.S.%20Government%20Publishing%20Office%20Style%20Manual
  9. ^ U.S. Government Printing Office Style ManualAbbreviations and Letter Symbols、9.58、pp. 237, 250.
  10. ^ 門司港駅の0哩標”. 門司港レトロ案内. 2021年1月7日閲覧。
  11. ^ 補助単位は、明治初期の鉄道導入当初にはフィート(呎)も用いられ、例えば"5哩2340呎"などという表記もあったが、すぐにチェーンに統一された。表記はやはり大文字の "C" または漢字の"鎖"を用いた。また明治末になるとチェーンの使用を廃止し、例えば "12.34 M" のように 100 分の 1 マイルを小数で表記する方法に切り替わった。
  12. ^ Rowlett (2005), "Irish mile"[リンク切れ]
  13. ^ Rowlett (2005), "meile".


「マイル」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

マイルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マイルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマイル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS