西条秀樹とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 西条秀樹の意味・解説 

西城秀樹

(西条秀樹 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/17 09:32 UTC 版)

西城 秀樹(さいじょう ひでき、1955年昭和30年〉4月13日 - 2018年平成30年〉5月16日[1] )は、日本男性歌手俳優




注釈

  1. ^ 楽器代を稼ぐためアルバイトをさせてもらっていた西城の親戚が支配人を務める店[11][29][34]
  2. ^ 2015年紙屋町に移転[47]
  3. ^ 「西城秀樹、アレいいよ。このごろ。昔は大キライだったけどここんとこ上手くなったし、何でも歌えるようになったしな。あの暴力的な感じ出せるヤツ、珍しいよ。アイツ、年をサバよんでんじゃないかな。あの年であれだけの色気とフィーリング持ってるってちょっとスゴイと思うんだ。若手のチャラチャラしてる連中の中では最高よ。広島のころから木本ってあいつの本名知ってたよ。『ベガーズ』ってグループを作ってて、兄貴といっしょにやってた。ドラムを叩いてたな。前にオレの『たどりついたらいつも雨ふり』の盗作っぽい曲を自分のLPに入れてたりしたから、いい気分じゃなかったけどな。西城の曲なら作ってみたい気もするな。ここんとこ、やたら曲の依頼が多くって、うんざりだよ。みんな断ってるんだ。自分の仕事が出来なくなっちゃうし」[51]
  4. ^ 西城秀樹オフィシャルサイトの「Music」⇒「1980〜1989」⇒「37.リトルガール」の項を参照。
  5. ^ 西城秀樹オフィシャルサイトの「Music」⇒「1980〜1989」⇒「38.セクシーガール」の項を参照。
  6. ^ オリコンの集計では1982年の「南十字星」」により同記録を達成する。
  7. ^ 同じく新御三家の野口も同年2月に三井ゆりと結婚している。
  8. ^ 西城秀樹オフィシャルサイトの「Music」⇒「1970〜1979」⇒「10.傷だらけのローラ」の項を参照。
  9. ^ ダントツ1位は五木ひろし1500万円。2位、森進一北島三郎チョー・ヨンピル760万円、3位、石川さゆり750万円、4位、小林旭小林幸子660万円、5位、細川たかしパティ・キム650万円、6位、西城秀樹、八代亜紀和田アキ子小柳ルミ子桂銀淑川中美幸ジュディ・オング島倉千代子大月みやこ500万円[101]。いづれも日建て料金で、昼の部と夜の部の二回公演[101]。入場料金一人平均1万円として、昼の部で1000人、夜の部で1500人集まれば、2500万円の興収となり、あご足代(旅費、食費)、会場費、宣伝費を払っても400~500万円の利益が出る[101]ディナーショーの場合は200人程度しか集められないため、高額料金を設定しても興収は上がらず、ギャラは公演の三分の一以下になる[101]。ギャラは公定でないため、ヒット曲がなかったり、テレビ出演が減ると相場もすぐに変動するが、事務所がいくら強くても買い手がつかなければ地方興行主から呼ばれないため、歌手の真の人気と実力を表すデータともいえる[101]ニューミュージック系は興行師が仕切らないためこのデータに入らない[101]
  10. ^ 西城秀樹オフィシャルサイトの「Music」⇒「1990〜1999」⇒「67.もいちど」の項を参照
  11. ^ 同年は川崎麻世が出演し「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」を歌唱。
  12. ^ 西城の先駆者としての業績は、大阪球場、後楽園球場での野外コンサートはその草分けとして有名だが、ゴンドラや軽量スタンドマイク、ペンライト、白煙噴出などのステージパフォーマンスを最初に導入するなど多岐に渡る。さらに特筆すべき大きな業績としてアジア市場への進出がある。1981年の香港でのコンサートを皮切りにアジア各地で活動を続け絶大な人気を博した。当時は現在とは違い日本人のアジア市場への関心度は0であると言っても過言ではない時代で、日本のマスコミも賞賛する論調がほとんど無かったが、長年続ける事によって後進に道を切り開いた[36]
  13. ^ 「激しい恋」の「♪やめろと言われても」の直後に両手を上げるアクションは、親しいおばさん同士がスーパーなどでたまたま会った時に見かける、両手を上げるような親しみやすい身振り手振りからヒントを得て一の宮が考えたという『日めくりタイムトラベル』の昭和49年の特集(2008年10月11日放送分)にて紹介。
  14. ^ 当時は"カバー"という言葉はまだ使われず[202]、西城は当時のインタビューで「日本だとみんなオリジナルでレコードを出すけど、外国じゃ、いろんな人が一つの歌に挑戦することはよくあるよね」と述べている[202]
  15. ^ この他、「オートバイ」、「CAR」、トラック野郎の「デコトラ」、11tトラックを改造した「光の箱」、ステージの一部が15mまでせり上がる「リフト」、前に飛び出す「ムービングステージ」、「炎のじゅうたん」、「空中からのダイブ」、おなじみ「スペースイーグル」、「バルーン」、「空中ブランコ」、「E.T.自転車」、「レーザー光線」、「煙幕」、「火薬」、「花火」など[36][210]
  16. ^ 松竹はスタッフ40人、劇場用カメラ5台、レンズ40本、ヘリコプター1機、バス2台、ワゴン車2台と松竹大船撮影所の機材を7割方運び込み[226]、おりからスタジオで撮影中だった『男はつらいよ 葛飾立志篇』の撮影に支障をきたした[226]。これに対抗して日本テレビは東京からビデオカーを繰り出し、21歳の西城の内面をキメ細かく追ったが、松竹と日本テレビの撮影クルーが現場でしばしばぶつかった[228]。松竹が1975年9月20日から全国公開すると発表すると日本テレビが激怒[228]、日本テレビは1975年9月25日の『木曜スペシャル』枠で放送することを決めていたため「放送前に先に松竹に公開されては番組の商品価値が半減する。番組を作るときの契約ではテレビが優先だった」と西城の所属する芸映を突き上げ、「ご無理、ごもっとも」と芸映、松竹とも日本テレビに平伏[226][229]。『ブロウアップ ヒデキ』は同年10月10日に公開延期を余儀なくされた[228]。この醜態に城戸四郎松竹会長が「テレビや芸能プロに振り回されるとは何事か!」と激怒し、三嶋与四治企画本部長のクビが飛び、81歳の城戸会長が再び映画製作本部長として現場に復帰、第一線で指揮を執ることになった[228][229]
  17. ^ 1984年『ヤングアジア歌謡祭』[256]
  18. ^ これより一ヶ月前の1988年8月18日、少女隊が韓国側の放送局の了解なしに日本語で歌う[269]
  19. ^ 1982年の放送で、「漂流者たち」を涙を浮かべながら歌っているのを見て心配したファンから投書や電話が殺到。西城によれば、故郷広島から不安と期待を胸に抱え、家出同然で上京した旅立ちの日とオーバーラップしたとのこと。
  20. ^ ペニーレインは表参道キデイランド原宿店の裏にあり、フォークニューミュージック系のミュージシャンやアイドル、音楽・ファッション関係者など、業界人の溜まり場となって、修学旅行生の観光コースにもなっていた[306][307]
  21. ^ 1973年、「情熱の嵐」の発売時のユネスコ村にファンを集めての新曲キャンペーンライブは、空からアクション・スターのようにヘリコプターにつかまりド派手に登場して話題をさらった[76][77]。1976年、「ジャガー」のユネスコ村・新曲発表会では、アンコールで興奮してギターを叩き割るパフォーマンス。このギターは芳野藤丸からの貰い物であったため、のちのちまで後悔することになった。1980年、「エンドレス・サマー」の時は、完成したばかりの新宿アルタのベランダで行われ、アルタ前の歩道や広場が1万人(新宿警察発表)以上の人で埋めつくされた。1981年、「セクシーガール」発売キャンペーンもかねた『BIG SUNSHINE '81』と釘打った沖縄ムーンビーチでのコンサートでは、海から水上オートバイで現れ、特設ステージに登場した。

出典

  1. ^ 歌手・西城秀樹さん死去 63歳 傷だらけのローラ、ヤングマンなど大ヒット”. スポニチ (2018年5月17日). 2018年5月17日閲覧。
  2. ^ 広島の芸能関係者も西城さんの死を悼む”. 中国新聞. 中国新聞社 (2018年5月18日). 2018年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月20日閲覧。宮崎園子・北村浩貴 (2018年5月18日). “西城さん、原爆への思い 絶頂期に出演したアニメ映画”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). オリジナル2018年5月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180518012607/https://www.asahi.com/articles/ASL5K5JYBL5KPTIL01J.html 2018年5月18日閲覧。 
  3. ^ a b c “西城秀樹さん死去 惜しむ声”. NHK NEWS WEB (NHK). (2018年5月17日). オリジナル2018年5月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180517093233/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180517/k10011441711000.html 2018年5月18日閲覧。 
  4. ^ a b c d “絶唱型、異彩放ったヒデキ…晩年は脳梗塞で闘病”. 読売新聞 (読売新聞社). (2018年5月17日). オリジナル2018年5月18日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/0kMFq 2018年5月18日閲覧。 
  5. ^ a b c d e 「スターふるさとマップ《広島県広島市》 西城秀樹・よしだたくろう・城みちる 『山と川そしてコイの町』」、『月刊明星』1974年11月号、集英社、 100-103頁。
  6. ^ 「西城秀樹の総点検」、『月刊平凡』1973年4月号・臨時増刊 ヤングスター・ビッグ・スリー特集 野口五郎・西城秀樹・郷ひろみ、平凡出版、 116頁。
  7. ^ “広島駅ちかくで生まれた西城秀樹さん、急性心不全で死去”. 鉄道チャンネルニュース (エキスプレス). (2018年5月17日). https://tetsudo-ch.com/40949.html 2018年5月23日閲覧。 
  8. ^ a b 西城秀樹 (2008年4月18日). “秀樹とHヒデキ ワシら、みんな広島じゃけん”. 週刊朝日 (朝日新聞出版): p. 43 
  9. ^ “地域が見える ふるさとへの手紙 西城秀樹さん”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 33. (2008年6月15日) 
  10. ^ 「幼稚園から音楽だらけだった英才教育の影響」#熱き想い、172-174頁。
  11. ^ a b c d e f g h 「まんが履歴書・西城秀樹兄弟愛ストーリー」、『月刊明星』1973年7月号、集英社、 129-153頁。「故郷の同級生12人が語る西城秀樹の意外な素顔」、『月刊明星』1973年8月号、集英社、 76-79頁。
  12. ^ a b c d e f g h 武田篤典 (2006年9月21日). “『1人でも多くの人に喜ばれたい』西城秀樹ロングインタビュー”. R25. リクルートホールディングス. 2016年12月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月31日閲覧。“日曜日のヒーロー・西城秀樹”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2009年5月3日). オリジナル2018年6月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180603021916/https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805170000553.html?Page=1 2018年6月3日閲覧。 歌手 西城秀樹さんインタビュー(2018年2月25日掲載)西城秀樹 (2018年5月). “脳梗塞乗り越え「感謝の歴史」西城秀樹さん「ヒデキ! カンレキ!!」(2015年10月~16年9月)連載復刻版”. 東京新聞. 東京新聞. 2018年6月28日閲覧。西城 秀樹 - POWER Watch|パワーウオッチ
  13. ^ a b c d e f g 音楽のルーツはジャズ…西城秀樹さん(2) 青春グラフィティー 読売新聞 2011年9月8日付(Internet Archive)
  14. ^ a b c d e f g 川崎浩 (2018年5月17日). “西城秀樹さん死去 評伝 ポップス歌謡の先駆者”. 毎日新聞 (毎日新聞社). オリジナル2018年5月17日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180517150457/https://mainichi.jp/articles/20180518/k00/00m/040/098000c 2018年5月30日閲覧。 富澤一誠 (2018年5月21日). “歌謡ロック開拓、一大市場に 西城秀樹さんを悼む”. 毎日新聞 (毎日新聞社). オリジナル2018年5月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180521111222/https://mainichi.jp/articles/20180521/dde/018/200/010000c 2018年5月30日閲覧。 
  15. ^ a b c 吉田俊宏 (2018年5月23日). “追悼西城秀樹さん 輝く歌謡ロックの遺産”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). https://www.nikkei.com/article/DGXZZO3086878023052018000000/ 2018年5月30日閲覧。 
  16. ^ a b c 西城秀樹『ギャランドゥ』な人生考”. iRONNA. 産経デジタル (2018年5月). 2018年5月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月31日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h i 影田裕二「インタビュー 西城秀樹」#歌謡pc、136-139頁
  18. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p “西城秀樹さん、広島から家出同然で上京…歌にドラマ“新アイドル”作った”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年5月18日). オリジナル2018年5月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180518011531/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180518-OHT1T50054.html 2018年5月18日閲覧。 ““新御三家”野口五郎、秀樹さん悼む…病と闘い歌う「本当のアーティスト」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年5月18日). オリジナル2018年5月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180519044153/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180518-OHT1T50030.html 2018年5月18日閲覧。 
  19. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 「メタル歌謡レジェンド 西城秀樹インタビュー」#ヘドバン3、77-87頁
  20. ^ a b c d 小川泰加 (2018年5月19日). “西城秀樹さんのロック愛 音楽評論家・湯川れい子氏が述懐”. 日刊ゲンダイデジタル. 2018年5月31日閲覧。西城秀樹さん、残念です。西城さんの最初のアイドルはギターのジェフ・ベック。西城秀樹 (@yukawareiko) - Twitter –2018年5月16日。
  21. ^ a b c d e f g h i j 「情熱の男 西城秀樹自叙伝(前編) 『夜行列車は期待と不安でいっぱいだった 歌がおれの青春だ ヒデキはたった一人広島をたった』」、『月刊平凡』1974年2月号、平凡出版、 70-72頁。「情熱の男 西城秀樹自叙伝(後編)」、『月刊平凡』1974年3月号、平凡出版、 56頁。
  22. ^ a b c くにまるワイド ごぜんさま~: 2月2日~2月6日の邦流は、西城秀樹さん - 文化放送
  23. ^ a b c d e f g h i j k l m n 「常識を打ち破ったヒデキ どんなに疲れていてもベストをつくさなくっちゃ...!」、『近代映画』1973年12月号、近代映画社、 70 - 73頁。
  24. ^ 【ヒデキ!カンレキ!! 西城秀樹 感謝の歴史】 (9)洋楽にはまる 小5で兄とバンド組む
  25. ^ a b 「特別よみもの 西城秀樹まんが履歴書」、『月刊平凡』1973年2月号、平凡出版、 102-103頁。
  26. ^ 「特別企画/アイドル花物語 心を赤くそめたあの一輪の花 西城秀樹」、『週刊セブンティーン』1974年3月12日号、集英社、 132-133頁。
  27. ^ a b 「ヒデキスペシャル報告 西城秀樹初公開の友情秘話」、『近代映画』1975年5月号、近代映画社、 73 - 77頁。
  28. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 「日本のエンターテイメントを切り拓いた西城秀樹」#40年男、47-51頁
  29. ^ a b c d 【ヒデキ!カンレキ!! 西城秀樹 感謝の歴史】 (10)「プロ歌手に」と勧誘 16歳の夏休みに東京へ
  30. ^ 山田憲一「ベスト3特別インタビュー西城秀樹クンの告白」、『月刊平凡』1974年5月号臨時増刊、平凡出版、 74-75頁。
  31. ^ a b c 「アイドルポップスの誕生 ちぎれた愛」#高護、136-139頁
  32. ^ a b c d e f g h i j 西城秀樹 vs 伊藤政則、異色テレビ対談”. BARKS (2015年5月30日). 2016年12月6日閲覧。ヒデキカンゲキ!西城秀樹VS伊藤政則、特番再放送”. BARKS (2015年7月9日). 2016年12月6日閲覧。『沢田研二さんがミック・ジャガーに入れ込んでいたから僕はロッド・スチュアートを目指した』と... 2018年5月17日 -ワードレコーズTwitter
  33. ^ a b c d e f 西城秀樹 超破天荒から千利休の領域へ 今は「シンプルイズベター」 スポーツニッポン、2015年6月23日、西城さん 絶唱、激しいアクションで歌謡曲変えた 後進に多大な影響、2018年5月18日、西城秀樹さんに別れ、野口五郎 涙の弔辞「ラブソング極めて」、2018年5月27日
  34. ^ a b 「好きなんだ! !お好み焼きとドラムと長い髪『ホープ君 !西城秀樹に73の質問』」、『月刊明星』1973年2月号、集英社、 94-97頁。
  35. ^ a b c d e 「西城秀樹『永遠のヤングマン伝説』」、『週刊文春』2018年5月31号、文藝春秋、 28-30頁。
  36. ^ a b c d e 「西城秀樹歌手生活35周年 奇跡の復活 ヒデキカンゲキ!」 東京スポーツ/2006年9月連載。
  37. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 8月25日は西城秀樹「傷だらけのローラ」発売日知ってる?新御三家デビュー時のキャッチフレーズ! | ニッポン放送1969年の今日、歌番組の源流となる日本テレビ『紅白歌のベストテン』が放送開始強烈だった西城秀樹のロック魂全開の3連発 | ニッポン放送 永遠のロックボーカリスト西城秀樹さんが情熱を注いだ野外ライブとは?1979年の本日、西城秀樹「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」がオリコンチャートの1位を獲得
  38. ^ a b c d 追悼・西城秀樹 ヒデキのロックなハートに火をつけた名ギタリスト
  39. ^ a b c d e #MM0712、20-23頁
  40. ^ 岡田敏一 (2018年5月20日). “【追悼】西城秀樹さん異彩を放った『歌謡ロック』”. 産経新聞大阪版 (産経新聞大阪本社): pp. 11 
  41. ^ 「本日の1枚」西城秀樹 / エキサイティング秀樹-ちぎれた愛/情熱の嵐
  42. ^ a b 「乞食たちのバンド」#いま、光の中で、125-130頁。
  43. ^ a b 「がんばれ!春のフレッシュ・ヤング!」、『月刊平凡』1972年5月号、平凡出版、 81頁。
  44. ^ 「ありがとう、姐さん」#いま、光の中で、130-135頁。
  45. ^ a b c 「《おしゃべりジャーナル》 西城秀樹 『兄の恋人に横恋慕したあのとき...』 ききて・木元教子」、『週刊平凡』1973年5月24日号、平凡出版、 64-67頁。
  46. ^ a b c 田家秀樹 『小説吉田拓郎 いつも見ていた広島 ダウンタウンズ物語』小学館- TBSトークパレット木曜日「スタンバイ・ブックナビ」 森本毅郎 - TBSラジオ田家秀樹 「KEY WORDS」『吉田拓郎ヒストリー 1970-1993』 ぴあ〈ぴあ music collection 4〉、1994年、154頁。田家秀樹 「MEMORIES OF TAKURO YOSHIDA 西城秀樹 『アマチュア時代から人気者でしたね 拓郎節に広島弁の哀愁を感じます』」『吉田拓郎ヒストリー 1970-1993』 ぴあ〈ぴあ music collection 4〉、1994年、21頁。ワールドスポーツMLB。: 田家秀樹ブログ・新・猫の散歩 2018-05-18
  47. ^ 中国四国エリアの新しい音楽文化発信の拠点として準旗艦店「カワイ広島」を移転リニューアルオープン
  48. ^ a b c d 西城秀樹と吉田拓郎を結ぶ知られざる絆 | ニッポン放送
  49. ^ a b c d e f 「なぎら健壱の続2 味勝負十二番 ゲスト・西城秀樹」、『小説CLUB』1999年11月号、桃園書房、 11-13頁。
  50. ^ a b c d e 西城秀樹オフィシャルサイトの「Music」⇒「1980〜1989」
  51. ^ 「〈WHO ARE YOU? 吉田拓郎〉」、『月刊明星』1975年11月号、集英社、 142-143頁。
  52. ^ <西城秀樹 ヒデキ!カンレキ!!> (11)父の猛反対(Internet Archive)
  53. ^ 89歳で死去 西城秀樹“育ての親”芸映・青木伸樹会長の功績 | 日刊ゲンダイ
  54. ^ <西城秀樹 ヒデキ!カンレキ!!> (13)デビューの日まで
  55. ^ a b 【ヒデキ!カンレキ!! 西城秀樹 感謝の歴史】(12)三角部屋 希望に燃え、寒さも平気(13)デビューの日まで 忘れられない味
  56. ^ 「血を吐くまで猛特訓したデビュー秘話 新御三家は最初、野口五郎と郷ひろみではなかった内部事情#熱き想い、16-20頁。
  57. ^ a b c 【1973年6月】情熱の嵐/西城秀樹 伝説の「ヒデキ!!」コールはここから始まった!”. スポニチ Sponichi Annex 芸能 365日 あの頃ヒット曲ランキング. スポーツニッポン新聞社 (2011年6月21日). 2016年12月20日閲覧。
  58. ^ a b 「ヒデキ・メモリー(1)/上京したころのころ 『フランスパンを見るといまでも胸が熱くなる』」、『月刊平凡』1975年5月号、平凡出版、 58–60。
  59. ^ a b c d 「西城秀樹 ロック歌手にも影響を与えた永遠のポップ・アイドル」#CD検定、132頁
  60. ^ a b c 「新御三家」はお互いの存在をどうみていたのか?〈還暦鼎談「郷ひろみ×西城秀樹×野口五郎」(2)〉(Internet Archive)
  61. ^ a b c d e f 西城秀樹さん 『ザ・ベストテン』の記録に残る偉大な功績西城秀樹さんの凄さ 1970年代を席巻した『新御三家』の人気西城秀樹 脳梗塞から復活ライブで「ジャワカレー好き」発言 NEWSポストセブン
  62. ^ a b c d e <西城秀樹 ヒデキ!カンレキ!!> (16)デビュー3年目(Internet Archive)
  63. ^ 音楽ライブの歴史【ホームメイト・リサーチ-エンタメール】 - 劇場・ホール
  64. ^ Jcastニュース「西城秀樹が脳梗塞再発 年内の仕事はキャンセル」(2011年12月21日 12:35配信)(2013年1月28日閲覧)
  65. ^ スポニチAnnex「西城秀樹 脳梗塞で2週間の入院予定」(2011年12月22日6:00配信) (2013年1月28日閲覧)
  66. ^ 週刊新潮 2016年2月25日号掲載「追悼『西城秀樹』さん 『郷ひろみ』『野口五郎』と語った貴重な“還暦鼎談”」(2018年5月19日配信) (2018年5月26日閲覧)
  67. ^ あべ静江. “西城 秀樹さん~♪”. あべ静江オフィシャルブログ「みずいろの手紙」. アメーバブログ. 2018年6月2日閲覧。
  68. ^ a b “西城秀樹さん死去 家族の前で倒れ意識戻らず…”. デイリースポーツ. 神戸新聞社. (2018年5月17日). https://www.daily.co.jp/gossip/2018/05/17/0011263894.shtml 2018年5月17日閲覧。 
  69. ^ “歌手の西城秀樹さん死去 63歳、ヤングマンなどヒット”. 朝日新聞デジタル. (2018年5月17日). https://www.asahi.com/articles/ASL5K3TG2L5KUZVL001.html 2018年5月17日閲覧。 
  70. ^ “歌手・西城秀樹さん死去 63歳 傷だらけのローラ、ヤングマンなど大ヒット”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年5月17日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/17/kiji/20180517s00041000166000c.html 2018年5月17日閲覧。 
  71. ^ 参照
  72. ^ “新御三家 ヒデキと突然の別れ…野口五郎「言葉見つからない」郷ひろみ「寂しい」”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年5月18日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/18/kiji/20180517s00041000308000c.html 2018年5月18日閲覧。 
  73. ^ “西城秀樹さん通夜に4000人 戒名にも「秀樹」”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2018年5月25日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/25/kiji/20180525s00041000355000c.html 2018年5月25日閲覧。 
  74. ^ “西城秀樹さん告別式 郷ひろみ、野口五郎が弔辞”. ORICON NEWS. (2018年5月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2112195/full/ 2018年5月26日閲覧。 
  75. ^ “西城秀樹さん出棺、1万人が「ヒデキ!」コール”. Nikkansports. 日刊スポーツ新聞社. (2018年5月26日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805260000498.html 2018年5月26日閲覧。 
  76. ^ a b c d e f g 【ヒデキ!カンレキ!! 西城秀樹 感謝の歴史】 (15)実は高所恐怖症
  77. ^ a b c d 西城秀樹 (2008年4月18日). “カッコよく? 空から登場 『燃えるヒデキ』のPR演出”. 週刊読売 (読売新聞社): p. 36 
  78. ^ a b c 貴重なカットを一挙公開 フライデーが目撃してきた素顔の西城秀樹1972 ~2018
  79. ^ a b 「オリコンデータで見るヒットチャートの殿堂攻防史『走れコータロー』から『スニーカーぶる〜す』まで、首位曲の変遷」#sv、56-57頁
  80. ^ a b c d e f g h i j k l 「西城秀樹・汗と勇気のディスコグラフィー 音のシャワーを浴びろ!」、『月刊明星』1979年11月号、集英社、 74-77頁。
  81. ^ a b c 西城秀樹さん死去「人を励まし続けた存在だった」 音楽ジャーナリスト湯浅明さん
  82. ^ a b c 飛世正次(『NHK紅白歌合戦チーフ・プロデューサー)・結解博(『NHK』番組広報部)・田中友正(『NTV』歌番組プロデューサー)・中村良男(NTVドラマプロデューサー)・尾崎晌・下田文子(TBS番組宣伝部)・三ッ井康(フジテレビ広報部)・岩永惠(NET広報部)「'73アイドル総決算 歌番組はヤング・アイドルで満員!? TVマンが語るおもてばなし、うらばなし」、『月刊セブンティーン』1974年1月号、集英社、 94頁。
  83. ^ “西城さん死去に筑豊でも悼む声 デビュー2年目、嘉穂劇場で公演 「出待ちファンで熱気」 〔福岡県〕”. 西日本新聞社. (2018年5月19日). オリジナル2018年6月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180703050504/https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikuhou/article/417535/ 2018年6月4日閲覧。 
  84. ^ a b c d 「西城秀樹74年の総決算 『大阪球場 広島リサイタル オレは燃えた』」、『月刊平凡』1975年1月号、平凡出版、 50-51頁。
  85. ^ a b c d 「西城秀樹 誕生日にヒデキがキミとする3つの約束 4月13日に20歳をむかえる西城秀樹のある計画 約束1 専属のロックバンドを作る! 約束2 世界の舞台で『西城秀樹ショー』」、『週刊セブンティーン』1975年4月22日号、集英社、 54–57。
  86. ^ 「ST芸能記者座談会 4人のアイドル10大ニュース' 75年総決算! アイドル(秘)全行動をご報告しま~す」、『週刊セブンティーン』1975年12月23日号、集英社、 32-37頁。
  87. ^ a b c d e f g h i j k l 鈴木英之「洋楽はアイドルが教えてくれた──70年代アイドルのライヴ・アルバムを聴く」(通算第13回) 西城秀樹-アルテス電子版、アルテスパブリッシング
  88. ^ a b c 西城秀樹の記録映画『ブロウアップ ヒデキ』、東名阪Zeppで大音量上映!”. OKMusic. OKWAVE (2018年6月13日). 2018年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月29日閲覧。
  89. ^ a b 「HIDEKI 1975 RECITAL 11月3日・東京・日本武道館」、『週刊セブンティーン』1975年12月2日号、集英社、 99-103頁。
  90. ^ a b c 「スターシリーズ MEMORY(2) フランスパンとバターとコショーの味が、オレの5年間をささえてきた。 西城秀樹」、『月刊明星』1977年5月号、集英社、 156-159頁。
  91. ^ 追悼 西城秀樹(2018年7月)”. TBSチャンネル (2018年6月). 2018年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月29日閲覧。
  92. ^ a b 阿久悠オフィシャル・ウェブサイト あんでぱんだん
  93. ^ a b c 朝丘雪路さんと西城秀樹さん、ともに舞台でも活躍
  94. ^ a b c d e f 「おふくろの目はいつもやさしい。そのやさしさに包まれて...」、『月刊明星』1977年2月号、集英社、 76頁。
  95. ^ a b c 永井晶子 『イエスタディ '60'S~'80'S ―音楽記者の取材ノートから―』 CBS・ソニー出版1989年、149頁。ISBN 4-7897-0447-5
  96. ^ a b 「ふりかえればいつもアハハ! 西城秀樹 ヒデキ元年総決算 おもしろリポート」、『月刊明星』1982年8月1月号、集英社、 48-49頁。
  97. ^ 「ボクの家へ遊びに来てはネタにしていたとんねるず」#熱き想い、63-67頁。
  98. ^ 『みなさん』初代演出・港浩一氏、30年続いた理由はとんねるずの"愛情"
  99. ^ 実はヘビースモーカー、20年前からインシュリン注射…西城秀樹さん」が抱えていた不摂生のリスクデイリー新潮2018.5.31(2018.6.2アクセス)
  100. ^ 科学博テーマ曲熱唱 つくば、西城さん悼む声
  101. ^ a b c d e f いのけんじ「いまどきの芸能ビジネス 中学生でCMデビュー~」、『エコノミスト』1997年4月22日号、毎日新聞出版、 4、72–75頁。
  102. ^ 織田哲郎ロングインタビュー 第13回 | 織田哲郎Project2007
  103. ^ 大杉漣さん 西城秀樹さんを しのんで ミュージックinドラマ「ホシに願いを」 - NHK
  104. ^ 川崎フロンターレ公式サイト 2004年5月22日付お知らせ、「「川崎市制80周年記念マッチ」7月2日(金)vs横浜FC イベント開催のお知らせ
  105. ^ 【ヒデキ!カンレキ!! 西城秀樹 感謝の歴史】 (20)ヤングマン 競技場で精いっぱい歌う
  106. ^ フラワードリーム in 東京ビッグサイト2015 公式サイト
  107. ^ デイリースポーツ 4月14日(火)配信
  108. ^ 西城秀樹プロデュース 体験型市民農園「百果百菜」
  109. ^ 2月13日より西城秀樹監修「Y!mobile」CMが放送スタート!
  110. ^ a b c “歌手・西城秀樹さん死去”. 報道ステーション (テレビ朝日). (2018年5月17日). オリジナル2018年6月4日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/RQF5P 2018年6月3日閲覧。 “《関連》アジアのメディアも速報で”. tv asahi 芸能&ニュース (テレビ朝日). (2018年5月17日). オリジナル2018年6月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180601162823/http://www.tv-asahi.co.jp/smt/f/geinou_tokuho/hot/?id=hot_20180517_130 2018年6月2日閲覧。 
  111. ^ a b c d e f g ““ヒデキコール”など数々の社会現象を巻き起こした大スター西城秀樹さん(63)の軌跡”. 直撃LIVE グッディ! (フジテレビ). (2018年5月17日). オリジナル2018年6月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180603112815/http://blog.fujitv.co.jp/goody/E20180517001.html 2018年6月4日閲覧。 “ヒデキStyleで大スターへ “永遠のヤングマン”西城秀樹さんが遺去”. 直撃LIVE グッディ! (フジテレビ). (2018年5月18日). オリジナル2018年6月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180603105546/http://blog.fujitv.co.jp/goody/E20180518002.html 2018年6月4日閲覧。 “3年前は前だけを見ていた”グッディ!の西城秀樹さん 直撃LIVE グッディ! 「せーの!グッディ!」 - 公式ブログ
  112. ^ a b c d 西城秀樹は現代アイドルの“当たり前”を築いたーー中森明夫が功績を振り返る西城秀樹「63歳突然死」までの傷だらけの「15年闘病」(1)心肺停止状態で救急搬送
  113. ^ “マルチアイドルの先駆け!西城さん水泳大会で「ギャランドゥ」話題に”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2018年5月18日). オリジナル2018年5月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180518041717/http://www.sanspo.com/geino/news/20180518/geo18051805050004-n1.html 2018年6月4日閲覧。 リズム感・演技力で郷と、歌で五郎と競った西城さん”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2018年5月18日). 2018年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月18日閲覧。【浪速風】 手を抜かず全力疾走したアイドル・西城さん「寺内貫太郎一家」“傷だらけ”秘話このあとは◆西城秀樹の名曲が急上昇.. - TBS-CDTV (@TBSCDTV) - Twitter野口五郎と西城秀樹が育んだ厚い友情 ライバル関係から唯一無二の親友へサイリウムを広めた西城秀樹さんが死去「オタクは感謝するしかない」追悼・西城秀樹さん ジャニーズにも多大な影響を与えた本物の「スター」|平本淳也時代の象徴のひとり“西城秀樹” - リポビタンD TREND EYES“「SMAPの大先輩だわ」ネットでも納得の声続出。あのトップアイドルがライブ会場に持ち込んだ功績とは”. イータレントバンク (イータレントバンク). (2017年5月21日). https://e-talentbank.co.jp/news/35551/ 2018年5月30日閲覧。 西城秀樹さんと40年前のツーショット芸能界入りのきっかけは西城秀樹さんのモノマネだった近藤真彦「最後まで格好良かった」西城さんを追悼“妹”秀美さんもハワイから最後のお別れ|テレビ朝日諸星和己、お世話になった西城秀樹さんを追悼「頑張りましたねと言いたい」「今の時期にメンバーって言うな」諸星和己、ハマスタでぶっちゃけトーク炸裂TOKIO国分とNEWS加藤、「アイドルの鏡」と西城秀樹さん偲ぶR40女性好きなイケメン 小学校で西城秀樹、中高で近藤真彦いちばん好きな'70〜'90年代アイドルランキング、ダントツ1位はあの人!イケメンまつり ::おがっちのレトロ本舗 - エフエム山陰
  114. ^ a b c d e f 安積明子 (2018年5月21日). “秀樹さん芸能界の後輩、三原じゅん子議員談話 「水泳大会では心から応援してました」”. zakzak. オリジナル2018年5月21日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/Bej82 2018年7月4日閲覧。 三原じゅん子氏「明星」「水泳大会」西城さん悼む”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2018年5月18日). 2018年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月24日閲覧。
  115. ^ a b “西城秀樹さん追悼番組がNHKで放送!野口五郎とのデュエット映像も”. テレビドガッチ. (2018年6月29日). https://dogatch.jp/news/nhk/54735/detail/ 2018年7月4日閲覧。 “あの日 あのとき あの番組▽西城秀樹歌声は熱く 野口五郎が語る人生のデュエット”. もっとドキュメンタリー (NHK). (2018年6月28日). オリジナル2018年6月28日時点によるアーカイブ。. http://archive.fo/Hlmhk 2018年6月29日閲覧。 
  116. ^ a b “西城秀樹さん先駆けのパフォーマンスの数々 築いてきた“アイドルの基礎””. AbemaTV. (2018年5月18日). https://abematimes.com/posts/4222399 2018年5月18日閲覧。 
  117. ^ a b c d e f 西城秀樹語る新御三家時代「YMCAの振付は僕のアイデア」”. 女性自身. 光文社 (2014年7月18日). 2018年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月29日閲覧。西城秀樹さん亡き後も歌い継がれる偉大な名曲『YOUNG MAN』西城秀樹さん 再ランクイン続出に讃える声「やっぱ天才だよ」
  118. ^ a b c d “テイクオフ:歌手の西城秀樹さんが亡くなった”. 共同通信アジア経済ニュース. (2018年6月1日). https://www.nna.jp/news/show/1769321 2018年6月2日閲覧。 
  119. ^ “ヒデキ、歌謡曲が輝いた時代の象徴 史上最高9999点”. 朝日新聞デジタル. (2018年5月18日). オリジナル2018年5月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180518174134/https://www.asahi.com/articles/ASL5L4H1CL5LUCLV009.html 2018年5月18日閲覧。 “「秀樹」芸名から法名に 郷さん「同じ世代駆け抜けた」”. 朝日新聞デジタル. (2018年5月26日). オリジナル2018年5月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180526081210/https://www.asahi.com/articles/ASL5V2JLRL5VULZU001.html 2018年6月3日閲覧。 【西城秀樹さん死去】菅義偉官房長官「昭和飾るスター、早すぎる逝去」”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社 (2018年5月17日). 2018年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月1日閲覧。立民・枝野氏『田中角栄か西城秀樹になりたかった』”. 産経新聞. 産業経済新聞社. pp. 5 (2018年5月19日). 2018年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月24日閲覧。熊谷泰 (2018年5月18日). “西城秀樹さん死去 私たちの青春に色添えてくれた 小池知事/東京”. 毎日新聞 (毎日新聞社). オリジナル2018年5月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180518012518/https://mainichi.jp/articles/20180518/ddl/k13/200/011000c 2018年6月23日閲覧。 ““ラストコンサート”に4000人 西城秀樹さん通夜”. 東京新聞(TOKYO Web) (中日新聞東京本社). (2018年5月26日). オリジナル2018年5月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180526020507/http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2018052602000196.html 2018年6月2日閲覧。 追悼・西城秀樹さん 貫いたスーパースターの矜持と美学西城秀樹 ディナーショー開催の韓国済州島で脳梗塞を発症|日刊ゲンダイ 70~80年代を代表する歌謡スター・西城秀樹のベストアルバムがチャート再上昇”. esエンタメステーション. ソニー・ミュージックエンタテインメント (2018年5月22日). 2018年7月4日閲覧。追悼 西城秀樹(2018年7月)”. TBSチャンネル (2018年6月). 2018年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月29日閲覧。『西城秀樹 追悼特別番組』のお知らせ”. USEN (2018年5月17日). 2018年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月30日閲覧。西城秀樹さん急死、「ローラ」また歌うため倒れる直前までリハビリも”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社 (2018年5月18日). 2018年5月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月20日閲覧。島村洋子・白崎博史・橋場茂文「西城秀樹というスターは「新しい昭和」の象徴だった!?」、『BEST T!MES』、ベストセラーズ2018年5月25日2018年7月4日閲覧。レッツゴーヤング | 音楽 | アーカイブス ブログ:NHK70年代の歌手達の背景・・・小林亜星さん「特別な凄味を持ったトップアーティスト」織田哲郎ロングインタビュー 第13回 | 織田哲郎Project2007還暦~ありのままに~若き獅子たち・・・
  120. ^ a b “東京新聞 筆洗”. 東京新聞:筆洗:社説・コラム(TOKYO Web) (中日新聞東京本社). (2018年5月18日). オリジナル2018年5月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180518033737/http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2018051802000137.html 2018年5月30日閲覧。 
  121. ^ a b c d e f g 【時代のサカイ目】昭和歌謡界の革命児 西城秀樹と桑田佳祐
  122. ^ a b c d DJGB (2018年5月23日). “さらば永遠のヤングマン、西城秀樹がバブル時代に残した功績をふりかえる”. gooいまトピ (NTTレゾナント). https://ima.goo.ne.jp/column/article/5881.html 2018年7月7日閲覧。 
  123. ^ a b 西城秀樹が死去。「ギャランドゥ」という憧れスタイル」”. まいじつ. 日本ジャーナル出版 (2018年5月18日). 2018年7月6日閲覧。
  124. ^ a b 三田格「検証・黄金期8つのイメージ プロテストなき世代に裸でぶつかった愛の説教師 西城秀樹」#sv、30頁
  125. ^ a b 北辻利寿 (2018年5月28日). “西城秀樹とその時代~昭和歌謡を疾走した若き獅子”. CBC論説THEコラム (CBCテレビ). オリジナル2018年6月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180612164555/http://hicbc.com/tv/ronsetsu/detail.asp?id=FF16F7F9 2018年6月13日閲覧。 
  126. ^ a b c 【間もなく発売! 昭和40年男 2016年12月号】岩崎宏美と西城秀樹にインタビュー!バックナンバー 昭和40年男Vol.40 【特集】俺たちの歌謡曲。70's
  127. ^ a b c d e f g h i TALKING MUSIC, LOVE MUSIC, - フジテレビZOO 今日誕生日のミュージシャン4月13日 - 西城秀樹 -フジテレビ公式サイト(Internet Archive)
  128. ^ a b c d “【西城秀樹さん死去】 音楽ジャーナリスト・湯浅明さん「人を励まし続けた存在だった」”. サンケイスポーツ (産業経済新聞社). (2018年5月17日). オリジナル2018年5月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180518023729/https://www.sankei.com/life/news/180517/lif1805170033-n1.html 2018年6月1日閲覧。 
  129. ^ a b c d e 山野車輪 (2018年5月19日). “西城秀樹は洋楽ロックもメタルもアニソンも歌った! 日本歌謡界の地平を開いた功績をたどる”. 日刊SPA!. 扶桑社. 2018年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月20日閲覧。
  130. ^ a b c d e “J-POPの土台”を作った男・西城秀樹 二度の大病にも負けず、ステージに立ち続けるスターの美学
  131. ^ 和田アキ子、西城秀樹さん遺影に「お前、すごいヤツだったな」”. SANSPO COM. 産業経済新聞社 (2018年5月26日). 2018年5月26日閲覧。桑田佳祐「サザン参加快諾」同い年西城さんが大好き”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞 (2018年5月19日). 2018年5月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月20日閲覧。懐かしい思い出と共に… | 荻野目洋子オフィシャルブログ powered by Ameba 2018-05-18、西城秀樹さんのお通夜に参列してきました… 2018年5月25日
  132. ^ a b c d e 西城秀樹ネタで東京新聞に掲載されました! 2018年5月16日 -吉沢dynamite.jp BLOG -東京新聞朝刊、2018年5月19日(文・片山夏子)
  133. ^ a b c d 脳梗塞リハビリ中の西城秀樹の姿に感動 中居正広『いろいろな葛藤があったと思います』中居正広、西城秀樹と野口五郎の友情に感銘 - Real Sound|リアルサウンド
  134. ^ a b c 桜井学 (2018年5月18日). “評伝 「YMCA」 時代を象徴”. 読売新聞 (読売新聞社). オリジナル2018年6月20日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180620130208/https://www.yamaha.com/ja/journalist/news.php?no=18508&ra=2 2018年6月22日閲覧。 URLヤマハオフィシャルサイトの記事。
  135. ^ a b c d e f g h 吉岡正敏(『紅白歌のベストテンディレクター)・山田修爾(『火曜歌謡ビッグマッチ』ディレクター)・増田晴男(『ゴールデン歌謡速報』ディレクター)・川田万寿(『ベスト30歌謡曲』ディレクター)「歌番組のディレクターがアイドルの(秘)エピソードを大公開 あっ画面がマックロ!!秀樹の上着がカメラにドパッ!」、『月刊セブンティーン』1974年8月号、集英社、 79–82。
  136. ^ a b c 渋谷恭太郎 (2018年5月17日). “西城秀樹さんが音楽業界に影響を与えた「文化」と「歌唱テクニック」”. 週刊女性PRIME. 主婦と生活社. 2018年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月31日閲覧。
  137. ^ a b c d あの年この歌〜時代が刻んだ名曲たち〜”. BSジャパン (2015年8月7日). 2018年5月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年5月31日閲覧。(『あの年この歌〜時代が刻んだ名曲たち〜BSジャパン、2015年8月7日放送)、【追悼】希代のエンターテイナー・西城秀樹さんを偲ぶ | PlusParavi大友康平、「薔薇の鎖」で西城さんと“マイクアクション対決”「天国でもブンブン振り回して」西城さん悼む声続々 前川清「胸痛む」布袋寅泰「毎日見てた」ダイアモンド・ユカイが語る“新御三家”郷ひろみ・西城秀樹・野口五郎西城秀樹「63歳突然死」までの傷だらけの「15年闘病」(3)「YMCA」を老若男女の歌に西城秀樹さんGACKT OFFICIAL INSTAGRAM – MAG 18 2018GACKT、西城秀樹さんとの出会いを振り返る「背中の大きい兄貴でした」河村隆一 兄のように慕い、憧れた西城秀樹さん悼む「安らかな眠りについてほしい」R25ロングインタビュー 〜つきぬけた瞬間 清春(Internet Archive)、【LOVE LOVE あいしてる:トーク】 HomePageだけの特別編集版 T.M.Revolution編 –フジテレビ公式サイト、SOPHIA;松岡充 - 堂本兄弟 –フジテレビ公式サイト、千聖、ソロ20周年記念イベントで森重樹一とのZIGGY曲セッションが決定ヒデキ、還暦! | ZIGGY 森重樹一 オフィシャルブログ 「11P.M.」 Powered by Ameba西城秀樹さん【プレミアムセッション】西城秀樹さんとドラマで共演したことがあるROLLYさん。音楽ルーツは西城秀樹!? シンガーソングライター・馬場俊英の“過去と今”に同世代グッチーが迫る『音ドキッ!』Meu ídolo nos anos 70’ canta hj no céu🎶.西城秀樹がアンダーグラフの音楽ビデオで、華麗なマイクさばきを披露1975年(昭和50年)2月16日「ロックシンガー相川七瀬が生まれた日」(Internet Archive)、【怒髪天 ボーカル・増子直純】顔はロック、心は演歌 既成概念なんて全部ぶっこわす!!【エンタがビタミン♪】西城秀樹“45歳”の写真集 綾小路翔が感慨「ワイルドでセクシーでダイナミックなロックンローラー」【エンタがビタミン♪】金爆のCD“特典なし販売”を考えた鬼龍院。「やらせてくれないなら全部やめる」と訴えていた。“Born in'66 The roots of Music 吉井和哉インタビュー”. 別冊カドカワ 総力特集 斉藤和義. カドカワムック277. 角川書店. (2012). p. 96. ISBN 978-4-906700-25-7. 一志治夫 (2009). “桜井秀俊インタビュー”. 40歳問題 年をとるのも悪くない. 朝日新聞出版. p. 145. ISBN 978-4-02-250649-8. “ギターウルフセイジインタビュー”. ロックンロールが降ってきた日. スペースシャワーネットワーク. (2012). p. 92. ISBN 978-4-906700-25-7. 『Missing Link』に見るV系シーンをけん引した才気! 結成25周年を迎えた生真面目なバンド、PENICILLINヒデキと私と:ロマン優光連載109追悼:西城秀樹 — たて髪を振るい歌え!若き獅子たちよ | 1976年氷川きよし、15年前にデュエットした西城秀樹さんを追悼「すごく影響を受けた」”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2018年5月28日). 2018年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月30日閲覧。第14回 鹿野 淳 氏 | Musicman-NET5月16日 〜西城秀樹さんR.I.P〜 | 大島暁美のロックンロールサイトHR/HMと「西城秀樹」さんの意外な関係
  138. ^ a b “脳梗塞2度、歌い続け ヒデキ63歳死去”. 東京新聞(TOKYO Web) (中日新聞東京本社). (2018年5月18日). オリジナル2018年5月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180518033622/http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201805/CK2018051802000135.html 2018年5月18日閲覧。 
  139. ^ a b c d e 西城秀樹「63歳突然死」までの傷だらけの「15年闘病」(3)「YMCA」を老若男女の歌に”. Asagei+plus. 徳間書店 (2018年5月27日). 2018年7月4日閲覧。
  140. ^ a b c d e f 宝泉薫 「ルーツ論#1 西城秀樹 オレたちゃ秀樹ズ・チルドレン! ヒムロックを経てTERUに継承されるヒデキの遺伝子」『別冊宝島653 音楽誌が書かないJポップ批評18 BOØWYと「日本のロック」』 宝島社2002年6月7日、70-71頁。ISBN 9784796627245
  141. ^ 「ボクの"ロック魂"に共鳴したあのスターたち山口美江、松原千明、千堂あきほ、ユニコーン、Xとの親密交際#熱き想い、91-96頁。
  142. ^ 今から4年前の2014年2月。ヘドバンVol.3でインタビューさせていただいたときの.. - 『ヘドバン』編集部 (@savage_headbang) - Twitter 2018年5月16日
  143. ^ 【イベントレポート】メタルにまつわる混沌を説く<ヘドバントークショーVol.2>”. BARKS (2014年3月7日). 2016年12月7日閲覧。
  144. ^ a b c 【西城秀樹さん死去】小林亜星さん「特別な凄味を持ったトップアーティスト」天才テリー伊藤対談「小林亜星」(1)西城秀樹はロックミュージシャンだ
  145. ^ 【静岡新聞 コラム】 プレスリーと西城秀樹(Internet Archive)
  146. ^ a b c 西城秀樹さん追悼 盟友・ギタリスト、芳野藤丸が明かす秘話と秘蔵写真「ヘタなロックよりロック。ロック以上だった」 (1/2ページ)
  147. ^ a b c 「情熱の嵐」で西城秀樹にコール&レスポンスを定着させた作曲家・鈴木邦彦、3部作で少年から青年に成長させた作詞家・阿久悠
  148. ^ a b c d e f 「復活大ブーム あの素晴らしい『70年代歌謡曲』をもう一度! インタビュー西城秀樹」『アサヒ芸能徳間書店、2010年7月5日号、65-66頁
  149. ^ a b 【エンタがビタミン♪】「ゲイの応援歌なんか、絶対に歌わせない!」猛反対を押し切った、西城秀樹。
  150. ^ たかたかし氏回想 西城さんと初対面からオーラ まるで米ミュージカルスター「常に全力だった」 元作詞家・宇佐美さん西城秀樹さん語る【帯広】
  151. ^ a b 忘年会のカラオケシーズンに備え 西城秀樹の名曲を歌い愛を叫べ!|田中稲の勝手に再ブーム
  152. ^ a b c d “7月8日・14日/追悼~永遠のヤングマン 西城秀樹”. THE 青春歌謡【Premium】 スター名曲選 (ミュージックバード). (2018年7月). オリジナル2018年7月14日時点によるアーカイブ。. https://archive.is/RPVvw 2018年7月15日閲覧。 
  153. ^ a b 西城秀樹君との思い出 1973年〜
  154. ^ a b c d e f 西城秀樹オフィシャルサイトの「Music」⇒「1970〜1979」
  155. ^ a b c 西城秀樹さん側近らが語るプライベート「サウナに入りすぎだったのかも」
  156. ^ a b c d e f g h 「振りも衣装も女・西城秀樹だったピンク・レディー」#熱き想い、52-54頁。
  157. ^ 走っていた時代の象徴だった 西城秀樹さんを悼む 青柳脩さんR25ロングインタビュー 〜つきぬけた瞬間 清春(Internet Archive)
  158. ^ a b 第14回 鹿野淳氏 Musicman-NET
  159. ^ a b 「アイドル(第二回)・西城秀樹」、『装苑』1975年2月号、文化出版局、 155頁。
  160. ^ a b c d “夕刊特集 【イブニングマガジン】 エルメス(上) 西城秀樹さん ステージ衣装が出合い”. 産経新聞夕刊 (産経新聞). (1998年2月12日) 
  161. ^ a b c d 湯浅明 (2001年6月26日). “西城秀樹デビュー30周年 記念アルバム『PLANETS』/七夕披露宴”. 産経新聞夕刊 (産経新聞) 
  162. ^ 李美敬CJグループ副会長「世界女性賞」受賞、アジア初めて
  163. ^ a b c 堀山明子(毎日新聞ソウル支局)「大人の悠遊 この街で働く ソウル 忠武路」、『エコノミスト』2006年11月28号、毎日新聞出版、 109頁。
  164. ^ a b 追悼・西城秀樹さん~いまも色あせないシティポップなヒデキを聴いてみよう(高橋芳朗の洋楽コラム)
  165. ^ 「クイーン&MUSIC LIFE展」、来日時の衣装も展示
  166. ^ a b c 「振り付けが歌謡曲を変えた"アクション歌謡の登場"」#40年男、52-55頁(【ついに発売! 昭和40年男 2016年12月号】振り付けのおもしろさ。
  167. ^ 松永伍一「流行歌を無視して大衆は語れないー"よくない時代の""よい流行歌"の歴史」#昭和流行歌史、292-294頁
  168. ^ a b #塩沢、262-263頁。
  169. ^ a b c d e 「バトル・オブ・新御三家の70年代」#金子、165-176頁
  170. ^ 2015年10月28日 | すっぴん!ブログ:NHK - NHKオンライン
  171. ^ a b 岸善樹 (2018年6月15日). “全力で走り続けたヤングマン ダイアモンド☆ユカイさん”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). オリジナル2018年6月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180618152612/https://www.asahi.com/articles/ASL6D6GJ5L64UPQJ002.html 2018年6月23日閲覧。 西城秀樹さん
  172. ^ a b c d 「特別取材 ぼくの10代の記念碑(メモリアル)にしたい! はじめてのリズム 新曲『激しい恋』を発表!」、『週刊セブンティーン』1974年5月14日号、集英社、 30-33頁。
  173. ^ 「スター(秘)証言シリーズ 西城秀樹を育てた男たち どこから生まれた?ヒデキのファイトと根性!」、『月刊平凡』1973年10月号、平凡出版、 112-115頁。
  174. ^ 訃報!西城秀樹さん、フジテレビ6スタ
  175. ^ 「とびだせ!! Fresh Idol 弾ともや」、『月刊セブンティーン』1974年10月号、集英社、 58頁。この日本の音楽界に歌手として多大なる影響を残された唯一無二な西城秀樹さんの... 2018年5月16日 -生沢佑一 (@AIKikuzawa) | Twitter
  176. ^ a b “西城秀樹の歴史的お宝作品が発売! NHK紅白では怪傑ゾロの衣装でハプニングも/芸能ショナイ業務話”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2017年9月16日). http://www.sanspo.com/geino/news/20170916/geo17091611110016-n1.html 2018年5月17日閲覧。 
  177. ^ a b 安川達也 (2017年). “ベテランプロデューサー・尾形靖博 『HIDEKI NHK Collection 西城秀樹~若さと情熱と感激と~』を語る”. otonano (ソニー・ミュージックダイレクト). オリジナル2018年5月22日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180522084148/http://www.110107.com/s/oto/page/hideki_DVD_interview?ima=0000&oto=ROBO004 2018年5月31日閲覧。 
  178. ^ 青井曽良・二階堂ちはる 『昭和のテレビあるある』 TOブックス2016年3月ISBN 978-4-86472-469-2
  179. ^ a b HIDEKI NHK Collection 西城秀樹 ~若さと情熱と感激と~Sony Music Shop
  180. ^ a b 吉村智樹 「ライターアクションが火災を誘発!? 鉤十字の腕章に、抗議殺到! アクション歌謡'78 過度な衣裳&振り付けが招いた"大衆の反感"」『流行り歌に隠されたタブー事件史』 宝島社別冊宝島1499〉、2008年、10-11頁。ISBN 978-4-7966-6178-2
  181. ^ a b c d e f 土居甫一の宮はじめ西条満・牛丸謙「ふりつけ師が明かすアイドルうら話 『ヒロミもヒデキもはじめはダメオくんだった!?』」、『週刊セブンティーン』1978年7月25日号、集英社、 36–41頁。
  182. ^ a b c “新生面/コラム/5月18日付”. 熊本日日新聞 (熊本日日新聞社). (2018年5月18日). オリジナル2018年5月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180518073840/https://kumanichi.com/column/shinseimen/475762/ 2018年6月4日閲覧。 
  183. ^ 「あの熱狂よもう一度 昭和を駆け抜けたアイドルたち 西城秀樹 会場内に漂う変なニオイの正体は...」、日刊ゲンダイ、2010年10月7日16面
  184. ^ a b c SHOGUN 時代を超えて響く“俺たちの”メロディー|歌謡曲リミテッド
  185. ^ ヒデキと私と:ロマン優光連載109
  186. ^ a b 「これ、やろうよ」 ヤングマン誕生、西城さんの一言で【アーカイブ】(うたの旅人)西城秀樹「ヤングマン」 ヒデキ感激、突っ走る 大阪市
  187. ^ 「カバーストーリー ヒデキ自身が選んだ西城秀樹の74年10大ニュース 『最高に嬉しい"紅白"初出場!!』」、『週刊TVガイド』1974年12/20号(1974.12/14-12/20)、東京ニュース通信社、 15-21頁。
  188. ^ 北川純子 (2018年6月15日). “ヒデキ完璧! 励まし・切望…ローラ12通りの歌い分け”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). オリジナル2018年6月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180618152610/https://www.asahi.com/articles/ASL6D6GJNL5YUPQJ007.html 2018年5月18日閲覧。 西城秀樹との追憶の日々…フォーリーブス江木俊夫が語る追悼・西城秀樹さん ジャニーズにも多大な影響を与えた本物の「スター」|平本淳也秀樹さんを送ってきました西城秀樹さんとの思い出
  189. ^ 岩崎宏美、西城さん死去で報道陣にお願い 不自由な姿でなく「元気な西城秀樹を」 宏美「ヒデキは心の中で」 (テレビ朝日) - LINEアカウントメディア
  190. ^ a b 松任谷由実、西城秀樹さんとの共演を振り返る「切ないです」
  191. ^ “【西城秀樹さん死去】黒柳徹子さん「ダントツに歌がうまかった」”. 産経スポーツ (産業経済新聞社). (2018年5月17日). オリジナル2018年5月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180518235824/https://www.sankei.com/entertainments/news/180517/ent1805170017-n1.html 2018年5月31日閲覧。 
  192. ^ a b c 鴨下信一西城秀樹さんがいた時代と風景 最後まで「常識人」であろうとした「スター」」、『サンデー毎日』2018年7月8日号、毎日新聞出版、 138-139頁、2018年7月4日閲覧。
  193. ^ a b c d e 「ヒデキスタイル伝承者列伝」#ヘドバン3、88-89頁
  194. ^ a b 布袋寅泰「ロックを感じる人」西城秀樹さん逝去を悼む
  195. ^ ピエール中野×小室哲哉 対談 / Best of Tornado / 凛として時雨
  196. ^ 特集番外編2 2010年11月号”. ダ・ヴィンチ ニュース. KADOKAWA (2010年10月5日). 2018年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年7月15日閲覧。
  197. ^ a b c 「SMが好きです」と言ってしまい…伝説を作った歌手が明かす「ザ・ベストテン」裏話
  198. ^ a b c d 東京新聞:<西城秀樹 ヒデキ!カンレキ!!> (21)続・ヤングマン (Internet Archive)
  199. ^ 神﨑清一 (2018年5月18日). “西城秀樹「YOUNG MAN」に寄せて”. 公益財団法人 日本YMCA同盟. https://www.ymcajapan.org/topics/20180518-3/ 
  200. ^ a b c d e f 中村謙「あちらのホモ賛歌"YMCA"が日本で青春賛歌の大ヒットになる不思議」、『週刊朝日』、朝日新聞社1979年5月25日、 162-163頁。
  201. ^ a b 星野源「恋」だけじゃない!宇多田ヒカル、KinKi Kids、いきものがかりetc.「春のセンバツ」入場行進曲【まとめ】
  202. ^ a b 「Y.M.C.A.対談 西城秀樹vs.トライアングル」、『月刊明星』1979年5月号、集英社、 141、146。
  203. ^ a b GENERATIONS from EXILE TRIBEと世界音楽シーンの接点。5年間の軌跡と音楽的魅力!
  204. ^ a b #ベストテン、58頁
  205. ^ a b c d e f 「Special interview 西城秀樹」#ベストテン、30–31頁
  206. ^ a b c 【ヒデキ!カンレキ!! 西城秀樹 感謝の歴史】 (17)球場コンサート 空中芸に父カンカン(23)ペンライト 始まりは74年の懐中電灯
  207. ^ 【MUSIC】西城秀樹『ブルースカイブルー』あの頃、大阪ミナミの青空が照らした天然芝。/CULTURAL REVIEW about Baseball
  208. ^ a b c d e 「ただいまギネスブック申請考慮中 大阪球場コンサート連続10年 西城秀樹」、『週刊平凡』1983年7月28日号、平凡出版、 30-31頁。“西城「いまコンサートでつきもののペンシルライト、あれもボクが第一回目の前日にラジオで、ほら、球場は広いし、おまけに暗いでしょ、どこにお客さんがいるかわからないので、みんなコンサートに懐中電灯持って来て!って呼びかけたのが最初ですよ。当時はペンシルライトじゃなくて懐中電灯ですよ。いまじゃケミカルライトだけど」「大阪球場で始めたのは地元の広島に近かったこともあります。一回目のときは俺はここで何をすればいいのか全く分からなくなりました。もうそのプレッシャーたるや口では言えませんね。いざ本番、もう居ても立ってもいられなくなっちゃってグラウンドを走り始めたんです。演出にそんなのありませんよ。三塁側からぐるりと一周ね。歌は滅茶苦茶になりましたけど、これが好評で、2回目からは恒例になりました」「大阪球場は本当は5回で終わりだったんですが、5回目に『これで終わりだね!』っていったらファンが『いやだ!』っていうから、それ聞いたらたまらなくなって『ヨシ!来年も会おうぜ!』って口走っちゃったんです。その夜、会社の幹部と話し合いです。社長と専務から『しょうがない、勝手にやってくれ』と言われて、それでさらに5回続いたんです。あれは綺麗ごとじゃなく、金じゃないんだよね。ボクだけじゃなくスタッフ全員に素晴らしい興奮があるわけ。ああいう仕事はやっぱり男の仕事だと思えるな(当時はこのような現場に女性の進出はなかった)」
  209. ^ “たまのスタジオ日記 第30回 西城秀樹さん”. みゅーじん (テレビ東京). (2006年5月6日). http://www.tv-tokyo.co.jp/m-jin/tama_st/tama_st_30/index.html 2018年6月24日閲覧。 
  210. ^ a b c d 「BIG3 HOT NEWS / 西城秀樹 郷ひろみ 野口五郎 第3回 "西城秀樹・情熱のファンキー・カーニバル"(8月14日大阪球場)完全ルポ」、『月刊平凡』1976年11月号、平凡出版、 86-87頁。
  211. ^ 「コンサートで工事現場の3Kの現実を実現 野外コンサートで日本初の試みをチャレンジするまでの発想法#熱き想い、45-49頁。
  212. ^ a b c ダイアモンド・ユカイが語る“新御三家”郷ひろみ・西城秀樹・野口五郎
  213. ^ 世界への悲観を描いた「エピタフ」と、それに共鳴した日本の歌い手たち西城秀樹さんの『傷だらけのローラ』は、大好きなイギリスロックが原点だったシンセ今と昔 : 音を記録するメディア - Red Bull Music Academy Japan
  214. ^ a b c d e f 「西城秀樹」#みうら、175-186頁
  215. ^ a b c d e f g h 太田覚・生駒奈保美「《元祖 タコのキン肉本舗》 西城秀樹&山本リンダ"活火山化"の秘密」、『Asahi journal』1991年6月21号、朝日新聞社、 55-57頁。
  216. ^ 西城秀樹 (2016年8月24日). “<西城秀樹 ヒデキ!カンレキ!!> (23)ペンライト”. 東京新聞. <西城秀樹 ヒデキ!カンレキ!!>. 東京新聞. 2016年8月29日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年5月18日閲覧。
  217. ^ 阿久悠 「若き獅子たち ヒデキを少年から青年に」『歌謡曲の時代 歌もよう人もよう』 新潮社2007年、104 - 105頁。ISBN 978-4-10-133451-6
  218. ^ a b c 阿久悠「大歌謡曲時代(14) 西城秀樹」、『文藝春秋』1999年2月号、文藝春秋、 245-257頁。
  219. ^ 昭和の大スターが、角松敏生を起用しアーティストを目指したサウンド 西城秀樹の歌声は、シティ・ポップとして現代に響く西城秀樹さんがファンクやAORにも精通していて後輩との付き合いも密であり... 2018年5月18日 -西城秀樹 (@s_hakase) - Twitter
  220. ^ “「なんばパークス」が全館グランドオープンします” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 南海都市創造株式会社, (2007年4月12日), http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/070412.pdf 2018年5月22日閲覧。 
  221. ^ “西城秀樹さん死去 大阪でも悲しみの声「大阪球場コンサート行った」”. The Page OSAKA. Wordleaf Corporation. (2018年5月17日). https://thepage.jp/osaka/detail/20180517-00000012-wordleaf 2018年5月22日閲覧。 
  222. ^ a b 「ビッグ・ゲームへの挑戦!! BIG GAME '78 HIDEKI 西城秀樹」、『月刊平凡』1978年7月号、平凡出版、 81-83頁。
  223. ^ ブロウアップ ヒデキ 松竹DVD倶楽部
  224. ^ a b 「西城秀樹 富士山での7月20日コンサート これが興奮の現場だ!」、『週刊セブンティーン』1975年7月8日号、集英社、 36-39頁。
  225. ^ 社史 第3章 第2節 | HIBINO ヒビノ株式会社 設立50周年記念
  226. ^ a b c d e 「内幕ニュース 西城秀樹をめぐり血みどろの強奪合戦 テレビ局vs.映画会社」、『週刊平凡』1975年8月21日号、平凡出版、 178-179頁。
  227. ^ 拓郎&かぐや姫の“元祖日本の夏フェス”映像がDVD化! - Barks
  228. ^ a b c d e f 「サンデートピックス ヒデキでテレビに負けた」、『サンデー毎日』1975年9月21日号、毎日新聞社、 42頁。
  229. ^ a b 「現場に復帰した81歳の城戸会長」、『週刊文春』1975年9月25日号、文藝春秋、 27頁。
  230. ^ a b 由原木七郎「日本映画評 映画の本質について考えてみませんか」、『近代映画』、近代映画社、1979年5月13日号、 164-165頁。
  231. ^ a b c 「西城秀樹の与論島ジャック『島始まって以来の24時間大熱狂!』」、『週刊明星』1979年4月15日号、集英社、 12–14。
  232. ^ a b 「本誌独占!海外特集(1) 西城秀樹もっとも熱い13日間ワールド大追跡 まあるい地球をひとっ飛び」、『月刊明星』1979年6月号、集英社、 12–17。
  233. ^ 「ユネスコ村に爆発したヒデキの青春!新曲発表に2万人のファンがフィバー!」、『近代映画』1979年7月号、近代映画社、 135頁。
  234. ^ a b c d e f g h i j 「バックバンドを持つと嫌われるなんておカド違いだ」#熱き想い、41-44頁。
  235. ^ a b c d e f 松本和佳 (2008年9月27日). “プラスワン 西城秀樹さんーヒデキ感激お茶漬けの味(食の履歴書)”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): p. 7 
  236. ^ 西城秀樹さんのこと
  237. ^ 【追悼】関根勤、秀樹さんの大ファンでした宮根キャスター「男には、その人なりの『西城秀樹』がいる」喪失感を吐露高木美保 close to you - 文化放送西城秀樹逝く「僕はゼロからイチにする人」パパイヤ鈴木さんが語る振り付け - TOKYO FM#好きすぎて一緒に写真撮れなかった中瀬ゆかりさん、西城秀樹さんは「フェロモン系を子供心に教えてくれた人」ニッポンの“CMシンデレラ”50年の名場面(6)「中島はるみ・キリンレモン(1979年)」土田晃之、西城秀樹さんは「憧れ、アイドルな存在だった」ブルースカイ ブルー西城秀樹さん ご冥福をお祈りします音楽の魅力と不変の楽しさ ~素人目線 松浦勝人の生き様~ | GOETHE(みをつくし語りつくし)森脇健児さん:1生涯スーパースター〜西城秀樹 | おしゃれ手帖 〜好きなモノに囲まれて~ - 斉藤芳恵
  238. ^ a b 5月16日 〜西城秀樹さんR.I.P〜 | 大島暁美のロックンロールサイト
  239. ^ a b ギャランドゥな大人の扉、みせたヒデキ 岩井志麻子さん
  240. ^ 西城秀樹オフィシャルサイト「Music」⇒「1990〜1999」
  241. ^ a b “秀樹!今もヤングマン デビュー25年、42歳 新曲はヨシキ作のバラード”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社). (1997年8月20日) 
  242. ^ 島 (1997年8月16日). “トリビュート・アルバムー古い音源への興味高まる(ヒット直送便)”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): pp. 31 
  243. ^ “(ロックに3rd LOVE) 白雪姫にぞっこん サンプラザ中野”. 朝日新聞夕刊be (朝日新聞社): p. 4. (2007年9月19日) 
  244. ^ 【怒髪天 ボーカル・増子直純】顔はロック、心は演歌 既成概念なんて全部ぶっこわす!!
  245. ^ 追悼・西城秀樹さん~いまも色あせないシティポップなヒデキを聴いてみよう(高橋芳朗の洋楽コラム)
  246. ^ a b c 「西城秀樹がはじめて故郷・広島で感動のリサイタル 母さん、父さん、先生の…みんなの顔がにじんで見えた!」、『週刊セブンティーン』1974年10月29日号、集英社、 36-39頁。
  247. ^ a b c 「炎のごとく赤旗星 西城秀樹香港コンサートが大成功!」、『近代映画』1981年12月号、近代映画社、 92 - 94頁。
  248. ^ a b c d 「アジアのショー・ビジネスは日本よりレベルが高い」#熱き想い、142-146頁。
  249. ^ 『歌謡曲見えたっ』(平岡正明著)、ミュージック・マガジン、1982年、18頁
  250. ^ a b 「テレサ・テンと激戦した『ゴールド・ディスク大賞』」#熱き想い、146-151頁。
  251. ^ a b c 遠藤誉 (2018年5月18日). “中国、人民網までが西城秀樹さんを悼む”. ニューズウィーク日本版 (CCCメディアハウス). オリジナル2018年5月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180518075019/https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/05/post-10185.php 2018年7月4日閲覧。 
  252. ^ a b c d e f “【A1要聞】港人第一代東瀛偶像 西城秀樹病逝”. 蘋果新聞. (2018年5月18日). オリジナル2018年7月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180703090919/https://hk.news.appledaily.com/local/realtime/article/20180518/58205416 2018年7月4日閲覧。 
  253. ^ 川崎浩 (1994年12月5日). “〔登場〕 西城秀樹 同世代へ共感伝える”. 毎日新聞 (毎日新聞社): pp. 21 ザ・スター リバイバル 第2回ゲスト 西城秀樹ザ・スター リバイバル』(BSフジ、第2回、2013年10月26日放送)、西城秀樹さん 香港でも大スター アグネス悼む「日本語ができなかった私にも…」残念無念 西城秀樹さんの訃報 2018-05-17–アグネス・チャン 公式ブログ アグネスちゃんこ鍋西城秀樹さんの偉大さを知る 2018年6月1日 –大桃美代子オフィシャルブログ「桃の種」 - Ameba Blog
  254. ^ a b 【甘口辛口】 西城秀樹さん、脳梗塞発症後15年も病魔と闘い続けたのは壮絶の一語に尽きる”. SANSPO COM. 産業経済新聞社 (2018年5月22日). 2018年5月20日閲覧。
  255. ^ 「秀樹、感激~♪」を封印し、意外性を打ち出している西城秀樹の現在”. サイゾーウーマン. サイゾー (2011年3月7日). 2018年6月13日閲覧。
  256. ^ a b c d 「独占スクープ! 西城秀樹に香港の恋人がいた! "香港の百恵"アニタ・ムイの熱烈歓迎の陰に秘められたるものは?」、『週刊明星』、集英社、1985年11月2日号、 34-35頁。
  257. ^ 「人気女優のアニタ・ムイはボクのファンクラブの副会長だった」#熱き想い、164-170頁。
  258. ^ 香港スターまで魅了した西城秀樹さん、「“妹”の元に旅立った」驚きと悲しみの声―香港西城秀樹の死去 香港中が深い悲しみに包まれる
  259. ^ 渡部圭 (2004年1月8日). “世界の町から 香港 天国に輝く友好の星”. 東京新聞夕刊 (中日新聞東京本社): pp. 6 
  260. ^ 「あげるよねえ~はるなの愛」、日刊スポーツ、2010年11月8日
  261. ^ a b c d e 「〔やじウマ〕 平和の使者は"歌に国境はない" 西城秀樹」、『月刊明星』1982年12月号、集英社、 72–73頁。
  262. ^ 日本の歴史教科書問題の由来 - 人民日報
  263. ^ a b c d “西城秀樹、海外で活躍 香港で成功、米進出狙う”. 読売新聞 (読売新聞社). (1986年11月25日) 
  264. ^ 「いちどウワサになってみたいね!? 西城秀樹・藤谷美和子 『ホームスイートホーム』(NTV)」、『月刊平凡』1982年12月号、平凡出版、 72–73。
  265. ^ 「日本の有名スター死去」香港台湾でも西城さん報道
  266. ^ 川崎浩 (1993年11月30日). “〔創造最前線〕 かつてのヒット曲を再び歌う、西城秀樹”. 毎日新聞夕刊 (毎日新聞社): pp. 11 
  267. ^ a b “西城秀樹さん 中国のファンからも惜しむ声”. NHK NEWS WEB (NHK). (2018年5月17日). オリジナル2018年5月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180526090145/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180526/k10011454121000.html 2018年6月3日閲覧。 
  268. ^ a b c d e f g h i 「熱いコールに多謝(どおちえ) きっといつか再見(つあいちえん) 西城秀樹」、『週刊明星』、集英社、1987年2月2日号、 188-191頁。
  269. ^ a b 鈴置高史ソウル特派員 (1988年9月17日). “前夜祭で西城秀樹、日本語のまま韓国で歌う。”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): pp. 31 
  270. ^ a b “『アジア音楽祭イン福岡』 司会は西城秀樹と蓮舫 テレビ東京・あす生中継”. 毎日新聞 (毎日新聞社): pp. 17. (1996年5月27日) 
  271. ^ 白石徹 (1998年8月24日). “芸は上海にあり 目指すは世界デビュー 『芸術学校』若者に人気 日本の安室やSPEED夢見て猛特訓”. 東京新聞夕刊 (中日新聞東京本社): pp. 10 
  272. ^ 西城秀樹、逝去”. BARKS (2018年5月17日). 2018年5月18日閲覧。
  273. ^ 香港「IFPI Top Sales Music Award」表彰式に出席(サンケイスポーツ/2007年3月23日
  274. ^ 山田満郎 『8時だョ!全員集合の作り方』 双葉社2001年、257-270頁。ISBN 4-575-29204-4
  275. ^ 「9月で終了! 『8時だョ!全員集合』思い出グラフィティ」、『週刊明星』1985年8月15日号、集英社、 171頁。
  276. ^ a b c d e 「さよなら『8時だョ!全員集合』大特集!」、『週刊平凡』1985年8月23日号、平凡出版、 110-114頁。
  277. ^ 志村けん「ファミリーヒストリー」に西城秀樹の姿
  278. ^ 昭和のテレビ 第28回 8時だョ!全員集合(TBS) ランキング データで見る「8時だョ!全員集合」の歴史”. サンデー毎日. 毎日新聞 (2016年4月14日). 2016年4月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月4日閲覧。
  279. ^ a b c 居作昌果 『8時だョ!全員集合伝説』 双葉社、1999年、199-208頁。ISBN 4-575-29016-5
  280. ^ 山田満郎 『8時だョ!全員集合の作り方』 双葉社、2001年、139頁。ISBN 4-575-29204-4
  281. ^ a b 「火事もありましたね」これぞ高木ブー伝説【都市伝説】ドリフ放送事故にヒデキの影あり?「停電」「火事」に全て出演!
  282. ^ <西城秀樹 ヒデキ!カンレキ!!> (18)テレビコマーシャル (Internet Archive)、「ブランド列伝」バーモントカレー(ハウス食品)2010年6月29日13頁(Internet Archive)、大阪広告協会賞受賞企業インタビュー | 第8回 ハウス食品グループ本社あのカレーのパッケージが秀樹還暦仕様/芸能/デイリースポーツ onlineバーモントカレー690億皿「Hey!Say!」起用 - スポニチ Sponichi Annexカレー進化論。 | 雑誌・昭和40年男
  283. ^ バーモントカレー | ハウスのカレー物語 | カレーハウス | ハウス食品魅惑のカレー | Trace 「トレース」- NTTグループカード中国でひそかに進む「カレー人民食化」計画:日経ビジネスオンライン
  284. ^ 【ヒデキ!カンレキ!! 西城秀樹 感謝の歴史】 (18)テレビコマーシャル 「ピース」の陰に“演出家”
  285. ^ なかじましんや 土曜の穴 - 文化放送 第163回 2018年5月26日放送
  286. ^ “「大変お世話になりました」ハウス食品グループ本社 カレー「ヒデキ、感激」で国民食に”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2018年5月17日). https://www.sankei.com/entertainments/news/180517/ent1805170014-n1.html 2018年5月19日閲覧。 
  287. ^ “西城秀樹さん通夜、会葬御礼は「バーモントカレー」”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ. (2018年5月25日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805250000734.html 2018年5月26日閲覧。 
  288. ^ 酒井法子の描いた子マンモスがのりピーちゃんに出会う物語
  289. ^ 20代女子から“おっさん認定”される死語ワースト10 「ケー番教えて」はもう古い!流行語「いただきマンモス」の始祖も西城秀樹さんだった。てっきりマンモスうれ(ピー)の人かと
  290. ^ 伝説の昭和の家庭が甦る!「寺内貫太郎一家」DVD-BOX発売へ
  291. ^ 西城秀樹さんの“伝説”と元フライデー記者もお手上げだった優しい素顔
  292. ^ <西城秀樹 ヒデキ!カンレキ!!> (19)寺内貫太郎一家(Internet Archive)
  293. ^ a b 小林亜星「アセイのあなろぐ語録」(37) 東京スポーツ、2008年6月11日
  294. ^ 絶滅危機のヤンキー作品、カッコ悪い“コメディー化”で再び優良コンテンツに?
  295. ^ 新文芸坐 on Twitter: "【追悼・西城秀樹】【6/29(金)限定上映】ヒデキ、ありがとう!
  296. ^ 「西城秀樹と秦野マネージャーとの関係」、『近代映画』1974年7月号、近代映画社、 144 - 145頁。
  297. ^ 愛と誠(DVD) | 松竹DVD倶楽部
  298. ^ 「元祖・美少女ブームをつくったボクのアイドル審美眼 審査員の反対を押して決めた河合奈保子、石川秀美、早乙女愛#熱き想い、96-99頁。
  299. ^ 週刊現代講談社、2010年12月18日号、1頁
  300. ^ 早乙女愛さん急死…息子と前夫にみとられ日刊スポーツ、2010-07-27
  301. ^ インド映画も真っ青!『愛と誠』がミュージカル仕立てで甦る - 日経トレンディ
  302. ^ a b c d e f 「TV特集 スタジオでは火花 楽屋ではノンビリ雑談 スタジオルポ1 『あこがれ共同体』 ひろみ、秀樹、淳子の激突」、『月刊平凡』1975年8月号、平凡出版、 129-131頁。
  303. ^ a b c 「HIDEKI SAIJO JUNKO SAKURADA あやとり」、『月刊明星』1975年7月号、集英社、 75-77頁。
  304. ^ a b c d 〈百恵と淳子〉の交差線 連載 第4回百恵は“哀愁”、淳子は“意外性””. アサヒ芸能. 徳間書店. pp. 60 - 62 (2013年1月22日). 2018年5月31日閲覧。
  305. ^ 70年代 原宿の原風景リレーエッセイ TOP - 70's 原風景 原宿 『リレーエッセイ 思い出のあの店、あの場所』【インタビュー】原宿を"ファッションの街"にした巨匠、菊池武夫が語る現在の表参道・原宿
  306. ^ a b 田家秀樹 「KEY WORDS」『吉田拓郎ヒストリー 1970-1993』 ぴあ〈ぴあ music collection 4〉、1994年、158頁。
  307. ^ 「全ガイド スターに会えるあの店この店」、『月刊平凡』1974年9月号、平凡出版、 81頁。『Vol.14 フォークソング+朗読劇 レコード会社の新しい試み』若者が憧れた 重松清「あの頃僕らはペニーレインで」 朝日新聞(Internet Archive)、70年代原宿の象徴 「ペニー・レイン」が復活 - 原宿新聞十年フォーク 2017年6月15日 発売! - OTONANO記憶のエアポケット 風の街、原宿ペニーレーンが思い出せない
  308. ^ a b c “「ヤングマン」製造工場のミカン箱で歌った 秘話”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2018年5月18日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201805180000094.html 2018年5月19日閲覧。 
  309. ^ a b c 「ゲンバism あの浅草マルベル堂に潜入 これぞブロマイド撮影の極意 マルベル堂トリビア10」、東京スポーツ、2010年9月28日
  310. ^ 輝くヒデキ、442のポーズ 浅草のブロマイド店で追悼コーナー設置西城秀樹さんの凄さはなんといってもプロマイドのランキング。
  311. ^ 秀樹さん。今どんな夢を見てますか。
  312. ^ a b 【復刻】スポーツ万能「金メダル」の西城秀樹さん
  313. ^ 海育ちの山川豊、西城秀樹さんをしのぶ「水泳大会ではかなわなかった」キャシー中島明かす 西城さんのプロ魂「ファンのために歌うから、女の子とは…」
  314. ^ a b 竹島勇 (2001年8月16日). “フジ名物番組『オールスターー~』 "芸能人水泳大会"どこへ 『水着はイヤ!』派増えて幕...アイドル像とともに浮沈”. 東京新聞夕刊 (中日新聞東京本社): p. 16 
  315. ^ 【帰ってきたアイドル親衛隊】人気絶頂の頃は近づくことすらできなかった西城秀樹…やっと撮れる日が来たのだが西城秀樹が死去。「ギャランドゥ」という憧れスタイル女性にもいる!へそ周り毛・ギャランドゥがある人たちの苦悩きゃりーぱみゅぱみゅと間寛平の意外な関係 無意味な文字の羅列「♪ギャランドゥ」が意味を持ったNEWS手越祐也「ぴかぴかボディ」の秘密ATAMI DOUBLES 「売春捜査官〜ギャランドゥ」「熱海殺人事件」
  316. ^ a b 追悼! 西城秀樹 語り継がれる“巨根ギャランドゥ”武勇伝
  317. ^ 【新堂本兄弟】 ゲスト:つんく♂ – フジテレビ公式サイト
  318. ^ “【話の肖像画】 音楽プロデューサー つんく♂さん”. 産経新聞 (産業経済新聞). (2003年5月13日) 
  319. ^ 久米宏が仕掛けた「ほかの歌番組がやらないこと」とは? 「ザ・ベストテン」の舞台裏
  320. ^ 「俺の毎日フル・スロットル 西城秀樹・行動野郎の生物研究」、『月刊明星』1979年9月号、集英社、 16-17頁。
  321. ^ “【ほくりく昭和モノがたり】 ウォークマン(昭54年発売)”. 北陸中日新聞 (中日新聞北陸本社). (2015年11月28日). オリジナル2015年1月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20161212114044/http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/bunka/list/201511/CK2015112802000220.html 2016年12月20日閲覧。 
  322. ^ 森健二 (2016年4月11日). “言葉までイノベートした盛田”マジック” 連載 通算第48回”. ダイヤモンドオンライン. オリジナル2016年12月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20161212113705/http://diamond.jp/articles/print/63617 2016年12月20日閲覧。 黒木靖夫 (2007年9月26日). “【最期の教え】黒木靖夫氏・ウォークマン流ブランド構築術”. 日経テクノロジーオンライン. オリジナル2016年12月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20161219132156/http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070920/139436/?P=5&rt=nocnt 2016年12月20日閲覧。 三品貴志 (2018年5月27日). “【日本発 アイデアの文化史】携帯音楽プレーヤー(上)”. 産経新聞. 産業経済新聞社. 2018年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年6月24日閲覧。『あのころangle 街と地図の大特集1979 新宿・池袋・吉祥寺・中央線沿線編』 主婦と生活社2018年、50頁。ISBN 978-4391151015
  323. ^ 西城秀樹さんの死にアニメファンから偲ぶ声続々 「ターンエーターン」ガンダム主題歌もトレンド入り
  324. ^ a b c 竹内オサム (2009年11月28日). “マンガの国の『衣食住』:『がきデカ』の破壊的ギャグ”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 22 
  325. ^ トシちゃんかんげきーっ!!「マカロニほうれん荘展」会場限定グッズ、ネットで再販
  326. ^ a b 表智之(京都国際マンガミュージアム) (2007年6月26日). “(熱血!マンガ学) マカロニほうれん荘 オキテ破り、ギャグ漫画の金字塔 【大阪】”. 朝日新聞夕刊 (朝日新聞社): p. 3 
  327. ^ 天才テリー伊藤対談「相本久美子」芸能界デビューはサイン会見学から
  328. ^ 増殖中“妹分アイドル”のメリットとデメリット
  329. ^ 「堤清二のこの女(ひと)に会いたい 第2回ゲスト 岸本加世子」、『サンデー毎日』、毎日新聞社1984年6月24日、 42-46頁。
  330. ^ 芳村真理が語る「スターかくし芸大会」西城秀樹が見せた神業
  331. ^ 『和田アキ子だ 文句あっか!』 和田アキ子著、日本文芸社、1983年、19-22頁
  332. ^ 週刊プレイボーイ集英社、2009年10月12日号、158頁
  333. ^ 和田アキ子が身近な「弟」西城秀樹さんに献杯した夜
  334. ^ 1977年1月3日付『毎日新聞』掲載
  335. ^ 山口百恵さんが西城秀樹さんへラブレターを送っていた…テリー伊藤が秘話明かす(サンスポ.com、2018年5月20日)
  336. ^ テリー伊藤対談「西城秀樹」(4)人気絶頂の時にはどんなデートを?
  337. ^ 「山口百恵ちゃんは、デビュー前からずっとボクのファンだった」#熱き想い、26頁。
  338. ^ 「"青い果実"山口百恵クンの実家ルポ 淋しいんです!2K妹ひとり母ひとり」、『月刊明星』1973年12月号、集英社、 69頁。“〈寝室の壁に西城秀樹のピンナップ〉 ところで、百恵クンの実家の間取りは...2段ベッドは上段が百恵クン用だが、その枕元の壁には西城秀樹のピンナップが5、6枚貼ってある。歌手になるなんて夢にも思っていなかった昨年まで、百恵クンは西城秀樹の熱烈なファンだった。
  339. ^ 「スターと電話でデート(第6回) 山口百恵と電話で話そう」、『月刊平凡』1974年3月号、平凡出版、 160頁。“ファン(以下、F)「私、西城秀樹さんの大ファンなんです。百恵ちゃんも秀樹のファンなんでしょ」 山口百恵(以下、M)「なんかでも、そういうお話すると西城さんのファンの人にうらまれちゃうんじゃないかと心配しているんですけどねェ」 F「でも私たち百恵ちゃんも秀樹の大ファンだって知ってるワ。だから私達、百恵ちゃんも秀樹ファンの一人として認めてるの」 M「ほんと、どうもありがとう。よかった」
  340. ^ 「芸能界イラスト全調査 ヤングタレントの意外な関係」、『月刊平凡』1974年7月号、平凡出版、 65-66頁。
  341. ^ 「スターシリーズ MEMORY(4) 誰にも話さなかった初めての"あの日" 山口百恵」、『月刊明星』1977年7月号、集英社、 160頁。“百恵は以前から西城秀樹の大ファンで、彼にあこがれて歌手になったと言ってもいい。1973年3月7日、福島県郡山での『スタ誕公録で、秀樹とはじめていっしょになった。「そのとき、新人コーナーで『としごろ』を歌ったんだけど、自分の歌より、秀樹さんのことばっかり気になって...」。"百恵ちゃんヘ"と添え書きをしたそのときの秀樹のサインを、彼女はいまでも大切に持っている。
  342. ^ 「あの女優(ひと)との恋、少し話そうか」#熱き想い、110-113頁。
  343. ^ a b 木藤隆雄(オールナイトニッポン)「アイドルスター(秘)ウラばなし カキマクリマン」、『月刊平凡』1979年1月号、平凡出版、 82頁。
  344. ^ 中島知子と鈴木おさむエンタな日曜日 ニッポン放送
  345. ^ a b c 「Who's Who すくらんぶる 西城秀樹」、『週刊文春』1984年4月19号、文藝春秋、 57頁。
  346. ^ a b “青年時代から上昇志向 『政治家になる』公言 麻原代表 教師に、へ理屈”. 中日新聞 (中日新聞社): pp. 26. (1995年5月16日) 
  347. ^ 井原圭子・高田圭子・三ツ松千佐子「麻原教祖の虚実と実像 オウム真理教を開いた男 サリンとオウム」、『AERA』1995年4月10日、朝日新聞社、 13頁。
  348. ^ 「《ことしは広島同士でV独占対談》 西城秀樹&山本浩二 『燃えてる男はいい顔してる』」、『月刊明星』1979年12月号、集英社、 53–55。
  349. ^ 「うれしかったあの日の愛!」、『月刊明星』1979年8月号、集英社、 154-155頁。
  350. ^ a b 「アイドル・スターの極秘情報その意外な私生活!」、『月刊平凡』1974年1月号・臨時増刊 '74IDOLSTARFESTIVAL、平凡出版、 59頁。
  351. ^ “「西城秀樹さん 訳詞・天下井隆二さんが明かす「ヤングマン」誕生秘話”. 産経ニュース. 産業経済新聞社: p. 1-2. (2018年5月17日). https://www.sankei.com/entertainments/news/180519/ent1805190003-n1.html 2018年5月19日閲覧。 
  352. ^ “西城秀樹さんの最期「パパを休ませてあげよう」…遺族の決断を徳光アナ明かす”. スポーツニッポン. スポーツニッポン. (2018年5月26日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/26/kiji/20180526s00041000153000c.html 2018年6月11日閲覧。 
  353. ^ 配信限定シングル。
  354. ^ 西城秀樹オフィシャルサイトの「THE STAGES OF LEGEND -栄光の軌跡- HIDEKI SAIJO AND MORE」の紹介
  355. ^ 西城秀樹オフィシャルサイトの「ブロウアップ ヒデキ」の紹介






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「西条秀樹」の関連用語

西条秀樹のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ゼノタイム

東条英機

電波塔

プルダウン機構

ケリ

野外手術システム

ガットナイフ

管柱





西条秀樹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの西城秀樹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS