相対パスとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 相対パスの意味・解説 

相対パス

読み方そうたいパス
【英】relative path

相対パスとは、階層型ファイル構造において、ファイルディレクトリ位置指定する手法のうち、システムアプリケーション認識している現在位置からの階層全て明示することで対象位置表現する方法のことである。

相対パスを用いることで、記述比較簡素になり、基点対象ファイル位置関係よりも上位階層ファイル移動しても、パス指定変更せずに済むというメリットがある。他方、相対パスでは、対象ファイル一意指定することができないため、他のサーバー上のファイル指定できず、また、基点明示しないため、基点となるファイルのみ変更した場合同名別のファイル指定してしまうといった事態も生じうる。

相対パスに対してファイル位置ルートディレクトリから逐次指定する方法絶対パス呼ばれる絶対パスは、対象ファイル一意特定できるという利点があるが、記述煩雑になりやすい。

ファイルとフォルダのほかの用語一覧
ファイルシステム:  サブフォルダ  絶対パス  ジャーナル  相対パス  タイムスタンプ  ダイナミックディスク  ディスククオータ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「相対パス」の関連用語

相対パスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



相対パスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ相対パスの記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS