環境権とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 権利 > 権利 > 環境権の意味・解説 

かん きょうけん くわんきやう- [3] 【環境権】

よい環境享受する一定の法的利益公害防止環境保全を図る立場から主張される。

環境権

読み方:かんきょうけん
英語:Environmental RightsConstitutional Environmental Rights

快適な環境で健康に生活するための権利新しい人権一つとして注目されている2013年現在、幸福追求権公共の福祉について規定されている日本国憲法第13条根拠として、憲法上保護されるものとしてみなされることが多い。

周囲騒音公害問題など、環境問題人々の生活に与え影響増大するにつれて、環境権が主張される機会増加した。しかし日本環境に関する法律憲法などでは、環境権について明確に規定されているわけではないそのため2013年5月現在、環境権を憲法中に盛り込むことが活発に議論されている。

公明党は、憲法96条改正よりも環境権やプライバシーに関する条文憲法盛り込むほうが国民理解を得やすいとして、憲法96条先立って改正するべきだと主張している。

自民党石原伸晃環境相は、公明党主張する憲法への「環境権」の明記賛同している。自民党内部では96改正と環境権の追加セットで行うべきという意見もあるが、石破茂幹事長セットでの改正懐疑的であると述べるなど、2013年5月17日現在、自民党内でも意見がまとまっていない。

関連サイト
96条と環境権のセットに懐疑的…石破幹事長 - 読売新聞
2013年0517更新

環境権

「人が健康で安全かつ快適な生活を営むためには、大気日照土壌静穏環境上の諸条件良好維持されることが必要であり、国民良好環境亨受する権利がある」という考えから主張されている権利をいいます。憲法25条を根拠とし、環境悪化破壊を招く行為に対して事前予防差し止めも許されるべきであるとしています。日弁連シンポジウム昭和45年新潟)で提唱され、その後公害裁判等で原告主張論拠としてしばしば用いられています。

環境権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/09/27 23:36 UTC 版)

環境権(かんきょうけん)とは、新しい人権の一つで、良好な環境の中で生活を営む権利のことを指す。日本国憲法第13条の「幸福追求権」を根拠に主張され、学説としてはほぼ通説としての地位を確立している。




「環境権」の続きの解説一覧





環境権と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「環境権」の関連用語

環境権のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ブリッジピン

ツツイシミノウミウシの仲間1

正法寺川北沢第十三号石堰堤

Horizon Net

SM450R

アンダーウェア

ガナッシュ

ウェッジ





環境権のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2017 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの環境権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS