南アメリカ 経済

南アメリカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/28 10:16 UTC 版)

経済

この地域を統括する経済組織としては、1948年国際連合の下部組織として設置された国連ラテンアメリカ経済委員会(1984年に国連ラテンアメリカ・カリブ経済委員会に改称)[14]1961年に発足したラテンアメリカ自由貿易連合(LAFTA、のちに1981年ラテンアメリカ統合連合に改組)[15]などがあったが、いずれも中米との統一組織の上、加盟各国の足並みの乱れなどでそれほどの効果が上がっていなかった。そのため、近接する国家同士による経済機構結成の機運が生まれ、1969年にボリビア,コロンビア,エクアドル,ペルー、ベネズエラ、チリのアンデス6か国によってアンデス共同体が結成され[16]、次いで1991年にはアルゼンチン,ブラジル,パラグアイ,ウルグアイの南アメリカ南部4か国によってメルコスールが結成された[17]。この2つの共同体は加盟国間の出入国管理の簡素化や域内関税の撤廃などで一定の成果を上げた。そしてこれらの成果を基に、南米全体を統括する2004年に南米共同体が結成された(のち、2007年には南米諸国連合(UNASUR)に改組)[18]。南米諸国連合はメルコスールアンデス共同体の二つの関税同盟を統合して、大陸一体の自由貿易圏を計画している。

南米諸国の所得格差は、他の大陸を含めても最も大きいと考えられている。ベネズエラ、パラグアイ、ボリビア、及び他の南米諸国は上位20%の富裕層が60%の国富を有し、下位20%の最貧層は5%に満たない。この大きな較差は南アメリカの諸都市で摩天楼と上流階級の豪華なアパートに隣接する貧困層のスラムという形で目にすることができる。南アメリカの富は南部諸国のほうがより多く、チリ、アルゼンチン、ウルグアイの3国はコーノ・スールと呼ばれる先進地域を形成している。ブラジルもまた、南部と南東部は開発が進んだ豊かな地域であり、コーノ・スールから連続する先進地域の一角をなしている。一方で、チリを除くアンデス諸国やブラジルの北東部は相対的に貧しい地域となっている。

2011年のGDP[19] 2011年のGDP(購買力平価)[19] 2011年のひとりあたりGDP(購買力平価)[19] 輸出額
($bn), 2011[20]
HDI(2011年)[21] 一日あたり2ドル(購買力平価)以下で暮らす人々の割合[22]
 アルゼンチン 447,644 716,419 17,516 83.7 0.797 2.6
 ボリビア 24,604 50,904 4,789 9.1 0.663 24.9
 ブラジル 2,492,908 2,294,243 11,769 250.8 0.718 10.8
 チリ 248,411 299,632 17,222 86.1 0.805 2.7
 コロンビア 328,422 471,964 10,249 56.5 0.710 15.8
 エクアドル 66,381 127,426 8,492 22.3 0.720 10.6
 フォークランド諸島[23] (イギリス) 165 165 55,400 0.1
 フランス領ギアナ[24] (フランス) 4,456 4,456 19,728 1.3
 ガイアナ 2,480 5,783 7,465 0.9 0.633 18.0
 パラグアイ 21,236 35,346 5,413 9.8 0.665 13.2
 ペルー 173,502 301,967 10,062 46.3 0.725 12.7
 スリナム 3,790 5,060 9,475 1.6 0.680 27.2
 ウルグアイ 46,872 50,908 15,113 8.0 0.783 2.2
 ベネズエラ 315,841 374,111 12,568 92.6 0.735 12.9
総計 4,176,712 4,738,384 11,962 669.1 0.729 11.3

2010年の南アメリカ経済10大都市

順位 都市 GDP(GKドル)(10億ドル)[25] 人口 (mil)[26] 一人当たりGDP
1 サンパウロ ブラジル $388 20,186,000 $19,221
2 ブエノスアイレス アルゼンチン $362 13,639,000 $26,542
3 リオデジャネイロ ブラジル $201 12,043,000 $16,690
4 サンティアゴ  チリ $120 6,015,000 $19,950
5 ブラジリア ブラジル $110 2,362,000 $46,571
6 リマ ペルー $109 9,121,000 $11,950
7 ボゴタ  コロンビア $100 8,702,000 $11,492
8 カラカス ベネズエラ $99 5,965,000 $15,646
9 ベロオリゾンテ ブラジル $61 5,523,000 $11,045
10 メデリン  コロンビア $50 3,686,000 $13,565

注釈

  1. ^ 含まれることもある。北米と南米の境界線の定義によっては、パナマは大陸横断型の国に分類される。
  2. ^ Occasionally included. Physiographically a part of South America, but geopolitically a part of North America.

出典

  1. ^ "World Population prospects – Population division"”. population.un.org. 国際連合経済社会局人口部. 2019年11月9日閲覧。
  2. ^ "Overall total population" – World Population Prospects: The 2019 Revision (xslx)”. population.un.org. 国際連合経済社会局人口部. 2019年11月9日閲覧。
  3. ^ GDP PPP, current prices”. International Monetary Fund (2021年). 2021年1月16日閲覧。
  4. ^ GDP Nominal, current prices”. International Monetary Fund (2021年). 2021年1月16日閲覧。
  5. ^ Nominal GDP per capita”. International Monetary Fund (2021年). 2021年1月16日閲覧。
  6. ^ Population of South America (2016) - Worldometers
  7. ^ a b Land areas and population estimates are taken from The 2008 World Factbook which currently uses July 2007 data, unless otherwise noted.
  8. ^ 憲法上の首都はスクレであるが、実際の首都機能はラパスにある。;
  9. ^ 太平洋に浮かぶイースター島を含む。なお、イースター島は地域区分的にはオセアニアに属する。また、行政首都はサンティアゴであるが、国会はバルパライソにおかれている。
  10. ^ アルゼンチンと係争中
  11. ^ Falkland Islands: July 2008 population estimate”. Cia.gov. 2012年5月21日閲覧。
  12. ^ (January 2009) INSEE, Government of France. “Population des régions au 1er janvier” (フランス語). 2009年1月20日閲覧。
  13. ^ アーカイブされたコピー”. 2014年1月28日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年1月28日閲覧。
  14. ^ http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/latinamerica/keizai/andes/andina_gaiyo.html 「国連ラテンアメリカ・カリブ経済委員会」 外務省 2012年4月 2015年2月4日閲覧
  15. ^ http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/latinamerica/kikan/aladi_gaiyo.html 「ラテンアメリカ統合連合」 外務省 平成24年10月 2015年2月4日閲覧
  16. ^ 外務省: アンデス共同体(Andean Community/Comunidad Andina)概要 平成24年8月 2015年2月4日閲覧
  17. ^ http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/latinamerica/keizai/mercosur/gaiyo.html 「南米南部共同市場(メルコスール)概要」 外務省 平成25年10月15日 2015年2月4日閲覧
  18. ^ https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/latinamerica/kikan/unasur/gaiyo.html 「アンデス共同体 概要」 外務省 平成24年8月 2015年2月4日閲覧
  19. ^ a b c World Economic Outlook Database”. IMF (2012年4月). 2012年5月24日閲覧。
  20. ^ Country Comparison:Exports”. The World Factbook. CIA (2011年). 2015年2月4日閲覧。
  21. ^ Human Development Report 2011. Human development indices. p.23”. The United Nations. 2011年5月24日閲覧。
  22. ^ Poverty headcount ratio at $2 a day (PPP) (% of population)”. The World Bank. 2015年2月4日閲覧。
  23. ^ Falkland Islands”. The World Factbook. CIA (2011年). 2015年2月4日閲覧。
  24. ^ Guyane”. IEDOM (2009年). 2015年2月4日閲覧。
  25. ^ Global city GDP rankings 2008–2025”. Pricewaterhouse Coopers. 2013年5月31日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年7月31日閲覧。
  26. ^ Demographia World Urban Areas p.22”. Demographia (2012年4月). 2015年2月4日閲覧。
  27. ^ ベネズエラ、コロンビア、エクアドル、ペルー、ボリビア、チリ、パラグアイ、アルゼンチン、ウルグァイ





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「南アメリカ」に関係したコラム

  • CFDで取り扱う株式の一覧

    CFDで取り扱う株式には、日経平均株価(日経225)採用銘柄をはじめ、アメリカ合衆国、欧州圏、中国などの証券市場に上場している銘柄があります。CFDで取り扱われている株式はCFD業者によりさまざまで、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

南アメリカのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



南アメリカのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの南アメリカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS