ポピュリストとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ポピュリストの意味・解説 

ポピュリスト【populist】


ポピュリズム

(ポピュリスト から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/21 15:22 UTC 版)

ポピュリズム: populism)とは、一般大衆の利益や権利を守り、大衆の支持のもとに、既存のエリート主義である体制側や知識人などに批判的な政治思想、または政治姿勢のことである[1][2][3][4]。日本語では大衆主義(たいしゅうしゅぎ)や人民主義(じんみんしゅぎ)[5]平民主義などのほか、否定的な意味を込めて衆愚政治大衆迎合主義(たいしゅうげいごうしゅぎ)[6][7]などとも訳されている。




  1. ^ populism (The Free Dictionary)”. The American Heritage. 2012年7月18日閲覧。
  2. ^ populism – Cambridge Dictionary Oline
  3. ^ populist - Oxford Dictionary online
  4. ^ a b 今村仁司、三島憲一、川崎修「岩波社会思想事典」 岩波書店、2008年、p298-299
  5. ^ 蒲島郁夫竹中佳彦「現代日本人のイデオロギー」p402、東京大学出版会
  6. ^ 小学館「デジタル大辞泉」
  7. ^ 三省堂「大辞林 第三版」
  8. ^ Populist Mobilization: A New Theoretical Approach to Populism, Robert S. Jansen, Sociological Theory, Volume 29, Issue 2, pages 75–96, June 2011
  9. ^ Ideology, Public Opinion, and Media - Glossary - American Politics
  10. ^ Julius Caesar (William Shakespeare, Marvin Spevack) 2004, p70
  11. ^ Larousse, Le Petit Robert, des noms propres, 1997, <populisme> の項
  12. ^ Ferkiss, Victor C. 1957. "Populist Influences on American Fascism." Western Political Quarterly 10(2):350–73.
  13. ^ Dobratz and Shanks–Meile 1988
  14. ^ Berlet and Lyons, 2000
  15. ^ Fritzsche, Peter. 1990. Rehearsals for Fascism: Populism and Political Mobilization in Weimar Germany. New York: Oxford University Press. ISBN 0-19-505780-5: 149–150.
  16. ^ Latin America - The return of populism - The Economist
  17. ^ 直明, 岡部. “日経ビジネス電子版” (日本語). 日経ビジネス電子版. 2020年11月14日閲覧。
  18. ^ トランプはかくも「アメリカの民主主義」を毀損した 超大国が走ったポピュリズムのツケを背負わされる米国民と世界 | JBpress(Japan Business Press)” (日本語). JBpress(日本ビジネスプレス). 2020年11月14日閲覧。
  19. ^ 反エリート、本能的…「トランプ政治」源流は2世紀前に:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年11月14日閲覧。
  20. ^ トランプが劣勢の「フロリダ」で大逆転した真因 | アメリカ大統領選2020” (日本語). 東洋経済オンライン (2020年11月7日). 2020年11月14日閲覧。
  21. ^ 【米大統領選の病巣】トランプ「反知性主義」が支持される理由 講談社 今日のおすすめ”. 講談社 今日のおすすめ. 2020年11月14日閲覧。
  22. ^ トランプ大統領はなぜいまも、白人労働者階級に支持されるのか | HBR.org翻訳リーダーシップ記事” (日本語). トランプの米大統領就任から1年が経ち、支持率は低迷している。しかし、白人労働者階級のトランプに対する忠誠心は、いまだ堅調だ。その要因を、トランプの選挙演説におけるレトリックから読み解く。. 2020年11月14日閲覧。
  23. ^ The Irish Times. O'Halloran, Marie. http://www.irishtimes.com/news/ff-education-bill-a-populist-stunt-says-government-1.963336 January 21, 2013
  24. ^ Twenty-First Century Populism”. Palgrave MacMillan. p. 3. 2018年3月18日閲覧。
  25. ^ 「ポピュリズム」を「大衆迎合」や「衆愚政治」などの意味で使用した書籍の例には以下がある。「日本型ポピュリズム:政治への期待と幻滅」(大嶽秀夫、中央公論新社、2003年)。「ポピュリズム批判:直近15年全コラム」(渡邊恒雄、博文館新社、1999年)書籍の帯は「大衆迎合は国を滅ぼす。新世紀を斬る。」博文館新社の経済・社会。「自治体ポピュリズムを問う:大阪維新改革・河村流減税の投げかけるもの」(榊原秀訓、自治体研究社、2012年)
  26. ^ 橋下・大阪市長らの政治手法を批判する際に使われる「ポピュリズム」って何? - 読売新聞
  27. ^ 吉田徹『ポピュリズムを考える』NHKブックス、2011年
  28. ^ Christie, Stuart, Albert Meltzer. The Floodgates of Anarchy. London: Kahn & Averill, 1970. ISBN 978-0900707032


「ポピュリズム」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ポピュリスト」の関連用語

ポピュリストのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ポピュリストのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポピュリズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS