戦争小説とは? わかりやすく解説

戦争文学

(戦争小説 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/11 07:47 UTC 版)

戦争文学(せんそうぶんがく)とは、戦争を扱った文学。特に近代以降の戦争を題材にするものについて呼ぶ。狭義に第二次世界大戦下の日本で戦争遂行の国策高揚の意図をもって書かれた文学を指すこともある。


  1. ^ 西川長夫『戦争の世紀を超えて』平凡社 2002年
  2. ^ 中川成美『戦争を読む 70冊の小説案内』岩波書店 2017年(「まえがき 文学は戦争とともに歩んだ」)
  3. ^ 加藤周一『抵抗の文学』岩波書店 1951年(「新しい人間観と戦後の文学」)
  4. ^ 『水車小屋攻撃 他七篇』岩波文庫 2015年(朝比奈弘治「訳者解説」)
  5. ^ a b 伊藤整「戦争の文学」(『伊藤整全集 15』新潮社 1974年)
  6. ^ 高橋健二「ヘッセの生涯と作品」(『知と愛』新潮文庫 1975年版)
  7. ^ a b 高橋健二『ヘルマン・ヘッセ - 危機の詩人』新潮社 1974年
  8. ^ 井上勇「訳者あとがき」(『オルヌカン城の謎』創元推理文庫 1973年)
  9. ^ 中尾真理『ホームズと推理小説の時代』筑摩書房 2018年
  10. ^ 秦豊吉「あとがき」(新潮社、1955年)
  11. ^ 『とどめの一撃』序文(岩崎力訳、岩波文庫、1995年)
  12. ^ 藤崎康『戦争の映画史』
  13. ^ 阿部知二『文學入門』河出書房 1951年
  14. ^ 『ダイヤモンド広場』岩波文庫 2019年(田澤耕「解説」)
  15. ^ 半藤一利「解説」(『呉淞クリーク/野戦病院』中公文庫 2000年)
  16. ^ もりたなるお『芸術と戦争』産経新聞出版14-19ページ
  17. ^ a b 村上兵衛「聖戦と戦時下の文学」(『日本文学の歴史 12 現代の旗手たち』)
  18. ^ 長山靖生「科学と戦争と海野十三」(『海野十三 戦争小説傑作集』中央公論社 2004年)
  19. ^ 加藤周一「途絶えざる歌」(『加藤周一セレクション1 科学の方法と文学の擁護』平凡社 1999年)
  20. ^ 加藤周一『抵抗の文学』
  21. ^ 奥野健男『坂口安吾』文藝春秋社 1996年
  22. ^ 川村湊成田龍一他『戦争文学を読む』朝日新聞出版 11ページ
  23. ^ 神立尚紀『祖父たちの零戦』講談社 314ページ
  24. ^ 川村湊成田龍一他『戦争文学を読む』朝日新聞出版 173ページ
  25. ^ 川村湊成田龍一他『戦争文学を読む』朝日新聞出版 83ページ
  26. ^ 「短篇集『恋人は悪魔、その他』序文」(太田良子訳『ボウエン幻想短篇集』国書刊行会 2012年)
  27. ^ 由良君美「あとがき」(『影の獄にて』思索社 1978年)
  28. ^ 池上日出夫「解説」(グエン・ゴック『不敗の村』新日本出版社 1975年)



戦争小説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 05:53 UTC 版)

山田風太郎」の記事における「戦争小説」の解説

戦艦陸奥 桃源社、1965 のち光文社文庫黒衣聖母講談倶楽部1951年2月号 - 復員兵が、出征中に空襲死んだ妻そっくりの娼婦出会う戦艦陸奥面白倶楽部1953年6月号 - 戦艦陸奥爆沈した事件の、真相について推論語られる。 魔島 - ガダルカナル島戦闘生き残った日本兵七名の悲劇裸の島 - 南太平洋小さな島漂着した日本兵十名の運命。 女の島 「講談倶楽部1953年6月号 - 兵士三人看護婦七人、そして五人従軍慰安婦孤島にたどり着いたとき、主従関係逆転が始まる。 潜艦呂号99浮上せず - 五ヶ月後に死ぬと予言され海軍中尉が、潜艦呂号99乗り込む狂風図 - 終戦直前日本戦争負けか否か自分達はどうすべきか激論疎開医学生たち。 腐爛神話 - 昔のニュース映画を観ているような感じ異色作。 最後の晩餐 - 特高警察による、スパイ疑惑の『の家』と呼ばれる家を張り込み起きた事件

※この「戦争小説」の解説は、「山田風太郎」の解説の一部です。
「戦争小説」を含む「山田風太郎」の記事については、「山田風太郎」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「戦争小説」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「戦争小説」の例文・使い方・用例・文例

  • 戦争小説.
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「戦争小説」の関連用語

戦争小説のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



戦争小説のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの戦争文学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの山田風太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS