西条秀樹とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 西条秀樹の意味・解説 

西城秀樹

(西条秀樹 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/28 22:51 UTC 版)

西城 秀樹(さいじょう ひでき、1955年4月13日 - )は、日本歌手俳優




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 西城秀樹オフィシャルサイトの「Music」⇒「1980〜1989」⇒「37.リトルガール」の項を参照。
  2. ^ 西城秀樹オフィシャルサイトの「Music」⇒「1980〜1989」⇒「38.セクシーガール」の項を参照。
  3. ^ オリコンの集計では1982年の「南十字星」」により同記録を達成する。
  4. ^ 西城秀樹オフィシャルサイトの「Music」⇒「1970〜1979」⇒「10.傷だらけのローラ」の項を参照。
  5. ^ 「ブーツをぬいで朝食を」のライターを使ったアクションが話題になったが、1978年に子供がこれをマネて火災事故を起こし社会問題になった[17]。結局、ライターは使わずに手の動きだけにしたが、それが原因で、次作品の「あなたと愛のために」での手鏡を使ったアクションが途中で打ち切りになってしまった。
  6. ^ 西城秀樹オフィシャルサイトの「Music」⇒「1990〜1999」⇒「67.もいちど」の項を参照
  7. ^ 同年は川崎麻世が出演し「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」を歌唱。
  8. ^ 西城の先駆者としての業績は、大阪球場、後楽園球場での野外コンサートはその草分けとして有名だが、ゴンドラや軽量スタンドマイク、ペンライト、白煙噴出などのステージパフォーマンスを最初に導入するなど多岐に渡る。さらに特筆すべき大きな業績としてアジア市場への進出がある。1981年の香港でのコンサートを皮切りにアジア各地で活動を続け絶大な人気を博した。当時は現在とは違い日本人のアジア市場への関心度は0であると言っても過言ではない時代で、日本のマスコミも賞賛する論調がほとんど無かったが、長年続ける事によって後進に道を切り開いた[7]
  9. ^ 日めくりタイムトラベル』の昭和49年の特集(2008年10月11日放送分)にて紹介。
  10. ^ この他、「オートバイ」、「CAR」、トラック野郎の「デコトラ」、11tトラックを改造した「光の箱」、ステージの一部が15mまでせり上がる「リフト」、前に飛び出す「ムービングステージ」、「炎のじゅうたん」、「空中からのダイブ」、おなじみ「スペースイーグル」、「バルーン」、「空中ブランコ」、「E.T.自転車」、「レーザー光線」、「煙幕」、「火薬」、「花火」など。
  11. ^ 1982年の放送で、「漂流者たち」を涙を浮かべながら歌っているのを見て心配したファンから投書や電話が殺到。西城によれば、故郷広島から不安と期待を胸に抱え、家出同然で上京した旅立ちの日とオーバーラップしたとのこと。
  12. ^ 1973年、「情熱の嵐」の発売時のユネスコ村にファンを集めての新曲キャンペーンライブは、空からアクション・スターのようにヘリコプターにつかまりド派手に登場して話題をさらった。1976年、「ジャガー」のユネスコ村・新曲発表会では、アンコールで興奮してギターを叩き割るパフォーマンス。このギターは芳野藤丸からの貰い物であったため、のちのちまで後悔することになった。1980年、「エンドレス・サマー」の時は、完成したばかりの新宿アルタのベランダで行われ、アルタ前の歩道や広場が1万人(新宿警察発表)以上の人で埋めつくされた。1981年、「セクシーガール」発売キャンペーンもかねた『BIG SUNSHINE '81』と釘打った沖縄ムーンビーチでのコンサートでは、海から水上オートバイで現れ、特設ステージに登場した。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j 影田裕二「インタビュー 西城秀樹」#歌謡pc、136-139頁
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 「メタル歌謡レジェンド 西城秀樹インタビュー」#ヘドバン3、77-87頁
  3. ^ a b c くにまるワイド ごぜんさま~: 2月2日~2月6日の邦流は、西城秀樹さん - 文化放送
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 「日本のエンターテイメントを切り拓いた西城秀樹」#40年男、47-51頁
  5. ^ a b c d e f g h i j 西城秀樹 vs 伊藤政則、異色テレビ対談”. BARKS (2015年5月30日). 2016年12月6日閲覧。ヒデキカンゲキ!西城秀樹VS伊藤政則、特番再放送”. BARKS (2015年7月9日). 2016年12月6日閲覧。
  6. ^ a b c d e f 西城秀樹 超破天荒から千利休の領域へ 今は「シンプルイズベター」スポーツニッポン、2015年6月23日
  7. ^ a b c 「西城秀樹歌手生活35周年 奇跡の復活 ヒデキカンゲキ!」 東京スポーツ/2006年9月連載。
  8. ^ a b c d e #MM0712、20-23頁
  9. ^ <西城秀樹 ヒデキ!カンレキ!!> (11)父の猛反対
  10. ^ 89歳で死去 西城秀樹“育ての親”芸映・青木伸樹会長の功績 | 日刊ゲンダイ
  11. ^ <西城秀樹 ヒデキ!カンレキ!!> (13)デビューの日まで
  12. ^ a b 【1973年6月】情熱の嵐/西城秀樹 伝説の「ヒデキ!!」コールはここから始まった!”. スポニチ Sponichi Annex 芸能 365日 あの頃ヒット曲ランキング. スポーツニッポン新聞社 (2011年6月21日). 2016年12月20日閲覧。
  13. ^ a b c d e 「西城秀樹 ロック歌手にも影響を与えた永遠のポップ・アイドル」#CD検定、132頁
  14. ^ Jcastニュース「西城秀樹が脳梗塞再発 年内の仕事はキャンセル」(2011年12月21日 12:35配信)2013年1月28日閲覧)
  15. ^ スポニチAnnex「西城秀樹 脳梗塞で2週間の入院予定」(2011年12月22日6:00配信)2013年1月28日閲覧)
  16. ^ a b c d e f g 鈴木英之「洋楽はアイドルが教えてくれた──70年代アイドルのライヴ・アルバムを聴く」(通算第13回) 西城秀樹-アルテス電子版、アルテスパブリッシング
  17. ^ a b c d e f 「復活大ブーム あの素晴らしい『70年代歌謡曲』をもう一度! インタビュー西城秀樹」『アサヒ芸能徳間書店、2010年7月5日号、65-66頁
  18. ^ a b c 永井晶子 『イエスタディ '60'S~'80'S ―音楽記者の取材ノートから―』 CBS・ソニー出版1989年、149頁。ISBN 4-7897-0447-5
  19. ^ 川崎フロンターレ公式サイト 2004年5月22日付お知らせ、「「川崎市制80周年記念マッチ」7月2日(金)vs横浜FC イベント開催のお知らせ
  20. ^ フラワードリーム in 東京ビッグサイト2015 公式サイト
  21. ^ デイリースポーツ 4月14日(火)配信
  22. ^ 2月13日より西城秀樹監修「Y!mobile」CMが放送スタート!
  23. ^ a b 三田格「検証・黄金期8つのイメージ プロテストなき世代に裸でぶつかった愛の説教師 西城秀樹」#sv、30頁
  24. ^ a b c d 「1人でも多くの人に喜ばれたい」 西城秀樹ロングインタビューR25、2006年9月21日
  25. ^ a b c d e f 知ってる?新御三家デビュー時のキャッチフレーズ! | ニッポン放送
  26. ^ テリー伊藤対談「西城秀樹」(1)8年ぶりの新曲は僕そのものですね
  27. ^ 織田哲郎ロングインタビュー 第13回 | 織田哲郎Project2007
  28. ^ a b c d e f TALKING MUSIC, LOVE MUSIC, - フジテレビZOO 今日誕生日のミュージシャン4月13日 - 西城秀樹(Internet Archive)
  29. ^ “J-POPの土台”を作った男・西城秀樹 二度の大病にも負けず、ステージに立ち続けるスターの美学
  30. ^ あの年この歌〜時代が刻んだ名曲たち〜. 日本のロックの先駆者、西城秀樹. BSジャパン. 2015年8月7日放送. 」『あの年この歌〜時代が刻んだ名曲たち〜BSジャパン、2015年8月7日放送
  31. ^ a b c 「アイドルポップスの誕生 ちぎれた愛」#高護、136-139頁
  32. ^ a b c d e 宝泉薫 「ルーツ論#1 西城秀樹 オレたちゃ秀樹ズ・チルドレン! ヒムロックを経てTERUに継承されるヒデキの遺伝子」『別冊宝島653 音楽誌が書かないJポップ批評18 BOØWYと「日本のロック」』 宝島社2002年6月7日、70-71頁。ISBN 9784796627245
  33. ^ 【イベントレポート】メタルにまつわる混沌を説く<ヘドバントークショーVol.2>”. BARKS (2014年3月7日). 2016年12月7日閲覧。
  34. ^ a b 【エンタがビタミン♪】「ゲイの応援歌なんか、絶対に歌わせない! 」猛反対を押し切った、西城秀樹。
  35. ^ a b 「振り付けが歌謡曲を変えた"アクション歌謡の登場"」#40年男、52-55頁
  36. ^ 松永伍一「流行歌を無視して大衆は語れないー"よくない時代の""よい流行歌"の歴史」#昭和流行歌史、292-294頁
  37. ^ a b c d e 「バトル・オブ・新御三家の70年代」#金子、165-176頁
  38. ^ a b <西城秀樹 ヒデキ!カンレキ!!> (16)デビュー3年目
  39. ^ 2015年10月28日 | すっぴん!ブログ:NHK - NHKオンライン
  40. ^ a b 「日曜日のヒーロー・西城秀樹」、日刊スポーツ、2009年5月3日
  41. ^ 「あの熱狂よもう一度 昭和を駆け抜けたアイドルたち 西城秀樹 会場内に漂う変なニオイの正体は...」、日刊ゲンダイ、2010年10月7日16面
  42. ^ a b c SHOGUN 時代を超えて響く“俺たちの”メロディー|歌謡曲リミテッド
  43. ^ a b c d e 「ヒデキスタイル伝承者列伝」#ヘドバン3、88-89頁
  44. ^ <西城秀樹 ヒデキ!カンレキ!!> (15)実は高所恐怖症
  45. ^ a b c d 東京新聞:<西城秀樹 ヒデキ!カンレキ!!> (21)続・ヤングマン
  46. ^ a b c d e f 中村謙「あちらのホモ賛歌"YMCA"が日本で青春賛歌の大ヒットになる不思議」、『週刊朝日』、朝日新聞社1979年5月25日、 162-163頁。
  47. ^ a b #ベストテン、58頁
  48. ^ a b c d e f 「Special interview 西城秀樹」#ベストテン、30–31頁
  49. ^ <西城秀樹 ヒデキ!カンレキ!!> (17)球場コンサート
  50. ^ a b c d e f 「西城秀樹」#みうら、175-186頁
  51. ^ <西城秀樹 ヒデキ!カンレキ!!> (23)ペンライト
  52. ^ a b 西城秀樹 脳梗塞から復活ライブで「ジャワカレー好き」発言 NEWSポストセブン
  53. ^ 『歌謡曲見えたっ』(平岡正明著)、ミュージック・マガジン、1982年、18頁
  54. ^ ザ・スター リバイバル 第2回ゲスト 西城秀樹ザ・スター リバイバル』(BSフジ、第2回、2013年10月26日放送)
  55. ^ 「あげるよねえ~はるなの愛」、日刊スポーツ、2010年11月8日
  56. ^ 香港「IFPI Top Sales Music Award」表彰式に出席(サンケイスポーツ/2007年3月23日
  57. ^ <西城秀樹 ヒデキ!カンレキ!!> (18)テレビコマーシャル
  58. ^ a b 「ブランド列伝」バーモントカレー(ハウス食品)2010年6月29日13頁
  59. ^ 大阪広告協会賞受賞企業インタビュー | 第8回 ハウス食品グループ本社
  60. ^ あのカレーのパッケージが秀樹還暦仕様/芸能/デイリースポーツ onlineバーモントカレー690億皿「Hey!Say!」起用 - スポニチ Sponichi Annex
  61. ^ カレー進化論。 | 雑誌・昭和40年男
  62. ^ カレー事業 | ハウス食品 HOUSE FOODS RECRUITING SITE 2014バーモントカレー | ハウスのカレー物語 | カレーハウス | ハウス食品
  63. ^ 魅惑のカレー | Trace 「トレース」- NTTグループカード
  64. ^ 中国でひそかに進む「カレー人民食化」計画:日経ビジネスオンライン
  65. ^ ヒデキの感激!NEXTハウス|BSジャパン
  66. ^ 伝説の昭和の家庭が甦る!「寺内貫太郎一家」DVD-BOX発売へ
  67. ^ <西城秀樹 ヒデキ!カンレキ!!> (19)寺内貫太郎一家
  68. ^ a b 小林亜星「アセイのあなろぐ語録」(37) 東京スポーツ、2008年6月11日
  69. ^ 愛と誠(DVD) | 松竹DVD倶楽部
  70. ^ 週刊現代講談社、2010年12月18日号、1頁
  71. ^ 早乙女愛さん急死…息子と前夫にみとられ日刊スポーツ、2010-07-27
  72. ^ インド映画も真っ青!『愛と誠』がミュージカル仕立てで甦る - 日経トレンディ
  73. ^ a b c 「ゲンバism あの浅草マルベル堂に潜入 これぞブロマイド撮影の極意 マルベル堂トリビア10」、東京スポーツ、2010年9月28日
  74. ^ 「新御三家」はお互いの存在をどうみていたのか?〈還暦鼎談「郷ひろみ×西城秀樹×野口五郎」(2)〉
  75. ^ プロマイド誕生80年 スターたちの原点 第23回 早乙女愛
  76. ^ 【帰ってきたアイドル親衛隊】人気絶頂の頃は近づくことすらできなかった西城秀樹…やっと撮れる日が来たのだが
  77. ^ “【ほくりく昭和モノがたり】 ウォークマン(昭54年発売)”. 北陸中日新聞 (中日新聞北陸本社). (2015年11月28日). オリジナル2015年1月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20161212114044/http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/bunka/list/201511/CK2015112802000220.html 2016年12月20日閲覧。 
  78. ^ 森健二 (2016年4月11日). “言葉までイノベートした盛田”マジック” 連載 通算第48回”. ダイヤモンドオンライン. オリジナル2016年12月12日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20161212113705/http://diamond.jp/articles/print/63617 2016年12月20日閲覧。 
  79. ^ 黒木靖夫 (2007年9月26日). “【最期の教え】黒木靖夫氏・ウォークマン流ブランド構築術”. 日経テクノロジーオンライン. オリジナル2016年12月19日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20161219132156/http://techon.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20070920/139436/?P=5&rt=nocnt 2016年12月20日閲覧。 
  80. ^ 天才テリー伊藤対談「相本久美子」芸能界デビューはサイン会見学から
  81. ^ 「堤清二のこの女(ひと)に会いたい 第2回ゲスト 岸本加世子」、『サンデー毎日』、毎日新聞社1984年6月24日、 42-46頁。
  82. ^ 『和田アキ子だ 文句あっか!』 和田アキ子著、日本文芸社、1983年、19-22頁
  83. ^ 週刊プレイボーイ集英社、2009年10月12日号、158頁
  84. ^ 1977年1月3日付『毎日新聞』掲載
  85. ^ 西城秀樹オフィシャルサイトの「ブロウアップ ヒデキ」の紹介
  86. ^ 西城秀樹オフィシャルサイトの「THE STAGES OF LEGEND -栄光の軌跡- HIDEKI SAIJO AND MORE」の紹介


「西城秀樹」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「西条秀樹」の関連用語

西条秀樹のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

桜石

ビオ

アンゴラ

ひねり金物

ボール盤加工

草地酪農

821SC

霧島屋久国立公園





西条秀樹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの西城秀樹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS