FIleとは?

ファイル [1]file

スル
書類挟(ばさ)み。紙挟みホルダー
書類新聞などを綴じ込んで保存すること。また、綴じ込んだもの。 会議録を-する

ファイル

【英】file

データというものはファイル形式保存される。情報のみを持つデータ・ファイルユーザ制御のもとで、パソコンあらゆるタスクに対応できるようにするための指示を含むものがプログラム・ファイル。

ファイル容量 file

あるファイルコンピュータメモリ占領する容量のこと。インターネット広告では、バナー広告のファイル容量が、媒体社によって制限されていることが多い。ファイル容量が大き広告は、ダウンロード時間がかかり、アクセスしているユーザ負担をかけるため、その最大量を制限している。

ファイル [file]


ファイル

【英】file

ファイルとは、情報システムにおいて、外部記憶装置を使って情報をひとつのかたまりとして扱うための単位のことである。

情報システムにおいては情報ビット集まりであり、生のまま扱うと、保存する装置特性大きく依存してしまう。例えば、磁気テープの上記憶するデータは、テープ先頭から順に並ぶストリームとなる。他方ディスク型の記憶装置では、シリンダセクタという単位ビット整列している。あるいは、半導体メモリでは、0番地から始まる番地指定される場所にビット格納される。ファイルは、このような状態のデータを、アプリケーションから見て、より統一的扱いやすくするために、さながら書類束ねる事務用ファイルのように、一定の形式をもつ入れ物として機能している。

ファイルが共通の管理形式提供することによって、物理的格納形式どのようなものであれ、個々装置物理的特性依存せず、共通の操作を行うことができる。ファイルは一つ単位となり、編集削除コピー読み込み書き込みなどの操作対象となる。ワープロソフトが扱う文書データのような、アプリケーションによって扱われるデータも、ファイルとして扱われている。ファイルは対応するアプリケーションによってファイル形式異な場合もある。

ファイルは、オペレーティングシステムOS)のファイルシステムの上で扱われる。ファイルシステム特性により、ファイルの扱い方は異なる。Windows系OSUnix系OSでは、拡張子用いて、ファイルの種類を示すことができる。Macintoshでは、以前拡張子概念はなかったが、Mac OS X以降拡張子使えるようになっているWindowsにおいては拡張子種類を、特定のアプリケーション関連づけることができる。また、ファイルには読み込み可能、書き込み可能、実行可能などといったファイル属性付与することができる。

OSは、ファイルシステム上のディレクトリ構造とファイルを単位としてデータアクセスし、処理を行う。ディレクトリ構造によって階層的な分類が可能となる。ファイルはこの階層的なディレクトリ構造中に配置される。ファイルシステムは、WindowsではFATNTFSが、Linuxではext3MacではHFSなどが主に採用されている。

ファイルとフォルダのほかの用語一覧
ファイルの種類:  EXEファイル  バイナリファイル  ページファイル  ファイル  INFファイル  INIファイル  隠しファイル

file

(PHP 4, PHP 5)
file — ファイル全体を読み込んで配列に格納する

説明

array file ( string filename [, int use_include_path [, resource context]] )
file_get_contents()と同じですが、file() はファイルを配列に入れて返すところが異なります。 配列の各要素はファイルの各行に対応します。改行記号はついたままと なります。失敗するとfile()FALSEを返します。
オプションのuse_include_path引数を使用して、 これに"1"を設定することにより、 include_path のファイルの検索も行うこともできます。
<?php
// ファイルの内容を配列に取り込みます。
// この例ではHTTPを通してURL上のHTMLソースを取得します。
$lines = file('http://www.example.com/');

// 配列をループしてHTMLをHTMLソースとして表示し、行番号もつけます。
foreach ($lines as $line_num => $line) {
   echo "Line #<b>{$line_num}</b> : " . htmlspecialchars($line) . "<br />\n";
}

// 他の例として、Webページを文字列に取り込みます。file_get_contents()も参照してください。
$html = implode('', file('http://www.example.com/'));
?>

ティップ

fopen wrappers が有効の場合、この関数のファイル名として URL を使用することができます。ファイル名の指定方法に関する詳細は fopen()、サポートされる URL プロトコルの種類 については、(例えば)付録 M. サポートされるプロトコル/ラッパー を参照してください。
注意: 配列に取り込まれた各行は行末文字も含みます。 行末文字を取り除きたい場合にはrtrim()を使用する必要があります。
注意: マッキントッシュコンピュータ上で作成されたファイルを読み込む際に、 PHP が行末を認識できないという問題が発生した場合、 実行時の設定オプションauto_detect_line_endings を有効にする必要が生じるかもしれません。
注意: PHP4.3.0以降ではファイルの内容を文字列に取り込むために file_get_contents()を使うことができます。
PHP4.3.0でfile()はバイナリセーフになりました。
注意: コンテキストのサポートは、 PHP 5.0.0 で追加されました。contexts の説明に関しては、 ストリーム を参照してください。

警告
IIS のような、いくつかの標準に 対応してない Web サーバは、PHP に警告を発生させるような手順でデータを送信します。 このようなサーバを使用する場合は、 error_reporting を警告を発生しないレベルまで小さくする必要があります。 PHP 4.3.7 以降では、https:// ラッパーでストリームをオープンする際に バグがある IIS サーバソフトウエアを検出することができ、この警告を抑制することができます。 あなたが ssl:// ソケットを作性するために fsockopen() を使用している場合、 自らこの警告を検出し、抑制する必要があります。

readfile(), fopen(), fsockopen(), popen(), file_get_contents(), include(), stream_context_create() も参照してください。

File クラス

ファイル作成コピー削除移動オープンのための静的メソッドを提供し、FileStream オブジェクト作成支援します。

名前空間: System.IO
アセンブリ: mscorlib (mscorlib.dll 内)
構文構文

解説解説

File クラスは、ファイルコピー移動、名前変更作成オープン削除内容追加などの一般的な操作使用します。File クラスは、ファイル作成ファイルへのアクセス、およびファイルへの書き込み関連した DateTime 情報、およびファイル属性取得設定にも使用できます

Fileメソッド多くは、ファイル作成またはオープンしたときにそれぞれに異なI/O 型を返します。これらの型は、以降ファイル操作使用できます詳細については、OpenText、CreateText、Create などの具体的な File メンバトピック参照してください

Fileメソッドはすべて静的であるため、1 つ操作実行するだけであればFileメソッド使用する方が、対応する FileInfoインスタンス メソッド使用するよりも効率的場合ありますFile メソッドはすべて、操作するファイルパスを必要とします。

File クラス静的メソッドは、すべてのメソッドセキュリティ チェック実行します。オブジェクト何回再利用する場合は、このようなセキュリティ チェックが必ずしも必要ではなくなるため、これらの静的メソッド代わりに FileInfo の対応するインスタンス メソッド使用することを検討してください

既定では、すべてのユーザーに、新しファイル対する完全な読み書きアクセス権与えられます。

さまざまな File メソッド動作カスタマイズするために使用する列挙体を次の表に示します。

メモメモ

入力文字列としてパス受け入れメンバでは、そのパス正し書式である必要があります。それ以外の場合は、例外発生します。たとえば、パス絶対パスであっても空白で始まってい場合、そのパスクラスメソッドではトリムされません。このためパス正し書式にならず、例外発生します。同様に1 つパスまたは複数パス組み合わせ絶対パスとして 2 度指定することはできません。たとえば、"c:\temp c:\windows" でも、ほとんどの場合において例外発生します。パス文字列受け入れメソッド使用するときは、パス適切な書式であることを確認します。

パス受け入れメンバでは、ファイルまたはディレクトリ参照するパス指定できます指定するパスは、相対パス、またはサーバーおよび共有名を示す UNC (Universal Naming Convention) パスにすることができます。たとえば、次に示すパスはすべて有効なパスです。

  • C# では "c:\\MyDir\\MyFile.txt"、Visual Basic では "c:\MyDir\MyFile.txt"。

  • C# では "c:\\MyDir"、Visual Basic では "c:\MyDir"。

  • C# では "MyDir\\MySubdir"、Visual Basic では "MyDir\MySubDir"。

  • C# では "\\\\MyServer\\MyShare"、Visual Basic では "\\MyServer\MyShare"。

このクラス使用例については、「使用例」を参照してください。その他の一般的な I/O タスクまたは関連する I/O タスクの例を次の表に示します。

使用例使用

File クラス主要なメンバの例を次に示します。

Imports System
Imports System.IO

Public Class Test
    Public Shared Sub Main()
        Dim path As String
 = "c:\temp\MyTest.txt"
        If File.Exists(path) = False Then
            ' Create a file to write to.
            Dim sw As StreamWriter = File.CreateText(path)
            sw.WriteLine("Hello")
            sw.WriteLine("And")
            sw.WriteLine("Welcome")
            sw.Flush()
            sw.Close()
        End If

        Try
            ' Open the file to read from.
            Dim sr As StreamReader = File.OpenText(path)
            Do While sr.Peek() >= 0
                Console.WriteLine(sr.ReadLine())
            Loop
            sr.Close()
            Dim path2 As String
 = path + "temp"

            ' Ensure that the target does not exist.
            File.Delete(path2)

            ' Copy the file.
            File.Copy(path, path2)
            Console.WriteLine("{0} was copied to {1}.",
 path, path2)

            ' Delete the newly created file.
            File.Delete(path2)
            Console.WriteLine("{0} was successfully deleted.",
 path2)

        Catch e As Exception
            Console.WriteLine("The process failed: {0}",
 e.ToString())
        End Try
    End Sub
End Class
using System;
using System.IO;

class Test 
{
    public static void Main()
 
    {
        string path = @"c:\temp\MyTest.txt";
        if (!File.Exists(path)) 
        {
            // Create a file to write to.
            using (StreamWriter sw = File.CreateText(path)) 
            {
                sw.WriteLine("Hello");
                sw.WriteLine("And");
                sw.WriteLine("Welcome");
            }    
        }

        // Open the file to read from.
        using (StreamReader sr = File.OpenText(path)) 
        {
            string s = "";
            while ((s = sr.ReadLine()) != null)
 
            {
                Console.WriteLine(s);
            }
        }

        try 
        {
            string path2 = path + "temp";
            // Ensure that the target does not exist.
            File.Delete(path2);

            // Copy the file.
            File.Copy(path, path2);
            Console.WriteLine("{0} was copied to {1}.", path, path2);

            // Delete the newly created file.
            File.Delete(path2);
            Console.WriteLine("{0} was successfully deleted.", path2);
        } 
        catch (Exception e) 
        {
            Console.WriteLine("The process failed: {0}", e.ToString());
        }
    }
}
using namespace System;
using namespace System::IO;
int main()
{
   String^ path = "c:\\temp\\MyTest.txt";
   if (  !File::Exists( path ) )
   {
      
      // Create a file to write to.
      StreamWriter^ sw = File::CreateText( path );
      try
      {
         sw->WriteLine( "Hello" );
         sw->WriteLine( "And" );
         sw->WriteLine( "Welcome" );
      }
      finally
      {
         if ( sw )
                  delete (IDisposable^)(sw);
      }
   }

   // Open the file to read from.
   StreamReader^ sr = File::OpenText( path );
   try
   {
      String^ s = "";
      while ( s = sr->ReadLine() )
      {
         Console::WriteLine( s );
      }
   }
   finally
   {
      if ( sr )
            delete (IDisposable^)(sr);
   }

   try
   {
      String^ path2 = String::Concat( path, "temp" );
      
      // Ensure that the target does not exist.
      File::Delete( path2 );
      
      // Copy the file.
      File::Copy( path, path2 );
      Console::WriteLine( "{0} was copied to {1}.", path, path2 );
      
      // Delete the newly created file.
      File::Delete( path2 );
      Console::WriteLine( "{0} was successfully deleted.", path2 );
   }
   catch ( Exception^ e ) 
   {
      Console::WriteLine( "The process failed: {0}", e );
   }
}
import System.*;
import System.IO.*;

class Test
{
    public static void main(String[]
 args)
    {
        String path = "c:\\temp\\MyTest.txt";

        if (!(File.Exists(path))) {
            // Create a file to write to.
            StreamWriter sw = File.CreateText(path);

            try {
                sw.WriteLine("Hello");
                sw.WriteLine("And");
                sw.WriteLine("Welcome");
            }
            finally {
                sw.Dispose();
            }
        }

        // Open the file to read from.
        StreamReader sr = File.OpenText(path);

        try {
            String s = "";

            while ((s = sr.ReadLine()) != null)
 {
                Console.WriteLine(s);
            }
        }
        finally {
            sr.Dispose();
        }
        try {
            String path2 = path + "temp";

            // Ensure that the target does not exist.
            File.Delete(path2);

            // Copy the file.
            File.Copy(path, path2);
            Console.WriteLine("{0} was copied to {1}.", path, path2);

            // Delete the newly created file.
            File.Delete(path2);
            Console.WriteLine("{0} was successfully deleted.", path2);
        }
        catch (System.Exception e) {
            Console.WriteLine("The process failed: {0}", e.ToString());
        }
    } //main
} //Test
継承階層継承階層
System.Object
  System.IO.File
スレッド セーフスレッド セーフ
この型の public static (Visual Basic では Shared) メンバはすべて、スレッド セーフです。インスタンス メンバ場合は、スレッド セーフであるとは限りません。
プラットフォームプラットフォーム
バージョン情報バージョン情報
参照参照

File メソッド


パブリック メソッドパブリック メソッド

  名前 説明
パブリック メソッド AppendAllText オーバーロードされます。 指定した文字列ファイル追加します。ファイルがまだ存在しない場合は、ファイル作成します。
パブリック メソッド AppendText 既存ファイルUTF-8 エンコードされたテキスト付け加えStreamWriter作成します。
パブリック メソッド Copy オーバーロードされます。 既存ファイル新しファイルコピーします。
パブリック メソッド Create オーバーロードされます。 指定したパスファイル作成します。
パブリック メソッド CreateText UTF-8 エンコードされたテキスト書き込み用にファイル作成または開きます。
パブリック メソッド Decrypt Encrypt メソッド使用して現在のアカウントによって暗号化されたファイル復号化します。
パブリック メソッド Delete 指定したファイル削除します。指定したファイル存在しない場合例外スローされません。
パブリック メソッド Encrypt ファイル暗号化し、そのファイル暗号化使用したアカウントだけが復号化できるようにします。
パブリック メソッド Equals  オーバーロードされます。 2 つの Object インスタンス等しかどうか判断します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド Exists 指定したファイル存在するかどうか確認します。
パブリック メソッド GetAccessControl オーバーロードされます。 指定したファイルアクセス制御リスト (ACL) のエントリカプセル化する FileSecurity オブジェクト取得します。
パブリック メソッド GetAttributes パス上のファイルFileAttributes取得します。
パブリック メソッド GetCreationTime 指定したファイルまたはディレクトリ作成日時を返します。
パブリック メソッド GetCreationTimeUtc 指定したファイルまたはディレクトリ作成日時を世界協定時刻 (UTC) で返します。
パブリック メソッド GetHashCode  特定の型のハッシュ関数として機能します。GetHashCode は、ハッシュ アルゴリズムや、ハッシュ テーブルのようなデータ構造での使用に適しています。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド GetLastAccessTime 指定したファイルまたはディレクトリ最後にアクセスした日付時刻返します。
パブリック メソッド GetLastAccessTimeUtc 指定したファイルまたはディレクトリ最後にアクセスした日付時刻世界協定時刻 (UTC) で返します。
パブリック メソッド GetLastWriteTime 指定したファイルまたはディレクトリ最後に書き込んだ日付時刻返します。
パブリック メソッド GetLastWriteTimeUtc 指定したファイルまたはディレクトリ最後に書き込んだ日付時刻世界協定時刻 (UTC) で返します。
パブリック メソッド GetType  現在のインスタンスType取得します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド Move 指定したファイル新しい場所に移動します。オプション新しファイル名指定することもできます
パブリック メソッド Open オーバーロードされます。 指定したパスFileStream開きます。
パブリック メソッド OpenRead 読み取り用の既存ファイル開きます。
パブリック メソッド OpenText 読み取り用の既存UTF-8 エンコードされたテキスト ファイル開きます。
パブリック メソッド OpenWrite 書き込み用の既存ファイル開きます。
パブリック メソッド ReadAllBytes バイナリ ファイル開きファイル内容バイト配列読み取った後、ファイルを閉じます。
パブリック メソッド ReadAllLines オーバーロードされます。 テキスト ファイル開きファイルすべての行を文字列配列読み取った後、ファイルを閉じます。
パブリック メソッド ReadAllText オーバーロードされます。 テキスト ファイル開きファイルすべての行を文字列読み取った後、ファイルを閉じます。
パブリック メソッド ReferenceEquals  指定した複数Object インスタンス同一かどうか判断します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド Replace オーバーロードされます。 指定したファイル内容別のファイル内容置き換えます。置き換えによって元のファイル削除され、置き換えられたファイルバックアップ作成されます。
パブリック メソッド SetAccessControl FileSecurity オブジェクトによって表されるアクセス制御リスト (ACL: Access Control List) のエントリを、指定したファイル適用します。
パブリック メソッド SetAttributes 指定したパスファイル指定された FileAttributes設定します。
パブリック メソッド SetCreationTime ファイル作成された日付時刻設定します。
パブリック メソッド SetCreationTimeUtc ファイル作成された日付時刻世界協定時刻 (UTC) で設定します。
パブリック メソッド SetLastAccessTime 指定したファイル最後にアクセスした日付時刻設定します。
パブリック メソッド SetLastAccessTimeUtc 指定したファイル最後にアクセスした日付時刻世界協定時刻 (UTC) で設定します。
パブリック メソッド SetLastWriteTime 指定したファイル最後に書き込んだ日付時刻設定します。
パブリック メソッド SetLastWriteTimeUtc 指定したファイル最後に書き込んだ日付時刻世界協定時刻 (UTC) で設定します。
パブリック メソッド ToString  現在の Object を表す String返します。 ( Object から継承されます。)
パブリック メソッド WriteAllBytes 新しファイル作成し、指定たバイト配列をそのファイル書き込んだ後、ファイルを閉じます。既存ターゲット ファイル上書きされます。
パブリック メソッド WriteAllLines オーバーロードされます。 新しファイル作成し、指定した文字列をそのファイル書き込んだ後、ファイルを閉じます。既存ターゲット ファイル上書きされます。
パブリック メソッド WriteAllText オーバーロードされます。 新しファイル作成し、内容をそのファイル書き込んだ後、ファイルを閉じます。既存ターゲット ファイル上書きされます。
参照参照

File メンバ

ファイル作成コピー削除移動オープンのための静的メソッドを提供し、FileStream オブジェクト作成支援します。

File データ型公開されるメンバを以下の表に示します。


パブリック メソッドパブリック メソッド
  名前 説明
パブリック メソッド AppendAllText オーバーロードされます。 指定した文字列ファイル追加します。ファイルがまだ存在しない場合は、ファイル作成します。
パブリック メソッド AppendText 既存ファイルUTF-8 エンコードされたテキスト付け加えStreamWriter作成します。
パブリック メソッド Copy オーバーロードされます。 既存ファイル新しファイルコピーします。
パブリック メソッド Create オーバーロードされます。 指定したパスファイル作成します。
パブリック メソッド CreateText UTF-8 エンコードされたテキスト書き込み用にファイル作成または開きます。
パブリック メソッド Decrypt Encrypt メソッド使用して現在のアカウントによって暗号化されたファイル復号化します。
パブリック メソッド Delete 指定したファイル削除します。指定したファイル存在しない場合例外スローされません。
パブリック メソッド Encrypt ファイル暗号化し、そのファイル暗号化使用したアカウントだけが復号化できるようにします。
パブリック メソッド Equals  オーバーロードされます。 2 つの Object インスタンス等しかどうか判断します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド Exists 指定したファイル存在するかどうか確認します。
パブリック メソッド GetAccessControl オーバーロードされます。 指定したファイルアクセス制御リスト (ACL) のエントリカプセル化する FileSecurity オブジェクト取得します。
パブリック メソッド GetAttributes パス上のファイルFileAttributes取得します。
パブリック メソッド GetCreationTime 指定したファイルまたはディレクトリ作成日時を返します。
パブリック メソッド GetCreationTimeUtc 指定したファイルまたはディレクトリ作成日時を世界協定時刻 (UTC) で返します。
パブリック メソッド GetHashCode  特定の型のハッシュ関数として機能します。GetHashCode は、ハッシュ アルゴリズムや、ハッシュ テーブルのようなデータ構造での使用に適しています。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド GetLastAccessTime 指定したファイルまたはディレクトリ最後にアクセスした日付時刻返します。
パブリック メソッド GetLastAccessTimeUtc 指定したファイルまたはディレクトリ最後にアクセスした日付時刻世界協定時刻 (UTC) で返します。
パブリック メソッド GetLastWriteTime 指定したファイルまたはディレクトリ最後に書き込んだ日付時刻返します。
パブリック メソッド GetLastWriteTimeUtc 指定したファイルまたはディレクトリ最後に書き込んだ日付時刻世界協定時刻 (UTC) で返します。
パブリック メソッド GetType  現在のインスタンスType取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド Move 指定したファイル新しい場所に移動します。オプション新しファイル名指定することもできます
パブリック メソッド Open オーバーロードされます。 指定したパスFileStream開きます。
パブリック メソッド OpenRead 読み取り用の既存ファイル開きます。
パブリック メソッド OpenText 読み取り用の既存UTF-8 エンコードされたテキスト ファイル開きます。
パブリック メソッド OpenWrite 書き込み用の既存ファイル開きます。
パブリック メソッド ReadAllBytes バイナリ ファイル開きファイル内容バイト配列読み取った後、ファイルを閉じます。
パブリック メソッド ReadAllLines オーバーロードされます。 テキスト ファイル開きファイルすべての行を文字列配列読み取った後、ファイルを閉じます。
パブリック メソッド ReadAllText オーバーロードされます。 テキスト ファイル開きファイルすべての行を文字列読み取った後、ファイルを閉じます。
パブリック メソッド ReferenceEquals  指定した複数Object インスタンス同一かどうか判断します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド Replace オーバーロードされます。 指定したファイル内容別のファイル内容置き換えます。置き換えによって元のファイル削除され、置き換えられたファイルバックアップ作成されます。
パブリック メソッド SetAccessControl FileSecurity オブジェクトによって表されるアクセス制御リスト (ACL: Access Control List) のエントリを、指定したファイル適用します。
パブリック メソッド SetAttributes 指定したパスファイル指定された FileAttributes設定します。
パブリック メソッド SetCreationTime ファイル作成された日付時刻設定します。
パブリック メソッド SetCreationTimeUtc ファイル作成された日付時刻世界協定時刻 (UTC) で設定します。
パブリック メソッド SetLastAccessTime 指定したファイル最後にアクセスした日付時刻設定します。
パブリック メソッド SetLastAccessTimeUtc 指定したファイル最後にアクセスした日付時刻世界協定時刻 (UTC) で設定します。
パブリック メソッド SetLastWriteTime 指定したファイル最後に書き込んだ日付時刻設定します。
パブリック メソッド SetLastWriteTimeUtc 指定したファイル最後に書き込んだ日付時刻世界協定時刻 (UTC) で設定します。
パブリック メソッド ToString  現在の Object を表す String返します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッド WriteAllBytes 新しファイル作成し、指定たバイト配列をそのファイル書き込んだ後、ファイルを閉じます。既存ターゲット ファイル上書きされます。
パブリック メソッド WriteAllLines オーバーロードされます。 新しファイル作成し、指定した文字列をそのファイル書き込んだ後、ファイルを閉じます。既存ターゲット ファイル上書きされます。
パブリック メソッド WriteAllText オーバーロードされます。 新しファイル作成し、内容をそのファイル書き込んだ後、ファイルを閉じます。既存ターゲット ファイル上書きされます。
参照参照

ヤスリ

ヤスリ
ヤスリ
金属をやすって削るための道具です。大きさや形、目の荒さが色々あり断面の形でそれぞれの種類分けられます。
長さ5cmから30cmぐらいのものまであり、ヤスリ目は、荒目中目細目・油目などがあります
機械打ちよりも手打ち物の方が、目にばらつきがあり、非常に使用しやすいと言われており、目を打ち直し使用することも可能です。


File

名前 ファイル

ファイル

(FIle から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/24 14:23 UTC 版)

ファイル: file




「ファイル」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「FIle」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「FIle」の関連用語

FIleのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



FIleのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2020by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2020 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2020 AMEI.OR.JP
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリファイルの記事を利用しております。
PHP Documentation GroupPHP Documentation Group
Copyright © 1997 - 2020 by the PHP Documentation Group.
日本マイクロソフト株式会社日本マイクロソフト株式会社
© 2020 Microsoft.All rights reserved.
東京藝術大学 鍛金研究室東京藝術大学 鍛金研究室
Copyright (C) 2020 東京藝術大学 美術学部 工芸科 鍛金研究室 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのファイル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS